セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

昨日は一日、田んぼ作業でした。

中古で買った耕運機です。
f0337851_18463634.jpg


初めて、倉庫から出して、運転です。
f0337851_18463870.jpg


主人は、熊本県で、自然農をされている方のところで、
勉強させていただいていた期間があったので、
耕運機も説明書なしで、運転します。
すごいな~
f0337851_18464091.jpg


すずなりの、すぐとなりに、借りている田んぼがあります。

今日は、肥料の鶏フンを、土に混ぜて、土作りです。
f0337851_18464668.jpg


鶏のウンチっていっても、そんなに臭く無く、見た目も触った感じも、土みたい。
f0337851_18464769.jpg



鶏フンを手で撒いて
f0337851_18464931.jpg
f0337851_1846522.jpg





その上に耕運機を走らせ、土に混ぜ込みます。
私もちょっとだけお手伝い。
f0337851_18464290.jpg



f0337851_18464425.jpg



田んぼの草刈りを終えたあと、
苗代を作りました。

f0337851_1847069.jpg



この、真ん中のところに、水に1週間程浸けて、発芽した玄米を、埋めて、ここで苗を育てます。


普通は、米作るって言ったら、苗箱を買うんです。こういうの。
f0337851_18582364.jpg



それを買わずに、一からこれ↑を作るんです。

昔の人は、それをやってたんですよねー。



半分は農業、半分は自分の使命(仕事、生き方)をする、「半農半X」(エックスは、方程式のエックスで、自分の仕事や使命、生き方を入れるんだそうです)というのを、啓蒙している人がいます。

こういう本出しています。
f0337851_1992332.jpg



この本、私も買ったんです。

街で朝から晩まで、働き詰めで、
忙しすぎて、自分の食べるものも適当になって、
せっかくマクロビオティックを勉強したのに、コンビニやスーパーのお惣菜ばっかりで、
玄米を炊く心の余裕もなかった。

そんな時に、この本に出会って、

こんな風に、私も、半分農業、半分は自分の好きなことをやって、
もっと、自由に生きて行きたい・・・って、思ったもんです。

何のつてもないので、そんなの、夢のまた、夢・・・と思ってました。


でも、今日、主人と二人で、田んぼで作業しているときに、


「あ・・・夢叶ってる」

と、気付いたんです。


まだ、農業ってもんでもないですが(田んぼを耕しただけですし)
これから、自分たちで食べる米は、自分たちで作って、
お野菜も作りたい。
豆を植えて、味噌くらい、自分たちで作りたい。


そんな、命や食べ物を大切にした、生き方を、夢見ていました。


自分が、命や身体や生き方を大切にしていなければ、
アーユルヴェーダを学んでも、絵空事なんです。

アーユルヴェーダや、東洋医学、マクロビオティックを学んで、
それを実践できる生き方をずっとしたかった。


街での忙しくて自分の体も心も、ケア出来ないようなセラピストをやっていた時に、
ひしひしと、自分の理想と現実のギャップを感じていました。
自分がやっていること(仕事のために自分のことを犠牲にしていた生き方)と、
自分の理想(自然な生き方。体も心も大切にして心豊かに生きて生きたいという理想)がかけ離れていて、生きるのが苦しかった。


4年前、勇気を持って、会社を辞め、
主人と結婚した決断ができた私を、今ほめてあげたい。

その時の決断が、
今、実っていますと、過去の自分に伝えてあげたい。
決断してくれて、有難うって。


本当に、うれしくて。




あと、すずなりの開店祝いに、主人の昔からのお友達が、
オーダーメイドの湯飲みをプレゼントしてくださいました。
f0337851_18465797.jpg

f0337851_18465968.jpg


「すずなり」の屋号入り。

めちゃくちゃ、可愛いんです(^^)。

全部で8個あるんですが、全部模様が違って。


有難うございました(^^)。


なんだか、心が豊かになった一日でした。
[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-04-30 19:30 | 日々の日記 | Comments(0)
今回、久しぶり(4か月ぶり)に断食をしてみて、

「やっぱり、断食って、いいな~~~!」と思った訳ですが、

何がいいのか、何が私にとって、良かったと思わせるのか、
それについて、投稿してみたいと思います。

みなさん、「自分の中心に繋がる」と聞いて、どんな感覚だとイメージしますか??

「自分の中心って何だろう?」
中心って、どこにあるんだろう?」って、考えると思います。

私の感じる自分の中心って、「丹田」なんです。

「丹田」とは、お臍の指三本下辺りにある、気が満ちてくる場所と言われています。

大まかに、「子宮のあたり」とイメージしていただけたらいいと思います。

「腹を据える」とか、
「腹で考える」と言われているのは、
丹田のことだと思います。

頭に血がのぼって、「気」が頭に行っている時、
カァー!!となっているときは、
判断も見誤るし、余計な事まで言ってしまったり、やってしまったりします。



そわそわしている時も、丹田から気が抜けて、
頭や肩など、上部に気が巡り、
正しい判断が出来なくなっています。


冷静ではない状態ですよね。


腹が据わってる人って、
丹田に気が満ちていて、常に丹田(自分の中心)と繋がっている人です。

自分の中心と繋がると、何が良いかというと、

余計な思考(頭のおしゃべり)が、なくなる気がします。

心が静寂になって、
静かな至福感や、
しみじみとした、豊かな気持ちが、内側からわき出てきます。


なんだか、そんな感覚を感じられた3日断食でした。



いつも、お客様にも言ってますが、

心と体は繋がっている(というか、一緒)なので、
身体を浄化してあげると、心も浄化されます。

心を浄化してあげると、身体も浄化されます。


豊かさも、至福(幸せ感)も、
自分の中にあるのだな~と、改めて気付きました。


あ、わたし、豊かだ・・・って。


その、豊かな心で、生きて行きたいです。
せっかく、一度きりの人生ですから。


もっと、自分の中の豊かさを、育てていきたい。

豊かさって、幸せもそうですが、
それに「気付ける」心の感性なんです。

どんな環境でも、豊かさを見つけることはできます。




あなたは、今日は、どんなことに、豊かさを感じましたか?
[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-04-29 19:30 | 断食 | Comments(0)

回復食1日目


昨日は、断食3日目にも関わらず、めい一杯動いてしまいました(^^;)。

みなさんは、やらないでくださいね。

3日も断食していると、身体は休息モードに入ります。

代謝が落ちて、身体を休息させて、内側から治す力(自然治癒力)が働くようになります。

ですので、断食中は、おとなしくして、静かに過ごすことをおすすめしています。

できるだけ、交感神経が刺激されない状態を保っていただいて、
身体の知性が、働きたい様に働ける環境を、作ってあげるのが、
断食の効果を出すのに、良い過ごし方です。


・・・と、お客様には説明しているのですが、
天気が良くって、気持ちよかったので、田んぼの水路掘りをしてきました。

f0337851_2055972.jpg


ここが、私たちが借りている田んぼです。すずなりのすぐ隣。
f0337851_20551172.jpg


2反程あります。

今年は、全部稲を植える時間も気力もないので、少しだけ田植えしますが、
来年は、2反、全部に稲を植えれたらうれしいね・・・と、主人とお話しました。

きれいだろうな~。


水路を掘りながら、野草を発見。

いたどり ↓
f0337851_20551667.jpg


ふき  ↓
f0337851_20551420.jpg


すぎな  ↓
f0337851_2114529.jpg


いたどりは、酵素ジュースに。
ふきは、佃煮に。
すぎなは、干して、スギナ茶に。



そして、今日はご近所さんに、ヨモギ餅とタケノコをいただきました。
f0337851_20552112.jpg

f0337851_20552344.jpg




回復食1日目なので、ヨモギ餅も、タケノコも、食べれませ~ん!!

回復食明けに、頂きます(楽しみ)。


回復食は、7号食で1週間、やってみたいと思います(^^)。


今回の3日断食を振り返って。
3日間、全然辛く無かったですね。

身体が、春になって、ゆるみたがっていたんだな~って、感じました。

身体が、断食を、喜んでるのが、感じられました。

表情が柔らかくなった気がします。
お肌も、きめが細かくなりますね、毎回思いますが。

アラフォーの身体ですから、
メンテナンスは必要ですね(^^)♪
[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-04-28 19:30 | 断食 | Comments(0)

酵素断食3日目

4月25日からスタートした「酵素ジュース断食」。

もちろん、酵素ジュースは、すずなり手作りの、酵母が生きている酵素ジュースです。

中身は、「ショウガ・グレープフルーツ・ネーブル・柚子(果汁)」です。

ここに、最近はまっているのは、「レモンの精油」を入れて飲むことです。
味に、ぐっと深みが出て、リラックス度が増します(^^)。

ホット酵素も、酵母菌は死にますが、冷たいのに飽きてきたり、身体が冷えたな~と感じる時は、
たまに楽しんでます(^^)。


正月断食を、イベントの時に、お客様と一緒にやったきりで、
しばらく断食から離れていました。

引っ越しやら、新規オープンやらで、断食に向かうテンションがなかったのと、
あんまり、身体からも「断食してくれ~」的な、メッセージも無かったので、
そろそろしたいな~、でも、まだいいか・・・・。
みたいな感じでした。

が。

しかし。

25日は、め~~~~っちゃ、暑かったんです!!!


f0337851_20471557.jpg



外の作業をしていたら、

「もう、無理!!」

って、身体が訴えてきました(笑)。

ピッタ(火)のエネルギーが、グ~~~ンと、バロメーターを切ったのを、身体で感じたので、

「こりゃいかん、断食だ・・・!!」

と、急きょ、主人に、

「今日からプチ断食入ります」と宣言して、

1日断食で終えるつもりだったんですが、やりはじめると何やら良い感じ・・・。
(いっつもそうで、結局長い断食に入ってしまうのですが)

身体はもちろん楽になるけど、
心も落ち着いて、内側からわき出てくるんですね~。
豊かな気持ちや、愛情や、そんなもん。



「あ~~、忘れてた、この感覚。やっぱ、断食はいいな~~♪」



と、平和な気持ちになりました☆



今回の断食は、好転反応もほとんど出ず、
少し、3日目の今日、肩コリが浮き上がってる感じもあります。

が、そういう時は、お助けグッズ。


ペパーミントと、ウィンターグリーンの精油を、3滴ずつ合計6滴、
手のひらに落として、混ぜて、肩凝ってるところに塗り塗りします。

f0337851_20481539.jpg



ペパーミントは鎮痛効果があります。ウィンターグリーンも、湿布薬に使われている植物だそうです。

肩コリ、頭痛、腹痛・・・何でも使えるので、我が家では薬いらず。

自然な方法で、身体にも負担をかけずに、症状に対応します。


そう言えば、生理痛の時に、マクロビお手当のショウガシップに随分お世話になったな~と、
思いだしました。

20代中ごろまで、生理痛がきつくて、
鎮痛剤は手放せませんでした。

マクロビ始めてから、薬はほとんど飲まない生活になりましたが、
不快な症状が出た時に、自然療法のお手当法に、ずいぶん助けてもらいました。


ショウガシップも、効くんですが、したいときに、ショウガがなかったり、
すりおろす気力もない時は、ほんとに、精油は助かります。

前回の生理の時は、うっすらですが、腹痛があったので、
ペパーミントとウィンターグリーンにお世話になりました。

自然な感じで優しく効きますよ(^^)。


頭痛には、ペパーミントとラベンダーを1滴ずつ混ぜて、こめかみに塗ったりするのも、効果ありです。



ちなみに、直に塗っていい精油は、そんなに日本では販売されていませんので、
注意して使ってくださいね(^^)。
[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-04-27 12:42 | 断食 | Comments(2)
この度は大変お世話になりました。
浄化、という言葉が体感できた4泊5日でした。
いただいた玄米おにぎり(2個め)を先ほどいただきましたが、
今のところ空腹に襲われることもなく、過ごしております。

帰り途、不思議なことがありました。
昼過ぎに岡山にたどり着いたのですが、
京都駅で調べたところ、岡山駅についてから自宅方面行のバスまで1時間…(笑)
それに気づいたとき、ものすごく自然に、帰りに元職場に寄ってみよう!と思いました。

実は、退職後、車で近くを通る時すら元職場を見ないコースを選んでいました。
会いたかった退職当時の上司は残念ながらお休みでしたが、元上司(就職当時の上司)とも会い、
「元気そうで安心した」と言ってもらえて、もう一つ元気が出ました。
死にそうな顔で辞めていった元部下が突然お肌ツヤツヤで登場したのにはかなり驚いていましたが…(笑)

自宅に戻ってからは、酵素ジュースと断食に興味津々の家族とワイワイと話し、
友人とも材料を集めて近日酵素ジュース作りに勤しむことになりました。
私が調子を崩して以来、家族や友人との集まりを楽しみに感じることがなかったのですが、
何の材料を用意しようか、どのくらい作ろうかと、楽しみに準備の事を考えられるのが嬉しいです。

あっという間の5日間でしたが、
ちっちゃい〇〇ちゃん(ご自身の下の名前)と出会えたこと、
気持ちから動きたくなるまでごろごろできたこと、
本当に感謝しております。ありがとうございました。

せっかくかなり身軽に(体重ではなく)なれたので、少なくともこれを維持できるように、
ちっちゃい〇〇ちゃんと仲良く頑張っていこうと思います。

またいろいろとご相談させていただくようになると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
取り急ぎ、帰宅後の状況報告とお礼まで。




============================================

N様、ご感想有難うございます。

N様は、長年ハードワークで心身共に限界まで達してしまった過去をお持ちです。
お仕事を辞めて、ご自身の療養に今回お越しくださいました。

体力、生命力の強い体質をされているN様ですので、
持ち前の持久力で、じっくりお体も治されることと思います。

このたびは、遠方から、お越しくださり、有難うございました。
[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-04-26 15:19 | 酵素断食・浄化療法のご感想 | Comments(0)

今日、オーダーポストを作っていただくために、
木工職人さんの<a href="http://www.tsumiki.net/" target="_blank">「つみ木家具店」</a>さんに、来ていただきました。

「無垢の木と天然塗料でつくる家具の店」というコンセプトで、
釘を一切使わず、ひとつひとつ、丁寧に、手作りでこだわって作品を作られます。

b0207632_221498.jpg

<a href="http://www.tsumiki.net/about.html" target="_blank">お二人のプロフィール</a>


実は、うちの姉の子供(甥っ子)が、小学校に上がるときに、記念に机を作ってもらった、木工職人さんなんです。

つみ木さんのHPにも、
「はるくんの机」として、うちの甥っ子が出てます ↓

b0207632_2247763.jpg

実際、オーダーメイドで作ってもらった、机がこれだそうです ↓

b0207632_22501017.jpg


「すずなりオープン祝いに、何か贈りたいけど、何が良い??」

と、姉。


何がいいかな~・・・と考えていた時に、思いついたのがポスト。

姉は、昔、グラフィックデザイナーをしていただけのことはあって、
デザインや素材に関するセンスは抜群です。

決して変なものを贈ってくるとは考えられなかったので、
姉のセンスで、ポストを選んでもらおう!!と思ったのです。


姉に、

「ポストがいい!!」


と、伝えると、何日後かに、

「机作ってもらった職人さんが、あんたの近くに住んでいるんや。その人にお願いしておいたから、連絡くると思うわ」


と。


で、今日わざわざ、お越し下さって、
「どんなのがいいのか」
「どこに置くのか」
「家の雰囲気とのバランス」

などを、こと細かに聞いて見て、してくださりました。

さすが、本気の職人さん。


姉に、「直接、家に行って、建物の雰囲気とか設置場所とか見に行かれると思うので」

と言われた時に、

「え?そんな丁寧にしてくれはるんや・・・」と言ったら、

「プロフェッショナルとはそういうものですわ(笑)」

と、笑われた(笑)。


近々、テレビにも出るそうで、密着取材を受けていらっしゃって、
ご多忙の中、来てくださりました。


そして、こんなお土産もいただきました。

b0207632_21582694.jpg

名前は「これだけシカ」

シカ肉のジャーキーです(犬用)。

こんなの  ↓

b0207632_2158439.jpg

7頭の鹿を解体したそうです。
田舎では、結構皆さんやるみたいですが、
わたしは怖くてできません(^^;)。


手作りシカ肉ジャーキーを、さっそく犬たちに食べさせてみました。

b0207632_21583280.jpg

大喜び♪
でしたよ!


さぁ、どんなオーダーメイドポストが出来上がるか、楽しみです♪


すずなりは、そこらに花が咲き始めて、庭が色鮮やかです。

b0207632_2158304.jpg

b0207632_21584944.jpg

ラビン(猫)のお墓にも、黄色い花が咲いていて、うれしくなりました ↓
b0207632_21583650.jpg













[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-04-24 09:02 | 日々の日記 | Comments(0)

昨日に引き続き、健康ネタで・・・(笑)。

こんにちは、長谷川郁です(^^)。

タイトル、「胃が悪い人は、顔がたるみやすいので注意」
についてですが、30代以上の女性は、「ドキ」っとされた方も多いかも知れません。


このことについて書こうと思ったのは、
私、最近、顔が上がって来てるんです(笑)。
29歳、30歳頃が、一番顔がたるんで、「ほうれいせん」ってやつが初めて出来て、ショックを感じた年齢でした。

その頃からに比べて、今年5月で39歳ですけど、
10年前より、たるみがなくなって、ほうれい線も、全く無いわけではないですが、
気にならない程度になってます。


ちなみに、ほうれい線って、ここのしわのことです  ↓

b0207632_22493369.jpg

頬がたるむと、その重力で出来てしまう、鼻から口にかけて両脇にできる「シワ」のことです。


これね、あるのと、ないのとでは、全然顔の印象も違うし、
あるだけで老けて見えるし、ないだけで10歳若く見えます。

美顔のエステのお店で働いていた時も、
これを、リンパマッサージでリフトアップさせたり、
コラーゲンを増やす美容液を買ってもらって、しわをふっくらさせたり、

ようは、外からの何かしらのアプローチで、たるみをとって、しわを伸ばす・・・ということをやってきたわけです。

なので、今でもリフトアップのフェイスマッサージは得意です。

で、自分の顔でも、試してきましたが、

やはり、根本解決にはならないので、
高い美容液を買い続けないといけないし、
毎日フェイスマッサージも欠かせないし、
やめると、徐々に元に戻るんですね(^^;)。


で、私は何でもですが、「根本解決」が好きで、
たるみを東洋医学的には、なぜ起こって、どうすれば治るのか?を勉強&研究したのです。


ちなみに、肌がたるむ「内臓の状態」を治して行くので、エステや美容整形のように、すぐに結果はでません。
ですが、内臓の状態が良くなることで得られる恩恵は、お顔のたるみがなくなるだけではないことは、皆さんも想像がつくと思います。


今から思えば、その絶好調にたるんでいた時、無茶苦茶なダイエットしてましたね(^^;)。
それで、胃が極端に悪くなり、不規則な生活と、膨大なストレスで、肝臓・腎臓も弱らせていました。

マクロビ初めて、一時健康になっていたのに、
変なダイエットをまたやり始めたという、わけが分からない時期でしたね(笑)。


胃が悪くなると、肌自体が「たるんたるん」になってきます。
弾力のない、おばあちゃんのような、薄くてコラーゲン層のないお肌。
イメージできますか?

赤ちゃんの肌って、意外と固いんですよね。
フワフワ、柔らかいかと思いきや、弾力があって、ゴムみたいに押すと戻される感じで。

でも、歳をとると、水分の補充率も下がりますし、コラーゲンがブチブチに切れて、弾力がなくなってきます。

胃が悪いと、まず、栄養を吸収できません。
お肌を作っているのは、もちろん私たちが食べているものです。
それを、消化、吸収し、小腸で血液に変換され、肝臓で調整されます。

ベジタリアンでも、タンパク質を身体で作れます。
その科学返還をしてくれているのが、腸や肝臓と言われています。

その臓器も悪くなれば、
健康な血液が、お肌の細胞に届くことがなくなり、
健康な肌細胞がつくられなくなってしまいます。


もう一つ、胃の悪い人は、筋肉が細い人が多いですね。
身体の筋肉もそうですが、表情筋も細くて弱くて、顔をリフトアップする力が無くなってくるんです。


そして、その行き着く先が、老化肌。


お顔の老けは、内臓の老けです。

内臓が若返れば、お顔自体も若返ります。

そして、お顔と脳は関係性があるので、
脳の状態がストレスフルだと、お顔が老けます。
脳の状態が幸せ物質出せるような健康な状態だと、お顔も年齢より若く見えます。


アンチエイジングって流行ってますけど、
何か特別なことをするより、
自分の体や心の面倒をみてあげて、まずは自然な状態を作ってあげることだと思います。

ストレス過剰なら、ゆっくり休んであげる。
冷え症なら、温めてあげる。
栄養不足なら、良質の栄養を摂ってあげる。
栄養過多なら、断食などして余分なものを排泄させる。
運動不足なら、運動してあげる。
運動し過ぎなら、身体を休める。


そうしたら、身体も自然な形に戻って行きます。

私がしたことって、とにかく断食をしまくって、胃腸の調子や肝臓などの内臓全般が良くなったこと、
玄米を始め、オーガニックライフを続けたこと、
無理をしなくなったこと
良質の睡眠を沢山とること(←これ、重要!!)
ビリーフチェンジセラピーで、根深いストレスを解放したこと・・・


などでしょうか。


それでも、たるみをとることを目的にやったんではなく、
自分の人生をよりよく生きたい、楽しく生きたい、満足して生きたい・・・って思いで続けてきたことばかりです。

気が付いたら、10年前よりも、しわが薄くなって、たるみがなくなって、元気な顔になっていた(^^)。


そんな感じでしょうか。


日々、オイルマッサージで、お客様の裸と接してますから、
分かることですが、

アーユルヴェーダでいう、「ヴァータ(風)」体質の人は、胃が悪くて、肌が乾燥します。
ついでに、先程申したように、皮膚が薄くなり、筋肉が細くなり、たるみやすいです。

私、ヴァータ気味だわ・・・と思われる方、
ヴァータ(風)を抑えることで、たるみを改善できるかもしれませんよ。

<a href="http://ayabelife.exblog.jp/18075008/" target="_blank">「それぞれの体質、風・火・水体質について」</a>


胃を大切にね♪





[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-04-15 09:04 | 日々の日記 | Comments(0)

b0207632_19401567.jpg


みなさま、こんにちは!
ダイエットオタク、ダイエットジプシーを経て、今は健康的にベスト体重を維持している長谷川郁です(^^)。

みなさん、やせたいな~って思ったら、上の写真みたいな野菜サラダ中心のお食事にしたりしません?


私は、小学生の時から、ずーっとポッチャリさんでした。

今思えば、カパ(水)体質ですので、ぽっちゃりしていて当然だし、それが体質で、個性・・・と、認められるんですが、多感な時期、自分の脚が太くて、ミニスカートはけないこととか、めっちゃ気にしてましたね(^^;)。

そうそう、私がダイエット始めたのは、中2の時からです。

母に相談したら、「グレープフルーツダイエットってのがあるよ」
と教えてくれて、

生まれて初めてやった食事制限が、「グレープフルーツダイエット」だったように記憶しています。


あまり詳細は覚えてないのですが、
とにかく1週間から2週間、毎日グレープフルーツとゆで卵を食べる。
たまに、食パンとか、脂を落とした、鶏肉を食べてもオッケー。


これ、すごいんですよ。
めっちゃ、体重落ちます。

ぽっちゃりしていながら、肉質も固かったので、
なかなか落ちなかった私の脂肪も、
げっそりと、落ちました。


ただですね・・・リバウンドが半端ない(笑)。

結局、5キロくらい落ちたと思うんですが、
また、8キロくらい太って、ダイエットしても意味が無い。


その時、リバウンドの原理や、人間の体のことについて、一切無知だった私は、
根性で、ダイエット後に食べたくなる、ケーキや白ごはんを、ガマンしたらいいんだ、そうすれば、
落ちた体重を維持できるではないか・・・・と思った訳です(^^;)。


自分で言うのもなんですが、なかなか昔から根性だけはあった子どもだったので、
その意志の強さで、空腹をガマンし、落ちた体重を維持させようと、
2回目のグレープフルーツダイエットでは、その後の食事を頑張りました。

ごはんを減らし、
とにかく、「野菜!野菜!」と母に言って、サラダばっかり、お鍋の白菜ばっかり。

でもですよ、バスケットボールクラブに入部していたので、
糖分取らずにはいられませんよね。
もの凄い運動量ですから。

身体ももちろん欲しがります。

そうすると、あまーいお菓子に走るわけです(身体の機能からしたら、生命維持のために、当たり前のことを自然とやってくれてます。本当に、体ちゃんに感謝です・・・今思えば)。

で、そんな自分に「根性ないな!!」と、嫌になり、
また、野菜サラダの生活を頑張ると、決意する・・・これの繰り返しを大人になって(27歳)マクロビオティックに出会うまで、ループしてましたね(笑)。


私の頭の中は、
○炭水化物は太る。
○野菜や、こんにゃく、海藻は、山ほど食べてもオッケー。なぜなら、低カロリーだから。
○砂糖もダメ、油もダメ、太るから。
○でも、タンパク質をとらないと代謝が下がるから、鶏肉のササミ、低脂肪牛乳は毎日食べる。

こんな感じでした。


今、お客様の体を触ると、何を偏って食べて、こういう肉質になるのか、
こういう肌質になるのか、
こういう身体の症状が出ているのか?

が、分かります。

それは、ダイエットジプシーをして、自分の体で実験をしてきて、マクロビオティックを学んで、自分の体で、また実験して、どのように肉質が変化して、どのように感情面に作用するか、分かるようになったからです。


上記の私なりの食べ物の規制をして、どうだったかというと、
身体は冷え症になり、
やせたり太ったりを繰り返し、
情緒不安定、
生理痛がひどくて、
風邪を季節の変わり目ごとに引いていました。
生理も止まりましたね。ホルモン剤治療をしていた時もありましたが、副作用がキツ過ぎて、3か月で止めました。


炭水化物大好きな私(特に白ごはん!)にとって、これを止めるのが一番つらかった。

野菜サラダでお腹いっぱいになっても、
心も満たされない。

低カロリー食をしても、いつかは体重が落ちなくなります。
代謝が下がるからですよね。当然。

で、代謝を上げるために、運動をするんです。

そうすると、糖分が欲しくなりますね、身体が求めますね。

それを、ガマンすることはできません。生命維持のために、無性に欲しくなり、
その時は、異常に食べてしまいます。

マクロビをして、勉強して、分かったことなんですが、
なんで私が、野菜サラダでやせれないのか。
いや、一時は痩せれても、なぜまた、太り出すのか。


野菜は、東洋医学でいうところの「陰性」と言って、
カリウムを多く含む食材です(果物も甘いお菓子もそうですよ)。
陰性食品を多く取り過ぎると、身体は水分を抱え、冷え、ゆるんで、膨張します。

若い女の子、多いですね、冷えてぶよぶよにむくんで、
気持ちも不安定になり、どちらかというと、落ち込んだりやる気が出なくなります。
冷えますから、当然、子宮にも影響があるので、生理痛や生理不順になることもあります。

私はこの状態になるまで、過剰なダイエットを繰り返して来て、

ようやく健康に、スリムな体を手に入れられるようになったのが、マクロビオティックとの出会いでした。


「え?私が大好きなお米、玄米だったら、1日2合も食べていいの?!そんなんしたら、太るんちゃうん?!」

と、衝撃でした(笑)。

b0207632_20333055.jpg


玄米は、野菜や果物、甘いお菓子と反対の、陽性の食べ物です。
身体を温め、滋養を養い、活力を生みます。
水が溜まってぶよぶよだった私の体を、優しく温め、余分な水分を排泄し、2週間後には、
自分が変わったことが分かりました。

お腹いっぱい食べても1か月で5キロもやせ(しかも、今までタブーとしてきた炭水化物をどんぶりで食べてですよ!)、体調はすこぶる良好、精神的にも前向き、ポジティブにエネルギーが充満し、何より肌が本当に綺麗になったと実感したのが、マクロビオティックでした。


当館にお越し頂く方には、玄米食をおすすめしています。
私の様な、無茶苦茶なダイエットで、身体を傷め、不健康になっている人がいたら、
ヘンなサプリメントや下剤、野菜サラダばかりの食事で、不健康にやせている人がいたら、

どうか、希望を捨てないでください(^^)。


でもですね、
私が、ダイエットをやり続け、自分の体と向き合い続けたおかげで、
いろんなことが、理解出来るようになったんです。
無駄だったとは思っていません。

玄米食しているのに、やせない人、たまにいますが、
玄米以外に食べているものが、その人の体にあっていなかったりするんです。


健康で心身共に良い状態でいるときに、なっている体重が、その人のベスト体重だと私は思っています。
理想の体重を自分に押し付け、その体重を維持することで、病気がちになったり、心も楽しい気持ちでいられなくなるのなら、何の意味があるでしょう。

脂肪は女性ホルモンがあるからこそ、作られるものです。
生理が始まって、おっぱいが出て、お尻がまるくなります。

脂肪を余分にそぎ落とすことで、
女性の魅力も、そぎ落としていることになります。


脂肪を嫌わないでね☆

あ、でも、不健康に太っている人は、やっぱりやせたほうがいいですし、
その方の体にあった、アドバイスをいつも心がけています。


ちなみに、野菜ばっかりのダイエットで、やり始めに体重が落ちる人は、肉食、塩分過多で太っている人です。東洋医学的に言うと、「陽性体質」なので、「陰性」に傾けることで、身体の余分なタンパク質、塩分を排泄させて、体重が落ちるんです。

でも、これをやり続けていると、陰性過多になり、冷えてくるんですね(陽性過多の人も、冷えはあります。この場合は別の意味で冷えます。なので、冷え症だから、陰性過多・・と安易に決められません)。

そして、陰性に偏ると、今度、「陰性太り」と言って、水が溜まった様な太り方になります。
ちなみに、陽性太りは、筋肉質でがっちりして、脂肪も固いです。


玄米でやせて行く場合、
この、両方の人に有効です。

玄米は、陽性の食材と書きましたが、
緻密に言うと、中庸でありながらも、やや陽性に傾いている・・・食材です。

ですので、真ん中に整えてくれます。



陰性でも、陽性でもなく、「中庸」が、心身の自然治癒や免疫が一番活発になって、心身ともに健康でいられるんです。


何事も、バランスが大切です(^^)♪


自分のバランスを知るには、自分の体のフィーリングを感じてあげることですね。



あなたは、どうですか?






[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-04-14 09:06 | 日々の日記 | Comments(0)

先日、長年にわたって、お世話になっていました、お友達のお母さんが亡くなられました。


そのお友達とは、高校生の時に、3年間同じクラスでした。
友達のお父さんが、板場で働いている料理屋さんに、その子のお母さんがホールで働き、
そこに「手伝いに来て~」かなんか、そんなきっかけで、18歳、19歳頃に、アルバイトさせていただいていました。

ので、その子のお母さんも知ってるし、お父さんも知ってるし、随分可愛がってもらったり、お世話になりました。

私が18歳の頃からのお付き合いですので、
もう、20年も、私の人生の経過を、見届けてくださった方でもあります。

四柱推命の鑑定師さんでもあった、おばちゃんは、
いつも、誰かの相談に乗っていたり、誰かを助けに走ってたりする方でした。

私が、おばちゃんからしたら、我が子の友達でもあるので、
良く、世話を焼いてもらいました。

人生において、大切なことを、沢山教えていただきました。

私が生意気な言動をした時は、厳しく叱ってくださいました。

ほんとに、そのおばちゃんには、いっぱい叱られたんですが、
でも、全然嫌じゃなかったな~って・・・不思議ですが、今思い出しても思います。


憎たらしくて、叱っている訳じゃないし、
出る杭打つために叱ってるわけじゃないし、

結構、厳しいことも言われましたが、
その言葉の奥に、「思いやり」「愛」を感じたから、素直に聞けたんだと思います。


また、その言葉の的確さや、頭の切れ具合は、
素晴らしい人で、
また、言うタイミングも、見計らって、パツン!と一撃くらわす感じで、叱られます(笑)。

ほめてもらった時もありますね。
本当に、ほめるのも、叱るのも上手な方でした。


久しぶりに、
おばちゃんが亡くなられてから、おばちゃんの娘(私の同級生)に会って、
思いで話もあって、お話ししました。

我が子にも厳しかった様ですが、
やっぱり親子だと、反発して、母親の言葉を素直に聞けなかったって、言ってました。


ガンで亡くなられたんですが、
ガンが見つかってからが、早かったので(半年くらい)、
家族に、心の準備が出来る前に、天国に旅立ってしまわれました。


いつも、アクティブで、歳を感じさせない行動力。
我が子でもない私に、いつも親身になって、色々なことを教えてくださった。

感謝しても、しきれないくらいの私の恩人です。


実は、32歳頃、うつっぽくなっていた時期があって、
その頃に、助けてくださったのも、この方です。



結構、一匹オオカミ的に生きてきた私には、
遊びに行くような友達よりも、
人生を教えてくださるような、尊敬できる目上の方とのお付き合いが多かったのですが、
その中で、20年にわたって、私の人生を、
時には厳しく、ときには本当の母親のように、
導いてくださった。


その奥には、いつも「思いやり」と「愛情」を感じていました。


言葉の内容ではなく、
その言葉を発する、その人の「思い」を、人は敏感に感じているのだと思う。


前にも一度、紹介させていただきましたが、
「箱」の話し。

ここにも、
「言葉の内容ではなく、その奥にある感情を、私たちはいつも感じている」
ということが書かれています。

とても良い内容です。
是非、読んでみてください(^^)  ↓

<a href="http://www.houkin.com/story_of_frank1.pdf" target="_blank">「箱から出た男の話し」(PDFファイル)

</a>
ビリチェン一緒に勉強した仲間の書いた冊子です。




あなたは、周りの人の、言葉の奥に、何を感じていますか?





[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-04-13 09:08 | 日々の日記 | Comments(0)

すずなり工事終了~♪

こんにちは(^^)。
長谷川 郁です。

2月の中旬からスタートした、80年の古民家の改装工事。
4月の頭で、終了いたしました~♪

この方無しには、すずなりの工事は進まなかったでしょう。
↓ 几帳面な仕事っぷりに感動しました。まじめで職人気質の立花設計士さん!!

b0207632_1972247.jpg


いや~!
ほんとにお世話になりました。
感謝してもしきれないくらい、隅から隅まで、大工さんや職人さんとの連携も見事。
気になったトイレの建具を、自ら掃除してます、上の写真(笑)。


わたしたちの要望も、気持ちよく聞いてくださり、
でも、職人としてのこだわりも見せつつ、
何とも頼もしかったです。

大工さんたちも、みなさん、ほれぼれするような仕事っぷり!!

いい勉強になりました。


館内の写真は、
今、掃除や片付けで、写真撮れる様な状態ではないので、
きれいに片付いてから、また、アップさせていただきますね!


楽しみにしていてくださっている方には、
お詫びとして、この写真で許してください。

・・・・・・・・








b0207632_19113819.jpg

犬にまみれて幸せそうな主人の写真(笑)  ↑



仔犬たちが段々と大人になって、ケンカが絶えなくなり、
段ボールで作った犬の小屋に仕切りをつけて、半分にしました。

b0207632_19132824.jpg



本当は、お幸と、お福に、一つづつと思って作ったんですが、
うみ母さんに一つ乗っ取られて、結局くっ付いて寝ている仔犬たち(笑)。


ギュウギュウ詰めなので、段ボールが横に広がってきて、
つぶれかけていたので、

木で、しっかりしたのを作ってあげました。

b0207632_1915487.jpg


かわいい・・・(^^)♪


オープンまでもうすぐ。

掃除しなきゃ!!






[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-04-09 09:09 | 日々の日記 | Comments(0)