セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


 前日、食事軽め、当日固形のものは、できる限り避けて、とのことで、ここに到着するまでが、誘惑も多く、
厳しかったです。

 酵素ジュースも美味しく、激しく空腹や、何か食べたいといった感じは、あまりありませんでした。

 代謝が落ちているせいか、活動的になるということもなく、日中、ぼんやり、ウトウトしながら過ごさせていただけました。

 3日目、朝、鏡に写る自分の姿が、なんか違うな、と思いました。

 むくみが取れたのかな。

 それは、今から帰って、周りの人に聞いてみます。

 全てが過多で、忙しく、飽和状態になりそうになったら、また来ます。



=============================================


K様は、看護師をされているということもあって、長期の休みを取りづらく、

2泊3日くらいで、近くで断食できるところを探していたそうです。

もうひとつ、候補にあがっていた断食施設があったそうなのですが、5泊からの受付しかなかったそうで、

綾部まででしたら、車で行ける範囲だったので、お問合せくださったようです(大阪から1時間半くらいだそうです)。


 チベットマッサージで、お体をくまなく、看させていただいたのですが、とにかく頭が硬く、相当、神経を使われていることが伺えました。

 チベットマッサージでは、頭を緩めるために、頭皮にオイルを刷り込んで、マッサージするという方法があります。

 
 K様にも、2日連続で、頭を中心に、マッサージをさせていただきましたが、酵素のおかげか?マッサージの効果か?それとも、この綾部吉水のある、土地のエネルギーのせいなのか、分かりませんが、


随分、2日間で、沢山(昼寝も含め)、睡眠をとっていただけたようで、嬉しかったです。

 酵素ジュースは、1日約2ℓくらい(原液を薄めた酵素ジュース)飲んでも大丈夫なのですが、

K様は、1日3リットルくらい、飲んでいらっしゃったようです。

 そのおかげか、最終日には、随分、ユルユルに、神経も緩んでいるのがうかがえました。

 夜勤もある仕事ですし、体調管理も必要、ストレスもたまりやすいお仕事ですので、

定期的に、ご自身の体のメンテナンスに、また、利用していただけたら嬉しいです。



・・・そうそう、2日目の朝に、「ジーパンがゆるい!」と、おっしゃってました。

結構早く、むくみが取れだして、トイレも随分回数が増えていらっしゃいました。

日ごろから、心身共に、ストレスのたまりやすい環境でお過ごしの方は、特に、調子を狂わせる前に、リセット!リセット!しにいらしてください(^^)♪


[PR]
by kaoru-hasegawa | 2012-07-25 09:53 | 酵素断食・浄化療法のご感想 | Comments(0)



 二泊3日のファスティングを体験させていただきました。

 以前より、興味があったのですが、どこで、どのようにしたら良いのか分からず、数年が過ぎ、思わぬきっかけで吉水さんを知り、さっそく来させていただきましたが、都心よりわずか1時間半ほどでこれ程環境が変わるのかと、驚きました。

 きれいな山々や、川の流れや、景色に、癒されます。

 何不自由なく、断食2日間過ごすことができ、全く苦も無くでした。

 郁さんのマッサージは、思ったとおりお上手で、私にピッタリでした。断食より、マッサージが目的だったかもしれません(^^;)。

 二日間、の~んびりさせて頂だきました。


 断食は、自分でこれからも出来ますが、マッサージは無理なので、マッサージだけにでも来たい気分です!

 本当に心のこもった、施術、そして酵素ジュース、有難うございました。

(今度は、普通のお料理もた、食べてみたいと思います。)



===================================================


 T様は、ずっと、断食できる施設を探していらしたごようすで、フェイスブックで吉水の写真を見てくださり、あまりにも自然がキレイなので、一度行ってみたい!!と、強く思っていただいていた様です。

 二日間は、天気予報では「雨」だったのですが、T様は「晴れ女」で、全く雨も降らず、とっても良いお天気で、過ごしていただけました。


 長年の過労と、精神的ストレスで、随分辛い思いをされていたそうで、その痕跡がお体に現れていました。

 随分、ご苦労もされていらっしゃるのに、朗らかな笑顔、前向きな心で生きていらっしゃって、とっても素敵な女性です。

 今回は、2日間で、気分もリフレッシュしていただけたようで、私も大変嬉しく思います。


 こちらでは、色んな方のカウンセリングをさせていただいてますが、本当に、人生色々ありますね。
それでも、投げやりにならず、前向きに、心身の浄化をして、自分を大切にしたい・・・という気持を持って、ここ綾部吉水に、来て下さるお客様を、私は尊敬します。


 体は「良くなりたい」と思って、体の声に寄り添ってあげれば、本当に、どんどん健康になります。

 何をやっても健康にならない人は、方法が間違っているか、本当は心の底で、あまり「健康になりたい」とは思っていないか・・・(自分を粗末に扱っているか)の、どちらかだと思います。


 私は、良く、街で働いていた時も、お客様に、「良くなりたいって、本気で思っていたら、良くして差し上げたい、というセラピストとの想いが重なって、絶対良くなります!」とお話していました。

 「希望を捨てない」ということです。


 私も、この仕事を11年していますが、本当に、良くなって欲しい、良くなって欲しい・・・と思いながら、マッサージしています。が、お客様が、「良くなりたい」と望まないかぎり、どんだけ私が頑張ってマッサージしても、効果があがりません。


 何より、お客様ご自身が、ご自分の体と心に責任を持って、希望を捨てず、もっと健康になろう、もっと楽しく人生を送れる様になろう・・・という、前向きな気持さえ持っていてくだされば、必ず時間はかかっても、叶うと信じています。


 T様は、お食事の中で、野菜をたくさん取り入れられるようになられたり、調味料を良いものに代えられたり、玄米を食されたり、とても意識の高い女性です。

 
 しかも、今回の断食で、細胞は若返り、元気になり、もっと、もっと、喜んでいることでしょう(^^)♪



[PR]
by kaoru-hasegawa | 2012-07-02 09:52 | 酵素断食・浄化療法のご感想 | Comments(0)

好転反応について

好転反応について

回復食に続いて、お客様のご質問に多いのは、「好転反応」についてです。

好転反応とは、乱れた自律神経や、疲れた内臓が、よくなる時に、今まで溜め込んでいた毒素を排泄するときに起こる不快症状のことです。

具体的にはどんな症状が出るかというと、

●鼻水
●痰
●咳
●発熱
●頭痛
●吐き気、嘔吐
●肩こりがひどくなる
●ガスが溜る
●便秘
●下痢
●眠気
●眠りが浅い
●発疹
●めやに
●目の充血
●気だるさ
●イライラ
●気分の落ち込み


......等です。


断食をされて、必ず好転反応が起こるとは限りません。

好転反応が出る時は、体がどうなっているかというと、今まで健康な状態(プラクリティ)から、ずれて、不健康な状態(ヴィクリティ)になっている体を、断食をすることによって、内臓や神経系が、元の状態(プラクリティ)に戻ろうとしているのです。

例えば、神経を使いすぎている人は(風体質・ヴァータを過剰に溜め込んでいる人に多い)、断食を始めると、副交感神経がしっかり働こうとして、断食中や、回復食中に、眠気をもよおしたりします。

気だるさも、そうです。

今まで頑張りすぎていたので、体としては、休ませたい、のですね。

目の充血や、イライラは、火(ピッタ)を過剰に溜め込んでいる人が多いです。
肝臓が断食によって癒されていくと、肝臓と目が繋がっているので、目が赤くなったり、めやにが出たり、はたまたイライラしたり怒りがこみ上げてきたり・・・といったことが起こります。

吐き気もそうです。


鼻水や、痰、咳などは、水(カパ)を過剰に溜め込んでいる人に多いです。
代謝されなかった水は、古くなり、粘性をもって、体に溜め込まれます。
それが、緩んで、外に出て行く時に、鼻水、痰、咳などの症状と一緒に、出ようとします。




私が、何十回の断食を経験して、感じることは、断食の体験は、毎回違う・・・ということです。

デトックスが目的で、断食を繰返していましたが、

爽快感を感じて終わる断食もあれば、

好転反応で、苦しい思いをする断食もあり(もちろん、好転反応が終わったら、スッキリします)

今回は、毒素、がば~っと出るかな?と期待した断食でも、全く反応が出ずに終わったり、

はたまた、出ないだろうと思っていた断食で、「助けてくれ~!」と叫びたいような、しんどい排毒を味わうこともあります。


「好転反応でないんですけど、どうなんでしょうか?」


という質問は、多いです。

私の答えは、

「体にアーマ(毒素)が溜っていないか、もしくは、アーマが緩んでいないので、出ないかの、どちらかです」


と、お答えしています。



体というのは、本当に神秘的で、体の都合で、出せる時にちゃんと出してくれるのです。

1回1回の断食で、一喜一憂せず、断食を生活に取り入れていく中で、半年前、一年前と、振り返った時に、大きな変化があることに気付くでしょう。


例えば、3日断食を、一月に2回、実施して、1年間続けたことがあるのですが、毎回、断食の体験は違っていて、人間の体は、玉ねぎの皮を一枚ずつはがして行くように、毒素もはがれ落ちるのですが、

今回の断食期間は、仕事のストレスが大きかったので、神経が休まりきれず、あまり毒素がでなかった。
が、次の断食では、一気に玉ねぎの皮が3枚ほど、ゴソっと剥けて、頭痛、鼻水、発熱・・・としんどかったが、沢山溜め込んでいた過剰ドーシャ(エネルギー)が抜けた。
こんだけ出たら、次の断食では、あまり好転反応はでないだろうと思っていたら、体の自然治癒力が上がったせいか、また、前回の続きのような反応が出た。
では、次回はまた出るのかな?と思ったら、何の反応も出ず、結構楽に過ごせた・・・・・


といった感じですかね。


自分の期待とは関係なく、季節の関係や、環境(仕事や人間関係の環境、住んでいる土地の環境)、など、様々な要素も関わって、一気に毒素が出ることもあれば、そうでないこともあります。

体は、ちゃんと、出せる時に出してくれます。


・・・が、まずはしっかり「緩むこと」「神経を休めること」で、自然治癒力が増し、余剰なアーマを排泄する準備ができるので、綾部吉水では、断食中は、「人に気を使わない、頭も過剰に使わない、緊張することをやめる、ゆっくり、ぼーっと、お過ごしいただく」

ということを、最初にご説明させていただいてます。


そして、断食は、1回で人生で溜め込んできたアーマを全て排泄できることは無いので、しかも、断食でアーマを出したとしても、日々、また、不摂生で、アーマを溜め込んでしまいますので、

定期的にされることをおすすめしています。

3日断食ができなければ、週末だけ1日断食でもいいですし、

朝と晩だけ酵素ジュースで、昼を普通に食べる・・・というのを、一週間やってみるというのも、体にとっては、とてもありがたいことなのです(内臓が休息できるからです)。


そして、そういうプチ断食でも、年間通してやっていくと、1年前を振り返った時に、大きな恩恵を頂いていることに気付きます。

●最近イライラしなくなった
●肩こりがなくなった
●胃腸の調子がいい
●食べ物の嗜好が変わって、ジャンクが受け付けなくなった
●思考がスッキリする
●体が軽い
●人に優しくできるようになった
●集中力が増した
●肌がきれいになった
●便秘がなくなった
●メソメソしなくなった

等・・・・。


好転反応は、よくなろうとしたときに、避けては通れない症状なのですが、怖がらず、そして体の自然治癒力を信じて、何度も経験していった先に、その人の本当の健康な状態(プラクリティ)に近づけるのです。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_23205540.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」















[PR]
by kaoru-hasegawa | 2012-07-01 11:47 | 断食 | Comments(0)