セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

酵素断食を我流でやっている方へ~失敗しないコツ~


酵素断食を自宅で我流でやっている人や、、
すずなりで、断食して、お家でもやってみようと思って、家で実践されている人。

そういう方から、


どうもうまくいかない・・・


というお声が、チラホラ上がってきていますので、
失敗せず、回復食まで、ちゃんとやり遂げられるコツというのを、お教えしたいと思います。

あとは、失敗する原因ってのが、必ずあります。

それも、お伝えしたいと思います。




=============================================

酵素断食をしてみようと思っている方。

実施日数は、3日間がベストです。

なぜなら、体の中のアーマ(毒素)が、断食によって、「消化」されて、「分解」されて、「排泄」されるのに、約3日はかかるからです。

ある程度の「スッキリ感」が欲しい方は、3日ガンバってやってみましょう。




☆3日間の断食を失敗しないコツ

その①
美味しい酵素ジュースを用意する。
3日間、これしか飲みませんから、まずいとストレスです。
市販の酵素ジュースでもいいですが、自分好みで、美味しいのを作ったらいいと思います。
お値段もリーズナブルにできるので、お金のことを気にせず、たっぷり飲めます。

当施設で作っている、美味しい酵素ジュースの作り方は、こちら



その②
酵素ジュースをがぶがぶ飲むこと。
これは、血糖値を確保するためです。
酵素ジュース断食なのに、酵素ジュースを飲むことをガマンする人がたまにいます。
そして、必ず、断食中に、倒れるか、回復食で、バカ食いして、失敗します。

なぜなら、私たちの体は、脳を働かせるために、「糖分」を必要としています。
糖分が体に入ってこないと、血糖値が下がり、無性に、吸収が早い糖分(砂糖のような甘いお菓子など)を、体が欲します。
これは、生存するために、働いている機能です。
この、本能には、人間の意志は、逆らえません。かならず、体の欲求が勝ちます。

ので、
酵素ジュースが甘いから・・・
カロリーがあるから・・・
こんな甘くて美味しいジュースを、がぶがぶ飲んで、本当に痩せたり、デトッくスしたりするのかしら・・・

と、不安になって、酵素ジュースを控える人がいますが、
これ、失敗のモトです。

ちなみに、3日間で、1リットルの、酵素ジュース原液(お水に薄めたら、約6リットル)を飲むくらいのペースで平均です。ただ、体が欲したら、もっと飲んであげてもいいです。

酵素の糖分は、砂糖のように、太る糖分ではないので、安心して、飲んでください。



その③
断食中は、神経を休めること。
これ、めちゃくちゃ大事ですよーーーーーー!ハイ!ここ、メモって!!

断食中は、ストレスから離れてください。
ストレスを感じると、そのストレスを紛らわすために、食べたくなるし、
精神的なストレスを感じなくても、
ずっとパソコンをする、本を長時間読む、携帯をずっといじる、考え事をしすぎる・・・なども、神経を消耗します。もちろん、運動は控えて、体も、ヨガや、ストレッチ、軽い散歩くらいにして、体も休めることです。
できたら、しっかりお風呂に浸かって、筋肉を柔らかくして、ストレッチしたり、瞑想したり、ヒーリングミュージックをかけて、ボーっとしたり、そのように過ごしてください。
断食中は、神経が過敏になっています。
優しく自分を扱ってください。
それが、断食中に食べたくならないためにも、有効ですし、副交感神経をしっかり働かせることで、自然治癒力が働き、アーマ(毒素)の排泄を促し、体がリセットされるのに役立ちます。

当施設では、この、「神経を休めること」を、しっかり行っていただいてます。
そうでないと、排毒が起こりにくいからです。


その④
とにかく、断食中は、沢山寝る。
当施設で断食される方は、とにかく沢山寝ますね。
夜も10時間くらい寝て、昼寝も3時間くらいされる方が多いです。
睡眠が、なによりの薬です。
寝ている間に、治してくれてます。


その⑤
よくばって、断食の日にちを増やさないこと。
最初にお伝えした通り、理想の酵素断食の実施日数は、「3日間」です。
が、アーマ(毒素)が固くて、アーマの分解、消化、排泄に時間がかかる人は、最高「5日間」まで、
断食の日数を増やしてもいいです。
私の経験上、5日以上やっても、停滞期に入るので、体重の減少も少なくなってくるか、止まりますし、アーマの分解も、やればやるほど、どんどん出ていくっていうものでもないのが、わかりました。

そして、断食の日数の、倍の日数をかけて、回復食をしなければいけないということは、
断食の日数を増やせば増やすほど、回復食の日数も増えるのです。
友達と外食も、その間は断らなければいけないですし、自分で、食べる量から、内容まで、コントロールしなければいけない日数が、増えるということを、忘れないでください。

断食を、長くやりたがる人が多いのですが、はっきり言って、断食は、美味しい酵素ジュースを飲んでいるだけでいいので、楽ですし、体の中がスッキリしてくるそう快感もあるので、日数を延ばしたくなる気持ちもわかりますが、「回復食を、きちんとやり遂げる自信がある日数」の、半分の日数を、断食にあてる・・・というのが、正しい断食の日数の決め方かもしれませんね。

どういうことかというと、
回復食は、1週間くらいしか、できない(お粥や、野菜だけで、過ごすなんて、1週間が限度だわ!焼き鳥も食べたい、ビールも飲みたいし・・・!)という方は、その半分の日数、「3.5日」を、断食にあてればいいのです。

回復食が成功して、初めて、断食が成功した…と言えます。

回復食を失敗すると、逆に、断食する前よりも、体を痛めつけることになりますので、要注意です。


その⑥
減食からきちんとしてますか?
3日断食でしたら、前日、もしくは前々日から、少しずつ、減食をします。
あっさりしたものを中心に食べ、腹6分目くらいにしておく。もちろん、アルコールやカフェインも控えてください。肉や、動物性食品もできたら食べずに。もし、食べるとしたら、ごく少量にして、断食をする準備をしてください。
たまに「最後の晩餐」をされる方がいますが(笑)、胃袋が断食中に縮まるときに、胃痛がしたりして、苦しみます。断食を快適に、ストレスなく、過ごすためには、減食、大切ですよ~


その⑦
峠があることを知る
私の場合ですが、断食1日目はさほど辛くなく、逆に、食べ過ぎていた体に液体しか入ってこない、体の軽さや、そう快感を感じ、なんなく、終わります。
2日目が私の峠ですが、何か「噛みたくなる」。咀嚼したくなって、一口でいいから、玄米食べたくなったり、それまでに食べ過ぎが続いていたら、胃袋が縮まる不快感で、空腹が気になって、辛くなる・・・というのがあります。
ただ、もう、何十回断食しているので、自分のパターンが分かっていて、この2日目の峠を越えたら、3日目は楽チンになって、逆に、ハイ状態になってくるので、3日目には、もう少し断食伸ばそうかな~なんて思うくらいです。
ですので、峠で、いつも、断食をあきらめてしまう人、3日やるぞ~と決めたのに、1日目、2日目で断念してしまう人は、「食べたい欲求」が出てきたら、それ、峠として、認識してみてください。

この、峠の越し方は、とにかく、濃い目の酵素ジュースを沢山飲んで、空腹を押さえる。お腹が「ぐー」となる前に、多めに飲んでおく・・・などが、対処方法です。

あとは、ゴロゴロ過ごすこと。
体に無理をさせないことですね。



=============================================


ここからは、

☆回復食を失敗しないコツです。

回復食については



上記のリンクを読んで頂いて、
そこに載せていない情報を、こちらに載せますね。


その①
浄化が一気に進むと、体も、元の状態に戻りたくなる・・・の法則。

普段、食事が全く無頓着で、コンビニ弁当、カフェでサンドイッチとコーヒー、居酒屋、吉牛・・・なんていう、食事を日常で当たり前になっている人、アーマが当然、溜まっていますね。
内臓も弱っていることと、推測されます。
朝はけだるい、日中も、集中できず、イライラしたり、すぐ落ち込む、便秘だし、体重も増え気味。
そんな人でも、なんとか生きていけるように、体が濁った状態でも、生きていけるように、体は動いてくれています。そんな状態に、何十年、慣れ親しんできた人が、急激に、断食によって、浄化されても、もとに戻ろうとしてしまいます。

神経系も、一度狂うと、しっかり治すには、3年から5年はかかります。
私が、自律神経失調症や摂食障害、睡眠障害を、治すのに、5年はかかりました。しっかり治ったと思うまでには、7年かかりました。

それくらい、一度狂った神経系統のエネルギーシステムや、弱った内臓、など、元の状態(不調をきたす前の状態)に戻すのに、時間がかかります。

そりゃそうですよね、何十年かけて悪くした体を、たった、1回の断食や、何カ月かの養生で治そうと思うのが、人間の傲慢さですよね。

その、体が出来上がったのも、その方の、食事の選択や、環境や、考え方や、生き方や、いろんなことが噛み合わさって、出来上がっています。
ですから、急激に、断食によって、血液だけを浄化したとしても、いったん、体調も良くなるでしょうし、神経系もゆるんで、体は、治ろうという方向に向かいますが、また、慣れ親しんだ、不健康な自分の体に、戻ろうとしてしまいます。
それが、断食後に、回復食を失敗して、お菓子を食べてしまったり、ジャンクなものが無性に食べたくなり、そのストレスに勝てずに、食べてしまう・・・という結果を招きます。

ので、これを克服するためには、だましだまし、少しずつ、体を良くすることです。

短い日数の断食を(1日、2日、3日断食)を、コンスタントに入れていくこと。
急激に長い断食をしないことです。

1週間や、10日の、長期断食をしたいひとは、短い断食を、何十回として、断食に体を慣らせることをしてください。断食のことを、体で理解したうえで、長期の断食に臨むことです。できたら、専門の指導者がいるところでするのが、ベストです。もちろん、お病気を持っている方は、専門医に相談してくださいね。




その②
ストレスの処理
甘いものがやめられない人は、「緊張」がどこかにある人です。甘いものは、心にリラックスを生みます。ので、いつも緊張していたり、神経が休まっていな人は、甘いもので、ゆるめようとします。
心理的には、「さみしい」を持っている人、多いように思います。
お酒もそうですね。「さみしい、むなしい」を持っている人が、お酒に依存しやすい傾向があるように思います。

肉や、塩辛いも、辛いものは、「がんばんなきゃ!」と、気負っている人や、心理的には「怒り、嫌悪」を持っている人が、やめられない傾向があるように思います。

タバコもは、肺を痛めますが、肺と、感情の関わりは、「深い悲しみ」だったり「悲観的な感情」です。

このように、「こういうものが止められない」という、特別な嗜好品には、それなりの、その人の背景があるわけです。

ので、断食中は、酵素ジュースだけで過ごせても、自分の心の問題が、解決していなければ、また、回復食中に、無性に、そのようなものが欲しくなるのです。

当施設での、酵素断食・浄化療法では、リバウンドを防ぐためにも、カウンセリングや、ビリーフチェンジ・セラピーを取り入れているのは、そういう理由からです。

体の浄化を進めて行くと、もちろん、こういう心の問題も解決していくのですが、それには、やはり何回も回数を重ねないといけないでしょう。
それまでに、何回も、回復食でお菓子を食べてしまったり、お肉に手が伸びてしまったりして、断食に失敗して、そんな自分に「やっぱり、断食はできない」と、あきらめてしまって欲しくないという、わたしの思いがあって、回復食を失敗しないためにも、そして、断食後も、食事の内容が健康的なものに、変化するためにも、心の問題を解決する・・・ということを、重点を置いています。

逆に、心の問題を解決している人が断食をするのは、そう難しくないと思います。

心の問題とは、すなわち、ストレスだらかです。

ストレスを緩和させるために、タバコやアルコール、甘いもの、脂っこいもの、肉・・・等が無性に欲しくなり、これは、理性でなかなか、ストップさせることができません。

回復食中だけでも、根性で、やめれたとしても、普通食に戻った時に、ドカっと、食べてしまえば、また、元のジャンキーな食生活に戻り、断食の効果も、一時だけしか感じられなくなってしまいます。

理想は、断食によって、ストレスが排除され、摂食中枢や、味覚が正常になることで、普段から食べるものが、健康的なものを好むように、だんだん、そうなっていくことです。

体を悪くする食べ物は、魅力的ではありますが、あくまでも、「ストレス発散食」と考えて、毎日のようにならないことです。たまに、気晴らしに、お酒やアイスクリームも良いでしょう。でも、毎日になるのでしたら、「それを食べずにはおられない自分の心のストレスって何・・・??」と、問いかけて、その心のストレスを排除することに取り組んだ方がいいでしょう。

例えば、「存在してはいけない」なるビリーフがあったとすると、
どうしても、自分を「死」に追いやるような、食事や、生活をしてしまいます。
ヘビースモーカーや、過度の飲酒、摂食障害なども、このビリーフを持っている可能性があります。

存在している私が、存在してはいけない・・・と、潜在意識にインプットされているわけですから、無意識に不健康な方へ行ってしまったり、そういうものが止めれなかったりします。

ですから、断食で、体を浄化しても、心の浄化が、一緒に行われていないと、また、自分を死に追いやるようなものを止めれなかったり、浄化した分、また、濁したくなるのです。


ビリーフについては、こちら







その③
回復食は、塩分を控えめに

塩をなめると、唾液が出ますよね。この唾液は、消化酵素を含んでいて、食べた物を分解して、吸収しやすい状態にしてくれます。
回復食に、塩分を沢山取ると、胃袋からも消化酵素が沢山出て、どんどん、消化を進めてしまいます。
それによって、食べても食べても、お腹がすく・・・どんどん、食べたくなる・・・という現象が起こります。

断食中は、塩分を一切とらないことで、逆の効果があるのです。
消化酵素が出ないことで、食欲がなくなっていくという効果です。
ですので、3日もすれば、食べ物のことを忘れるくらい、胃の存在を忘れるくらいになってきます。

ガンジーは、自分の中に「怒り」が見えたら、「塩断ち」をしたそうです。
塩分は、「怒り」や、「イライラい」、「嫌悪感」を刺激します。
程良くとっていたら問題はありませんが、とり過ぎたり、体に溜まってくると、こういう心理的な症状が出ます。
断食中は、塩分は一切とらないので、心が穏やかになってくるのを感じる人も多いでしょう。

回復食で、塩分を撮り過ぎると、「イライラしやすくなる」という質も、出てきますから、気をつけて、少しずつ、戻してくださいね。

血液は、海水と同じ、塩分濃度であるのが、健康な血液ですので、
塩分を長期とらないことも、体を悪くします。
とるお塩は、「食塩」ではなく、海から作られた、健康的なお塩をお勧めします。





=============================================


以上が、私が、断食を重ねてきた中で、気付いたことや、自分の体や心から、学んだことです。

失敗するには、理由があります。

その失敗から、「自分」という存在を、深く知ることができます。

体は、間違いません。
体の声を聞いて、ムリなく、そして、楽しく、酵素断食を生活に入れてみてくださいね~(^^)♪


========================================

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」





































[PR]
by kaoru-hasegawa | 2013-07-26 11:30 | 断食 | Comments(0)

アクセス・連絡先


「宿泊滞在型セラピールーム すずなり 」←HP

住所
京都府船井郡京丹波町八田大門2番地

交通アクセス



連絡先
電話番号
090-903-82611(長谷川 貴士)
090-4645-4097(長谷川 郁)



ご予約
「お問合せ・お申込み」
[PR]
by kaoru-hasegawa | 2013-07-18 12:22 | アクセス・連絡先 | Comments(0)

コースと料金の説明


長谷川郁(ハセガワ カオル)が、提供できる「宿泊滞在型セラピールーム すずなり 」での
コースとその料金についてのご説明をさせていただきます。



*************************************



①酵素断食・浄化療法←詳しくはHPに載せています

すずなり手作りの酵素ジュースを使って、数日断食をしていただきます。
断食滞在中に、毎日、チベットマッサージkunye(クニェ)120分と、レインドロップ90分を交互にお受けいただきます。

マッサージと断食の効果で、デトックスを促します。

ビリーフチェンジ・セラピーを組み合わせることによって、感情の解放や、問題を解決することによって、
ご自身の心身の健康に役立ちます。


f0337851_1116047.jpg

f0337851_11581298.jpg




(料金)

「酵素断食・浄化療法」・・・ビリーフチェンジ・セッションあり

●2泊3日・・・55,500円
(酵素ジュース原液1㍑ ・チベットマッサージ120分1回・レインドロップ90 分 1回 ・ カウンセリング90分1回・ビリーフチェンジセッション1回)


●3泊4日・・・83,000円
(酵素ジュース原液1㍑ ・ チベットマッサージ120分2回・レインドロップ90分1回 ・ カウンセリング90分1回・ビリーフチェンジセッション2回)


●4泊5日・・・103,000円
(酵素ジュース原液1.5㍑ ・ チベットマッサージ120分2回・レインドロップ2回 ・ カウンセリング90分1回 ・ ビリーフチェンジセッション2回)

                                      

●5泊6日・・・122,500円  
(酵素ジュース原液1.5㍑+チベットマッサージ120分3回 レインドロップ90分2回 ・ カウンセリング90分1回 ビリーフチェンジセッション2回)



●6泊7日・・・148,500円 
(酵素ジュース原液1.5㍑ ・ 回復食1日分の2食・ チベットマッサージ120分3回 ・ レインドロップ90分3回 ・カウンセリング90分1回 ・ ビリーフチェンジセッション3回)





☆ビリーフチェンジありの「酵素断食・浄化療法」ご継続のお客様については、
次回からは5%オフにさせていてだきます。



「酵素断食・浄化療法」・・・ビリーフチェンジ・セッション無し

○2泊3日・・・42,500円
(酵素ジュース原液1ℓ・チベットマッサージ120分1回・レインドロップ90 分 1回 )



○3泊4日・・・62,000円
(酵素ジュース原液1ℓ・チベットマッサージ120分2回・レインドロップ90 分 1回 )



○4泊5日・・・82,000円
(酵素ジュース原液1.5ℓ ・チベットマッサージ120分2回・レインドロップ90 分 2回 )



○5泊6日・・・101,500円
(酵素ジュース原液1.5ℓ・チベットマッサージ120分3回・レインドロップ90 分 2回 )



○6泊7日・・・119,500円
(酵素ジュース原液1.5ℓ・チベットマッサージ120分3回・レインドロップ90 分 3回・回復食1日分 )



☆こちらに関しては、リピーター割引はございません。




***********************************




③日帰りビリーフチェンジ・セラピー
ビリーフチェンジ・セラピーとは?←クリック)

(料金)


○ビリーフチェンジ・セラピー

1セッション 120分 18,000円 (初回料金です。カウンセリングも含みます)

2回目以降から  60分~90分 16,000円





f0337851_11551328.jpg












興味がある方は、こちらから空室状況をチェックしてください→「空室状況」

ご予約は、こちらから→「お申込みフォーム」



連絡先→長谷川郁携帯  090-4645-4097






















[PR]
by kaoru-hasegawa | 2013-07-18 12:16 | コースと料金 | Comments(0)