セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧




「自分」は「自分」以上のものでもないし、「自分」以下のものでもない。

あるがままの「自分」以外、本当の「自分」はいない。

一致していこう。


f0337851_10094572.jpg


自然の中には、「調和」しかない。

調和があるから、こんなにも美しいものが、創られるんだろうね。


あなたも、美しい。


あとは、自分でそれを、受け入れるだけ。






[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-06-28 10:10 | 日々の日記 | Comments(0)



常連のお客様から、開店祝いで頂いた「すずなりTシャツ」を着て、
デザインになった、玄関の看板の前で、記念撮影。
f0337851_1815233.jpg


エメラルドグリーンは、オレンジに続く、わたしが好きな色。
何で分かったんやろーーー??
f0337851_1815614.jpg




主人も。
f0337851_1815997.jpg



f0337851_18151351.jpg



ほんとに、嬉しいですね!
幸せやな~。

そんなこと思っていたら、フェイスブックで、こういう記事が載っていました。




~幸せってなんだっけ?~

幸せって、なるものではなくて、感じるものですね!

この「幸せ」を感じている時、脳の中では、どういう事が起こってるんでしょう?


目標を達成したり、何か欲しいものを買ったりした時には、ドーパミンと言う神経伝達物質が分泌されます。

そして、人のことを考え、その人が喜ぶ事をしてあげた時は、セロトニンやオキシトシンが分泌されます。

先のドーパミンと言うのは、コカインと同じ分子構造をしていて、グラフに表すと、一気に高い点まで、到達して、直ぐに元に戻ってしまう。

そして、またドーパミンを分泌させるには、それより強い刺激がないと分泌されますん。



一方、セロトニンやオキシトシンは、リラックス作用をもたらし、心身ともに落ち着いた、穏やかな安心感を得られ、グラフでは、なだらかに、ずっと持続します。

だから、プレゼントを貰った人より、贈った人の方が、幸せ感があるんですね!

私たちみんな、幸せになる為に、仕事をし、お金を稼ぎ、何かを達成し「何かを得たあかつきには幸せになるだろう」と考えています。
事を成すことばかりに夢中になると、成し遂げた時、その手には空しさだけが残り、幸せを後回しになります。






・・・・だそうです。

このブログの大半は、これと同じ内容を書いています。

「幸せはなるものではなく、感じるもの」

そう、脳内物質が出れば、「あ~幸せ!!」って思える自分になるんです。

だからこそ、体を健康にすることと、幸せを感じることは、関係があります。


今まで、ドーパミン論を掲げていましたが(笑)、
ドーパではなく、「セロトニン、オキシトシン論」を掲げます(笑)!!


贈り物をしてくださったK様が、もらった私たちより、何倍も幸せを感じていらっしゃるでしょう。




みんな、幸せに、なぁ~あれ♪
[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-06-24 19:30 | 日々の日記 | Comments(0)

田植え



あの、苗代がついに成長し、田植えをしました。

おとついは、常連様が手伝いに来てくださり、主人と3人で1枚の4分の1くらいを一緒に植えました。


こうやって、苗代から、稲を引っこ抜きます。
f0337851_10143970.jpg



それを、腰につけた苗袋に入れて、
2~3本をまとめて、土の中に挿します。
f0337851_10142724.jpg



主人も、単純作業が苦手ながら、手伝ってくれます。
f0337851_10185650.jpg





案外、単純作業が好きな私。
疲れなければ、ずーーーーっと、朝から晩まで、やってます、きっと(笑)。





1枚の半分はいけたかな。
f0337851_1014735.jpg





見た目は頼りないですが、
これから、成長してくれます(^^)☆
f0337851_1014575.jpg






自分たちで作った米を、自分たちで食べる。

これが、わたしの夢だったのですが、
今年、ようやく叶いそうです!!



田植えボーイ、長谷川貴士くん。
f0337851_10143537.jpg






4枚あるうちの、今年は1枚しかやっていませんが、
来年は4枚とも、田植えしてみたいので、

二人では到底無理なので、
田植えボランティアをしてくださる方は、来年お越しください(^^)。





秋の実りが楽しみです。
[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-06-23 18:30 | 日々の日記 | Comments(0)
先日はありがとうございました。
私も久し振りにお会いできて、嬉しかったです!

今も回復食頑張ってます!
やっぱり頂いた玄米はおいしいですね!
ゆっくりですが毎日食べています!

感想ですが、きっちりしたことが書けないと思いますが、

素直にすっきりしたことと、
あと今あまりお肉食べたい!っていうのがありません!

家で体重を量ってもやはり3,5キロも減っていてびっくりして、
妹にお姉ちゃんすっきりしてる!
二の腕とかも!

と言ってもらえました!

妹も休みがとれたら行きたいんやけど……とぼやいてました(笑)


まだ引っ越しで今はバタバタしていて、
精神的な変化は感じていませんが、

仕事がスタートしてからの自分が楽しみです!

少しでも楽に生きていけたらいいなぁと思います!

自分がいかに体を酷使して、疲れていたか分かりました。

ゆっくりからだの声に耳を傾けてみようと思います!

これからも週末断食や、玄米を続けていきたいと思います!
また休みがとれましたら、3日とかだけでも行きたいと思いますので、
またよろしくお願いいたします!

本当にありがとうございました!



=============================================


S様、有難うございました(^^)。

S様は、私が京都市内のアーユルヴェーダのサロンで働いていた時の担当させていただいていたお客様でした。

もう、やめて4年になるんですが、
ずっと、行きたいと思ってチャンスを伺ってくださってたそうです(笑)。

4年前の体からしたら、随分と肉質もほぐれ、体を触った感じも、良くなっている印象でしたが、
それでも、心身のお悩みがあり、それを解消しにいらしてくださいました。


セッションを3回、カウンセリングを1回付いている、6泊7日のビリーフチェンジ付き浄化療法でお申し込みでしたので、心の毒もはいていただき、未完了の感情も、完了させていただき、
何かがS様の中で変わられたと思います。

それは、表情にあらわれていました。


4年前も、
今回いらっしゃったときも、

目がつり目で、
生まれつきでそのような目だと思っていたのですが、

お帰りになられる時には、目が垂れていて、優しい表情に変わられていました。


目がつっていたのは、
ピッタ(火)のエネルギーが、過剰だったから(ピッタ過剰になると、目がつり上がって、きつい目つきになります)というのが、分かりました。


好転反応も、ピッタの反応(頭痛、吐き気)が出ていましたので、
随分ご自身で自覚のないまま、ピッタを乱されていたんだなーというのが分かりました。


感情で言うと、「怒り」。


今回のセッションでも、なかなか出せなかった怒りを出すことに挑戦していただき、
それも、目が変化した原因かもしれませんね。



今回は6泊のうち5日は断食、1日回復食でした。





またのお越しをおまちしています(^^)♪
[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-06-21 19:30 | 酵素断食・浄化療法のご感想 | Comments(0)

一輪ざしアート

最近、一輪ざしアートに「萌え」っと来てます(笑)。


小さな、小さな、一輪ざしは、
その辺の、雑草を、チョイっと挿しただけで、なんだか絵になるんです。


これは、エッセンシャルオイルが入っていた、瓶をアレンジして作った一輪ざし  ↓
f0337851_20163453.jpg





これも ↓
f0337851_20162859.jpg





他にも、すずなりのトイレや館内には、
所々に、一輪ざしがあって、
お庭に咲いている、お花や、雑草を、チョイと挿して、その空間に癒しをもたらしています。


f0337851_20163093.jpg


f0337851_20163652.jpg


f0337851_20163225.jpg





生け花も習ったことないので、適当ですけど、
適当に活けても、なんとなくかわいくなるのが、一輪ざしの良さかな(^^)♪







今日の犬たち。

お母さん、うみ ↓
f0337851_20164168.jpg




長女のお幸 ↓
f0337851_2016446.jpg



次女のお福  ↓
f0337851_20164357.jpg







今日も、なかよし☆
[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-06-20 19:30 | 日々の日記 | Comments(0)

常連のお客様が、「すずなりTシャツ」を、作ってくださいました!!
f0337851_19545847.jpg



箱を開けた時は、一瞬止まってしまって・・・・・・



で、「わーーーーー!!!(笑)」と、大声を上げてしまいました(^^;)。



なんだかね、嬉しいですよね、お客様の愛を感じました。

お友達で、Tシャツを作っているお仕事の方がいらっしゃるみたいで、

これを、デザインしてくださったのですよ。
この、すずなりの看板(主人の手作り)  ↓
f0337851_19584792.jpg



こら!お幸!!Tシャツの上に座るんじゃない!!
f0337851_19533599.jpg




ほんとうに上手にデザインしてくださって、良く出来たものです。
うん、うん・・・!!


有難うございました!!
大切にさせていただきます。





そして、昨日は主人の誕生日だったので、
お祝にナポリタンを作りました。
オーガニックトマケチャで☆
f0337851_19553776.jpg





今日は、梅酵素を仕込みました。
っていっても、梅酵素は、材料をきざまなくてもいいので、
砂糖と混ぜるだけ。
1分で終わり~
f0337851_19554028.jpg

f0337851_19554268.jpg


あとは、毎日かき混ぜるだけ。
2週間もすれば、美味しい酵素ジュースの出来上がり(^^)♪

梅酵素は、酸味が効いていて、炭酸水で割ったら、とっても美味しいのです。

出来上がりが楽しみ(^^)。
[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-06-19 20:14 | 日々の日記 | Comments(0)
自分の人生における問題を解決するためには、
被害者意識を捨てることが必要です。




被害者意識を捨てて、自己責任で問題を見ていきます。



自己責任っていう考えは、視点を変えるってことなんです。


例えば…

私の事をあの人がが粗末に扱うから、私は不幸。加害者はあの人で、私は被害者。



この物の見方は、「あの人」を変えない限り、自分は幸せになれない。





……視点を変えてみよう。




私があの人に粗末に扱わせている。
私が粗末に扱わせなければ、あの人は私を粗末に扱うことをやめる(かも)。


…どうでしょう。



心理セラピーの問題解決の方法はこういうところにあります。
そうでないと、ただ、愚痴を聞いて共感して終わるような、傾聴のカウンセリングになって、解決をおこなうことができません(傾聴のカウンセリングでも、解決に至ることはないことはないでしょうが、時間、期間がかかります)。



解決する力がクライアントさんにある。

その現実を享受している責任は、クライアント本人にある。


そういうスタンスで、問題解決をしていきます。



ならば、先程の例でいうと、
いったいクライアントのなかでは何が起こっているのでしょう?



粗末に扱われたくないと、表面意識では思っていても、
無意識の領域では、「私は粗末に扱われるような人間です」という、自己評価の低さがその問題を引き起こしているのかもしれないし、

嫌だといいながら、粗末にあ使われた時に、
「イヤ」ときちんと自己主張できないのかも知れないことが原因かもしれないし、

深いところで、粗末に扱われることに、懐かしさを感じている(幼少期の記憶)のかも知れない。


なんにつけ、自分がその現象を招いているとしたら、


あなたなら、自分の何を、どのように変えますか?






私はこの視点を持つようになってから、ずいぶん問題解決をしてきました。

今では、数年前と、すっかり自分の周りが変わりました。


ストレスフルな毎日で、そこにも、ここにも、平和や愛がなく、
焦りや苛立たしさ、思い通りに行かないストレスと、人に対する批判。


自分が享受する現実は、すべては自分の自己責任であって、
今、享受している現実を変えたかったら、「自分の何を変えますか?」を、
ひたすら自分に問いかけ、
この現実を招いてしまう、潜在意識をお掃除しました。



ただ、それだけです。



今では、私の周りには、愛があり、平和があり、調和があります。
いつも安心感と、満たされた気持ちを持って、毎日がいとおしく大切に感じます。




あなたが、何かを問題と感じた時、それを変える力はあなたの中にあります。



あなたは、その問題を解決するために、「自分の何を変えますか?」













[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-06-18 19:30 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)
f0337851_21472124.jpg





かおるさん

こんにちは。
かおるさんのブログ、どんどんパワーアップしてますねぇ。
そうだなぁぁぁ、としみじみ思うこと満載です。

さて、久しぶりの一汁一菜。
なにせ、作るのが久しぶり。

おにぎりと味噌汁か、オールインワンのスープばかり食べていました。

でも、見た目の満足も大事だと、ここで立て直します。

ご飯は白米ですが…。

おかずはアスパラガスとトマトをオリーブオイルで炒めて、塩で。このトマト、おいしいんですよ~。

味噌汁はなめこです。三つ葉でもあれば、バランスがきれいになったかな。

白米がなくなったら、玄米とハトムギをいただきまーす。

これからの暑い時季も元気に過ごしましょー。
ではでは~。





**************************************


T様有難うございました(^^)。


暑いこの季節、さっぱりとして、食が進みそうな一汁一菜の投稿でした!

ブログいつも読んでくださって、有難うございます。

パワーアップ??してるのかどうか、分かりませんが、最近好き勝手書いてます(笑)。


なめこ汁が、美味しそうですねー(*^^*)♪

私も、暑くなると、白米が食べたくなって、よく炊くようになりますね。
もしくは、素麺などの麺類が増えますかねー。

T様、有り難うござます!







[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-06-17 19:30 | くらぶ一汁一菜 | Comments(0)

自己一致と自己不信感

自分に素直になる。

このことだけは、皆さん、人生の中で、やってください。
絶対、人生うまく行きます。

死ぬ時のこと、考えてみてくださいよ。

死ぬ直前に、「自分の気持ちに素直に生きて来れなかった。素直に生きて傷付くのも嫌だし、いろんな人の顔色や、世間体や、こうあらねばならない・・にがんじがらめで、自分の気持ちを一切汲み取って生きて来れなかった!」

って、思って死ぬの、イヤですやん(^^;)。

で、自分にウソをついていると、他人にはばれなくても(まぁ、ばれてる事が多いんですけどね)、
自分は知っているんです。
自分の中に神様がいるんです。その神様は、何でもお見通しです。

素直に行動できなかった。
素直に言葉に出せなかった。

これは、外からは見破られなくても、自分は常に知ってます。
自分にウソをついていることを。

「本当は奥さんと仲良くしたい」
「本当は彼氏と仲良くしたい」

「でも、甘えてくれないから、腹が立つんですよね。腹が立つから、優しくなれないんです。」

そうおっしゃる方がいました。

本音は「仲良くしたい」。
それを言えば良いんです。


めちゃ、シンプル。

じゃあ、「仲良くしたい」と、伝えたことはあるのでしょうかね?
プライドが邪魔して、言えなかったりします。

そうして、月日が経って、ある日、人間は、いつか死にます。

本当の自分の心をだましたまま。






・・・ね、なんだか、そう考えると、プライドとか、意地とか、ひねくれとか、馬鹿らしいじゃないですか。

自分の本当に欲しいものを、
例えば、愛している人に、愛していると伝えて、愛を分かち合う・・・そういう満たされたいという気持ちを、自分ちゃんに味あわせてあげないまま、無念だけを残して、死んでいかなきゃいけないなんて。


「わかっちゃいるんですよ、でも出来ないんです」


はいはい、よーく解ります。

それは、今の、まぎれも無い本当のことでしょう。
だからと言って、そのままでも良いのでしょうか???


「自分は自分の心に素直になれていません」

そう、見たくない事実に直面して、受け容れるだけでも、随分と楽になりますよ。


人間は、
「思ったこと」と「言葉」と「行動」が一致して、はじめて物事がうまく行きます。
そこには、摩擦は無く、自己不信もなく、自分への信頼感が芽生えます。

しかし、
「思ったこと」と違う「言葉の表現」をして、「違う行動」を取れば、
そこには、「自己不信感」が芽生えます。それは、摩擦を生み、物事がうまく行かないような流れをつくります。
なぜなら、自分の心が知っているからです。人にはばれなくても、自分は全てを知っているのです。

その「自己不信感」が、人生を作ります。



傷付くのが怖いから、
自分から、悪いと思っても謝れない、
愛している人に、愛していると伝えられない、
やりたいことがやれない、
大切にしてほしいのに、負けたようで言えない・・・


人間って、やっかいですよね(^^;)。



自分の気持ちに素直になれないあなた。
人生もったいないと思ったら、
素直になれない原因を特定して、取り除くことが出来る、ビリーフチェンジセラピーを受けてみてください。


おおまかですけど、
幼少期に、素直に表現したことで、プラスの報酬が得られなかった(愛されなかった)ことで、
素直になることを、避けるようになった、という事が原因の一つとしてあります。

また、親が、心で思っていることと、やっていること、言っていることが違う人だった。
これは、子どもが見て、親の姿勢を学びます。

いずれにしろ、ビリーフを解除すると、
素直さが出てきて、「自己一致」して、とっても気持ちがいいですよ(^^)。


自己一致すると、自分が一番気持ちいいのです。
モヤモヤとした未完了の思いがないので、摩擦がなく、スムーズなんです。

例え素直になって、失敗したとしても、
素直になって、受け容れてもらえなかったとしても、
自分にウソをつかない、素直に行動できたことを、誇りに思えます。

そうやって、素直に行動していると、
本当に望んだ人生になっていることを、何年後かに、ハッと気付きます。

だって、
あなたがウソをついて嫌だけど無理やり笑顔でしたがってきたようなことも、
自分の人生からなくなるわけだし、
自分を粗末にする人と、一緒にいる必要もないし、
自分が理不尽だと感じることと、関わることもなくなるんです。人生から。

ウソをつかないと保てなかった人間関係は、
あなたが素直になったことで、関係が変わります。
もっと良くなるか、もしくは、自分の人生からその人が消えていなくなるか(お別れが来るか)。

いずれにしろ、
自分の心が変わったことで、見える景色が変わってくるんです。


f0337851_15253958.jpg

[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-06-15 19:30 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)

「虚像を脱ぐ」

自分以外を否定して、外に理想の自分を掲げて、そこに近付こうとすることは、自分を苦しめます。

まず、気づいてください。

あるがままのあなたがどれ程素晴らしい、唯一無二な存在かということを。

今の自分に納得がいっていなくて、変わりたいと思っている人。

あなたは、「こんな人みたいになりたい」と、外に理想の誰かを見て、その人やそのイメージに近付こうとする。

これは、もし、そのような人になれたとしても、
新しい仮面を付けていくことになり、苦しみを増します。

私たちが進化していくなかでやらなくてはいけないことは、
理想の誰かになろうとするのではなく、
理想のイメージに近付こうとするのではなく、

今のあなたから、余計な仮面や、鎧を外して、降ろしてもらい、

より「自分らしく」なることなんです。

「本当の自分に帰」ることなんです。

よく、「長谷川さんみたいになりたい、それが私の目標です!!」
なんて言っていただくんですが、
私はその人の中に、その人らしくなったときに、どれだけ輝いて素晴らしいか…が見えるので、私を目指したり、目標にしないでくださいと、お伝えしています。

その人が、本当の自分に帰ったら、誰とくらべるまでもなく、
オンリーワンで素晴らしいんです。

私は私で輝いて、長谷川郁としての個性やユニークな、唯一無二な存在として、素晴らしいと思うし、オンリーワンなんです。

で、あなたは、あなたとして輝いて、世界でたった一人の、唯一無二のユニークな存在であって、オンリーワンで素晴らしいのです。

何か着ぐるみを着ているから、自分に違和感を持ってしまって、
そして、その違和感をなくしたいがために、別の着ぐるみを着ようとするんです。

…それでは、嘘に嘘を重ねているだけで、まったく楽にはなれません。

やることは一つ。

虚像である着ぐるみを脱ぐこと。



SMAP、槇原の歌で「世界でたったひとつの花」だったっけ?
そんな歌ありましたよね。

あれって、そういう歌なんです。

チューリップはチューリップとして、素晴らしく、
バラはバラとして素晴らしい。

でも、どこかで間違っちゃったんですよね。

チューリップが、チューリップとして咲いていたら、
誰かが「チューリップってダメよね~、やっぱバラじゃなきゃ。」と
話しているのを聞いてしまいました。

そして、親も「何でお前はバラみたいになれないのかね~」と、
チューリップの素晴らしさを愛でるよりも、バラを愛しているんです。

ここで子供は危機を感じます。

「両親に嫌われないように、愛されるために、チューリップではダメなんだ」と。

長年、チューリップは、バラの着ぐるみを着て、
バラの様に降るまい、周りに愛されようと、認められようと頑張ってきて、
本当の自分を忘れてしまいました。

自分がチューリップであることも忘れ、自分を見失い、より愛されるために、
「バラよりもっと素晴らしいあの悟ったような蓮の花になりたい」などと、目標をたてて、そこに目線を向け始めます。

そして、チューリップであることがどんなに素晴らしく、美しく、素敵で、尊いことであるかを忘れていくのです。

ビリーフチェンジセラピーでは、その人が楽になる方向へセラピーしていきます。

今の自分をやめて、バラになれる方向には、
すみませんが持っていくことはできません。

それより、チューリップはチューリップでいい、
その事があなたに深い癒しをもたらし、バラの着ぐるみを脱いで、
仮面や鎧を外したあなたが、どれ程素晴らしく、パワーを持つかに気づいてもらいます。

違った誰かに、理想の誰かを目指している間は、
その奥に自分への否定があることに気づいてください。

「長谷川さんみたいになりたいわー」と言われると、
「え??なんで?!私みたいになったら、○○さん、輝かへんやん。○○さんの良いところなくなるやん!!」と、思ってしまいます。

私がイキイキして見えるのは、私が私自身の良いところも悪いところも引っくるめて、全肯定しているから、ストレスがないからなんです。

だから、言いたいことも言うし、やりたいこともやる。
はっきりした性格でしょうし、でも、うじうじしたところもある。

○○さんが本当の自分に帰ったら、私とはまた全く違うキャラになるはずなんです。
奥ゆかしさがその方の素晴らしいとこでもあるかもしれないし、
私に憧れて、ズバズバ物言うようになったら、
その人らしくはないかも知れないんです。

本当の自分って、自然で、ストレスがないんです。

演じてないし、どこにも目標を持っていないから。

チューリップはチューリップで素晴らしく、バラはバラで素晴らしい。

この世に、何千、何万種類と花があって、それぞれ比べる事ができないくらい個性的で、どの花も美しい…………人も一緒ですよね☆



やるべきことは、自分の素晴らしさに気づくこと。

虚像をぶっ壊すこと。

古い自分を壊したら、自然と新しい自分が中から芽生えてくるんです。


これこそが自然のダルマ(自然の摂理、宇宙の流れ)であって、
自分で外に目標を持って、定めて向かう方向ではないんです。



素晴らしい自分になるって、「狙って」できることではないんですよね。


狙わないで、とにかく今の自分の着ている着ぐるみを壊して脱ぐこと。
それをやったら、自然と次の流れがでてきたり、
自然な自分になっていく。

その「自然な自分」が、輝いて素晴らしい、そして力を蓄えた自分なんです。


「狙えない」ってのが、みそです。


















[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-06-15 19:30 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)