セラピストかおるのブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの南かおるのブログです


by 南 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導)
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2019年 01月 03日 ( 1 )

六根清浄


今日のすずなり
今日から仕事始めです❤️
2泊の浄化療法のお客様がいらっしゃいます。
f0337851_23255133.jpeg


♡1月大阪天王寺出張セラピー(個人カウンセリング)
○1月22日(火)4枠(残り2枠)
○1月27日(日)5枠(満席に付きキャンセル待ち)
詳しくはこちら←クリック


♡すずなりのHPはこちら←クリック
すずなりの空室・予約可能日 ←クリック

f0337851_09151083.jpg

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




大晦日は、奈良の吉野にある「天河大弁財天」にお詣りにいってました。

f0337851_22552579.jpeg

ここは、スピリチュアルの聖地と言われている場所で、

「呼ばれないと行けない場所」とも言われています。

それは、本当かどうか?知りませんよ?笑


なぜなら、私は35歳の時から毎年お詣りさせてもらっているからです。

それを、「毎年呼んでいただいている」と言ったらそうなのか?

「呼ばれないと行けない」と言うのが誰かが言い出したでっち上げなのか?笑


・・・それは分かりませんが、

私は毎年、伊勢神宮と天河大弁財天さまは、

必ずお詣りに行く時間を年末に取っています。



神様の前で手を合わせる時に、

「今年も健康に1年仕事させていただいたことに感謝します」

「来年も精進いたします、どうか見守っていてください」

と、神様にお伝えします。


神様の前に立った時には、

色々あっても、病気にもならず、家族も健康であること、

元気に大好きな仕事ができることの有難さを再確認します。




今回は大晦日で、大晦日の年末行事と重なって、

神前で祝詞を宮司さんと一緒にあげさせていただき、お神酒をいただきました。

(20名くらいいらっしゃったかな?)



初めて天河大弁財天に行った時は、

七夕の行事とたまたま重なって、その時も無料でご祈祷していただき、

お神酒をいただいたのを思い出しました。



その時は8年前。



街のエステで働いていて、店長の仕事が苦しくて自分のエゴと戦っていた時期。

心の中は悶々と会社や社長や部下への不満でいっぱいで、

自分だけ頑張ってて、社長は何にも分かってない!

部下はできないやつばっかり!

全てが思い通りに行かずに孤独に頑張っているのは私だけ。

そう思っていて、苦しくて仕方なかったとき、

天河の弁財天様の前で手を合わせさせていただいた時に、

「スーーーー」っとする神聖な気持ちになって、

憑き物が取れた様な軽いエネルギーを感じたのを今でも覚えています。



視野が狭くなっている私の頑固な頭を殴るどころか、

神様は優しく視野を広げてくださり、

その苦しみは幻想であること、全ては感謝でしかない真実を理解できる愛を、

そっと私に差し出してくれたのでした。





「あぁ、ここは天と繋がってる場所だ」と感じました。
f0337851_23090697.jpeg


祝詞には「六根清浄」というのがあります。

今回はこの祝詞は読まなかったのですが、

私はこれを読んだ時に、浄化療法の目指しているところだなぁ、

と感じたのを覚えています。


こちらより拝借いたしました↓↓

「六根」とは感覚や意識を生む器官で、またそれによって迷いを起こさせる原因となる六つの器官を指します。眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)(こころ)をいいます。それら六根は本来神よりいただいた人の特質でありそれらを祓い清めることを祈願する祝詞です。



f0337851_00132552.png



以下、六根清浄の大祓(おおはらい)という祝詞です。



六根清浄の大祓

あまてらしますすめおおがみののたまわく

天照皇太神の宣はく 

ひとはすなわちあめがしたのみたまものなり

人は則ち天下の神物なり 

すべからくしづまることをつかさどる こころは すなわち かみと かみとの もとのあるじたり

須らく掌る静謐心は則神明の本主たり

わがたましいをいたましることなかれ このゆえに

心神を傷ましむること莫れ 是の故に

めにもろもろの ふじょうをみて こころにもろもろの ふじょうをみず

目に諸の不浄を見て 心に諸の不浄を見ず 

みみにもろもろのふじょうをききて こころにもろもろのふじょうをきかず

耳に諸の不浄を聞きて 心に諸の不浄を聞かず 

はなにもろもろのふじょうをかぎて こころにもろもろのふじょうをかがず

鼻に諸の不浄を嗅ぎて 心に諸の不浄を嗅がず 

くちにもろもろのふじょうをいいて こころにもろもろのふじょうをいわず

口に諸の不浄を言いて 心に諸の不浄を言わず 

みにもろもろのふじょうをふれて こころにもろもろのふじょうをふれず

身に諸の不浄を触れて 心に諸の不浄を触れず 

こころにもろもろのふじょうをおもひて こころにもろもろのふじょうをおもはず

意に諸の不浄を思ひて 心に諸の不浄を想はず 

このときに きよく いさぎよき ことあり

此の時に清く潔き偈あり

もろもろののりは かげとかたちのごとし きよくきよければ

諸の法は影と像の如し 清く潔ければ

かりにもけがるることなし ことをとらば うべからず

仮にも穢るること無し 説を取らば得べからず 

みなはなよりぞこのみとはなる わがみはすなわち

皆花よりぞ木実とは生る 我が身は則ち

ろくこんしょうじょうなり

六根清浄なり 

ろくこんしょうじょうなるがゆえに ごぞうのしんくんあんねいなり

六根清浄なるが故に五臓の神君安寧なり 

ごぞうのしんくんあんねいなるがゆえに てんちのかみとどうこんなり

五臓の神君安寧なるが故に天地の神と同根なり 

てんちのかみとどうこんなるがゆえに ばんぶつのれいとどうたいなり

天地の神と同根なるが故に万物の霊と同体なり 

ばんぶつのれいとどうたいなるがゆえに 

万物の霊と同体なるが故に 

なすところのねがいとして じょうじゅせずということなし

為す所の願いとして成就せずといふことなし

むじょうれいほう しんどうかじ

無上霊宝 神道加持




・・・・・・・


人は則ち天下の神物なり


・・そう。アーユルベーダの教えの根本もこれなの。

人は神の子。

罪の子ではない。


人は、本来神の子であって、天下の神物。

六根清浄(五感+意識)を浄化すれば、

本来の神の子に戻れる。

その時に、本来の神の子としての本当の人生がスタートするのです。


六根清浄なるが故に五臓の神君安寧なり

五臓の神君安寧なるが故に天地の神と同根なり

天地の神と同根なるが故に万物の神と同体なり




・・・・


本来神の子である私たち。

でも人間が故に、自分のエゴが肥大化して、

生かしていただいている感謝も忘れ、

誰かを恨み、誰かのせいにし、自分さえ良ければという保身に走るとき、

心は罪穢れで苦しくなり、

苦しくなっていると言うこと自体が、本来の自分の神性を見失っている時なんだと、

私は思っています。



過去の私は、神様の前に行くと、

自分が恥ずかしくて神様の前に立つ人間じゃないと思って泣いていました。

罪穢れでいっぱいの自分の心を見透かされている気持ちと、

それでも神様は神の子としてそんな私を全受容してくださっていることが

感じるからです。



そんな風に謙虚にさせてくださる神社仏閣が私には4箇所あります。

ひとつは、三重県、伊勢神宮内宮の天照大神様。

二つ目は、奈良県、天河大弁財天様。

三つ目は、神奈川県、箱根神社の神様。

四つ目は、京都の狸谷の不動明王様。



苦しかった時に、よく詣っていた場所です。

伊勢と天河は、毎年年末に必ず行って、1年のお礼を言いに行きます。

箱根神社はなかなか行けませんが、ここの神様が大好きです。

狸谷総本山は、あまりメジャーな場所じゃないのですが、

ここのお不動様には、自分の不浄な心から抜けられなくて、

苦しくて仕方なかった時に、毎週お詣りして、毎回お不動さまの前で泣いてました。




自分の人間の小ささ、

心の狭さに、

嫌気がさして、

自分が大嫌いで、自分を責めていた時期。



でも、本来の私はそんなもんじゃない・・・って、どっかで知ってた。

この六根清浄の祝詞に出会った時に、

私の魂が感じてた真実が書かれてある!って魂が震えました。




人は罪の子ではない。

神の子なんだ。

人は則ち天下の神物なり




自分の中の神性を磨き出したい。六根清浄することで。

それが、浄化療法のスタートであり、

アーユルヴェーダをめっちゃ勉強し出したきっかけであり、

断食をやりだしたこととも繋がっています。







・・・・・

話は変わりますが、

名前を入れ替えることで、出てくるメッセージがその人の人生のテーマですよ、

って言うのを言うてる人がいて、思い出しました。


みなみ かおる(南 かおる)
↓ ↓ ↓ ↓
みな かお みる(皆 顔 見る)

みな かみ おる(皆 神 おる)

かみ おる みな(神 おる 皆)


2019年は、皆んなの顔を見て、そこに神を見ることを、

自分のテーマとして。そしてそれが出来る人間に精進することを、

目標として過ごしていきます😊




そんなことを思い出させてもらった大晦日でした。





皆さんも、自分の名前入れ替えて、何が隠されてるか見てみてね❤️



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_22462743.jpeg
南かおる(プロフィール)


♡酵素断食浄化療法♡←クリック   
酵素ジュース断食をしながら、チベットマッサージやレインドロップ(精油療法)を受けられる施設。
ご希望の方には心理カウンセリングも受けていただけます。

月に1回~2回大阪天王寺で心理カウンセリングを行っています。

遠方の方、対面でセッションを受けることに抵抗がある方、家から出れない方にご利用いただいています。

☆日帰りでも心理カウンセリング、マッサージ各種を受けることができます。
ご相談ください(^_-)-☆

お問合せ←クリック

【住所】京都府船井郡京丹波町八田大門2番地(JR京都駅から約1時間・アクセス
【mail】suzunari-kyoto@docomo.ne.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【断食のことを動画で説明しています】YouTubeに飛びます↓
断食で人生が変わる人がいるのはなぜ?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by kaoru-hasegawa | 2019-01-03 11:00 | 酵素断食・浄化療法 | Comments(0)