セラピストかおるのブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの南かおるのブログです


by 南 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導)
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

周りに直接何かすることだけが愛じゃなかった


本日のすずなり
本を4冊購入❗
セラピーで役立てるために、実験に入ります❗
f0337851_23391871.jpg






♡大好評「skype 心理セッション」

Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡キレイ!かわいい!
「ハンドメイド・キャンドル・ショップ」オープン!
長谷川郁が一点一点時間をかけて作ったハンドメイド・キャンドルのWebショップを
オープンさせました!
とにかく楽しみたい!楽しいことがしたい!と思って始めたキャンドルショップ。
Webページは見てるだけでも「もえもえ❤」するので、是非のぞいてみてください❤


f0337851_23361468.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


両親のが仲が悪かった、

両親が不幸そうだった、

兄弟姉妹に障害がある、

家族の誰かが自殺した、



等の経験を幼少期に体験している人のほとんどに、


「無力感(自分は無力だ)」が刷り込まれています。



Facebookで繋がらせていただいている

「ユニコさん」(イラストレーターをご職業にされて、悟りの発信もしている楽しい方♪)

の、Facebookでの投稿が泣けたんで、

皆さんにご紹介させていただきます。




・・・・・



今日は久しぶりに自分のコアビリーフと向き合いました。


ベッドに寝転がって対峙したのは自分の中にある〝罪悪感〟と〝無力感〟


よくよく見ていくと、それは4歳の頃からありました。




5人家族の中で一番小さかった私。


家族がもめている時に何もできなかった私。


その時できたビリーフは「私には力がない」





誰かを助けることも、よくすることも出来ない、


非力な私というセルフイメージが出てきました。


そのビリーフを感じて涙が流れたあと、周りから色々助けられた記憶が出てきました。



私に力がないから、周りが助けてくれたんだと思っていましたが、


それらは私の非力とは関係のない、純粋な周りの愛でした。



それを感じてまた涙が流れたあと、


本当に私は非力なのか?という疑問が出てきました。




小さい頃から描くのが好きだった絵。まんが。イラスト。似顔絵。。



それらはずっと神さまのプレゼントだと思っていたけど、


それらをやることを通して、



〝あなたは非力じゃないよ。こんなに表現する力があるよ〟



という愛からのメッセージだったと気づきました。



何も出来ないわけじゃなかった。


周りが良くならないのは、私が非力だったからじゃなかった。


直接周りに何かをすることだけが、愛ではなかった。


そこに気づいたとき、私の中に再び、愛があふれてきました。



f0337851_22591655.jpg


ユニコさんのblogはこちら↓





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ビリーフチェンジセラピーでは、ビリーフ(思い込み・信念)を刷り込んだ、


幼少期の記憶を主に扱います。



セラピーにいらっしゃる方のほとんどは、


幼少期の家族の中で、苦しい思いを体験していいます。




私は10歳の時に、家族が崩壊して、


父は出ていき、母は毎日泣いていて、


バラバラになった家族の崩壊を自分が防げなかった無力感を持っていました。




ゆにこさんの投稿で、その時の痛みを持っていた自分が思い出され、


泣けてきました。



決してここに書かれている様に、


子供の自分のせいではないのだけど。





有り難いことに、セラピーを勉強しているので、


この痛みとも長年向き合ってきて、


無力感を手放すことができましたが、






セラピーをしていると、多くの方が持っている感情だということに、


気付かされます。




幼少期のことは終わったことでも、



解放されてない痛みが心にあると、


大人になってからも、


場面を変えて、その感覚は何かの刺激で繰り返し出てきます。







日常で無力感、非力感、そして無力で非力な自分を責めている人は、罪悪感、無価値感を、


持っているかも知れませんね。





そんな自分をもう許してあげて、


「あなたのせいじゃない」「あなたは悪くない」って、優しく声をかけてあげてね。




だって、本当のことだから。





何も出来ないわけじゃなかった。


周りが良くならないのは、私が非力だったからじゃなかった。


直接周りに何かをすることだけが、愛ではなかった。


そこに気づいたとき、私の中に再び、愛があふれてきました。





「直接周りに、何かすることだけが愛じゃなかった」



この言葉をゆにこさんは、どういう気付きの中で書かれたのか、


興味深いです。


なんか、深いですよねー。


みなさんも、一緒に感じてみませんか。。。。?





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_08394459.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓









[PR]
by kaoru-hasegawa | 2017-08-30 23:55 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)