セラピストかおるのブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの南かおるのブログです


by 南 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導)
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

読者さまからのご質問~ファスティングで過食嘔吐が再発した!~


本日のすずなり
海遊館デビュー(関西に住んでるのに?笑)❤
大好きなジンベイザメ見てきたよ!
f0337851_22152635.jpg

♡7月イベントのご案内
 2018年 7月2日(月)~1泊2日
「タロットとビリーフチェンジの古民家リトリート」
タロットの山田友美さんをお招きして、占い&心理セラピーのスペシャルイベント第三弾です!
女性のみ4名さま(残席2名)の募集です。

詳しくはこちら←クリック


♡5月大阪出張セラピーのご案内
 2018年 5月22日(火)
大阪天王寺会場で出張ビリーフチェンジセラピーを行います。

詳しくはこちら←クリック(満席につきキャンセル待ち)



♡大好評「skype 心理セッション」
     
Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡すずなりの新しいHPはこちら←クリック
すずなりの空室・予約可能日 ←クリック

f0337851_10141919.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



☆読者さまからの質問にお答えします!☆

なんでもジャンル問わずどうぞ~

(質問はblogのコメント欄に書き込んでください。どこのblogでも必ず目を通してますのでね~❤)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



mさまからのご質問にお答えしたいと思います。




・・・・・




mといいます。


過食嘔吐のお話が出ていたので聞きたいのですが、

ファスティングを何回かし始めたら

治りかけていた過食嘔吐が再発してしまいました。



3日以上やった時は特にそうです。


回付食事に胃の不快感が嘔吐へと繋がり、


最初は胃の不快感の為に吐いていたのが今度は太りたくない気持ちになり、


胃が不快でなくても吐いてしまいます。



ファスティングはダイエット目的が強くなってしまいます。


どうすればよいでしょうか。





・・・・・・・・・・・


mさま、ご質問有り難うございます。




まずは、勇気を持って自己開示してくださって、有り難うございました。



「過食嘔吐が治りかけていた」と書いてくださっていますが、

実際は少し症状が引っ込んでいただけじゃないかなー?と思います。




嘔吐の回数が減っていただけで、多分過食嘔吐の根っこになる心の病んでいる部分は(表現がうまくみつからないので端的に言ってしまってすみません)、

変わっていないのだと思います。



なので、再発するということは、

「しばらく嘔吐してないから、治りかけているんだ」と思い込んでいただけで、

根本は解決していないので、

胃がしんどくなったり、太りたくない!と思ったときに、安易に「吐く」という選択を選んでしまうのじゃないかな、と思うのです。




本当に治っていたり、治りかけていたら、

「吐く」という安易な方法を選択せず、「胃薬を飲む」とか、

「胃の不快感がなくなるまで、お粥などを食べる」とか、「横になって楽になるのを待つ」などの、

「吐く」以外の選択をするはずなんです。

(世の中の人はそうしてますよね?過食嘔吐癖のある人にとってだけ「吐く」という選択肢がありますが)





「吐く」というのは、ただしんどいから、ということを解決するためだけではなくて、

ストレスの発散でもあるはずなんですね(言いたいことが言えない人が、食べ物を吐くことでそのエネルギーを発散させているという説もありますが、それも一理ありますよ)。








どうでしょう?mさま。






過食嘔吐という病気は、心の病気ですよ。


端的に言うと、「怒り」が使えない人が多いです。



特に母親に対して「怒り」を使って境界線を引いて心の距離を取るということが、できない方が多いのです。

(本当はお母さんを責めたいけど、お母さんが可愛そうだから我慢する・・・みたいな形で怒りがたまっていきます。その怒りを解放したくて、食べて吐くという行為が起こるという考え方もあります)




なので、断食が過食嘔吐を治してくれるというより(私は断食で治癒に向かいましたが)、


「断食」をすることで「心のストレスがリリースされ」て、「結果、治癒に向かう」という感じです。




私が本当に生きるのが辛かった30代の前半の時に、


1年で24回の3日断食をして、ストレスがかなりリリースされたのですが、


それくらい、ストイックにやっていたから、断食で過食嘔吐が治癒に向かったのかもしれません。



たまにやる程度だと、ストレスがリリースされて、緩みきるところまでも浄化がすすまないので、


過食嘔吐が余計にひどくなるかもしれません。



なので、過食嘔吐の癖があるお客様には、


きちんとご自身の幼少期の痛みや、閉じ込めているストレス、使えてない感情に目を向けていただき、


心理セラピーも併用していただくようにお伝えしています。




○存在してはいけない

○愛着を感じてはいけない

○ありのままであってはいけない

○怒りを感じてはいけない

○子供であってはいけない

○重要であってはいけない



などのビリーフに基づく解放されていない父母へのストレスや葛藤を扱います。






まず、心のストレスをリリースすることなく、


テクニック(断食も含め)で治すことは非常に困難です。


過食嘔吐の癖がない人は、断食によって痩せたり、健康になって、それを維持できたり、


断食がダイエットや健康になるための道具として機能できます。




ですが、過食嘔吐というのは「食べ過ぎたら吐いたらいい」という安易な逃げ道を持っている状態なので、


よほど気持ちを引き締めて回復食にあたらないと、


断食明けはそれでなくても食べ物の誘惑に負けやすいので、


ドカ食いして、吐いてしまえばいいや、的になって、それ以降過食のループが続く・・・


という人もいると思います。




なので、過食嘔吐が完治してないひとは、


極端に「食べない」という、「断食」というツールで解決するのはちょっとおいといてください。




断食で一気に体重を落とそうとする、のではなく、


運動や規則正しい生活、野菜中心の食事、など、


ちゃんと食べることで、時間をかけて落としていってください。




断食というのは、食べない行為なので、回復食中に、急に食べたくなる・・・これは良く起こることです。


これをコントロールすることができない人は、


断食をしない方が本当はいいです。





ドカ食いは、本当に断食明けの体にダメージが大きいからです。







・・・・・・・・



私の経験からいうと、過食嘔吐は「幸せを感じられる様になると治る」のです。


私たちの命のルーツである、お父さんやお母さんの命としっかり繋がり、


孤独感が癒され、安心感が出てくるようになったら、治癒に向かいます。


その間に沢山の両親に対しての抑圧された感情を解放する必要はありますが。


過食嘔吐は治ります。





過食嘔吐という症状として体に出ていますが、ようは、心の中に癒されていない痛みがありますよ~というサイン。


体に現れる病気はほとんどがそうです。


そのサインを見逃さずに、自分の生き方、心の中と、きちんと向き合うことが必要ですね(^_^)。




まぁ、億劫ですし、めんどくさいですが。


こつこつやるのみ!ですね(^_^)♥




mさま、ご質問の答えになっていますでしょうか?


まだ不明な点がありましたら、またコメント欄に書き込んでくださいね~♪






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_23070539.jpg
南 かおる(みなみ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 ご希望の方は、
オイルマッサージを毎日受けられます。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  南かおるの担当セラピー ↓



すずなりのHP ⬅こちら











[PR]
Commented by at 2018-05-18 09:58 x
お返事ありがとうございました。
すごくおっしゃる通りだなと感じます。

嘔吐に関してはだいぶ昔に治まっていたので、今回の事がとてもショックでした。
摂食障害は完治できて無いことはわかってましたが、嘔吐は治ってるもんだと思っていた。

ストレスや親との関係や今までの心グセの問題なのに断食のせいっぽくしてすみません。

かおるさんのアドバイスのストレスのリリース、幸せを感じるようになると治るという言葉は今の自分にはすごく希望です。
ダイエット目的で断食知りましたが、人生や自分に向き合うそんな手段で断食を続けていきたいと思えました。
スタートに立てた気がします。
本当にありがとうございました。
Commented by kaoru-hasegawa at 2018-05-19 23:34
mさんへ 
コメント有り難うございました(^_^)。また、ご質問あれば遠慮なくコメントください。
摂食障害、良くなればいいですね。私も治りましたから、希望を捨てないでくださいね。(^_^)
Commented by maitowink261 at 2018-05-28 18:11
かおるさん

はじめまして。Kと申します。質問を受け付けて頂けるということで、勇気を出してコメントしてみようと思います。
私は、7年前にお仕事の人間関係と多忙さで体調を崩し、フルタイムのお仕事を辞めて現在は、専業主婦です。この7年間、やっぱり自分の好きなこと、人に役に立つことでお仕事をしたいと、資格を取ったりしたのですが、いざ、起業しようとすると体調が悪くなり、お勤めに出ようとしても、1か月ももたなく、すぐに辞めてしまいました。(7年前まで勤めたお仕事は14年間勤めていました)体調が悪くなる時は、自分責めが酷くなって、例えば、起業しようとしたときなどは、こんな自分にお客さんが来てくれるはずはないとぐるぐると自分を責め、不安が大きくなり、結局、起業が実現できなかったり、お勤めに出た時は、周りの人の気持ちが気になって、こんな私は、受け入れられないと、ストレスが体に出てしまい、辞めてしまいました。お仕事をしないで、自宅にいる分には、体調も良いのですが、「お仕事をすること」に対して、怖ささえ感じているのですが、これは、7年前にフルタイムのお仕事を辞めた時に、自分が越えなくちゃいけない問題なんだって分かってはいて、7年間悶々と過ごしております。
上手く、説明できませんが、何かアドバイスを頂けたらと思います。宜しくお願い致します。
Commented by kaoru-hasegawa at 2018-05-29 13:22
> maitowink261さん
ご質問有り難うございました(^_^)。blogでお返事書かせていただきますので、しばしお待ちを~🎵
by kaoru-hasegawa | 2018-05-17 12:47 | 質問コーナー | Comments(4)