人気ブログランキング |

個人の癒しを超えて jyouka.exblog.jp

すずなりの南かおるのブログです


by 南 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導)
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
精油の香りがなぜ効果があるのか?_f0337851_19493040.png
おのころ心平 ↑

みなさん、おのころ心平って知ってます?
わたしも最近知ったのですが、このイケ面、「自然治癒力学校」なるものを作って、スクールで自然療法などを教えている人みたいです(あんまり実は知らない 笑)。

フェイスブックで、面白い情報があったのでシェアします。



【乱れたココロを立て直すコツ】


FROM おのころ心平


(前文長いので省略。意味も無く気分が不安定になることってありますよね・・・という内容)


ここで“脳”のお話をしましょう。

脳は大きく分けると三層構造になっているのをご存じですか?


それはたとえていうなら、イチゴ大福のよう。

精油の香りがなぜ効果があるのか?_f0337851_20174445.jpg

脳の1番奥、芯の「イチゴ」にあたる部分には[脳幹]があります。


それを包み込む「あんこ」にあたる部分が、[大脳辺縁系]。


さらにその上に覆い被さる「餅」の部分が、[大脳皮質]です。


精油の香りがなぜ効果があるのか?_f0337851_19580152.jpg


1番奥の[脳幹]が、脈拍や呼吸、
自律神経を司る“生命の脳”。(←イチゴにあたる)


それを包むのが感情を司る“動物脳”、(←あんこにあたる)


そして1番表面が理性的な判断をする(←餅にあたる)
“人間脳”になります。


わけもなく悲しくなったり落ち込んだり・・・と乱れる感情は、イチゴ大福のあんこにあたる、大脳辺縁系で起きています。


大脳辺縁系とは、海馬や扁桃体など、さまざまな小型脳の集まり。

その中に[嗅球]があります。


匂いの情報はここを通じてダイレクトに大脳辺縁系全体とつながっています。


視覚や聴覚はそれぞれ視覚神経、聴覚神経を通じて脳につながっています。

つまり「理性を通して感情につながる」といっていいでしょう。



これに対して嗅覚は、理性を飛ばして直接感情につながることができるのです。



だからこそ、匂いの情報は感情に変換されて脳内に広がるという特徴があります。


これを利用すると、理由もなく波立つ感情を香りで癒すことができます。


「好き」と思える香りを用意して、気持ちを立て直したいときに少し嗅ぐだけです。

たったそれだけで、香りが直接感情脳に働きかけ、ココロの平安をもたらします。



緊張しそうなとき、マイ・フェバリット・スメル(お気に入りのいい香り)を持っていれば、ダイレクトに平常心を取り戻せます。






・・・・・


おのころ心平先生、どうも、ありがとうございました。


ちなみに、ビリーフは、脳幹にあたる「イチゴ」部分にインストールされます。


生命の危機を感じた時に、生き残るために(親に愛されなければ生き残れないという危機を幼少期に本能で感じています)脳幹という生命維持を司る部分にビリーフはインストールされていきます(おおよそ、15歳までに完成する)。


「○○でなければいけない」(なぜなら○○ではないとわたしは愛されない=生き残れない)という危機を子どもが感じると、脳の深い部分(脳幹)に情報が入って行くのです。



なので、ビリーフと言うのは、理性の脳(イチゴ大福でいう「餅」の部分)では、書き換えが出来ないのです。





話しは、香りからビリーフに移りましたが(笑)、


普段、精油を使っていて、自分の大好きな香りを嗅ぐことで、気持ちが比較的早く変化があることを実感していましたが、こういう脳の作用があったんですね。



皆様も、好きな香りを生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか??


↓最近ヘビーユーズの「クラリセージ」。

女性ホルモンをアップさせます。香りはシソの香り???



精油の香りがなぜ効果があるのか?_f0337851_20123078.jpg







# by kaoru-hasegawa | 2014-07-08 19:30 | 精油のこと | Comments(0)


閉じなければ、開けない。_f0337851_14295785.jpg



人は、閉じたり、開いたりする存在です。

開きたかったら、閉じることも許してあげてください。

わたしにとって、閉じるとは、
自分の内側に入っていくことです。
そして、断食したり、たっぷり睡眠をとることで、身体を休めることです。

こうやって、十分閉じたら、
自然と開きたくなるのです。

閉じなければ、開けない。_f0337851_14304990.jpg


開きたくなる・・・とは、わたしにとっては、
人と交流を持ったり、身体を動かして畑仕事をしたくなったり、
一生懸命、勉強したり、遊んだりすることです。



酵素断食・浄化療法は、閉じることをたっぷりとしてもらって、
身体に人生を歩むに値する、たっぷりな休養を与えます。


人間の観念として、
「開くことは良いこと」(なぜなら、生産性があるから)
「閉じるのは悪いこと」(意味の無いこと)

と、捉えられてしまう節があります。


でも、正直に自分の身体や心を「観て」みてください。


ずっと人と交流を持っていたら、疲れて自分の中に入りたくなることもあるでしょう。
これは、決して悪いことではないのです。


ずっと身体を動かし、頭を使って、何かを成してたら、
疲れてくるのは当たり前です。
休ませたくなるのは当然のことで、休ませないと、効率が落ちますね。


開くことばかりに意識を向けないでください。

大きく開きたかったら、
しっかりと閉じる時期も必要なんです。

閉じなければ、開けない。_f0337851_14333601.jpg


瞑想は、休息です。
閉じる行為です。

断食も、休息です。
閉じる行為です。


とことん、閉じたら、
あとは知性に任せて、
開くに任せて開かせれば大丈夫です。


ここ、焦って、開かせようとしないこと。


自然な流れを感じてください。















# by kaoru-hasegawa | 2014-07-07 19:30 | 日々の日記 | Comments(0)

完璧?潔癖?に注意

先日投稿した、「瞑想とわたし④」でご紹介させていただいた、
わたしが出会って4年半続けている、瞑想のテクニックの創始者、ボブフィックスさんの日本向けブログ「空から語る」の、「人間であること」というタイトルの投稿の内容を、以下ご紹介します。




・・・・・・・・(紹介したいところだけ抜粋。全文が読んでみたい方は、「人間であること」こちらをクリック)


人間であるということは
60%:40%なのだと、マハリシは言っていました。
60%が善で40%が悪
または60%が悪で、40%が善です。
その範囲を超えると、
もう人間ではなく、天使や悪魔となります。

えええ?
完璧な人というのはいないのですか??
そうです!
わかったでしょう?
60%が善というところで最高なのです。
期待をし過ぎてはいけません。
判断もし過ぎてはいけません。
ただベストを尽くし、失敗を受け入れなさい。
自分の行いを見て
そこから出来る限りのことを学びなさい。


これが実行できたら
素晴らしい人生を生きるようになりますよ。
カルマは師あり、敵ではないのです。
怪物のように見えるかもしれませんが
カルマは姿を変えた仏陀なのです。



・・・(ボブ・フィックス「人間であること」より抜粋)


昔、この瞑想に出会う前、断食を始める前は、
人生がカルマ(摩擦)だらけで、いつもわたしはびくびくしていました。

人生にくつろぐなんてことは、意味が分からないし、そんなのは、老後にしかやってこないだろうと思い込んでいました。

いつもわたしの頭の中を占める考えは、「先が分からない不安」と「自分一人でこの困難だらけの人生を渡っていけるだろうか」という怖さがあり、良いことが起こっても、いつ悪いことに襲われるかも知れないという緊張感で、自分の身を固めていました。

良きことは続かない。
良きことが起こって、調子に乗っていたら、いつか落とされる。

そんな考えがわたしのベースにあり、
常にそこのフィーリングとつながってしまうのです。

彼氏が出来た、やった~!!
と手放しで喜べず、「嫌われないために、もっと完璧な女性にならなきゃ」
と、やることリストが山積みで、

店長をしていたときは、
店の売り上げ目標が達成できた~!!
と手放しで喜べず、「来月のノルマはどうやって達成させようか」
と、来月一ヶ月間のやることリストを山積みにして、

こうやって、
息つく暇も無く、走り続けていました。


その根底には、不安と怖れがあり、
その不安と怖れを取り除きたいがために、より完璧に、より高潔に、自分を高めて行くしかないと思っていました。


そもそも、その考え自体が、「不足」から来ていることなんていうのは、気付いてもいませんでしたが・・・。


「私は不足している」


人間的にも、
女性としても、
社会人としても、
金銭的にも、
頭脳としても、


不足していて、十分じゃない、全然足りない。


この考えが、渇望へ導き、
更に完璧に、更に高潔に、更に素晴らしい人間像をイメージして、
そこにわたしを駆り立て続けていたのです。

完璧?潔癖?に注意_f0337851_10095764.jpg


この考えに、疑う余地も無く。
世の中の人のほとんどは、こういう考え方がベースにあります。


渇望はさらなる渇望を生み、決して満たされることなく、足りないところばかりにフォーカスが行き、
決して満たされている部分があることへの感謝の気持ちから、人生がスタートするわけではないのです。





わたしが瞑想を始めて、気が付いたことは、
その現実を作っているのも、自分の心であること。
自分の心が、自分の中の「足りない!」という欠乏感に結びついているので、
人生の中で、「足りないもの」にばかり目線が行って、「ほら、私はやっぱり足りない。だからもっと完璧になろう」と、自分を駆り立てるのです。


瞑想を始めて、ハートが育ってくるに従って、同じ人生を享受していても、フォーカスを当てる場所が違ってきました。
「わたしは生きている。ありがたい。」
そうやって、今あるもの、今満たされているものに、目線が行くようになってから、
人生の中で、「ほら、私は満たされている。必要なものはここにある」と、言える様になりました。


同じ環境であっても、目線が変わることで、見える世界が違ってきますし、受取るものが変わって来ます。

そうなると、不安や恐怖に突き動かされることがなくなったんです。



「じゃあ、もっと、やりたいコト、自分の本当にチャレンジしたいことをやってみたら?」


そんな魂の導きがあって、
カルマだらけの第一の人生を終焉させ、ダルマ(自然の法)に乗った、第二の人生をスタートさせることが出来たのだと思います。


ボブさんがおっしゃっている様に、
どれだけ最高でも、60%が善、40%が悪だとすると、
完璧主義も、どこかで頭打ちするんですよね。

どれだけ完璧にと思っても、60%が最高。


なら、完璧でない自分を責めずに、
失敗を恐れずに、失敗から何かを学べばいいんです。


人間も、「ああ満たされている」・・・と60%で感じていても、
40%で「もっとこんな風になりたい」という欲望があって、
それに突き動かされて、人間は進化していくのだと思います。





完璧になれない。

それが、人間の進化するために生まれてきた宿命だと思います。

ですから、今あなたの満たされ具合が、たった10%であったとしても、
そこにフォーカスを当てることで、「満たされている」というフィーリングが、
あなたの人生に「満たされた」現実を具現化させていきます。


その「満たされた」感覚を土台として、
「もっと、こうなりたい」とか「こうしたい」ということにチャレンジしていくのです。


「満たされていない」から「こうなりたい」は、
「やっぱりわたしは満たされない」を具現化させてしまうでしょう。



ここのポイント、めちゃ大事ですよ。






そう、
安心感、安全、失敗しても、自分が何かをなくす訳ではない・・・という気持ちがないと、
怖れがベースにあってチャレンジしても、その怖れを確認する結果を招くだけなのです。





ボブさんの言葉を借りれば、
「そこからも、何かを学べばいい」ということになりますが、
同じ失敗を繰り返しているならば、根本的に何かが間違っています。


失敗から学べていないことになります。



なぜ失敗から学べないのでしょう?


それはわたしたちの認識の幅や深さが変わっていないからです。
失敗することで、違う角度から物事や自分を見てみる。
失敗することで、違う解釈をしてみる。

人間は、動物と違って、高度な脳を発達させてきました。

経験は、認識の幅を変え、認識できる深さを変えてくれるきっかけでもあるのです。


これが、「カルマは師あり、敵ではないのです。」という意味です。

















# by kaoru-hasegawa | 2014-07-06 18:30 | 日々の日記 | Comments(0)
当館にジブリ作品が追加されました~!_f0337851_10094683.jpg
当館にジブリ作品が追加されました~!_f0337851_09570507.jpg
「ジブリ作品DVDセット」を、購入しました!


小さい頃、ルパンが大好きだった。

天空の城ラピュタを見て、泣いた。

風の谷のナウシカは、わたしのバイブルになった。

魔女の宅急便では、純粋な気持ちを思い起こさせてもらった。

もののけ姫、千と千尋の神隠しが出た時は、ストーリーの奥に隠されているメッセージが、奥が深すぎて、何度も見た。
また、何度も見るたびに、違う気付きがあったり、自分が大人になってから見ると、また、違ったメッセージが心に響いたりもした。





わたし、宮崎駿さんの作品が、大好きなんです。

当館にジブリ作品が追加されました~!_f0337851_10094415.jpg

宮崎駿さんの作品には、子どもが泣くシーンが結構出てくるんですが、
例えば、「風立ちぬ」の主人公の次郎さんの妹「お佳代」が、
当館にジブリ作品が追加されました~!_f0337851_10094114.jpg

「わーーーーん!!」

って、泣くシーンが出てくるんです。
涙をぼろぼろ流して、大声あげて、泣くに任せて、誰の目も気にせず泣いているんです。

思い出すんですよね。
子どものときって、こんな風に感情を素直に表現してたな~って。

わたしも、こんな泣き方したな・・・って。



過去のわたしは、いつからか、
自分の素直な感情とつながることを忘れて、
「理想の自分」という虚像を作って、その自分に合わない自分は、心の中で抹殺していました。


そんなわたしの心に、純粋な感情を、「あなたにもあるんだよ」と、
思い出させてくれたのが、ジブリ作品でした。



今では、随分、自分の子どもの部分を、素直に出せるようになってきましたが、
ジブリ作品を見ると、また、純粋な子どもの部分と、直結できるような感覚が芽生えてきます。





宿泊のお客様にも、見て頂きたいと思って、購入しましたので、
是非、お泊りの時に、自由にお気に入りの作品、まだ見たことのない作品を見てください(^^)♪



【 DVD 内容 】
風立ちぬ
当館にジブリ作品が追加されました~!_f0337851_10094813.jpg
もののけ姫
当館にジブリ作品が追加されました~!_f0337851_10234448.jpg
崖の上のポニョ
当館にジブリ作品が追加されました~!_f0337851_10233842.jpg
天空の城ラピュタ
当館にジブリ作品が追加されました~!_f0337851_10233392.jpg
ハウルの動く城
当館にジブリ作品が追加されました~!_f0337851_10233150.jpg
風の谷のナウシカ
当館にジブリ作品が追加されました~!_f0337851_10232413.jpg
紅の豚
当館にジブリ作品が追加されました~!_f0337851_10270787.jpg
千と千尋の神隠し
当館にジブリ作品が追加されました~!_f0337851_10270845.jpg
ルパン「カリオストロの城」
当館にジブリ作品が追加されました~!_f0337851_10270074.jpg


この中で一番好きな作品は、
「もののけ姫」かもしれないです。

初めて見た時は、衝撃的すぎて、感想も出て来なかったくらいでした。

主人が大好きなのは、ポニョです(笑)。











# by kaoru-hasegawa | 2014-07-05 19:30 | 日々の日記 | Comments(0)

瞑想とわたし④


「瞑想とわたし」 「瞑想とわたし②」 「瞑想とわたし③」も合わせて読みください。



・・・・・・さて、自分の抱えている問題を、無くしていくためには、とりあえず瞑想だ!!
そして、その当時、はまった「酵素断食」だ!!と、私は思った訳です。

世の中には、自分を楽にしてくれるツールは沢山あったと思います。

ですが、多忙な毎日で講習会やセミナー、エステや自分を癒してくれる様々なサロンや施設などに、出向く時間も無く、日々、自分で出来ることで、自分を浄化できることが、

この時の私には、「瞑想」と「断食」でした。




フルフィルメント瞑想を伝授いただいても、なかなか半年は座れなかった私も、
少しずつ、先生のブログなどに励まされ、座る習慣ができてきて、
断食も、やれば体が楽になるので、
狂ったように、断食してました(1か月に2回の3日断食を1年間してました)。


もう、今から思えば、相当追いやられてましたね。

とにかく、自分を変えたかった。
この状態から変わりたかった。



ひたすら、瞑想した。
ひたすら、断食した。



その中で、どんなカルマの解放があったか、
今では詳細は思い出すのも大変なんですが、


浄化が進むにしたがって、自分にウソがつけなくなってきて、
自分が自分にウソをついて生きてきたことが、あからさまに暴かれていきました。


「私はできる人間。完璧。頑張り屋さん。強い人間。弱音は吐かないし、立派に仕事もやっている。」


などの、偽りの自分の虚像が、はがれ落ちていきました。


「本当は淋しい。愛されたい。自分が嫌い。みじめな気持ちでいっぱい。満たされない。」



こんな陰の部分を、認めたくないがために、偽りの自分、虚像の自分を作り上げ、
その人生を自分に押し付けて生きてきたのも、
自分で見抜ける様になっていきました。


ほとほと、そんな自分が嫌で、絶望を感じ、
だからと言って、自分が楽に生きて行くなんて、方法も知らない。
自己犠牲の生き方しか知らない。


悶々と、自分のカルマと闘わなければならない時期が、わ~~~~~!!!っと一気に押し寄せ、
そして、毎日死ぬことばかり考えるような、精神状態にもなりました。




その時はしんどかったですね。
この経験が、今、セラピストをしていて、役に立っているのは本当に有り難いことですが、
当時は一歩間違えばヤバかったです。





そして、かなりの決断の末ですが、

愛着があった会社を辞め、
ワーカーホリックな生き方をやめ、
キャリアにしがみつくのもやめて、
完璧主義もやめ、

自分をいじめる様な、生き方を全部手放しました。


瞑想とわたし④_f0337851_1838409.jpg





もう、その頃のことを説明するのは、文章では難しいのですが、
竜巻が起こって、わ~~~~~!!っといろんな事が起こり、
虚像の自分が崩壊し、混沌とした状態で、精も根も尽きて、第二の人生が始まりました。


それは、
そんな風に荒れた状態の時も、
私を支えてくれていた主人と結婚することを決め、
田舎に引っ越し、
しばらく心身を療養させてもらうことからスタートした、第二の人生からの始まりの人生でした。


約4か月は、心身のリハビリとして、何にもしない、ゴロゴロして、田舎の景色に癒されたり、美味しい自然食に癒されたりの日々でした。


そして、4か月後から、長年の夢であった、浄化療法(酵素断食とマッサージの組合せで、お客様の心身のデトックスを実現するプログラム)をスタートしました。







わたしにとっては、凄く勇気のいることでした。

新しい人生に踏み込むことは、過去と決別すること。
今までの自分と決別すること。




この、一番初めの、大きなカルマの解放があってからは、
カルマは、決して怖いものではなく、
私たちの人生に進化を与えてくれるものだということが、分かったのです。



瞑想を始めることで、
断食を続けることで、

約1年間かかりましたが、
過去の古い、自分を不幸にする価値観を崩壊させました。

過去の古い不幸癖の自分の価値観が壊れた後は、
それこそ、自然に、「なるように構築されていく」のです。


よく、今の自分の価値観を変えずに、その上に、理想の自分の仮面をかぶって、
演じている人がいますが、これは、何の解決にもならず、ストレスを増やすばかりです。


自分は、「こうなれば、人に好かれる」とか、「こうなれば、人に認められる」とか、「楽になれる」
という、イメージした「理想の自分像」を、掲げて、そのイメージに自分を近づけようとしますが、
(私もやっていましたが)

わたしが通った人生の変革があった道は、それでは無かったです。


とりあえず、今自分を苦しめている価値観を、壊す。崩壊させる。
すると、自然と、マッチした姿になるんです。

価値観を崩壊させる前に(古い価値観のまま)なりたい自分をイメージして、どこか自分じゃないものに向かおうとする・・・のではなく、壊したら、自然と、ならなきゃいけない姿に、構築されていく(変化していく)・・・そんな感じなんです。


そこには、人間の「意図」がなく、自然な流れに自分の変化も、身を任せて行く・・・そんな感じの変化の仕方でした。


なので、何の無理も無く、自然と、ベストな状態に納まります。



やるのは、ただ、

身体の浄化。
心の浄化。


あとは、宇宙にお任せ。


任せておけば、ちゃんと良い感じに仕上げてくれます(笑)。





フルフィルメント瞑想の創始者、ボブ・フィックスの日本に向けてのブログがあります。

「人間であること」

↑最近投稿された記事なんですが、
この記事を読んだ時、とっても深く理解しているわたしがいました。


瞑想も始めることなく、一度も人生のブレークスルーも経験していなかった、
カルマまみれの4年半前の私が読んでも、きっとチンプンカンプンだったでしょう。


人は進化しますね。



そして、怖いと思っていたカルマも、実は怖いものでは無かった・・・これが、今は実体験を通して理解できます。



是非、この記事を読んでみてください。

「人間であること」





「瞑想とわたし」シリーズ完結☆














# by kaoru-hasegawa | 2014-07-04 19:30 | 日々の日記 | Comments(0)