人気ブログランキング |

個人の癒しを超えて jyouka.exblog.jp

すずなりの南かおるのブログです


by 南 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導)
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2014年 09月 06日 ( 1 )



幸せになれない人の特徴として、

考える頭もあるのに、
行動できる体もあるのに、


自ら動くことなく、
幸せが自分のところにやって来るのを待っています。


自分は変わらずに、
周りが変わることを望んでいます。


手放すことをせずに、
なんとかうまく行くことを期待しています。


自ら与えることなく、
もらうことばかり考えています。


心は貧しく、
ケチです。




自分はちっぽけだから、
大したことない人間だから、
自分の為に戦うこともできないし、
人に与えるものも持っていないと考えています。

だから、常に、自分を幸せにしてくれるものを外に探し求めています。




心がケチであることは、自分を見下げていることになります。



自分は「なにもない」と思うことは、
被害者の立場を取り、悲劇のヒロインとして、
自分のストーリーに酔わせてくれるかもしれません。


それも、いいでしょう。



でも、もし、幸せになりたい。
私も豊かさを人生で享受したいと、思ったら、

「なにもない」と、信じることをやめなさい。



本当に、なにもないですか。



人に与えるものは、何もないですか?




仏教では「和顔施」という言葉があります。

柔和な、穏やかな表情を、人に与えることも、布施の一つであると、考えます。



何も、与えなさいと言っても、
お金や物のことではないのです。



「あなたの素晴らしいところを、わたしは沢山知っているわ」

と、回りの人を認めてあげるのも、愛を与えていることとです。



「そのワンピース、素敵ね、似合ってるよ」
「あなたの笑顔に癒されるわ」


と、周りの人に声を掛けたことはありますか?



一緒に仕事をしている仲間が困っていたら、
手伝うことはないですか?と、助けてあげるのも、与えていることになりますよね。



今、自分ができる範囲で、与えられるものを、
周りの人に与えればいいんです。
何も無理することはない。



なんでも、与えようと決めたら、与えることは容易です。


与えようと決めたら、与えられる場面は沢山見つかります。



もし、それもできないなら、


あなたは心のケチです(笑)。


自分はケチで人に与えようと考えないのに、
人からは「認めてほしい」「愛してほしい」と、ものごいしているのです。



幸せになれない人は、
根本的な勘違いを沢山しています。



「自分に自分を愛する力はない」
「自分に自分を幸せにする知恵はない」
「自分には与えるものなどなにもない」


こうやって、自分は小さな何も出来ない子供のような立場をとることで、
行動しなくていい「言い訳」を沢山探します。





それが、エゴが仕掛けるゲームです。



本当のあなたは、宇宙大に大きい存在なのに、
何も出来ない人間であるように、ささやいて、
進化、成長させないように、足を引っ張るのです。



あなたが宇宙大に大きい存在であることに、気づかないように、
巧みにゲームをしかけます。




その罠にはまっていると、気づいた人は、
客観的に自分のはまっているゲームに気づいてくださいね。


それを手放すことが、
すなわち、進化、成長、変化していく道です。









自分って素晴らしいんだ、
勇気も愛も豊かさも知恵もあるんだ…



そう気付くことは、
もう、自分の今の現実を誰かのせいにして、
「自分は幸せにしてもらうのを待っている」という立場をとることが出来ない…
ということなんです。




自分の人生に対して、責任者の立場を取れる人こそが、
本当に自分を変えることができ、幸せになるもならないも、
自分次第とわかって、行動できる人です。







わたしは、せっかく親からいただいた命を、
自分を磨かずに、自分の能力を伸ばさずに、自分の枠を広げることをせずに、
不幸感に甘んじるのは、もったいないな~と、思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




酵素断食・浄化療法
酵素断食をしながら、オイルマッサージを毎日受けられます。
希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

心と体のデトックス、自分をしっかり見つめる、人生を変えたい方は、
↓こちらから

長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」
             「5日間の体内浄化コース」






by kaoru-hasegawa | 2014-09-06 11:24 | 日々の日記 | Comments(0)