セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2015年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ナラシムハとわたし 2

☆8月京都出張セラピーのお知らせ

8月29日(土)、30日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら 残り一枠になりました


☆10月京都出張セラピーのお知らせ

10月3日(土)、4(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




昨日のblogの続きです。


フルフィルメント瞑想は、
ティーチャーに瞑想の「伝授」を受けることで、
空(くう)に到達するマントラを使える様になります。


一番初めは、ハートを開く「ハートマントラ」。
次は豊かさの神様、ラクシュミのマントラ「プロスペリティ」。

そうやって、
私たちの潜在能力を開いていくマントラを一つずつ伝授してもらい、
その段階による学びや経験を日常でもして行きます。


私たちの潜在意識にごみの様にたまっているカルマを、
瞑想によって、完結、完了させることで、
日常でカルマに出会う機会も少なくなってきます。


・・・で、
カルマに出会うことが少なくなると、
私たちの思考は、カルマまみれの思考ではなく、
私たちの中に本当は皆持っている「神聖な部分」の声が聞こえて来るようになります。
(これをハートの声という人もいます)

瞑想歴5年、
伝授いただいたマントラ5つの私でしたが、


この5つ目のマントラ、「プラサード」で、
自分の中の「空(くう)」が大きくなりすぎて、
この大きくなった自分と、
実際生きている小さいエゴの自分との葛藤の中、
どうしても辛くて辛くて仕方ない状態になっていました。


感情はどんどん溢れるけれど、
出してもスッキリしない、
ノートに書きなぐってみても、
モヤモヤして。


苦しくなった時に、


「あ、次のマントラ、ナラシムハ受けたい」


そうひらめいたと同時に、
みのり先生にメールしていました。


伝授の日程が決まって、
ナラシムハに進むぞ!!と決意したとたんに、
憑き物が取れたかのように、
すーーーーーーっと軽くなって、
あの苦しみが一気に消えました。



これには自分もビックリしたのですが、
まだ伝授まで4日もあるのに、
もうナラシムハのマントラの恩恵を受けているような感じでした。


そして、冷静になったときに、
自分の苦しみの種の意味がわかった来たのです。
それこそ、「神聖な部分」からの声で。


自分がどうしたらいいのか、
どうしたら問題が解決するのか。


その答えは、
やっぱり自分の中にありました。






そして、ビックリしたのが、
みのり先生のところで自分の出した答えを、
みのり先生の口から聞くのです。


みのり先生がそのときに書いたblog↓



このblogの中に登場してくる生徒というのが、
わたしです。


これを読んでいただいたら私が悩んでいた内容がわかってしまうのですが(笑)、

夫婦ですからね、
喧嘩はするのです。


そのときに、
自分が譲れない。
相手も譲ってくれない。

我と我のぶつかり合い・・・みたいなこともあるわけです。


それが、
今回、自分のいろんなタイミングもあって、
どうしても私の中で感情が完了できなかったのです。

それの積み重ねで、
苦しい。わかって欲しい。訴えてみる。でも欲しい答えは返ってこない。
孤独。しんどい。なげやりになる。


みたいなことが続いていて。


これが苦しくて、
「そうだ、ナラシムハを受けよう」
と決意したときに、
この地獄の思考のループが消え、


「そうやん、私が変わればいいんやん」
(それは私にとっても良い事だから)


と、深いところからのメッセージがやって来たんですね。


相手を変えることはできない。
だから人間関係で悩んだら、
自分が変わるしかない。
もしくは、
自分を守るためにその関係から離れるか。


心理セラピーの世界ではその様に言います。


なので、
自分が変わればいい・・・と、
頭では分かってはいたのですが、
悔しかったり、惨めだったり、自分を守りたかったり、
色んなエゴの声に苦しめられて、
「自分が変わる」という方向に気持ちを向けられなかったのです。


何度もこういう感情の波に飲まれて冷静さを欠く様なことは、
人生の中で経験しているので、
今回も、
「あぁ、やっかいな思考のループにはまってしまった」と、
客観的に自分の心の動きを見ている自分もいました。


「こう」すればいいと「わかっている」のに「できない」。


何度も人生で経験しています。


こういうとき、
過去の心の傷が癒えていないことが関係している場合もあります。



ですが、
わたしは、今回は過去の心の傷に意識を向けないで、
自分の心の中を「素直に」「まっすぐに」「嘘いつわりなく」
眺めて向き合うことを選んだのです。


意地もプライドもエゴもあるけれど、
やっぱり「夫婦仲良くすることが目的」なんだと、
腹が据わったら、

とっても楽になったのです。



その心の中の変化があって、
みのり先生のところに伝授に行ったので、

「男性は変わらない質」「女性は変わる質」
で例えられた話に、

なるほど~~~、
深いな~~~!!


と感動したのです。



ですが、
この話は、瞑想歴が長くなってきて、
自分の神聖な部分の声が聞こえるようになってきたからこそ、
理解できる話です。


変わることを、
なんだか負けたような気がしていたり、
悔しい気がしているのに、
これが良いからと、採用する話ではないです。


ひとつ言えるのが、
私の中に、変われるチャンスを与えてくれるために、
嫌な役割も引き受けてくれている主人の魂へのリスペクトを持てたからこそ、
変わることを喜びと感じ、
愛情の出し惜しみをしていた自分を反省して、
もっと、大きな人間になろうと、
決心できてこその行動なのです。


腹をくくって、

「自分が変化する」

と決めると、
私の中にもっと謙虚な自分もいるし、
愛情深い自分もいる、
もっと知性豊かな自分もいる、
反省できる素直な自分もいることに気がつきました。


ここで、やっとプラサードで培ってきた
「空(くう)」の大きさを、
心の伸縮力で気がつかされました。


もっと、もっと、
出し惜しみせずに出していこう。


そのあとのことは、
そのあとなにか起こったら考えよう。


そう、
私のイライラの正体は、
「自分がもうちっぽけな小さな人間じゃないのに、
過去の記憶や経験の集積で、まだそこに居ると錯覚していることが問題なんだよ。
もう、あなたは過去のあなたではない。
潜在能力、心の力をもっと、使いなさい」

その声が深いところから聞こえて来ていたのに
過去のうまくいなかいパターンにしがみついていただけ。


大きく変わってみた。



そしたら、
苦しかった時が嘘のように、
主人との間に摩擦がなく、
スムーズに愛情のエネルギーが流れる様になった。



そうなんだ、
こうやって、人は、周りの環境を利用して、
自分を進化させていけるんだ。


そんな学びがあった出来事でした☆


人間歳をとるほどに賢くならなくちゃ。
しょうもない大人にだけはなるまい。

幼少期からそう思っていたけれど、
私の中にある愚かさに、
人生を壊されてきたけれど、
どうやら今回の学びをきっかけに、
その愚かさとはサヨナラできた気がします。



いつでも、
自分の正直な心と向き合う気持ちさえ忘れなければ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

「宿泊滞在型セラピールーム すずなり」


 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」





[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-07-31 17:00 | 日々の日記 | Comments(0)

ナラシムハとわたし。

☆8月京都出張セラピーのお知らせ

8月29日(土)、30日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら



☆10月京都出張セラピーのお知らせ

10月3日(土)、4(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回のblogの続き。


私が5年お世話になっているフルフィルメント瞑想の先生、
「瞑想教室みのり」の、みのり先生。

知性豊かで、賢く、優しく、愛情深く、
であって、その人の必要なことを、
理解できる言葉や例えで伝えるのがうまくて、
その仕事っぷりに
いつも、惚れ惚れしてしまう。



特に、瞑想で体験する「空(くう)」のことなんて、
目に見えない世界のことですから、
言葉で伝えるのは本当に難しい。

瞑想によって得られる意識の変化のことも、
感覚的なことなので、
言葉で伝えるのは本当に難しい。



それを、
とっても分かりやすく説明できるのは、
やはりご自身が20年の瞑想経験の中で、
十分に経験しているからに他なりません。


私が好きなみのり先生のblogの記事、


瞑想体験が1年やそこらでは、
きっとこのblogの話がわからなかっただろうなぁ。


でも、5年続けて、
「そう!!・・・そうなの!!」

と、深く共感できるのは、
自分も成長、進化して、認識力が変わってきたから。


小さい箱の中で、
自分の価値観にがんじがらめになって、
その箱から出るのが恐かった時には、
このblogの意味が全くわからなかったと思う。


人は変わるんだな。



で、こないだ、6個めのマントラ「ナラシムハ」を伝授してもらったときの話。



とても感動したので、
皆さんにもシェアさせてください。



続きは明日。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

「宿泊滞在型セラピールーム すずなり」


 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」






[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-07-30 17:00 | 日々の日記 | Comments(0)
☆8月京都出張セラピーのお知らせ

8月29日(土)、30日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら



☆10月京都出張セラピーのお知らせ

10月3日(土)、4(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私は5年前から、
「フルフィルメント瞑想」という瞑想法を、
継続して習慣化しています。

私が瞑想に興味を持って、
我流で座り始めたのは、
自然な流れでした。

目を閉じ、
静かに座ることで、
「空(くう)」というものが少し分かった経験をきっかけに、

我流では無く、
ちゃんと習える先生を探そう・・・


そう思って、
本気で先生を探し始めた時に、
サイトで見つけ、
申し込んだのが、この先生でした。


「瞑想教室 みのり」

もう5年も続けているのは、
効果を感じているから。

そして、
フルフィルメント瞑想が素晴らしいとか、
好きとか、

そういうこともあるけど、

この先生が凄いんです。

f0337851_08365291.png
( みのり先生 ↑ )

瞑想やっててよかったなぁ。
この先生に習えてよかったなぁ。



瞑想に興味がある方、
みのり先生のフルフィルメント瞑想の説明、
とっても分かりやすいです。

一体、瞑想中に潜在意識で何が起こっているのか・・・
何で瞑想ってまた座りたくなるのか・・・
続けていることで、どんな恩恵があるのか・・・

が、
とっても分かりやすく動画で説明されています。
(動くみのり先生が見れます笑)
   
「瞑想教室みのり」
(このページの下にスクロールすると動画が貼り付けてあります)


コツコツ続けてきたおかげで、
最近、認識力がグンと上がってきているのを感じます。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

「宿泊滞在型セラピールーム すずなり」


 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」





[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-07-27 17:00 | 日々の日記 | Comments(0)
☆8月京都出張セラピーのお知らせ

8月29日(土)、30日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら



☆10月京都出張セラピーのお知らせ

10月3日(土)、4(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




連日、バート・ヘリンガーの著書「愛の法則」から、
抜粋して、blogに書かせていただいています。



今日も
バート・ヘリンガー「愛の法則」より




・・・・・・・・・

キリスト教の教えに従う人は、
罪を償わなければならないと考えます。

さらに悪いことに、
自分達がそれをできるとさえ考えます。


個人的に罪を犯した人が、罪を認め、承認するや否や、
その罪は強さの源泉となり、罪悪感は消えます。


人が自分の罪を認めるや否や、
人は罪悪感を持たなくなります。


罪の感覚とは、人が真の罪を否認する結果ですが、
それに向かい合う人は強くなります。


そのとき、罪は力として現れます。


罪を否認し、その結果を回避しようとする人は、
誰でも罪悪感を持ち、弱さを感じます。


罪は、人々にそれ以前はできなかったようなやり方で、
よいことをする強さを与えますが、

それは罪を認めてそれと向き合ったときだけです。



一方、他の誰かの身代わりとして、罪とその結果を負うことは、
あなたを弱くし、良い行いをできなくします。

結果として、あなたは実は物事をより悪くさえします。

なぜなら、
あなたは罪人をそれが認められたときの、
良いことをするための罪と力から解放してしまうからです。


このように、誰かの他の人の為に、罪を負うその影響は、
すべての点において、有害です。


他の人の苦難を担う人は、誰もが弱くなります。


しかし、自分自身の苦難、罪、そして運命を背負う人たちは強いのです。


彼らは頭を高くもたげ、
苦難を背負い、
そして偉大なことをする強さを持ちます。




・・・・・・・・・・・・・


私も、「あぁ、本当に人に悪いことをしたなぁ・・・」

と感じる様なことをしてしまった時があります。


もちろん心の中では罪の意識を感じる訳ですが、
この「罪の意識」とは、とても苦しいものです。

誰かのせいにしたり、運命のせいにしたりすれば、
この苦しみを見る必要がないし、
向き合う必要がないのです。


ですが、
自分の心は騙せません。

自分の良心はすべて知っています。


この時、できる最善のことは、
まず「悪いことをしてしまった」と、罪の意識を感じていることを、
認めることです。


人間ですから、間違いは犯します。
どれだけ気を付けていても、
人に嫌な思いをさせることもあれば、
会社や世の中に迷惑をかけてしまうこともあります。


そのときできる最善のことは、

「あぁ、悪いことをしてしまった」

と、きちんと自分の本音と向き合うことです。




バートは、そこと向き合うことで、
良いことをする力が得られると言っています。


そして、
そこと向き合わない人、
本当は悪いことをしてしまったと心では感じているのに、
それを回避しようとする人は、
弱くなる・・・

と言っています。



私の経験上、

ちゃんと悔いて、懺悔し、謝罪することで、
自分が強くなるのは、経験済みです。

なぜなら、
魂はそれが「しなければいけないこと」だと知っているし、
私には「それが出来る」と知っているし、
そこから、自分に対する誇りを取り戻せることを知っているからです。


相手が許そうが、許すまいが、
ここでは関係がないのです。


それは、相手の問題になるからです。


許してもらう為に、
悔いて、懺悔し、謝罪するのではなく、


自分の中のエネルギーが、
清々しいものに保たれるために、
自分が力を失わない為に、
行うことです。


これは、
心の中で起これば、
相手に直接伝えようが、伝えまいが、
関係ありません。


むしろ、
直接頭を下げて謝罪しても、
心の中で舌を出していれば、
自分は救われません。





人は間違いを犯します。

ですが、神はそれを罰しません。


罰するのは、自分の心です。
自分の良心です。


自分の良心は、
全て知っています。


罪を犯したとき、
間違いを犯したとき、


それに気づいている「本心」に素直になることで、
人はそこから、何かを学び、乗り越え、
強くなることができます。



人の罪を背負う人は、
この学びを、人から奪ってしまいます。


苦しみから何かを学んだり、気づいたり、
強くなるチャンスを、
奪ってしまいます。


その人も弱くなり、
奪った人も弱くなります。



私たちは、結局のところ、
自分の苦難、罪、運命しか、背負うことができないのです。


それに責任を持てる人が、
バートは偉大なことをする強さを持つ・・・と、言っています。



やはり、
苦しみは姿を変えた仏陀です。



その苦しみから、悟りへの、自由への、扉が開くのですから・・・
(逃げちゃもったいないよね☆)







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

「宿泊滞在型セラピールーム すずなり」


 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」









[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-07-26 17:00 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(2)

罪悪感にひたる意味

☆8月京都出張セラピーのお知らせ

8月29日(土)、30日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら



☆10月京都出張セラピーのお知らせ

10月3日(土)、4(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




自己への非難(自分を責めること)や、罪悪感にひたることは、
行動することの代用品です。

それは、私たちに行動させる邪魔をし、弱いままにします。


~ バート・ヘリンガー 「愛の法則」より ~



・・・

私たちは、しばしば、
日常で苦しむときに、

「自分を責める」ことや、
「罪悪感にひたる」ことで、

前に進むことをやめ、
何か抗えない、ぬぐい去ることができない感情に、
がんじがらめになることで、

前進することを諦め、
苦しみに留まる時があります。


まるで、

罪悪感を感じている間は、
自分は変わらなくてもよい、
自分を責めて、自分が苦しんでいる間は、
自分は行動しなくてもよい・・・

と、思っているかのように。



ですが、
自分を責めることも、
罪悪感に浸ることも、

そして、それによって、あなたが苦しむことも、


誰の助けにもならず、
自分の助けにもならないのが分かっているのに、

そこから離れることがとても困難な時があります。







・・・・

私も、自分を責めたり、罪悪感(罪の意識)を持ち続け、
そこから離れられない時期がありました。


バートの言うように、それは「行動する」ことへの代用品です。

それを感じている間は、
まるで行動しなくても良いような、
言い訳ができるからです。




「行動すること」とは、どういう行動かというと、
「自分や他人にとって、良きことを生み出すための行動」のことです。


それは、謝罪かもしれませんし、
愛を持って接することかもしれませんし、
親から自立することかもしれません。



苦しみのエネルギーというのは、
転化すれば、そこから何かを学び、
自己を成長させる踏み台になるのです。



苦しみから何かを学び、
「その苦しみから自己を成長させよう」という方向に意識が向けられない人が、
苦しみに留まることを選択します。




なぜか?



それは、苦しみと直面することは、
勇気がいるからです。

真実と向き合うことは、
パワーのいることだからです。

自分を幸せにすることは、
自分への愛がないとできないことだからです。




ですが、

勇気を持って、苦しみを十分に感じ、
その真実と対面できた人は、



そこから何かの恩恵を得られるでしょう。

そこから神の愛を感じるでしょう。



罪悪感や自分を責めることから離れ、
苦しみから何かを獲得し、
自分が良い方へ変わることが出来た人は、


自分に課せられた「苦しみの経験」は、
自己を成長させるための「神様の愛」であったことが、
わかるでしょう。




・・・だから私は人生に起こってくる
「苦しい体験」や「うまくいかないこと」の現象の裏に隠れている、
本当の意味がわかってからは、何も恐れることはないのだと、気付きました。


恐れるのは、勇気がないとき。
自分が乗り越えていけると信じられないとき。


そして、神様の愛が、信じられないとき。
(神様とは、外にあるのではなく、自分の中にいる神様のことです)




苦しみは、姿を変えたブッダです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

「宿泊滞在型セラピールーム すずなり」


 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」









[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-07-25 17:00 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)

幸福には勇気が必要

☆8月京都出張セラピーのお知らせ

8月29日(土)、30日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら



☆10月京都出張セラピーのお知らせ

10月3日(土)、4(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



バート・ヘリンガー「愛の法則」より・・・





幸福についてお話しましょう。


幸福は人を孤独にする傾向があるので、
しばしば危険に見えます。


問題に対する解決も同じことです。


解決は人々を孤独にしかねないので、
しばしば危険なものとして経験されます。


それに対して、問題と不幸は人々を引き付けるようです。



問題と不幸は、
よく、罪のなさと忠誠の感情に自ずと結び付くのに対して、

解決と幸福は、
裏切りと罪悪感の感情にしばしば結びつけられます。



そのような罪の感情は理にかなっていないのですが、
それでも裏切りや罪と同じに経験されます。


だから、
問題から解決への移行が、
そんなにも難しい理由なのです。


しかし、
たった今、私が言ったことが真実ならば、
そしてそれを、その様なものとして受け入れるなら、

あたなはあなたの信条全体をかえなければならないでしょう。





・・・

私たちの表面意識では、「私は幸せになりたい」「楽になりたい」
と思っていても、

もっと深い心の領域、無意識の領域で、
家族への忠誠心の為に、幸せになったり、楽になることを避けて、
不幸や失敗すること、病気になることを選んでいる場合があります。



自分で知覚できる表面意識では、
「幸せになりたい」「楽になりたい」
と、感じているのを知っているので、

自分の人生の結果として、
「不幸」や「失敗」「病気」として経験している矛盾を、
いつか疑問に思い始めます。


「幸せになりたいのに、なんでなれないのだろう」
「成功したいのに、なんで失敗するのだろう」
「健康になりたいのに、なんで病気になるのだろう」

・・・と。




この現実を作っているのが、
無意識の領域で働いている力です。


それを、バートは、
上記の様な言葉で説明しています。






心理学や心のことに対して詳しくない方は、
ちょっと難しくて分からないかもしれませんので、
説明してみたいと思います。




例えば。

自分の育った家庭や、
また両親の育った家庭、
親族、先祖・・・・


私たちの繋がりのある人々には、
無意識の領域で強い繋がりが働いています。
それは「愛」と言ってもいいです。


その繋がりのある人たちの中で、
不幸だったり、苦しんでいる人がいた場合、
私たちの魂は、同じように不幸や苦しみを味わうことで、
自分の忠誠心をその所属するグループに示そうとします。


「同じように苦しむので、繋がっていさせてください」


のような感覚です。
(もちろん無意識で働いている状態なので、分からなくて良いです)



そして、バートは言っています。

「幸福は人を孤独にする傾向があるので、
しばしば(幸福になりたいと願っている苦しんでいるクライアントには)危険に見えます」

と。


何が危険かと言うと、

「解決と幸福は、裏切りと罪悪感の感情に、しばしば結びつけられます」

ということです。



自分の家族、ルーツ、繋がりのある人々の中で、
苦しんでいる人、不幸でとどまっている人がいると、
一緒に苦しむことで繋がっていられるが、

そこから離れたいと、
問題を解決して、幸せに向かおうとするときに、
その人の魂は、裏切りと罪悪感の感情に引っ張られるのです。



なぜなら、
幸せになることは、家族への(ルーツへの)裏切りを意味するからです。


裏切ることで、
所属から切れることで、
孤独を感じてしまいます。



この孤独に耐えられない人は、
心理セラピーを受けて解決を自分の中に見ても、
問題に戻ります。







この心の仕組みを私はどう思ったかと言うと、
「人は孤独に耐えられない生き物なんだなぁ」
ということと、

「孤独でいるくらいなら、自分の幸せを諦めて、
不幸でいることや誰かに合わせることで、
誰かと繋がっていたいのだなぁ」


ということ。


そして、
「じゃあ、どうやったら、そこから抜け出せるんだろう?」


と考えた時に、
「家族への忠誠心のため幸せや成功、健康をあきらめます」

という選択と、

「この命を輝く様に使うことで、家族へ貢献します」


という選択ができると思いました。


どちらも、家族やルーツへの愛に変わりはありません。

痛みを感じている時も、
そこには愛があります。


幸せを感じている時も、
そこには愛があるのです。



光の方向へ向かうのはとても勇気のいることです。





私が助けになった考え方は、
チベット仏教でした。


チベット仏教では、
一人悟った人が出ると、
(先祖が)7代上まで浄化される。
そして、子孫は7代下まで恩恵が受け継がれる・・・と信じられています。



もちろん、本当かどうかは確かめようがありません。

でも、不幸の方へ、病気の方へ、失敗の方へ、苦しみの方へ、
引っ張られそうになったとき、
私は家族への忠誠心の為に、そっちに引っ張られそうになる力が、
無意識の領域で働いているんだろう・・・と思い、


このチベット仏教の本で読んだ言い伝えを思い出します。



苦しみにとどまるのも、家族への愛のために無意識の領域で起こっている力ですが、
自分が苦しみを乗り越えることで、悟りに近付き、
カルマを降ろして行くことで、7代上までの中で苦しんでいるご先祖さまにも、
浄化のエネルギーを送ることができる。

そして、子孫ができたら、
自分の下にも恩恵を残してあげることができる。


そう、思っています。




これは、私が採用している考えです。
こう考えると、苦しいときも、乗り越えて行けるからです。


ご先祖様の中でも、できなかったから、
私のところにその役目が来ているのだから、
そこから逃げたら、子孫がやるはめになるんだと。




「幸せは人を孤独にする」



これは、衝撃的な言葉かもしれませんが、
不幸癖のある人、幸せになると居心地が悪くなってしまう人、
苦しんでいる時の方が生きている実感がある人・・・などは、
その理由がわかるのではないでしょうか?







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

「宿泊滞在型セラピールーム すずなり」


 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」






[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-07-24 17:00 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)
☆8月京都出張セラピーのお知らせ

8月29日(土)、30日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら



☆10月京都出張セラピーのお知らせ

10月3日(土)、4(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お客様からのお手紙です。
ご了承をいただき、掲載させていただきます。



・・・

 先日は、大変お世話になり、有難うございました。

回復食も、郁さんのアドヴァイス通り、
塩分控えめにし、
食べ過ぎることなく終えることができました。

酵素ジュースは、帰った次の日になくなってしまい、
恋しくなりました。

自分でも作ってみようかなと思っています。
(本当に美味しかったです)


体重は2.5キロくらい落ち、
お腹がすご~くスッキリしました。


断食明け2~3日は、まだ眠く、だるくい感じがありましたが、
5日目、6日目から、すっきりエネルギーがわいてくるのを感じました。

居心地良く、快適に断食することができ、感謝しております。



郁さんと色々お話させていただいたのも楽しく、
心の中の、もう必要のないものも、少しずつ手放せそうな気がします。
(早速ですが恋愛面で少しの変化があり、びっくりしています)

これを機に、体の声を聞いて、
食生活を見直していこうと思います。

色々と有難うございました。
ご主人にもよろしくお伝えくださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


S様、お手紙有難うございます。

断食から2週間後くらいの報告でした。


S様の体は、私の感じた感覚で言うと、
生命力が半分に減っている状態で生きている感じでした。

100%のうち、50%くらいしか、使えてない感じ。

その分、

体の機能の能力の発揮も、半分なので、

まずはしっかり心も体も内臓も、休めることだと思いました。

なので、断食は、最高の体へのご褒美になったのじゃないかと思います。



恋愛面で変化があったとのこと、
こう言う報告は嬉しいですね!


体が変わると、心も変わる。
心も変わると、体も変わる。

心と体が変われば、
人生に起こってくることもかわる。

ゆえに、
人生がよくなる。



その考えは昔から変わりません。

良い人生を送る為に、
私は体を大切にします。



その想いがSさまにも伝わった様で、嬉しいですね(^O^)/♪



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

「宿泊滞在型セラピールーム すずなり」


 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」







[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-07-23 17:00 | 酵素断食・浄化療法のご感想 | Comments(0)
☆8月京都出張セラピーのお知らせ

8月29日(土)、30日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら



☆10月京都出張セラピーのお知らせ

10月3日(土)、4(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1. すずなりの浄化療法を申し込まれた理由を教えてください。

夫と友人の不倫がきっかけで日常生活が苦しすぎて、
「今の状態から抜け出したい!変わりたい!」「何もかも忘れてゆったりしたい!」
という気持ちではち切れそうになっていました。

すずなりさんなら、豊かな自然の中でゆったりできそう、
断食あり、マッサージあり、そして心理カウンセリングまであり。
私が求めているものが全部ここにある! とピンと来たので、申し込みました。



2. 施設の感想をお聞かせください。

清潔で、とっても心地よかったです。
うみさん、お幸さん、お福さんにも癒されました。
一緒にお散歩もできて、楽しかったです。
(※犬の名前です)
f0337851_10182531.jpg
( ↑お幸 )




3. マッサージの感想をお聞かせください。

チベットマッサージも、レインドロップも、独特ですね。
私はどちらも好きです。

特に頭部をギュウギュウする感じ、
眼球や耳の中までオイル漬けにするのが
他では体験したことがないので、おもしろいな~ と思います。



4. ビリーフチェンジセラピーの感想をお聞かせください。

今回のセッションは、自然な流れの結果として
「母からの影響を断ち切り、自分で自分を大切に育てていく」
ということがテーマになったな… と思います。

子どもの頃、母との関係はなんだか居心地が悪かったこと、
その一方でこんなにも母から愛されたいと思っていたこと、

だけどいつまでもそんな期待をし続けるより、
現状を受け容れて

「もう母には何も期待しない!私は私!」

と決断すること…。



自分ひとりでは、
こんなに短時間でここまで深く自分とのつながりを
取り戻すことはできなかっただろうな、と思います。


かおるさんのガイドとサポートがあったからこそ、
勇気を持って母からの影響を断ち切ることができたと思います。

母からの影響は断ち切りましたが、関係が疎遠になるわけではなく、
むしろ母に対する思いが温かいものになりました。

といいますのは、
セラピー翌日の自分の誕生日、母に電話をした時のこと。

「私のこと、生んでよかった?」と、
セラピー中にもした全く同じ質問を、
実際に母に投げかけてみたんです。

そしたら、「当たり前じゃないの。」と即答!


恐る恐る投げかけた質問だったのに、
あまりにあっけない返答で、

「前日のセラピーであんなに深刻になっていた私はいったい何だったんだ!?」と、
腰が抜けて笑えるほどでした。


そして母は

「あんたは夜泣きもせず、
音楽のレコードを聴かせていれば大人しくしてくれるし、
育てやすい子で助かったわ~」
と…


これを聴いた瞬間、私の中では母はイライラしていて、
いつも「早くしなさい!」と急かされているイメージだったのですが、

それが見事にぶち壊されました。


ビリーフチェンジしたらイメージもチェンジしちゃった! 
という感じでした。


「私、ちゃんと母に大事にされていたんだな」と、
初めて心で感じることができました。


それができたのは、かおるさんに手伝ってもらいながら、
前日に「もう母には期待しない!」と決断していたからかもしれないな、と思うのです。


なんとなくそう思うだけで、
この感覚はなかなかうまく言葉にできないのですが…

今回は母との関係を見直したので、次は父との関係を見直してみたいです。


5. 浄化療法終了から、2週間経ちましたが、
今、心身の状態はどんな感じですか?
(断食の効果、ビリーフチェンジの効果は、
日常でどのように感じていますか?もしくは感じていませんか?)


回復食として、7号食を10日間やってみました。

3日目頃に、なぜか不倫中の夫と相手女への怒りが噴出! 

でも身体は軽い。


断食によって身体のデトックスを促したのだから、
心にもデトックス作用が働くのは当然かもしれませんね…


イライラムカムカを感じつつ、
「身体の調子はいいのだから、身体の力を信じよう」と
素直に冷静に受け入れられたような気がします。

断食はいいですね! 

私は頭で考えすぎの傾向があるので、
身体から心へアプローチするのがいいみたいです。
(断食もそうですし、マッサージ受けることも、踊ることも、ピアノを弾いたり歌を歌うことも。)

余計なものを食べないのは、余計なことを考えないことに似ているな~ と思いました。


6. またリピートしてみたいと思いますか?そうでもないですか?

リピートします!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


I様、ご感想有り難うございます。

I様は、すずなり酵素断食浄化療法、2回目のご利用でした。

前回来られた時より、お顔も明るくなって、
お話していても、随分変わられていたのがわかりました。

一回目にいらっしゃったときは、
とにかくご自身の直面している問題が大きすぎて、
どうしたらいいのか解らない、迷い、無明の中で、
苦しんでいらっしゃいました。

ですが、
断食と、マッサージで、体を楽にしていき、
心理セラピーで心の浄化をすることで、

2回目来てくださったときは、
ご自身の問題にも、しっかり向き合える力強さを携えて来てくださいました。


本当に、人間の「良くなりたい!」という気持ちが、
I様を変化に導いているのだと思います。


私も、どん底のどん詰まりの泥沼の時があったので、
苦しかった~!!


その時は、もう、心の中は地獄(笑)。


だからこそ、心の中がグチャグチャになる人、
自暴自棄になる人の気持ちが解ります。


そして、今はしんどくても、

「良くなりたい!」

という気持ちさえあれば、
その方向性になぜか導かれるような出来事や、
人との出会いがあったりして、

良くなる方向に少しずつでも進んで行けるのです。


私はその力を信じています。


I様、有り難うございました(^o^)/♪

また、元気になったI様の笑顔を見たいです!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」





[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-07-22 08:00 | 酵素断食・浄化療法のご感想 | Comments(0)
☆8月京都出張セラピーのお知らせ

8月29日(土)、30日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら



☆10月京都出張セラピーのお知らせ

10月3日(土)、4(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心理セッションでは、感情の解放の場面があって、
セッション中に腹が立ったらクッション叩いて出してもらうし、
悲しかったら泣いてもらう。
恐い感情が出てきたらそれも感じてもらう。

でも、実はたくさんの心の傷を重ねて来た人は、
本当の気持ちに触れることが、

時には苦しく、

時にはそこに触れることが、痛すぎて、

感じない様にすることもあるし、

無意識で違った感情にすり替えてしまうこともあります。





真実に触れたとき、
人は癒されます。

浄化が起こります。

感情も、
本当の気持ちに触れたとき、
人はそこから何かを学び、何かを感じ、
新たな決断ができるのです。



私のセッションで大切にしていることは、
本当の自分の本音に触れること、
本当の自分の感情に触れること、

これはとてもパワフルで、
セラピストはこれをサポートします。


過去に作った古傷は、
その場で癒せないから「古傷」になるわけで、
なぜその場で癒せなかったのかは、
人それぞれ。


自分にその力がなかったからなのか、
サポートしてくれる人がいなかったからなのか、
自分にどう向き合って良いか分からなかったからなのか、
無意識に閉じてしまったからなのか。



それは、無数の原因があると思います。


ですが、

今、あなたは、「過去」の自分ではなく、
年齢を重ねてきた分、智恵も付いただろうし、
経験も積んできたはず。
ものの見方も変わってきているだろうし、
キャパも広がっているかもしれない。


過去とは違っているあなたが、
もう一度、自分の古傷にどう触れて、解放していったら良いかを、
心理セラピストと一緒に、導かれながら、
あなたが本当はどうしたいかを大切にしてもらいながら、


癒していくのが心理セラピーです。




その行程は、


時に苦しいけれど、
オエオエ言いながら(笑)、
自分と向き合って行く姿は、
美しく、たくましい。



人の心の可能性に、
感動する場面でもあります。



本日京都出張セラピー最終日、
今日も自分のできることを惜しみ無く、尽くすだけ。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」





[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-07-20 08:30 | 日々の日記 | Comments(8)
☆8月京都出張セラピーのお知らせ

8月29日(土)、30日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら



☆10月京都出張セラピーのお知らせ

10月3日(土)、4(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今、京都市内に出張ビリーフチェンジセラピーに着ています。

昨日、2名のセッション、
本日も2名のセッション、
明日は3名のセッションをしてすずなりに帰ります。

アウェイでのセッションはどっちかというと苦手でしたが、
今回、全然苦手意識が消えていることに気付きました。

すずなりでセッションさせていただくときは、
時間はあまり気にしないで必要なだけ時間を使えるというメリットもあり、
のんびりセッションを余裕をもってしていたので、

出張セッションとなると、
次のクライアントさんの時間を気にしないといけないこともあって、
焦ったり、じっくり取り組みたいと感じたところを短縮しなくちゃいけなかったり、

そういう気苦労があったのですが、

今では2時間あれば、
クライアントさんも満足してもらえて、
私もゆっくり時間をかけてクライアントさんの問題の原因を特定でき、
感情を感じてもらえる時間も取れるので、
私も満足しています。


私がセッションするときに大切にしていることは、
クライアントさんとの共有する時間を満足のいくものにすることなので、

クライアントさんが、
「わかってもらえた」
「共感してもらえた」
「一人で向き合えないところをセラピストがいることで勇気が出た」

と思ってもらえるようなサポートを十分にすることです。


自分もセラピーを受けにいくことがあるので、
クライアントの立場になることもあるのですが、

私がクライアントとしてセラピストに求めることが、

セッションがバシッと決まることより、
その時間、セラピストと共に自分の心をさらけ出していく、
この時間が、

暖かいものであったり、
心地よいものであることが、
本当に大切で、セッションの時間だけでなく、
その後も、自分が変化することに大きな力をもたらしてくれるということを感じます。


セラピーの技術ももちろん必要。

でも、そこにクライアントをサポートする愛情がなければ、
技術は時に冷たいものになってしまう。


そんな風に自分もセラピーを受ける中で気づかせてもらっています。



継続して京都市内の出張セラピーは続けていきたいので、
皆様のお越しをおまちしています(*^^*)。



クライアントさんの力を信じることは、
自分の力を信じないとできないこと。


だから、私も自分の心と人生と向き合いながら、
自分が変われることに諦めない。

どうしたいかは、いつも自分の中に答えがあって、
その力を信じる。


その学びを人生オエオエしんどいときはえずきながら(笑)、
それでも腐らず、ひねくれず、素直に、
(腐りながら、ひねくれながら、あまのじゃくになりながら)
そんな自分もおもろい学びをしているよな、と思って、

人生の段階を踏んでいます。



クライアントさんと、粘り強く、共に変化を遂げていきます。

そんな覚悟で浄化療法や、出張セッションに励んでいます。



さぁ、明日もがんばるぞー(^o^)/♪











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス人生を変えたい方
は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」






[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-07-19 08:00 | 日々の日記 | Comments(4)