人気ブログランキング |

個人の癒しを超えて jyouka.exblog.jp

すずなりの南かおるのブログです


by 南 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導)
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

「悟り」と「セラピー」

☆8月京都出張セラピーのお知らせ

8月29日(土)30日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら ←受け付け終了となりました

☆10月京都出張セラピーのお知らせ

10月3日(土)、4(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら 受け付け終了となりました


☆11月京都出張セラピーのお知らせ

11月7日(土)8日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





最近、投稿が遅れがちだったのは、

私の中で感じることや気付くことに変化があり、
様々な小さな「気付き」と「気付き」が、

繋がって、一つの答えが出るまで、
「練っていた」という感じでしょうか。


私が考えていたことと言うのは、

私がやっている「心理セラピー(ビリーフチェンジ)」と、
「悟り(目覚め)」は、どこかでつながっていくのだろうか?という、
問いです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私は26歳の時に、「覚醒体験」をしています。

自我が脱落し、
「全ては分離されいなく、一つのものである」という気付きでした。


ただただ、全てのモノとの一体感の至福の感覚で1週間程過ごしてのですが、
その後に元に戻り、

また、苦しみを体験する何年かを過ごすのですが。
(ちゃんと説明すると長くなるのでこんな短く短縮しましたが、
人生感が覆すような出来事と、その後地獄に落とされるような苦しみを両極この年齢の時に経験しています)



でも、
私の中でこの体験が、私を真実を知ることへの探求に駆り立てました。



その探求の最中に、
色んなスピリチュアルなことを発信している人のブログや、
覚者と呼ばれる人(悟った人)の本を読んだりする中で、


私の「苦しみのモト」が、何かというのが、
よーく分かったのです。


そして、覚醒体験の時にあれほどの至福を感じたのかも。



端的に言うと、

私たちは本来一つの命を生きている。
しかし、自我という分離意識が私たちが分離していると言う幻想を見せている。
それゆえ、世界と分離している「自我のわたし」には、
恐怖が常である。



この、分離意識を生みだしている機能のことを「自我(エゴ)」と言います。
(決して「自我」が「悪い」のではなく、「自我」をうまく機能させることができなかった時に「苦しみ」になります。「自我」をうまく機能させると、人と境界線を引いて危険から自分の命を守ったりすることに使えます)


分離している自我の私は、
この分離しているという意識が大きくなればなるほど、
「苦しみ」が増えていき、
その反作用として強烈に「幸せ」を求めて歩き続けます。


この「苦しい夢」「ハッピードリーム」に変化させて行くのが
「心理セラピー」の役割です。


例えば、
「人と一緒に居ると、緊張して疲れるんです(苦しい夢)」を、
「人と居ても緊張せず、リラックスしていられる(ハッピードリーム)」に変えて行きます。


そうすると、
自分の経験している「人生ストーリー」自体が、
「悪いストーリー」から、「ハッピーなストーリー」に変化していくのです。

自我としては分離していて不安だらけなので、
良いストーリー、良い夢を見ることに、やっきになっています。



・・・で、


悟りというのは、こことは全く次元の違う話になります。


「悪い夢」であろうが、
「良い夢」であろうが、

「悪い人生ストーリー」であろうが、
「良い人生ストーリー」だあろうが、


それは「夢」であり、
頭の中で理解している「ストーリー」であり、

「良い夢を見たい!」「良いストーリーを経験したい!」
という執着が、
結局また苦しみを生み、
無限の「渇望ループ」に陥ってしまい、苦しみからは逃れられないのです。



そして、その「渇望ループ」から逃れるには、
夢から目覚めることでしか達成されません。


目覚めとは(悟りとは)、

「良い夢でも悪い夢でも、それは『夢』ですよ。
その夢自体から、目覚めましょう」



という、100%の自由を指示しています。




私たちは「分離している方の自分(自我)」ではなく
(この時の自分は、海で例えると、表面に表れている『波』のようなものです)

本当の私たちは「一つの命を生きている全体」である
(この時の「わたし」は、海で例えると、海の底の波を作り出している部分)

ということが体験によって、感覚で分かった時に、


全てのゲームは終了し、
後は100%の自由な中で、人生を遊ぶだけになります。



誤解されたくないのは、
何もしなくていいのではなく、
圧倒的な脱力感で人生を遊ぶことができるようになるので、

深刻さや、
「●●せねばならない」、「●●すべきだ・・・」

から離れ、

自分は全体であると知っていながら、
「個」としての「自我の自分(分離意識)」を楽しむことができるのです。
(自我に使われるのではなく、自我を機能的に使えるようになってくる)


これは、
個を超えた自分を体験した人にだけ訪れる展開です。


自分は全体であると知っていながら、

お金に執着して遊ぶのもよし、
出世に執着して楽しむもよし、
山に籠って修行するもよし、
現世にまみれてほうけるもよし。


それも、全体の表れとして、
自分の奥底から衝動がやってきて、
それは個人の自我のメッセージでは無く、
全体のメッセージなので、


その自分として動くことは、
おのずと、全体の調和のために必要な行動になります。
(この時に動かされる衝動は流れるように全てが上手く展開していきます)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


実際、このブログを読んでくださっている読者さまや、
浄化療法にすずなりにお越しくださるお客様のほとんどは、

「悪夢」の中にいらっしゃいます。

それを

「ハッピードリーム」が見られる様にやっていくのが、
体内浄化や、心理セラピーの役割でした。


ですが、

その先には「悟り(目覚め)」はないと、
どこかで私も気付いていました。


実際いらっしゃる方で、
「ハッピードリームが見られるようになりたい」(悩みをなくしたい)
という要望はあっても、

「夢から目覚めたい(悟りたい)」

という要望は少なく、


目覚め(悟り)を発信していくよりも、
悩みを解決していく方の発信の方が、
人々は喜ぶし、必要とされるな・・・と思うのが正直なところです。



ですが、



私の次のステージとして、


「目覚め(悟り)を促すセラピー」を構築していきたいな・・・と、
漫然としてですが、考えていました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




悩みが多い状態(悪夢)から、
悩みが減った状態(ハッピードリーム)へと移行していくと、

楽にはなっていきます。


ですが、

「自分は世界と切り離された存在である」という自我の夢から目覚めない限り、
「ハッピードリーム」を見ていても、いづれこの夢がまた「悪夢」に転じるのではないだろうか・・・と、

心配や不安がなくなりません。


嫌なことが起これば、ニ度と体験したくないと嫌悪が起こり、
良いことが起これば、これが無くなることが怖くて執着し、


自我(分離したわたし)には休まるところがありません。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



本当の休息が得られるのは、

「自我(分離意識)が幻想である」

と見抜いた時に、

自分の人生ストーリーが全て夢であったことが分かる瞬間です。
(過去や未来は頭の中だけにある記憶で、本来は「今」しか存在していない。よって、「私は●●な人間である、私の人生は・・・というストーリー(思い込み)自体が、現実にないもの、頭の中だけにある幻想であって、それを「夢」と言っています)



本当の「わたし」は、
そのストーリーを見ている目覚めた意識
の方なのですから。


感情や、
体験をしている方ではなく、

その体験を「見ている」方が、
本当の「わたし」であり、


その「わたし」は、
全てのあまねくモノの中に共通としてある存在そのもののことです。




これを、
言葉では到底理解できない意識状態を、
体験できるセラピーを提供していくことが、
私の次のやりたいことになりそうです。






(でも、人は目覚めるより、ハッピードリームを見たいのですけれど)







この気付きのヒントをくださったのは、
「非二元論」のティーチャーでもあり、
心理セラピーストでもある
「溝口あゆか」さんの動画でした。

2時間ほどの長い動画ですが、
この情報が必要な人には、喜んでもらえる動画だと思います。

まだタイミングに来ていない人にはさっぱり(笑)・・・なんのこっちゃでしょうが。


興味がある人は見てみてください。



これから、
色んな人の動画を紹介していきたいと思います。


活字で伝えるのは限界がありますから。
動画っていいね。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」








Commented by にゃん太郎 at 2016-04-12 22:59 x
検索エンジンから訪問しました。
溝口あゆかさんの動画も見ましたが、こちらのブログの「悟り」についての記事がとてもわかりやすかったです。
それに郁さん、温かそうな方で、とっても安らぎました。

もっと悟りの記事を書いてくれたら嬉しいな。
また遊びにきますね。

ありがとうございました(^◇^)
Commented by kaoru-hasegawa at 2016-04-13 19:11
にゃん太郎さん
コメントありがとうございました(^^)。
また8ヶ月前のこのblogを書いた時よりも、私の中で熟成されているものがあるので、
言葉にならないこの感覚を、言葉にできそうになったら、
悟りについても書いて行きたいです。読んでくださってありがとうございました(^^)。
by kaoru-hasegawa | 2015-08-21 17:00 | 解放(悟り) | Comments(2)