セラピストかおるのブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの南かおるのブログです


by 南 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導)
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
今日のすずなり
今日はあったかいね〜😊
夜はオンラインでカウンセリングです❗️


♡2月大阪天王寺出張セラピー(個人カウンセリング)
○2月23日(土)満席

○2月24日(日)満席
詳しくはこちら←クリック


♡すずなりのHPはこちら←クリック
すずなりの空室・予約可能日 ←クリック

f0337851_09151083.jpg


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※











今回の2Dayのワークショップの2日目のお話を書いてみます。

1日目は座学でしたが、2日目は農家さんの現場見学や、

実際、自然農と福祉を連携させている場所に足を運ばせていただきました。





f0337851_18464267.jpeg
↑↑野菜農家の安藤さん↑↑







ハウスを沢山持ってらっしゃって、無肥料、無農薬、無除草剤で野菜を育てながら、

野菜の品種によっては、安全な有機肥料も若干使うという、

柔軟な姿勢で野菜を作られています。



農家の仕事はとりあえず、やる事が多いから、

いかに楽して、継続できるか、その工夫のお話もたくさん教えてくださいました。






f0337851_18495452.jpeg
↑↑種を手で蒔いていくのって結構大変(量が半端ないからね)なので、
楽して種を土に入れ込むことができる、こんな機械もあるんですよ〜と、
教えてくださいました↑↑








f0337851_18515785.jpeg
↑↑みなさん、熱心に安藤さんのお話を聴いてます↑↑







f0337851_18533122.jpeg
↑↑トマトの苗も下はヒーターで温めているそうです。↑↑






機械も上手に活用しながら、収量を確保して、

しっかり収入に繋げている自然農の野菜農家さん!

希望が持てます。




・・・・




お昼ごはんは、障害者就労支援施設「おもや」さんで農地の見学と、

お昼の休憩。

f0337851_23143967.jpeg
↑↑障害者の方の就労支援施設「おもや」です。↑↑






f0337851_23153888.jpeg
↑↑おもやさんでは、無農薬、無肥料の自然栽培でお野菜や米を育て、そこでできた野菜を中心にレストランカフェ(おもやキッチン)もされています↑↑

めちゃくちゃ野菜が美味しそうなので、一度ランチを食べに行ってみたい❤️









そして、お昼ご飯は平飼いの鶏の卵と自然栽培米の、卵かけご飯!
f0337851_23165813.jpeg



f0337851_23224195.jpeg
↑↑おもやさんで取れた自然栽培のお米と、平飼いの鶏の生卵❗️お漬物も付いて、これ以上にない贅沢❤️とっても美味しかったです〜❤️↑↑





・・・・





次に向かうは、中道農園さん。
f0337851_23255513.jpeg



おじゃましま〜す!
f0337851_23281844.jpeg




f0337851_12392318.jpeg




200年お米を作り続けている中道農園さんは、こちら中道さんが2代目だそうです。
f0337851_12293082.jpeg






約40分、自然栽培について、お米について、

生の農家さんのお話が聞けました。




「自分も無料で先輩から教わってきた。

だから、私が知ってることは何でもお答えします。」




自然栽培をやっている方は、そういうスタンスの方が多い。

このスタンスは一体なんだろう?

中道さんのHPには「有機農業への恩返し」だと書かれてあった。

美しい生きただと思って心打たれました。








中道さんのお父さんは、当時農薬を使うお米作りをされていて、

農薬で具合が悪くなって、60代でガンで亡くなられたそうです。

農業を手伝っていた中道さんも、農薬で病気になって、

「自分の体が病気にならない農業のやり方にしなくては、農家を続けられない」

と考えて、

無農薬栽培のお米をやり始めたそうです。




今では、

有機肥料(牛糞や鶏糞などの自然界の肥料のことを有機肥料と言います)を使った、

「有機栽培米」と、

肥料自体を使わない、無肥料で栽培する「自然栽培米」の、

両方をやってらっしゃいます。


化学肥料は使わない、

農薬、除草剤は使わない、


食べる人も安全、作る人も安全なお米です。




有機肥料を使った田んぼは、たまに虫の害や疫病が出るそうです。

そういうときは、「お酢」と「はちみつ」を混ぜて薄めたものを、

農薬の代わりに散布するそうです。


ですが、無肥料で作る自然栽培米は、

めったにそういう手間をかけなければいけない事態にならないそうです。

無駄に肥料を入れないことで、稲が丈夫に育ち、

人間がいらんことをしなくちゃいけない手間が省けるし楽だとおっしゃってました。



「何億年と命を繋いできた植物は、ちゃんと生き方を知ってて、

人間は余計なことをしなくても育つようになってる」



そんな様なことをおっしゃってました。





もう、お米一筋の中道さん、話すことが力強くて、引き込まれました‼️

何でも、その道のプロフェッショナル(オタクとも言う)から、

商品を買いたいじゃないですか。

そういう意味では、中道さんは、お米作りのプロフェッショナル。

安全に美味しいお米を作ろうと、努力されています。




↑↑中道農園さんのHP・読めば読むほど、感動。↑↑

(ちなみに、いっしょに写真に写っている右の女の子は娘さんで、お父さんの跡を継ぐために、一緒に働いて学んでいるそう❗️日本の未来はこういう若い人たちが先導していってくれる気がします。応援したいですね❤️)







f0337851_12162017.jpeg


「コシヒカリを自然栽培で作りたいんや〜😊」と中道さんがおっしゃったので、

「何でなんですか?」と、質問をしたら、

以下の様な事を教えてくれました。

(うろ覚えなので、細かいところは正しく書けてないかもですが、大枠こういう話でした)



今、お米アレルギーの子供が増えている。

そんな子供でも食べれるお米を作りたい。

アレルギーの原因は、お米のグルテンの分子構造にある。

甘くて、粘りがあるお米は、その様に品種改良されてきて、

お米のグルテンの分子構造が複雑になりすぎて、消化しきれない。

それがアレルギーの原因になっていると。

しかし、コシヒカリは原種に近い品種で、

グルテンの分子構造がシンプルであるから、消化しやすい。


アレルギーの原因は、それ以外にも、

肥料の問題、除草剤、農薬の問題もある。

だから、肥料も、除草剤も、農薬も使わない、自然栽培で、

コシヒカリのお米を作れば、アレルギーの人でも大丈夫ではないか。




・・・そんな内容のお話でした。

もう、農家は「医者」ですね。



医者以上の医者ですわ。

泣けてきました。

これが、人の血肉を作る食べ物に携わる人の、本来のあるべき姿だなと。



今のお米がなくなったら、中道さんところで買おうと思っています❗️




私、数年前に、「今はお米のアレルギーを起こす子供も出てきてるそうだよ!」って

聞いた時に、正直信じられなかったんです。

お米を食べ続けてきた日本人が、

パン食が増えたことでパンアレルギーが出るっていうのは理解できるんですが、

お米を食べ続けてきたDNAを持っている日本人の子供が、

どうしてお米アレルギー??って。


でも、中道さんのお話で、深く「ガッテン❗️」でした。





・・・・




どうしても、私たちは、

農薬使っている野菜や米は、「自分にとってどうなのか?」の視点しか持てません。

自分にとって、健康被害がないのか?と。

でもね、農薬や化学肥料で、虫や、動物も、被害を受けているんです。



自然栽培は、食べる私たちだけの問題ではなく、

自然環境を元の状態に戻す農業。

生態系を乱さない、そして全ての生き物と共存していく栽培方法。



人間が自然に対して謙虚な姿勢がないと、

自然栽培について理解なんて到底できないと思いました。

自分ごとを超えて、地球規模(ジョンに言わせると宇宙規模)で、

広い視野で、

自分たちのやっていること、自分たちの選択していることを、考え直す時期が、

今来てる様な気がします(少なくとも私には)。






「買い物は投票」という言葉があります。




私の姉は、昔グラフィックデザインの仕事をしていて、

商品のパッケージのデザインなどを主にやっていました。

本当は全然自然派でもなく、環境破壊しているような企業さんの商品でも、

「自然派っぽく作ってください」って依頼されると、

そのようにしないと仕事にならない。

企業が儲かるために、消費者を騙すようなことをしないといけない仕事に、

良心が痛んで辞めて、今では小豆島で古民家でスローライフをしています。

(姉妹そろってスタンスが似てる笑)





企業に勤めている人なら、もっと詳しいと思うし、

一歩近付いて、こうやって生産者さんにお話を聞いたりすることで、

本当に私たちは何にお金を使っているのかが見えてきます。



環境破壊してでも利益を優先させているところの商品を買うということは、

それに「買い物」という形で「投票」しているのと同じですよね。



一生懸命働いて戴いたお金、

こうやって、正直に、環境や地球のこと、次世代のことまで考えて、

生産している人の元に、「買い物」という形で「投票」していきませんか?

あなたの投票が、環境を守りながら生産している方に入るってことは、

間接的にできる環境を守ること(そして自分の身体を守ること)になるんです。







「うとい」ままにしないで、知ろうとしませんか?

賢いお金の使い方しませんか?

そういうの、カッコイイ生き方だと思う😊❗️






まだ、書き足りなくて・・・⑤に続きます。

じゃぁ、何ができるか?という提案を私なりに考えて書いてみたいと思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_22462743.jpeg
南かおる(プロフィール)


♡酵素断食浄化療法♡←クリック   
酵素ジュース断食をしながら、チベットマッサージやレインドロップ(精油療法)を受けられる施設。
ご希望の方には心理カウンセリングも受けていただけます。

月に1回~2回大阪天王寺で心理カウンセリングを行っています。

遠方の方、対面でセッションを受けることに抵抗がある方、家から出れない方にご利用いただいています。

☆日帰りでも心理カウンセリング、マッサージ各種を受けることができます。
ご相談ください(^_-)-☆

お問合せ←クリック

【住所】京都府船井郡京丹波町八田大門2番地(JR京都駅から約1時間・アクセス
【mail】suzunari-kyoto@docomo.ne.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【断食のことを動画で説明しています】YouTubeに飛びます↓
断食で人生が変わる人がいるのはなぜ?
f0337851_12381283.jpeg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





# by kaoru-hasegawa | 2019-02-20 14:38 | 日々の日記 | Comments(0)
今日のすずなり
2泊の断食のお客様がチェックイン。
常連様です😊
f0337851_20150917.jpeg

♡2月大阪天王寺出張セラピー(個人カウンセリング)
○2月23日(土)15時からの1枠のみ

○2月24日(日)キャンセル待ち
詳しくはこちら←クリック


♡すずなりのHPはこちら←クリック
すずなりの空室・予約可能日 ←クリック

f0337851_09151083.jpg

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


シリーズで書いてますので、こちらの記事もどうぞ❗️



・・・

昭和30年頃までは、世界中が固定種の種で野菜が作られていたそうです。

そして、高度成長期に、「大量生産」「大量消費」の時代になって、

その時代の流れに合った野菜を作るのに、F-1種は適していたのです。


F-1種で栽培すると、収穫量は増え、生育が早く、1枚の畑を何回転もさせる
農家さんにとっては、お金を得るのに都合の良いタネであって、
見た目も均一に育ち、育ちが同じなので、一斉に収穫できます(普通野菜は、人間の子供と一緒で、ゆっくり育つ子もいたり、早く育つ子もいたり、本来バラバラです)。



F-1種のタネが出てきたことで、農家さんは助かったと思います。

一生懸命作った野菜でも、結局は直売しないかぎり安くで買い取られていくので、

大量に安定して生産することで、収入が確保できるのですから。



で、F-1種の野菜は根っこが張らないので、栄養の吸収が悪く、

その為、化学肥料で栄養を与える必要があり、化学肥料を与えると、

虫が来たり病気になりやすくなるので、農薬が必要となります。

加えて除草剤を使います。




大量生産する農家さんは、農協から、規格内の野菜を作るように要求されます。

そのため、この野菜のタネ(もちろんF-1種)には、この化学肥料と、

この農薬はこの時期とこの時期、そしてこの農薬は虫がつきやすいこの時期に・・・

と、何種類か散布マニュアルに沿って言われるがままに農薬をまきます。



スーパーに売られている野菜のほとんどがF-1種の野菜ですので、

こんな感じで作られていると思っていただいてほぼ間違いないです。




化学肥料は、野菜を栄養過多にして弱くさせてしまい、

弱くなったが故に、虫や病気になりやすくなって、

そして薬(農薬)で対処する。





これ、人間とおなじですやん(*⁰▿⁰*)‼️




そして、農薬が入った土、化学肥料が入った土は、微生物が生きられなくて、

どんどん土が死んでいく・・って聞いたことありますか?

固く、固く、なって微生物も住めない土になります。


なので、そんなところで野菜が育たないから、

化学肥料をどんどん投入するんです。

すると、農薬もいっぱい必要になる弱い野菜しか育たない。

(悪循環・・・)




そして、その汚染された土壌に雨が降り、川に流れ、

海に入って行きます。

結局は人間の体にも野菜を通じなくても何らかの形で入り、

悪いものが巡り巡っていく。

自然の摂理に逆らったことをしたら、結局人類が尻拭いせざるを得ないってこと。




・・・・・・


この資料は、タネのお話をしてくれたジョンが話してくれたこと。

f0337851_22254663.jpeg

1903年にあった固定種のタネの多様性が、

80年間で、93%も失われているということ。

固定種の種を自家採種する個人や農家が少なくなっていって、

農家も農協にF-1種のタネを化学肥料と農薬と一緒に買い、

出荷に向かない固定種の種を忘れ、

消費者も、土から離れてしまったことで、

スーパーで売られている野菜だけしか知らなくなり、

約80年かけて種類がたくさんあった野菜の種類がこの地球から消えた。




・・・・


動物も、たくさん人間が環境破壊してきたことで、絶滅していることは

ご存知だと思います。

野菜(植物)も、人間の都合により、なくなっていき、

固定種の種が世界から消えて行ってしまうのではないか?と、危惧している人も

調べたら結構いることが分かりました。


あまりにも、野菜を生産するより消費する側に回ってしまった私たちは、

土から離れてしまって、

自分が口にしている食べ物の正体を知らされることなく、食べています。

そして、消費者のニーズも何年も変わらないことで、

その体制は続いているので、

土から微生物がいなくなり、土は死んでいき、水が汚染されていき、

そして、ネオニコチノイド系農薬のせいで、

ミツバチが減少しているという事実もあります。






人間さえいなくなれば、ほかの動植物は生き残れると思いませんか(笑)❗️







この事実を目の当たりにしたとき、

ほんとにそうだと思いました。

そして、不謹慎ですが、ぷぷっと笑ってしまいました(*^▽^*)。。。



あーーー、愚かだ❗️笑










何が愚かって、

全体を見渡す広い視野と、長期で物事を考える視点がないことが愚か❗️

そして企業が利益を追求していく中で、

そんな視点を持ったら会社が伸びないから、もちろんわかってても無視。






でもさぁ、きっと子供やったら分かると思う。

こんなことしてたらあかんやん?

自分の大事な人が病気になったり、自分の子孫が困るやん?

って、子供の方がわかる感性持ってる気がする。



大人になると純粋な気持ちは曇っていって、

自分さえ良ければいい、

今さえ良ければいい、

尻拭いは自分が死んだ後、誰かがなんとかしてくれる(無責任)。




そんな風に私たちはおバカさんになっていませんか。






佐伯さんは最後におはなしされていました。

自然農は「情」を大切にしてやってほしいと。
f0337851_23572616.jpeg
無農薬、無肥料で野菜を育てようと思ったら、

自然界から学ぶ謙虚な姿勢がないと難しい。

だって生き物だから、マニュアル通りにはいかない。

稲を失敗してしまった例の報告もありました。

それをお金に換えている農家さんだったら、1年収入がないのです。



生き物を相手にしているからこそ、

それを売り物にしているからこそ、

そのお金で子供を大学にやったり、奥さんを養っているからこそ、

安定して失敗せずに収穫できる、「F-1種➕化学肥料➕農薬」のセットの販売は、

農家さんにとったら有り難かっただろうと、思います。




農薬使ってる農家さんを批判するつもりは一ミリもありません。

昔は化学肥料が出た時に、農家さんは「魔法の薬だ!」と喜んだそうです。

野菜が今までよりも大きく育つようになったからです。





自分で野菜づくりをちょっとながらもやり始めてから、

失敗ばっかりで枯らしたり、うまく作れなかったりの繰り返しなので、

立派に野菜を育て上げて、それで生計立てている農家さんの大変さは、

本当によく分かります。




で、これからは時代がステップアップしていく気がしているんです。

「F-1種➕化学肥料➕農薬」の一連の流れの中で作られる野菜は、

今後もスーパーから消えないと思うし。

スーパーに並ばなくても、ファーストフードやファミレスや加工品に潜んで、

私たちの体には入り続けることは避けられないでしょう。





でも、これしか選択できなかった今までではなく、

もう一つの選択肢が出てきて、

どっちも選べる様になっていく気がするんです、わたし。




はい、わたしの勝手な予想です(笑)。

なぜかと言うと、私の中で起こっている変化は、

きっとほかの人の中でも同じように起こっていると思うんですよ。




みんなが、ある程度精神的に進化してきていて、

物が溢れてきて、なんでも手に入る豊かな世の中になった今、

生きるのに必死だった時代は終わって、

もっと、身の回りのものに丁寧に接していきたいという思いが、

芽生えてきている人が増えている気がするんです。




それが、「食」というものに対しても、その傾向が広がっているような気がしていて。

自然栽培で野菜を育てようと思ったら、

大量生産はホント難しい。

同じ形にもならない。

同じ味にもならない(個性が出る)。

儲けることなんて難しい。


でも、そこに、楽しみがある。

美しさがある。

生き物である植物に対して変なことしてないという清々しさがある。





そして、本当に人間を元気にする食べ物は、

そうやって丁寧に野菜という存在を尊重して、

コントロールを手放して関わっていってあげた野菜だと思うんです。




命を尊重して、その命をいただく。




そんな丁寧な生き方に魅力を感じる人が今後増えていく気がしています。

(もう私の周りではポコポコ出現しています😊)







※ちなみに、野菜を育てるのは微生物だという考えがあります。
自然農の話を聞いていると、いかに「栄養を土に入れる」という肥料の問題ではなく、土の中の微生物をいかに良い環境で育ててあげるか、が美味しい野菜を作る鍵になっているみたいです。




野菜に「情」を。

土に「情」を。

関わってくれる全ての人に「情」を。

地球環境に「情」を。


「情」の視点が抜けてしまうと、自然農もただのビジネスになってしまうの。

でも、それはもうこれからの時代は通用しないと思う。

なんでか分からんけど、わたしはそんな気がしています😊





F-1種、固定種についてプロの種屋の野口勲さんが、
インタビュー形式でわかりやすく説明してくれています↓↓





↑↑クリック↑↑






まだ、自然栽培パーティさんの研修会の2日目のレポートが書けてないので、

このシリーズしばらく続きます❗️


お付き合いよろしくお願いします😊



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_22462743.jpeg
南かおる(プロフィール)


♡酵素断食浄化療法♡←クリック   
酵素ジュース断食をしながら、チベットマッサージやレインドロップ(精油療法)を受けられる施設。
ご希望の方には心理カウンセリングも受けていただけます。

月に1回~2回大阪天王寺で心理カウンセリングを行っています。

遠方の方、対面でセッションを受けることに抵抗がある方、家から出れない方にご利用いただいています。

☆日帰りでも心理カウンセリング、マッサージ各種を受けることができます。
ご相談ください(^_-)-☆

お問合せ←クリック

【住所】京都府船井郡京丹波町八田大門2番地(JR京都駅から約1時間・アクセス
【mail】suzunari-kyoto@docomo.ne.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【断食のことを動画で説明しています】YouTubeに飛びます↓
断食で人生が変わる人がいるのはなぜ?
f0337851_12381283.jpeg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









# by kaoru-hasegawa | 2019-02-19 00:40 | 日々の日記 | Comments(0)
今日のすずなり
まだまだストーブから離れられないワンたちです。。。
f0337851_21341278.jpeg

♡2月大阪天王寺出張セラピー(個人カウンセリング)
○2月23日(土)残り1枠

○2月24日(日)残り1枠
詳しくはこちら←クリック


♡すずなりのHPはこちら←クリック
すずなりの空室・予約可能日 ←クリック

f0337851_09151083.jpg

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





の続きです。


昨日のブログに書きました、「F-1種」と「固定種」の違いを踏まえた上で、

お話をします。

f0337851_21371529.jpeg
↑↑固定種 VS F1 栄養は?↑↑
テキサス大学が50年間にわたり43種類の野菜について固定種とF-1種の栄養価を比較した。

ブロッコリーは38%も栄養価がダウン。

F-1種は成長が早いため、栄養価が落ち、味も落ちるのです。

(野口のタネ屋の野口勲さんは、F-1種でできた野菜のことを、
見た目は野菜の「野菜もどき」とおっしゃってました)




f0337851_21362028.jpeg

↑↑日本が輸入している大豆の7割はアメリカ。アメリカの大豆の94%は遺伝子組み換え大豆。↑↑

「味噌汁は日本人の味だぁ❗️」と思っていても、

家庭で使っているお味噌の原材料の大豆は、アメリカ産である可能性が高い。

そして、その94%が遺伝子組み換え。


「国産大豆使用」と書かれていても、その大豆自体がF-1種である可能性が高い。

日本人の食卓には大豆製品がおなじみです。

醤油、味噌、納豆、豆腐、豆乳、お揚げ・・・その原材料はアメリカ産?!

いやいや、絶対日本の豆で作られた味噌や醤油使いたいでしょう!




・・・もう、そうなったら、何を選んでいいのか分からなくなってくる。。。



ジョンさんが会場の参加者に質問しました。

「日本の在来種の野菜はどれくらい残ってると思う?」

在来種(ざいらいしゅ)とは、ある地域に古くから存在する生物種(下位区分である亜種、品種なども含む)やその系統を指す。


答えは、4種類なんだそうです。

ウド、フキ、ワサビ、ヤマイモ。の4種類。

それ以外の野菜は、海外からやってきた野菜なんですって❗️






日本は、海外の種を受け入れてきた。

おなじみの、大根やゴボウや人参だって、海外の在来種。

そして昔はその種が固定種だったから、

その種が日本の風土に合わせて進化してきて、日本に定着したの。




ジョンさんは日本に集まってきた世界からの固定種の種を保護して、

種の図書館を作りましょう!と皆さんに提案されていました。

f0337851_21381932.jpeg
↑↑固定種の種を探す、種から種へ、種の保存と登録↑↑
(ちょっと見えにくくてすみみません^^;)









植物は人間と共に何億年と生き残ってきて、

進化をしながら環境に合わせて変化してきました。



しかし、ここ100年では種の種類は75%も失われているそうです。

それは、大根は青首大根しかスーパーに置いてないのと同じで、

それはカボチャにしても、人参にしても、オクラにしても、何十種類も本来あるのに、

売れる品種だけをF-1種にして同じ形で同じ味でスーパーに置かれるのです。




それはもう、自然の恵みの食べ物というより、

工業製品のようです( ;∀;)。




ジョンは言います。

固定種は土地に馴染むように進化する。

それは、種も螺旋状に進化していくんだと。

人間と同じです。

生き残るために自分自身をバージョンアップさせて、進化させていきます。

そして考えます。

この環境で生き残っていくために、自分をどうカスタマイズするか。



でもF-1種にはその能力はありません。

次世代を残せないからです。

自分が経験したことを、次世代に種として受け継ぐことができないのです。


進化できないので、

もし、その品種が乗り越えられない病気が流行ったり、

その品種が乗り越えられない気候変動があったときに、

その品種は生き残れなく、絶滅するそうです。



・・・・


ちょっと、深刻な話が長々続いて申し訳ないのですが、

私がこの話の伝えたいのは、

自分がそれを食べたらどうなるか?っていう、自分の健康のことだけを

考えて欲しくないんです。

だって、これは個人を超えた人類レベルの話です。




はぁ。。。




こんな話したら「じゃぁ、スーパーにはF-1種のタネで育てられた野菜しか置いてないのに、何を食べたらいいの?その解決策まで提案してください。不安だけ煽らないで」

と、言われそうなんですが、


それが、人類が自分たちが無知がゆえに許してきたことを、

自分たちで尻拭いすることなんだと思うんです。

F-1種の野菜を食べるしかないのだから。




そして、それが不妊の原因になるかも知れないとか言われていますが、

証明されたことではないので、どうでもいいんです。

(どうでもいいんかい!)(個人的にはあっても不思議じゃないと思っています)



今日F-1種の野菜を食べたからといって、すぐに明日なんらかの症状がでるわけではないので。


ただ、人間一代だけでは分からないことも、2代目、3代目と、

世代が続いていって、人類が自分たちが食べてきたものによってできた体の情報は、

遺伝子を通じて次世代、次々世代に受け継がれていきます。



100年後、200年後、私たちの子孫が、私たちが選択したものが、

正解かどうかを体を張って証明してくれます。




それくらい長い年月での人類かけての大実験が行われているんですよ。

遺伝子組み換えに関しては、ラットの実験で危険であることは証明されていますが、

F-1種に関しては調査されておらず、危ないとも安全とも言われていません。




ただ、私は、人間が操作しなければ存在しないであろう循環を生まない、

「不自然な食べ物」として、

(そして栄養価も少なく、同じ形のものしかできない気持ち悪さも合わせて)

選びたくはないな、と正直思います。

生理的に、嫌だな、と正直思います。




ジョンが言ってました。

f0337851_22205874.jpeg

「可哀想なのはベジタリアンだよ!栄養がない野菜ばっかり食べて、ヘルシーじゃないよ〜!」


と。笑



知らない方が良かったと思う人もいるかもですが、

一番良くないのは選択肢がないことだと思うんです。

知らないってことは、選択の余地がないんですよね。

今すぐに何かできなくてもいいです。ただ、現実を知って欲しいし、

選べる時が来たら、選べる自分でいるためには、

きちんとそのことについて「考えている」ことが大事だと私は思っています。



次回はF-1種と、化学肥料、農薬について書きたいと思います。

つづく・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_22462743.jpeg
南かおる(プロフィール)


♡酵素断食浄化療法♡←クリック   
酵素ジュース断食をしながら、チベットマッサージやレインドロップ(精油療法)を受けられる施設。
ご希望の方には心理カウンセリングも受けていただけます。

月に1回~2回大阪天王寺で心理カウンセリングを行っています。

遠方の方、対面でセッションを受けることに抵抗がある方、家から出れない方にご利用いただいています。

☆日帰りでも心理カウンセリング、マッサージ各種を受けることができます。
ご相談ください(^_-)-☆

お問合せ←クリック

【住所】京都府船井郡京丹波町八田大門2番地(JR京都駅から約1時間・アクセス
【mail】suzunari-kyoto@docomo.ne.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【断食のことを動画で説明しています】YouTubeに飛びます↓
断食で人生が変わる人がいるのはなぜ?
f0337851_12381283.jpeg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




# by kaoru-hasegawa | 2019-02-17 23:28 | 日々の日記 | Comments(0)
今日のすずなり
昨日、今日と、自然農の学びをしてきました。
in草津
f0337851_22595195.jpeg


♡2月大阪天王寺出張セラピー(個人カウンセリング)
○2月23日(土)残り1枠

○2月24日(日)残り1枠
詳しくはこちら←クリック


♡すずなりのHPはこちら←クリック
すずなりの空室・予約可能日 ←クリック

f0337851_09151083.jpg

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



2月15日(金)16日(土)で、滋賀県草津市で開催された、

「自然栽培パーティ」さんの研修会に参加させていただきました。


以前このブログでも記事を書いていますので、宜しかったらこちらと一緒に

読んでもらったらなぜ私がこんなことやってるかわかっていただけるかと思います😊

↓↓↓↓






しつこいですが、

この動画でビビっときて、この動画に出てくる佐伯さんって人に会いたい!

って思ったのが1月7日。










で、一昨日に生の佐伯さんにお会いできました〜❗️
f0337851_23122794.jpeg
↑↑一番左が佐伯さん、真ん中が守田のり子さん、右がわたし↑↑






動画の最初にお話されている愛知県の「無門福祉会」の理事長の

磯部さんともお話させていただけました。
f0337851_23135264.jpeg
↑↑左が佐伯さん、真ん中が磯部さん、右の女性は沖縄で自然農でパイナップル作りにチャレンジされている新里さん↑↑(懇親会での風景)






今回私が参加してきた研修会はこちら。
f0337851_23362361.jpeg







1日目である15日(金)は、滋賀県草津市でジョン・ムーアさんのタネのお話と、

佐伯さんがリードしながらの全国の自然農パーティさんの活動報告でした。


f0337851_23384315.jpeg
↑↑写ってるのが、ジョン・ムーアさん↑↑


ジョンは、高知県の山の中で古民家に住みながら、

一般社団法人シーズ・オブ・ライフ代表を務めながら、

種子の保護育成、農業指導、講和活動をされていらっしゃいます。



タネの話は、命の話です。

何となく知っていましたが、タネの保護に関わっている本職の人から聴くと、

「あぁ、やっぱりそうなんだ。。」とショックがあまりにも大きく、

そしてその真実が、次世代の命に関わることだと思い、

涙がしばらく止まりませんでした(隣でのり子さんも同じところで泣いてました)。



調べて知るほど絶望的になるタネの話、

あんまりこういう怖い話は恐怖を煽る様で発信してこなかったんですが、

知らないことの方が罪だと感じたので(というのは自分ごとだけじゃないからです)、

少し長話に付き合ってください。

特に、お子さんがいらっしゃるお母さんやお父さんに聞いてほしいはなしです。





まず、農業やってる人にとっては当たり前に知ってることなんですが、

野菜や穀物のタネに「F-1種(エフワンしゅ)」というのがあるのご存知ですか?

一般の人はほとんど知らないそうです。


種には「F-1種」と「固定種」という種の大きく分けて2種類のタネがあります。




「固定種」というのは皆さんが想像しているような普通の種で、

自然界にある人間の手が加わっていない種なので、

かぼちゃを蒔けばかぼちゃができ、そしてそのかぼちゃの種を取って、

また来年同じ種類のかぼちゃを栽培することができます。


当たり前の話です。



ですが、自家採種されてしまうと、種屋さんが儲からないので、

次世代に命が繋がらない、「種が取れない種」を販売している種屋がほとんどです。

(一部、固定種の種を販売している貴重な種屋も存在しています)

これを「F-1種」と言います。

F-1種は「一代雑種」とも言い、ハイブリッドです。

その特徴は、次世代に命が繋がらないことだけではなく、

収穫量が増えたり、成長が早かったり、同じ形の野菜が作れるため、

見栄えが良いこと、箱詰め作業がしやすく運送に良いことなどの、

利点があります。

(F-1種の種で育てたほうれん草は1ヶ月で育ち、固定種で育てたほうれん草は3ヶ月かかるそうです。本来3ヶ月かかるほうれん草が1ヶ月で収穫できるという農家側の利点はあるが、生育が早まったため、味や栄養は落ちるそうです)








無農薬野菜だ!

有機JASマークが付いているから安全だ!

といっても、もう種から間違っている場合があるんです。
(F-1種は自然界に存在しない種)




まずもって、スーパーで売られている野菜の殆どが(もしかしたら全部かも)、

F-1種の種からできた野菜です。



ジョンの話にショックを受けて、色々私も勉強し直しました。

自分の口に入っているものについてほんとうのことを知りたい人は、

この動画二つを観れば、大枠は理解できると思います。









↑こちらは固定種のタネやで有名な野口さんのリアルな話が聞けます↑

ウェブサイトにはめちゃくちゃ詳しく種の実態についてかかれています。





F-1種の次世代に命を繋げない野菜を食べている歴史が続いていることで、

不妊症がここまで増えたことの原因の一つになっているんじゃないかとも言われています。

もちろん、女性の社会進出や、結婚する年齢がどんどん高くなっていることなども、

要因ではあるとは思いますが、

自然界にはもともと存在しない「命を生めない野菜」を私たちの世代は食べていて、

(戦前はまだ固定種の野菜が売られたり自家栽培されていたと思われます)

そして何より恐いのは、

買う側の私たちの殆どが知らずに食べていることなんです。








長くなりそうなので、次回につづきます。。。。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_22462743.jpeg
南かおる(プロフィール)


♡酵素断食浄化療法♡←クリック   
酵素ジュース断食をしながら、チベットマッサージやレインドロップ(精油療法)を受けられる施設。
ご希望の方には心理カウンセリングも受けていただけます。

月に1回~2回大阪天王寺で心理カウンセリングを行っています。

遠方の方、対面でセッションを受けることに抵抗がある方、家から出れない方にご利用いただいています。

☆日帰りでも心理カウンセリング、マッサージ各種を受けることができます。
ご相談ください(^_-)-☆

お問合せ←クリック

【住所】京都府船井郡京丹波町八田大門2番地(JR京都駅から約1時間・アクセス
【mail】suzunari-kyoto@docomo.ne.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【断食のことを動画で説明しています】YouTubeに飛びます↓
断食で人生が変わる人がいるのはなぜ?
f0337851_12381283.jpeg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







# by kaoru-hasegawa | 2019-02-17 00:18 | 日々の日記 | Comments(0)

細胞が喜ぶもの

今日のすずなり
今日は月一鍼灸治療の日でした😊
f0337851_20045925.jpeg


♡2月大阪天王寺出張セラピー(個人カウンセリング)
○2月23日(土)残り1枠

○2月24日(日)残り1枠
詳しくはこちら←クリック


♡すずなりのHPはこちら←クリック
すずなりの空室・予約可能日 ←クリック

f0337851_09151083.jpg

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


今日は私の楽しみの一つ、月に一回の西川千賀子先生の鍼治療の日でした〜。


f0337851_20104907.jpeg
友達の幸恵さんが予約してくださった、美味しくてオシャレなレストランで、

ランチとデザートをいただいて、3人で近況報告。

友達は3週間も風邪を引いてたみたいで、すっかり毒出しして、

肌はピカピカ‼️痩せてベッピンに‼️

定期的に風邪も引いた方がいいよね。

風邪引くことで、身体が修正するっていう説もあって、

私の体験からもそう思う。



・・・私はちょっとここしばらくいつもと体調が違うので、

それを西川先生に相談。

「脾」が「実」してるそう。そのおかげで「瘀血」になっているとのこと。

この日は顔色も悪くて、肩こりもひどい。

先生に「瀉血(しゃけつ)」してもらったら、一気に顔色が良くなりました😊

※瀉血とは、瘀血を抜く技法。簡単に言うと、ドロドロ血を皮膚を切って絞り出す!



やっぱ、プロの力はすごいっす。

まだ19時なのに、もうすでに眠いっす。。。。

だが、ブログを一本書き上げてから、おねむするのだ(`・∀・´)❗️







・・・・・・




昨日は、去年の4月から通っていた、

「メンタルサポート研究所」という心理を学べる団体の主催する

「心理カウンセリング力養成基礎講座」の最終日でした。

私は途中仕事やなんやで抜けていて、卒業するには補講が必要なので、

みんなと一緒に卒業できませんでしたが、

一緒に学んだ友達が卒業する記念すべき日でした😊❤️

f0337851_20213064.jpeg
ゆみさん、えみちゃん、まゆみん、ともみん、卒業おめでとう〜♪♪❤️

ちなみに、どの写真にも写っている方が植村あけみ先生、

この講座の講師を務めてくださいました。





f0337851_20230621.jpeg
↑私は真ん中の黒いセーター着てるやつです↑



アシスタントさんや、先に卒業された大阪2期の卒業生の方など、

一緒に写真に写ってくださっています❤️



最後に、フォトアルバムのプレゼントがあって、びっくり‼️

まじかい‼️

f0337851_20262086.jpeg


中身は・・・講座風景の写真。

皆んなと共に一生懸命勉強した。
f0337851_20290601.jpeg



f0337851_20301145.jpeg




そして皆んなとの集合写真。
f0337851_20305639.jpeg




実は1ページ目にアシスタントさんたちからのメッセージもあって。
f0337851_20330062.jpeg


。゚(゚´Д`゚)゚。。。。。。。泣ける。。。。。。

っていうか、泣いたぁ。

本当にありがとうございます。




言葉はギフトだなぁ。

その人のことをしっかり見てないと、

出てこない言葉がある。



その人のその人となりの奥にある響きに耳を傾けないと、

出てこない言葉がある。



その言葉は、その人の心を揺さぶり、胸の奥に暖かいタネを植えていく。

そのタネに、水をやっていくのは基本自分。

でも、沢山の人が私の心のタネに水を注いでくれた。



心理を学びたいという同じ志の仲間の中で、

私は今までの5年のカウンセラーとしての経験を降ろして、

また1年生として学ばせていただくことができました。



講師として学ばせていただいた植村あけみ先生からは、

受け止めきれないくらいの心に響く言葉をたくさん、この講座でもらいました。



その言葉は、この後も、私の心の中できっと育っていくんだろうな。





私がここでもらったものは、クライアントさんに還元されていきます。

クライアントさんが楽になったら、クライアントさんの周りが楽になっていきます。



私の目に見えないところで、

お花畑が広がっていくイメージ。



先生方はおっしゃいます。

「クライアントさんから、本当に学ばせてもらっている。育ててもらっている」と。

この謙虚な姿勢を持ち続けている先生たちは、

もちろん学びも成長も止めない。



そんな尊敬できる先生に出会えたこと、

そんなグループで学ばせていただけたことが本当に嬉しくて。

何と繋がるかって、めっちゃ大事。





学ぶほど、謙虚になり、

学ぶほど、どんどん学びたくなり、

学ぶほど、もっと心理が好きになる。



私の細胞が喜ぶもの。






これからも、ずっと、ゆっくりでも、辞めずに、

学び続けていきたいです。




メンタルサポートの皆様、有難うございました😊

しつこく誘ってくれた友よ、有難う😊

一緒に学んだみんなも有難う❤️

早く補講受けて私も後を追って卒業します〜




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_22462743.jpeg
南かおる(プロフィール)


♡酵素断食浄化療法♡←クリック   
酵素ジュース断食をしながら、チベットマッサージやレインドロップ(精油療法)を受けられる施設。
ご希望の方には心理カウンセリングも受けていただけます。

月に1回~2回大阪天王寺で心理カウンセリングを行っています。

遠方の方、対面でセッションを受けることに抵抗がある方、家から出れない方にご利用いただいています。

☆日帰りでも心理カウンセリング、マッサージ各種を受けることができます。
ご相談ください(^_-)-☆

お問合せ←クリック

【住所】京都府船井郡京丹波町八田大門2番地(JR京都駅から約1時間・アクセス
【mail】suzunari-kyoto@docomo.ne.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【断食のことを動画で説明しています】YouTubeに飛びます↓
断食で人生が変わる人がいるのはなぜ?
f0337851_12381283.jpeg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







# by kaoru-hasegawa | 2019-02-12 21:05 | 日々の日記 | Comments(0)