セラピストかおるのブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの南かおるのブログです


by 南 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導)
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

回復食について 2


回復食について2

回復食についての、お客様の不安が多く、質問にも良くでてくるので、
もう一度、最初に説明した文章で、足りないところを補足したいとおもいます。

前回、回復食について、書いたページはこちら



一番お客様の質問で多いのは、

「何を食べたらいいのですか?」というもの。

次に多い質問は、

「何日続けたらいいのですか」…それにお答えしたあとの反応…「え!そんなに長く…普通の食事に戻すのに、そんなに我慢しなくてはいけないのですか?!」


…です(笑)。



「何を食べたらいいのですか?」という質問には、前回、回復食について書かせていただいたページに、
回復食に適している食材と、そうでない食材を分けて、ご紹介してますので、
そちらを参考に、腹4分目~6分目を目安に食してください。


回復食を失敗しないためにも、私は、回復食中も、「酵素ジュース」を飲むことをおすすめしています。


f0337851_11451342.jpg




断食中に、散々飲んだ酵素ジュース。もう、味が飽きてるのよ・・・というお声が聞こえてきそうですが(笑)。


どれだけ美味しい酵素ジュースでも、断食中は、そればっかり飲んでいるので、
3日目くらいになると、御出汁の効いたモノが飲みたくなったり、
甘いのが嫌になって、塩気のあるものが欲しくなったりします。



そんな、酵素ちゃんも、もう少しだけお付き合いいただいて、回復食中も、活躍してもらいましょう!



回復食で、お野菜や、お粥などを中心に摂っていただきますが、段々と、胃腸が目覚め、消化力が回復してくると、どんどんお腹が空いてきて、


さっき回復食の朝ごはんを食べたところなのに、もう昼の回復食が待ち遠しい…なんてことも出てきます。


で、ちょっとだけなら、いいよね~・・・と、目の前のクッキーをひとかじり・・・。


その「ひとかじり」が命取り。
ひとかじりのつもりが、1個、2個、3個、4個・・・・・・・・・・
となってしまうのが、回復食の難しさなのです(とほほ・・・)。


私がおすすめするのは、回復食中も、ペットボトルや水筒に、酵素ジュースを作って持ち歩き
回復食と回復食の間も、チビチビ飲んでいただく、という方法です。


何か、無性に食べたくなる…そういうのは、断食明けに(回復食中に)よくあります。


そういうときに、バカバカッと、クッキー、餃子、ハンバーグ・・・ではなく、「酵素ジュース」を飲んでください。


どうしても食べたくなる時もあるのですが、酵素ジュースをいつでも飲んでいいのだ、という安心感から、
回復食中の「食べたい欲求」から救われます。


私は、お粥の変わりに、お粥より消化の良い「甘酒」を食します(発酵している分、消化が楽です)。
他は、キャベツやカボチャ、ジャガイモ、玉ねぎ・・・などを、蒸して食します。


f0337851_11451487.jpg




・・・アーユルヴェーダでは、消化の力のことを「アグニ」と言います。
アグニとは、「消化の火」のことを言います。


断食中は、アグニが落ちてます。


余談ですが、ピッタ(火)が過剰になっている時は、アグニが異常に盛んになっていて、食べても食べてもお腹が空きます。


断食中はアグニが落ちているので、さほど空腹もなく、酵素ジュースだけて、楽に過ごせます。


アグニが落ちている所に、急に消化に時間がかかるものを、食べると、どうなるでしょうか??


…「未消化(消化仕切れなかった食べ物)」のものができてしまいますよね。


これを、アーユルヴェーダでは「アーマ(毒素)」といいます。


そうです、普段何気に私たちが「毒素」と呼んでいるものは、「未消化」の食べ物からできているのです。


消化力(アグニ)は、人それぞれ違います。


これは、ピッタ(火)の力が個人個人違うからです。


例えば、「3」のアグニの力しかない人が、「7」の消化力がないと消化できないものを食べたとします。
そうすると「4」の未消化物(アーマ)が残りますね。


簡単に言うと、そういうことです。


ので、断食明けは、低下したアグニにあわせて、
「軟らかいもの・消化にエネルギーがかからないもの」を、食べ過ぎに注意して、
よく噛んで(噛むことで、唾液の消化酵素が働いて、胃腸の消化が助かるからです)、
食べて下さいね。

たとえば、こんな野菜スープを、薄味で。

f0337851_11451228.jpg



そして、きちんと回復食がなされれば、アグニは立ち上がり、普段の食事も、きちんと消化できる体になっていきます。


断食は、「アーマを消化し、排泄し、アグニを正常に立て直す」ことができるのです。


私たちは、普段、消化に時間のかかるものや、そうでなくても、アグニの力(消化力)以上に、
食べ物を良く噛まずに、胃に流し込んでいます。


それを何年も繰返すうちに、消化の力は衰え、アーマは溜りやすくなり、代謝はどんどん落ちていきます。


断食をすることによって、胃腸を休め、アグニが正常に働く様になり、未消化のモノができなくなります。
すなわち、アーマがたまりにくくなるということですね。


食べた物を、きちんと「消化」・「吸収」・「排泄」できる体を作ることができます。


なので、せっかく、断食で、アーマを排泄しても、アグニの力が落ちている回復食中に、
ドカ食いや、消化に悪いものを食べてしまうと、
アーマがまた、溜ってしまうのです・・・(とほほ)。



…ですので、長くなりましたが、

「回復食はどれくらい(何日)続けたらいいのですか?」


という質問には、


「自分のアグニの回復力を感じながら、徐々にもどしていく」


が、正解なのです。


3日断食したら、その2倍の6日を、回復食にあてる、というのが、一応の基準です。


が、アグニの立ち上がりが遅い人は、10日回復食をしないといけないかもしれませんし、

アグニの立ち上がりが早い人は、3日で、いいかもしれません。


自分の胃腸の調子を感じながら、そして、排泄物(大きいほう)を、観察して(消化できてなかったら、そのまま出ます)、


「あ、昨日豆を食べたけど、私の今のアグニでは、豆はまだ消化できてないな」

とか、

「胃がもたれるということは、やっぱりお野菜でも食べ過ぎたな」


という様に、自分の体を観察して、感じてください。


最初は不安でしょうから、ガイドライン通りに回復食をされて、慣れてきたら、自分のスタイルがみつかるでしょう(^^)♪



出来るだけ、回復食は、早く終わらせて、早く、食事を戻したい~!!って、思いますよね!


でも、きちんと回復食をしていると、回復食中も、アーマが排泄され、体は、どんどんクリアになっていきます。
断食中だけ、デトックスして、回復食は、元の食事に戻す「通過点」という感じがしますが、

私のとらえ方は、「断食の延長で、体は、デトックス(排毒)を続けている」・・・です。


普段、皆さんが食している食事に比べたら、回復食中の食事って、どれだけ体が喜ぶものか(ヘルシーか)、分かりますよね(^^)!


消化に負担がかかってないだけでも、体の働きは、断食中だけでなく、体内のアーマの消化にエネルギーが向かいます。


そうです、回復食中も、どんどん、細胞は若返り、毒素も分解されいてるのです。




・・・そう思うと、めんどうだな~、と思う、回復食も、意味を見出せて、やる気が起きませんか?(どうですか??)


さっさと、終わらせたい回復食。
そう思わずに、断食後、もうちょっと、体に思いやりを向けて、頑張ってみてください(^^)。



そうそう、断食中に、体重が落ちなかった人が、回復食中に、体重が2キロも落ちた、なんて経験談もあります。


回復食、大事ですね~(^^)♪




分からないことがあれば、どうぞ遠慮なく聞いてくださいね(^^)。




何回もやってるうちに、断食上手、回復食上手になっていきますよ~(^^)♪



============================================================
# by kaoru-hasegawa | 2012-02-08 11:41 | 断食 | Comments(0)

回復食について

♡大好評「skype 心理セッション」

Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡2017年10月15日から「浄化療法」復活!!
すずなり京都に宿泊していただきながら、
美味しい酵素ジュースで断食
そしてチベットマッサージレインドロップを受け、
ビリーフチェンジセラピーで心もスッキリする、
あの人気メニューが復活します!

詳しくはこちら←クリック


♡すずなりの新しいHPはこちら←クリック
すずなりの空室・予約可能日 ←クリック

f0337851_16255867.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




断食は、断食中より「断食があけてから」が難しいと言われています。

断食中は、胃も小さくなり、消化器系は、休眠状態になっているので、断食中の初期に訪れる「食欲」を乗り越えたら、「食べてないほうが、体が軽くて、楽!」という、「断食ハイ」状態になるので、初めての方は「想像していたより楽に断食できた」・・・とおっしゃいます。

しかし、断食が終わり、「回復食」(徐々に元の食事に戻していく食事の方法)が、難しいといわれています。

なぜなら、一端食べだすと、食欲が急に湧いてきて、沢山食べてしまったり、ジャンクフードなどが恋しくなって、つい・・・チョコレート一枚・・・なんてことも、やってしまいます。

体のことを思うなら、できる限りゆっくりと、元の食事に戻す必要がありますね。

3日~1週間ほどの断食をした場合、胃腸関係は乳児のような状態に戻っていますので 、赤ちゃんが離乳食から段階を経て普通食になっていくように戻すのが理想です。

回復食の日数の目安ですが、断食をした日数の2倍の日にちを回復食にあててください。

例えば、3日断食された方の場合、6日かけて、徐々に液体から、離乳食のような、野菜をやわらかく蒸したりしたもの、そして、すこしずつ、穀物も重湯→お粥→ご飯・・・というように、少しずつ、胃腸を慣らしながら、固形物にしていきます。



(回復食で避けてほしい食べ物)

●お肉や卵、魚、乳製品などの動物性食品(消化に負担がかかります)
●油もの(揚げ物、マヨネーズ、ドレッシング、スナック菓子、バター、油揚げ、厚揚げ、ナッツ類)
●カフェインを含んだ飲み物(コーヒー、紅茶、緑茶、など)
●熱帯産のフルーツまたは、熱帯産のフルーツジュース(体を冷やし過ぎます)
●パンなどの焼いた小麦粉製品(パン、クッキー、クラッカー、マフィンなど、消化に時間がかかり、体にたまりやすい食品です)
●砂糖を使ったお菓子類


(回復食で食べてほしい食べ物)
●葉野菜(小松菜、白菜、キャベツ、水菜、菊菜、チンゲン菜)
●大根、ニンジン、カボチャ、玉ねぎ、ショウガ等の野菜
●豆乳、豆腐、納豆などの豆加工製品
●海藻類(ひじき、あらめ、昆布、寒天、のりなど)
●穀物(重湯、お粥、蕎麦湯、うどん、そうめん、蕎麦)
●梅干
●ドライフルーツ(干し芋、プルーン、レーズン、干しイチジク、干し柿など。マンゴーやバナナなどは、熱帯産のフルーツなので、ドライフルーツでも、出来たら避けてください)


(回復食の例)3日断食の場合

断食明け一日目・・・この日は、久しぶりの食事なので、特に「食べすぎ」に注意しましょう。味覚も敏感になっているので、塩気や、野菜の甘みが、とっても美味しく感じるので、嬉しすぎてついつい、食べ過ぎてしまう傾向があるので、食欲ときっちり向き合って、腹四分目~六分目で止めておきます。
あと、塩分も、少しずつ戻していきますので、初日はかなり控えめにしてください。


●朝・・・酵素ジュースコップ1杯、蒸し野菜サラダ(ポン酢ドレッシング)
●昼・・・蒸し野菜サラダ(ポン酢ドレッシング)、ホット豆乳
●夜・・・酵素ジュースコップ1杯、具なし味噌汁



断食明け二日目・・・食べすぎないように、野菜を中心に。

●朝・・・酵素ジュースコップ1杯、蒸し野菜サラダ(ポン酢ドレッシング)
●昼・・・小松菜のおひたし、湯豆腐、ホット豆乳
●夜・・・酵素ジュースコップ1杯、具なし味噌汁




断食明け三日目・・・・穀物を少しずつ入れていきます。


●朝・・・酵素ジュースコップ1杯、梅干入り重湯、湯豆腐
●昼・・・蒸し野菜サラダ(ポン酢ドレッシング)、ホット豆乳
●夜・・・梅干入り重湯、味噌汁(豆腐、白菜、大根、玉ねぎ)、蒸し野菜サラダ(キャベツ、カボチャ、葱)



断食明け四日目・・・間食がしたくなったら、ドライフルーツをよく噛んで召し上がってくださいね。


●朝・・・酵素ジュースコップ1杯、梅干入りお粥、蒸し野菜サラダ(ポン酢ドレッシング)
●昼・・・白菜としめじの煮浸し、納豆の大根おろし和え
●夜・・・梅干入りお粥、野菜鍋(白菜、えのき、豆腐、葱)



断食明け五日目・・・そろそろ、胃腸も慣れてきた頃だとおもいますが、まだ、お菓子やお肉は厳禁ですよ。


●朝・・・酵素ジュースコップ1杯、梅干入りお粥、蒸し野菜サラダ(ポン酢ドレッシング)
●昼・・・あたたかいうどん(汁は残してくださいね)
●夜・・・梅干入りお粥、具沢山味噌汁、小松菜の胡麻和え



断食明け六日目・・・ご飯や、麺類は、よく噛んで召し上がってくださいね。

●朝・・・酵素ジュースコップ1杯、ご飯、味噌汁
●昼・・・あたたかいお蕎麦(汁は残してくださいね)
●夜・・・ご飯、味噌汁、ヒジキの煮物、湯豆腐


b0207632_93277.jpg






回復食で気をつけることは、「体に聞く」ことです。

断食中は、胃腸が「休息モード」に入っているので、「消化力」が落ちています。別の言い方をすると、毎日、毎日、消化に追われて疲れていた胃腸を、断食中に休ませてあげているので、急に消化できない状態になっているのです。


断食中に、眠っていた消化能力を、少しずつ目覚めさせていくのが、「回復食」です。

ので、急に元の食事を入れると、「寝てたのに急に起こされて、ダッシュで100メートル走りなさい」と言われている様なもので、胃腸はびっくりし、そして、疲れてしまいます。


上記の例は、あくまでも例で、人によって、また、断食の日数によって、体に聞きながら行ってくださいね。


例えば、私の場合だと、断食明けは、ほとんど「蒸したキャベツか、カボチャ」と、味噌汁の具なし(汁だけ)を、昼と夜だけ・・・といった感じのが、体の消化力に合っている様で、大変楽に回復食ができます。

豆腐や、納豆を食べると、胃がもたれたりもします。


人によって、消化力の回復力はちがいますし、あっている食材も違います。

「好きか、嫌いか」ではなく、「体が楽か、ちゃんと消化できているか?」を、きちんと体に聞いて、食べたい欲求だけで食べ過ぎずに、腹四分目~六分目で、食事を終えるようにしましょう。



そして、断食~回復食・・・の間の、体に入れているものは、ほぼ100%植物性食品、手作り食品です。普段、動物性食品を食べる人、外食が多い人、加工食品(レトルトや缶詰食品、冷凍食品)が多い人は、普段と全く違ったものを、体に取り入れているわけです。

・・・さぁ、どうでしょうか?食べ物で体が出来ているので、食べる物を変えるだけで、体質も、体調も、はたまた、考え方まで、変化をするものです。

断食と回復食を終えた、自分の「感じ方」や「心の状態」などを、観察してみましょう。



「断食は、回復食で、成功か失敗かが決まる」といわれています。

慎重に回復食を行って、急に「クッキー、ジュース、から揚げ弁当!!」のような食事に戻さないように、くれぐれも注意してくださいね(^^)♪



実は、断食明け一日目に、ロールケーキを食べて、体調を崩した経験があるのです(笑)。

あぁ・・苦い思い出(><;)・・・。

それ以降、本当に「明けの食事」の大切さを学んだのでした。



回復食には、体に優しいものを、少しずつ・・・




★回復食についての続編、「回復食について2」はこちらから



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_23205540.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」









































# by kaoru-hasegawa | 2012-02-08 11:35 | 断食 | Comments(0)


3泊4日の断食を、ここ、吉水さんで過ごすことが出来て、本当に良かったです。
宿の雰囲気も、最高でリラックスして断食できました。

土地のエネルギーが高いので、まったくお腹も減らず、酵素ジュース1ℓの原液が余るほどでした。

ただ、2日目から、吐き気と頭痛に襲われて、しんどかったです。
だけど、だけどそんな時も、かおるさんが

「吐き気や頭痛は好転反応なので、大丈夫ですよ」
「どんどん出してください」

と励ましていただいて、とても安心できました。
かおるさんの言葉で、大変リラックスしました。

薫さんの毎日のマッサージも最高でした。
こんなにも贅沢してもいいのかと思いながら、癒しのひと時を過ごしました。

断食をすると不安なこととか出てきますが、薫さんの本当に献身的なサポートのおかげで、3泊4日を過ごすことができました。

ありがとうございます。

また、絶対に戻ってきます。


*********************************************



・・・N様は、もともとの体質は風体質ですが、人間関係のことなどで、火のドーシャが乱れてしまっていたのが、様々な体の症状や、心の悩みに結びついていました。

火が強くなっている人は、好転反応で「吐き気」をもよおす方が多いです。更に、風も乱れていたので、頭痛もでてきました。

酵素断食中は、体がズレているのを修復しようとするので、様々な好転反応が出ます。・・・が、慎重に様子を見ながらですが、出るに任せて、出してもらってます。

私は、好転反応はもう慣れてしまってますが、初めての経験の方は、びっくりされるので、なぜ、その好転反応が出るのか、出た後にはどうなるのか・・・をしっかりお話させていただいてます。

N様は、この後、悩みの原因で、体調を崩す原因であった、ご両親との関係を見直され、心のブレイクスルーをされました。

体が変われば心も変わる。心が変われば人生も変わる・・・。

酵素断食の醍醐味です!!!
# by kaoru-hasegawa | 2012-02-03 17:12 | 酵素断食・浄化療法のご感想 | Comments(0)
【 酵素断食を行うプランににお申し込み頂いたみなさまへ 】

酵素断食やその後の回復食をスムーズに行う為に、諸注意がございますので、
こちらをご一読くださいますよう、お願い致します。


(減食について)
酵素断食をスタートさせる前日~2日前から、お食事の内容と、量に、お気をつけください。

●消化に良いものを中心にする(肉・卵・乳製品・菓子類・揚げ物・カフェイン・アルコールは、極力控えます。
お野菜中心に、あっさりしたものを選んでお召上がりください)。

●腹8分目~6分目で抑えておく(消化によいものでも、お腹一杯食べない様に、お気をつけください)


(生活について)睡眠を十分にとられてください。
極端に疲れているとき、睡眠不足で体調がすぐれないときの、断食はお避けいただいてます。
仕事のしすぎ、ストレスの溜めすぎにご注意いただき、体調を整えていらしてください。


(断食後の予定について)
断食は、「断食中」よりも、「回復食」が大切と言われています。


なぜなら、断食中は、胃が小さくなりますし、
ストレスのない環境での断食は、比較的容易に行うことができます。


すずなり では、酵素ジュースを飲みたいときに、飲みたいだけ、お飲み頂くことができますので、
断食中に、空腹で辛くなることも、ほとんどございません。
(酵素ジュースは、プランに付随しております所定の量を飲み切られた後も、追加でご購入頂けます。)

酵素断食では、断食期間を楽にすごせるので、回復食も、楽に過ごせる・・・と思ってしまいがちなのですが、

いざ回復食を一口食べ始めると、消化液が出てきて、休んでいた胃腸が、活発に働き出そうとするので、

どんどん、食欲が湧いてきて、予定より食べ過ぎてしまった、お菓子まで食べてしまった、

などのことが起こりやすいです。

食べることは、生きることでもありますので、それも生きる意欲の表れでもあります。


そうは言っても、回復食期間(特に初期)に過食されたり、

 相応しくないもの ― 動物性タンパク質、砂糖、油、乳製品、お酒、添加物など - を召し上がると

心と体に思わぬトラブルを招きます。



ですから、、断食よりも、回復食に重点を置いて頂ければと思います。


 ● 断食する日数の約2倍をかけて回復食を食べます。

 例 : 3日断食なら、6日回復食、ということになります。


 すずなり で断食し、回復食はご自宅で・・・というパターンが多いかと思います。

帰宅後、すぐにお友達と、会食の約束を入れている・・・というようなことがあると、回復食に支障があり、
断食からの回復期の体に、強い負荷を与えてしまうことになります。

断食のご予約の後、回復食に当てる日数は、会食などのご予定を入れられませんよう、お願い致します。

回復食の内容は、この様なものを、おすすめしています。
(回復食について)
(回復食について2)

 当館に断食されにいらっしゃる前に、帰宅後はこの様な回復食をするつもりで、
食材を自宅の冷蔵庫に確保してから、いらっしゃることも良いようです。

(当館のオリエンテーションにて回復食の説明をさせて頂く時に、
 「回復食用の食材を買って用意してから来ればよかった」とのお声を頂くことがあります。)


断食前の減食や、断食後の回復食に不安がある方は、

減食、断食、回復食を当館滞在中に組み合わせることもできますので、

お気軽にご相談頂ければと思います。

                          すずなり 長谷川 
# by kaoru-hasegawa | 2011-07-15 16:46 | 酵素断食・浄化療法 | Comments(0)
どんなマッサージであるか、
工程から、効果まで、ご説明します。



(kunyeの流れ)


●オイルの塗布(chug pa:チュクパ )
 ルン(風体質)・ペーケン(水体質)の方は、冷性が強いので、温性のある「セサミオイル」を使います。
 ティパ(火体質)の方は、熱性が強いので、冷性が強い「オリーブオイル」を使います。

(体質は、体質チェックシートに記入していただくことと、東洋医学の望診法・脈診・接診を使って判断します)

ベースになる、セサミオイルまたは、オリーブオイルに、ヤングリビング社の医療用グレードの精油を、体質に合わせてブレンドします。


b0207632_9214720.jpg



オイルを手に取り、こすり合わせて、十分手とオイルを温め、クライアントの体に塗布していきます。
その時に、摩擦で、熱を起こし、毛穴を広げ、オイルの成分が浸透しやすくします。
ので、やさしく、オイルを塗る・・・という、オイルマッサージのイメージとは違い、手のひらで、「乾布摩擦」をされているような感じです。
オイルを塗る・・・というよりも、「オイルを刷り込む」といった感じですね。

b0207632_9324226.jpg



●温める(sowa:ソワ)
温めた石などを使って、クライアントの冷えている部位を、温めます
冷えている部位が無い時は、ソワは飛ばします。
逆に、熱がこもっている部位は、冷やします。これも、ソワといいます。


b0207632_9312440.jpg




●関節を動かす(tsig jor:ツクジョル)
関節には、病気の根本原因である「ルン(風)」のエネルギーが溜まっている・・・と考えられています。
関節を、引っ張ったり、まわしたり、ひねったり、押したり・・・しながら、関節に溜まっている「ルン」のエネルギーを、散らしていきます。

b0207632_9322950.jpg


b0207632_9323453.jpg


b0207632_933012.jpg



●マッサージをする(nye:ニェ)
筋肉を、押したり、揉んだり、
つぼを押したり、揉んだり、
経絡を流したり・・・します。

b0207632_9345372.jpg




●オイルを落とす(chi:チ)
体に付いたオイルを、ヒヨコマメの粉を使って、落としたり、
温めたタオルでふき取ったり、
シャワーで落としてもらったりします。

※吉水では、マッサージが終わったら、そのままガウンを着て、お風呂場に直行していただき、
  オイルをシャワーで落としてから、湯船でジンワリ温まっていただいてます。





(kunyeの特徴)
神経系の興奮を沈静化させることが目的(ルン・風のエネルギーを抑える)のマッサージになっています。
ので、頭の先から、脚の先まで、くまなくマッサージし、
関節に過剰に溜まった「ルン」のエネルギーを散らしていくために、引っ張ったり、まわしたり、動かしたりをします。
冷えてるところは、温め、熱がこもっているところは、冷やし、バランスをとります。
ツボの刺激もありますが、痛すぎない強さで、詰まっているツボや、経絡を流します。
各臓器が対応しているツボや、部位などがあるので、
クライアントの状態を把握し、弱っている場所をメインに施術します。

イメージがつきにくい方は、
オイルマッサージと、整体と、指圧が一つになったようなマッサージ・・・と思ってください。
内容は、奥深いのですが、クライアントの状態に合わせて、色々なパターンが生み出すことができる、
施術者からすると、とても幅の広い、マッサージだと思っています。


(効果)
特に、神経系の症状や、脳疲労から起こる症状に、有効です。
関節の硬い方、自律神経失調症、交感神経過多の症状、不眠や、その他、様々な症状に有効です。
# by kaoru-hasegawa | 2001-09-01 14:16 | 酵素断食・浄化療法 | Comments(0)