セラピストかおるのブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川かおるのブログです


by 長谷川 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ビリーフチェンジセラピー( 175 )

本日のすずなり
すずなりにはめずらしい
男性の断食のお客様が3泊されてます♪
f0337851_09245837.jpg


♡大好評「skype 心理セッション」

Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡キレイ!かわいい!
「ハンドメイド・キャンドル・ショップ」オープン!
長谷川郁が一点一点時間をかけて作ったハンドメイド・キャンドルのWebショップを
オープンさせました!
とにかく楽しみたい!楽しいことがしたい!と思って始めたキャンドルショップ。
Webページは見てるだけでも「もえもえ❤」するので、是非のぞいてみてください❤


f0337851_21011005.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



改めて、愛着のはなし。


「愛着を感じてはいけない」のビリーフには、細かく分けて5つのビリーフがあります。

●「愛を与えてはいけない」
●「愛を求めてはいけない」
●「愛を受け取ってはいけない」
●「欲しくない愛を拒否してはいけない」
●「自分を愛してはいけない」


先日、クライアントさんとお母さんとの関係についてお話していたときに、

「愛を求めてはいけない(愛を欲しがってはいけない)」あるよねー、みたいな話になって、

「愛を欲しがったら、どうしていけないの?」って聞くと、

「負けた気がするから!」

という答えが返ってきました。


このクライアントさんは、幼少期に妹が産まれた時に、お母さんの愛を全部もっていかれたような、

そういう絶望感を感じていました。

平等に愛してくれなかったお母さんに対して、

「愛してよ!」と、愛を欲しがることは「負けた気がする」のですね。

なぜなら、心の中で「平等に愛さないお母さんが悪い!間違ってる!」と批判しているので、

間違っているお母さんに愛を乞うのは、負けた気がして悔しいんですね。



子供はそこで、拗ねることで、親が自分の思い通りに動いてくれるようにコントロールしようとします。




その拗ねた幼少期の自分の痛みがまだ残っていると、

大人になっても、愛が欲しくても、求められない、欲しいと言えない、

そんな自分が出てきます。

そして、与えてくれない人に拗ねることで遠回しに批判します。

拗ねたり、相手を批判したりしても、人をコントロールできないので、

幼少期に感じた「やっぱり愛はもらえない」という絶望に行き着き、

慢性的な愛情飢餓状態が続くはめになり、欲しい結果につながりません。





これを解決するためには、

辛いんだけどもう一度幼少期に愛情を求められなかった「拗ねている自分」に戻ってもらって、

拗ねることになった「思い」や「感情」に触れてもらって、

十分言い分を聞いてあげて、寄り添ってあげて、

そして、本当にその子が欲しかったものを、アシスタントさんの理想のお母さんから受け取ります。



お母さんから十分もらった。

お腹いっぱい、もらった。

沢山沢山、もらった。



この満足感が、愛情飢餓状態を治療できる近道の方法です。





「愛着を感じてはいけない」には、こういうケースもありました。

Skypeセッションで見つかったビリーフですが、

幼少期に子供達を置いてお母さんが出ていったそうです。

お父さんがかわいそうに見えたそのクライアントさんは、

「お父さんを助けるために、お母さんへの愛を切り捨てます」という決断を幼少期にしていました。



お母さんへの愛を求めることは、お父さんへの重大な裏切り行為なので、

お母さんを人生の中から「ないこと」にしてしまっていたクライアントさんでした。

それによって、大人になってからの生きづらさに繋がっていらっしゃいました。




子供の頃の(特に3歳までの)お母さんとの愛情関係、スキンシップによる安心感をもらうという行為、

これをもらい損ねることで、

大人になってからも、愛情が足りない、いつも満たされていない感覚が続きます。



愛情が足りない、と感じているので、

人に愛を与えることが困難になります。

心の中は飢餓状態なので、与えるよりもらいたい。

そして、与える時はもらうための交換条件でしか、与えることができず、

与えたのにもらえなかったときに、飢餓状態にもっとフォーカスが当たり、

辛く、苦しくなります。



愛情飢餓状態である人が、自分の喜びのために人に与えることができません。

なぜなら、自分の不足感、空虚感を埋めることが、何より優先だからです。




「愛着を感じてはいけない」


このビリーフは、奥が深いですよ~・・・!


愛情を十分にもらった!

お母さんと十分に繋がった!という感覚、

これをしっかり養うことが、

次のステージに進むときにめちゃ大事なんです。




子供は、何かしらの方法で、親と繋がろうとします。

十分愛情で繋がれなかった子供は、

自分も親と同じように苦しむことで繋がろうとするんですね。


子供の魂は、どっちで繋がっても良いんです。

苦しみで繋がっても、愛で繋がっても。

繋がっている間は孤独じゃないから。


子供の魂は、この孤独に耐えられないのです。

孤独になるくらいなら、苦しみで繋がってる方がましなんです。




だから、その人が大人になって、苦しい人生ではなく、

愛の人生、喜びの人生を歩みたいと思ったときは、

親と十分に繋がった、十分もらった、満足するまでもらった、

という満たされた感覚が大事なんです。


そしたらね、わざわざ苦しんでまでも繋がろうと思う必要性がなくなるから。



本当はね、もう十分に文句ないくらいもらってるんだけど、

私たちの中にある、飢餓感覚が、本当は溢れんばかりにもらっている愛を、

隠してしまうんですよね。



愛着のセッションすると、人生の受け取れる幅が広がるし、

与えられる幅も広がるんですよ❤






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_08394459.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓









[PR]
by kaoru-hasegawa | 2017-07-14 21:46 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)
本日のすずなり
今日は日帰りセッション1名と
断食3泊のお客様がいらっしゃいます❤
f0337851_09222417.jpg




♡大好評「skype 心理セッション」

Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡キレイ!かわいい!
「ハンドメイド・キャンドル・ショップ」オープン!
長谷川郁が一点一点時間をかけて作ったハンドメイド・キャンドルのWebショップを
オープンさせました!
とにかく楽しみたい!楽しいことがしたい!と思って始めたキャンドルショップ。
Webページは見てるだけでも「もえもえ❤」するので、是非のぞいてみてください❤


f0337851_09211532.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


蒸しますね~!ほんと。

すずなりも湿気にやられて、ムシムシしてます(笑)。

それでも気温が山に囲まれて、まだ低いところが救い。


f0337851_09245837.jpg


へびいちご。
ドロップみたいなかわいさがたまらん!
f0337851_09233718.jpg






あじさいたち。
涼しげな色で蒸し暑さを癒してくれます。
f0337851_09255428.jpg




f0337851_09300546.jpg




f0337851_09274164.jpg



となりのおばあちゃんがくれた釣り鐘草。
去年は白かったのに、今年はピンクが咲きました。
なぜ??
f0337851_09315387.jpg



うちの老犬、うみ。
FBに投稿したら「菩薩の顔ですな」とコメントいただいた(笑)。
何かをお悟りあそばせてらっしゃいます(笑)。
f0337851_09344779.jpg


・・・・・



さて、私がセラピーをしていく中でも、受け続けている中でも、

ポイントがずれていると、結果が出ないことがわかってきました。

その中で、人生を変えるために、次のステージの扉を開くために、

絶対避けては通れないポイントっていうのがあるんですね。

そこを逃げていては、いつまで経っても先に進めないで、ぐるぐる現状維持。



blogで何回も書いているんですが、

ここ、私のセッション受けてくださってる方にもポイントはずさない様に説明しています。


1、被害者意識を責任者意識に転換する

2、心の深いところにある罪悪感を解放する、手放す。

3、両親と繋がる(お母さんとの愛着問題がある人は必ず愛着を受け取れる様になること)

4、親に対する善悪のジャッジから離れること。ジャッジを越えた視点で親と向き合える様になること。

5、排除はうまくいかない。排除してくなるようなことほど心に居場所を作って統合していく。

6、人と悲しみや苦しみで繋がるのではなく、安心や喜びで繋がる、繋がり方。

7、外には何もない。全部自分の中にある。この感覚を養う。



例えば、

セラピーを沢山受けていても、結果が出ない人は、

「幸せ」に向かいたいし、それに対する努力(セラピーを受けたり自己浄化など取り組んでいる)をしているのに、

結果が出ないのは、

「幸せ」になることが、「親」や「家族システム」から切り離されてしまいそうで、

その恐れから、「幸せ」に向かえなくなっています。



なぜなら、その人の心の中の両親やルーツのイメージが、「苦しみ」や「不幸」となっているからです。

自分も同じように苦しむことで、両親やルーツと繋がっているので、

自分だけ幸せになることは、裏切り行為であるという感覚を無意識に持っています。



(ちょっと想像してみてください。両親が健康で幸せで心の中の両親のイメージが安心できるものだったら、
自分は幸せになることに抵抗が出てくるでしょうか?)




では、安心して幸せに向かえる為には、傷付いたインナーチャイルドに、

何が必要か?

なんですよね。



十分親と繋がった。

十分安心して繋がった。

いっぱいもらった。



という満足感です。



親がいなくてこの世に存在している人はいません。

みんな、生物学的には、一人の母親と、一人の父親を持っています。

これが真実、事実です。

これ以外は、私たちを迷わせるストーリー(物語)です。



ですが、私たちはこの「物語」に固着するあまり、

大事な真実、事実は見ないで、「物語」に夢中になります。

それによって、前に進めなくなります。




お母さんとの愛着形成ができていない人は、命との直結が切れています。

お母さんと十分安心して繋がっていないので、

別の形で繋がろうとします。

それが、お母さんと同じように苦しむことや、悲しみを共有することで、

苦しい繋がり方で繋がろうとします。



これは、沢山のクライアントさんを見てきて、本当にそうだな、と。

絶対外せないポイントなんです。

だから、私は月に一度、京都市内にアシスタントさんをお願いして、

愛着のセッションが必要な人を集めて、セッションを続けているんですね。




お母さんとの愛着を十分受け取った人は、

苦しい形で両親や、ルーツと繋がる必要がなくなるので、

そのとき始めて、別の繋がり方で両親やルーツと繋がることを選択できるようになります。
(苦しみ以外の繋がり方が選択肢に入ってくる)



別の繋がり方とは、

「命」で繋がることです。



っていうか、もうすでにもらっている、十分過ぎるくらいもらっているものが、

近すぎて見えない。

この恩恵と繋がる。



これは、物語以前の問題です。

物語では、あなたは愛されなかったかもしれないし、

物語では、両親から捨てられたのかもしれない。

でも、その物語に固執している限り、恩恵を見落として、自分が幸せになるチャンスをのがし続けます。




私の体の中で、一緒に心臓を打っているのは、誰か?

私の体の中で、一緒に呼吸してくれているのは誰か?

私の体の中で、一緒に栄養を吸収してくれているのは誰か?


全部自分一人でやってる気になっていませんか?

体は先祖から来ています。

自分の心臓が動くのも、呼吸するのも、栄養を吸収するのも、自分の意思で止めたり始めたりできません。

寝ている時も、勝手にやってくれているから、死にません。



自分が生きていることをやっているのではなく、

誰かの意思で、生かされているのです。



それが、命をくれた両親のエネルギー。

命を繋いでくれた先祖のエネルギー。

愛情が愛なら、それは制限された愛ですが、

私が言う愛は、この命の繋がり、営みです。



この恩恵に目が向けられたときに、本当の意味で感じた時に、

何か今まで感じたことのない次元のフィールドを感じるかもしれない。





9月18日(土)~3泊で開催の、ヨガ・瞑想・断食・お話会のリトリートでは、

上記に記した、次の次元の扉を開くために絶対避けて通れない7つのポイントを、

体験的に腑に落としていきます。



私も通った、この7つのポイント。

沢山の人に、次に続いて欲しいし、沢山の人とこの幸せを分かち合いたい。

そんな気持ちで開催するリトリートです。



9月のすずなりはずいぶん涼しく過ごしやすいかな~?


ヨガや瞑想、断食が始めての方でもご安心ください(*´∀`*)❤


皆さんのペースを見ながら進めて行きますのでね。




イベントの詳細はこちら←クリック





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_08394459.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓







[PR]
by kaoru-hasegawa | 2017-07-03 11:06 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)
本日のすずなり
カナダ人の友達が断食に来てるよ❤
f0337851_09433284.jpg
♡大好評「skype 心理セッション」

Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡2017年10月15日から「浄化療法」復活!!
すずなり京都に宿泊していただきながら、
美味しい酵素ジュースで断食
そしてチベットマッサージレインドロップを受け、
ビリーフチェンジセラピーで心もスッキリする、
あの人気メニューが復活します!

詳しくはこちら←クリック


♡すずなりの新しいHPはこちら←クリック
すずなりの空室・予約可能日 ←クリック

f0337851_16255867.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










今までは、周りの状況、自分の置かれた状況によって、

気分がアップ・ダウンしていたんだけど、

最近、ストーリーの外に出て見れるようになってからは、

周りの状況、自分の状況に関わらず、

いつも平安でいられるという、不思議現象が起こっています。




周りの人がイライラしてたり、

不安がっていたり、

取り乱していたりしたら、

昔の私なら、その感情を見て、自分が「反応」して、

恐かったり、私もイライラしたり、一緒に混乱したりしてました。



もう、これは自動反応なので、

どうしようもなかったし、

それは普通の事と言うか、

どうしようもない部分もあるんだと思っていました。



でも、最近、

例えば目の前の人が取り乱していても、

それは、その人の中で起こっていることで、

私の中では起こっていない。

私の中で起こっていることは、

それを見て「どう解釈するか?」という「考え」に心が反応しているだけだということが、

明確に解る様になってきたんです。



例えば、人にイライラされて、

自分も腹が立ってイライラしたとしますよね。

「あの人がイライラさせる!」と自分は思っているかもしれないけれど、

そうではないんです。



イライラしている人を見て、

自分がどう「解釈したか(受け止めたか)」の、

その「考え」に反応しているに過ぎないんです。



例えば、「イライラされて、《粗末にされてる》ような考えが私をイライラさせる」

のです。



相手が悪いのではなく、自分の「考え」に心が反応しているということ。

この自分の考えが修正されることで、

自分の反応も変わるのですね。




たぶん、私の中で、世界への「考え」が変化したので、

心もその「考え」にしか反応しなくなったというか。



もう、自分のストーリーも、他人のストーリーも信じられなくなっていて、

その奥にある汚れのない、魂の強さ、美しさ、完璧さが本当の姿であって、

それが感覚的に解ると、

今度はその「考え」に心が反応するようになるので、

いつも平安でいられるようになりました。




悲惨なストーリー、

残酷なストーリー、

自分に向かってくる怒り、

自分に向かってくる攻撃、



そういうものも、信じなくなってきてるというか。

もちろん、現実に起こるのは起こるんだけど、

結局は自分の反応は、「自分の中に生じた考え」に反応しているだけだらか。




攻撃されても、

「あぁ、この人は寂しくて魂の叫びをこのように現しているんだなぁ」と、

その考えに心が反応するので、

愛しか出てこないんですね。




あら、まぁ。不思議、という現象。





私たちは、「愛」か「恐れ」か、どちらかしか選べません。

自分が「愛」でいるとき、「愛」で返せる時、

自分は愛の人です。

パワーがあります。



自分が「恐れ」でいるとき、「恐れ」で反応しているとき、

自分は恐れの人です。

恐れの人にはパワーがありません。

その弱さによって、自己防御するために、

周りを攻撃します。




そういう心の仕組みを勉強してきたこともよかったんだろうし、

外の事は外に任せて、

私は自分の心の面倒をしっかり見ることをやることしかできない、

と、心底解ったのもよかったのかな。




外に見える人が、例えば苦しんでいたとして、

一番にできるのは、簡単に「かわいそう!」って反応して手助けするより、

その人を見て出てくる「私の考え」を修正すること。



「この人はダメな人、弱い人、助けてあげなければいけない人、運命に無力な人」という

「考え」ではなく、

「この人は自分で乗り越える力がある、この人は苦しい運命によって今磨かれているから今はしんどくても絶対大丈夫」

と、いう「考え」に修正すること。



そうしたら、不思議だけど、その人もその様に私の前に現れてくれるようになります。




心理セラピーのクライアントさんには、

とことん、この姿勢です。

もちろん、家族や友達に関しても。




私が誰の運命も背負えないということに、深く覚悟があるので、

その人の力を信じることができます。

簡単に繋がりたいからと、人の運命を背負ってしまう人ほど、

背負われた人も弱くなり、自分も弱くなり、弱さで繋がり続けるはめになることが、

よくよく解っているからです。




私が誰の運命も背負うことができない、という覚悟は、

その人の自分の運命を背負う強さや、

そこから良きことを生み出す聡明さ、創造力があるということを、

知っているからその覚悟ができるんだと思います。



一見残酷な人に見えるかもですが、

これが一番の存在へのプレゼント。







念のためですが、本当は腹立つのに、本当は悲しいのに、

「こう考えれば平安でいられる」という、感情の押し込み、抑圧の方法ではないのはご理解ください(*´∀`*)♪



自分が何に反応しているのか?世界をどう見ているのか?の、

私の中にある恐れをセラピーで癒していった先に、

たどり着いた今の状態です。



自分を使って、今も実験中ですが、

セラピーでここまで行けるんだ、とか、セラピーでどんな風に世界を見れる様になれるのか、という、

人体実験みたいなものです(笑)。

心のオタクですから。



なので、いつも同じ「考え」に心が「反応」しているなら、

それは、きちんとセラピーで癒して行った方が良くて、

抑圧にならないようにしていただいて、

でも癒していった先には、こんな平安も手にはいるんだなーという感じに思っていただけたらと思います。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_08394459.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓

















[PR]
by kaoru-hasegawa | 2017-06-30 10:55 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)
本日のすずなり
昨日は京都に出張セラピーに行ってました。
f0337851_18532985.jpg






♡大好評「skype 心理セッション」

Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡キレイ!かわいい!
「ハンドメイド・キャンドル・ショップ」オープン!
長谷川郁が一点一点時間をかけて作ったハンドメイド・キャンドルのWebショップを
オープンさせました!
とにかく楽しみたい!楽しいことがしたい!と思って始めたキャンドルショップ。
Webページは見てるだけでも「もえもえ❤」するので、是非のぞいてみてください❤


f0337851_15391190.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




相手を心配するとき、

相手は弱くなります。


相手を心配しているとき、それは愛かもしれないけれど、

それは弱々しい愛で、

容易に心配を向けた相手と心配した人はもつれ始めます。


そして、心配をされた人は、

心配というイメージに縛られ、

幽閉(閉じ込められる)されます。


こうやって、心配を向けられた相手も弱くなり、

心配している人も弱くなる。

弱さで繋がった、もつれた愛。




私たちが本当に相手に向けてあげなければいけない愛は、

強い愛。


例え相手が大変な境地にあったとしても、

そのストーリーの奥にある魂の強さに目を向けてあげること。

その運命を引き受けている強さを見てあげること。


例え大変な境地にあったとしても、その中にも相手の中の神聖(完璧性)を見て上げること。


これが、本当に強い愛。

弱さに引き込まれて、相手の悲しみを一緒に背負ってあげることではなく、

相手はその過酷な運命を自分の力で背負って、

そしてそこから良きことを作り出す強さ、賢さ、明晰さがあることを信じる力。



これは、高度な愛。

なぜなら、自分の中にもその強さや賢さ、明晰さがあることを信じられない人は、

相手の中にも見ることはできないから。


そして、苦しみから良きことを作り出して来た人は、

苦しみは決して「悪」ではないことを良く知っているから。



安心して、その人がその苦しみからなにかを産み出せる力があることを、

信じること。


その高度な愛を持てない人が、安易な弱い愛にもつれてしまう。

相手を可哀想と見たときに、

もうすでに相手を下に見ています。


可哀想な人なんてない。

みんな、完璧な体験を、いつもしているだけ。




パートナーシップ、親子関係、職場の人間関係。

全てに当てはまる、人との向き合い方です。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_08394459.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓








[PR]
by kaoru-hasegawa | 2017-06-12 14:22 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)
本日のすずなり
今日はOFFです❤
f0337851_12132059.jpg






♡大好評「skype 心理セッション」

Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡キレイ!かわいい!
「ハンドメイド・キャンドル・ショップ」オープン!
長谷川郁が一点一点時間をかけて作ったハンドメイド・キャンドルのWebショップを
オープンさせました!
とにかく楽しみたい!楽しいことがしたい!と思って始めたキャンドルショップ。
Webページは見てるだけでも「もえもえ❤」するので、是非のぞいてみてください❤


f0337851_12141811.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は伊丹空港まで主人を車で送って来ました。

たかしさん、宮崎出張です。
f0337851_12145245.jpg

2月にすずなりで開催した「ヨガ・瞑想・断食のゆるゆるリトリート」のイベントで、

ヨガ担当でご協力いただいた「うめざきみさ」さんが、

今回は主人にお声をかけてくださって、主人の「ファミリーコンステレーション」のワークショップを開催してくださいました。



なかなか、九州方面で、コンステレーションを受けれる機会がないそうで、

周りの方にお声を掛けてくださって、受けたい方、参加したい方を集めてくださいました。

地方の方、質の高いセラピーが受けられる機会がないと良く聞きます。

人数を集めてくださったら、このような形で出張も可能ですので、ご興味ありましたらご相談ください(^_^)。




主人から送られてきた宮崎県の写真。

f0337851_12225167.jpeg




f0337851_12234645.jpeg





f0337851_12241409.jpeg





・・・・・・・・・・・・・



先日、クライアントさんとのSkypeセッションで、「こんなに短時間で深く見れるんですね!」と驚かれました。

わたしとしては、いつもそのレベルで自分の心を観察しているし、

クライアントさんの心の中もそのレベルで見ることを心がけています。



たくさんのセラピーを受けてきたけど、効果を感じなかった方、

セルフセラピーをしているけど、なかなか効果を感じられない方、

是非、受けてみてくださいね。

一緒に自分の心の中に、何があるのかを見ていきますよ(*´∀`*)♪





・・・・・



先日、FBに投稿したものを、ここでもシェアさせてください(^_^)。





【次のステージへの避けては通れない道筋】


親へのジャッジがなくなると、心の中で親からの愛を受けとることができます。

親からの愛に十分繋がることができると、「決してお返しできないものを貰っている」ことが明らかになります。

「愛されなかったストーリー」の下には、そのストーリーが始まる前から、すでにある愛に気づく。

決してお返しできないものを貰っているスゴさに気がつく。

無尽蔵に溢れ出る愛に繋がったそのときに、次のステージの幕開け。

自分の中から溢れだして、与えたくて仕方なくなる。

人に与えた分だけ、自分が満たされていくという不思議な現象。(目の前の与えている相手は自分だから)



神はすべてを与え、見返りを求めません。なぜなら神は愛だから。

自分が与える喜びにシフトしたときには、周波数が神の周波数と一致しています。

だからその人は至福なんですね。



順番はこうなのに、親をジャッジし、親をジャッジしているから親の愛と繋がれてなくて、

親の愛と繋がっていないから満たされてなくて、

満たされてないのに「与えるとうまくいくそうだよ」というテクニックだけやっていると、

当たり前だけど結果はうまくいかない。


ものには順番があります。

土台が抜けていて、一番上の報酬だけ得ようとしても絶対無理。


親へのジャッジを手放し、そこに完全性(神)を見ること、

その一点だけに集中して取り組めば、あとは勝手にすべて転がる様に進んでいく。。



苦しみも神(愛)の現れ、悲惨な出来事も悲しいストーリーでさえも神(愛)の現れ。

ジャッジがなくなるということは、善悪の判断を越えたところで、事が起こっているということ。



それが見抜けないことが無明といい(明かりがないので迷い続ける)、見抜けることが真理という。





・・・・・・・・・・・



幸せになりたい、

悩みを解決したい、

と、セラピーを受けていても効果が出ない人、

あれもこれもやろうとしていませんか?


次のステージに行くために必要なことは、

あのビリーフを弱めないと、とか、

あのトラウマを癒さないと・・・ではなく、


私たちの根本の命の根元である、親に対する向き合い方を変えること。

親へのジャッジを手放すこと。


これ以外のことはやらなくていいくらい、ここがポイントになります。



とはいっても、簡単でないことは私もよーく分かっています。

私もセラピーを受けて3~4年かかっていますから。

でも、ここが深く腑に落ちてからの変化は凄かった。

だから、とっても大切なポイントです。



当然のことながら、親をジャッジしまくりの人は、人生がしんどいはずです。

なかなかセラピーを受けても変われない人は、

自分のビリーフやトラウマばかりに焦点を当ててませんか?
(もちろんここが大事な時期もありますが、ここばかり焦点を当てていても変化がない方は、
別のことをしなきゃいけないですね)


悩みやビリーフがなくなることがセラピーの目的ではなく、

その人が大きな愛に繋がること。

わたしのセラピーはそこに行きたい人と一緒に進んで行きます。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_08394459.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓








[PR]
by kaoru-hasegawa | 2017-06-10 13:39 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)
本日のすずなり
庭にしゃくなげが咲いたよ!
f0337851_10505084.jpg






♡大好評「skype 心理セッション」

Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡キレイ!かわいい!
「ハンドメイド・キャンドル・ショップ」オープン!
長谷川郁が一点一点時間をかけて作ったハンドメイド・キャンドルのWebショップを
オープンさせました!
とにかく楽しみたい!楽しいことがしたい!と思って始めたキャンドルショップ。
Webページは見てるだけでも「もえもえ❤」するので、是非のぞいてみてください❤

f0337851_10524138.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



たまに、こういうクライアントさんがいます。


「どうしても、どうやっても、親を尊重できない!(親を許せない!)」。


何度もこのblogで取り上げて来たので、

ずっと読んで下さっている方は、「親を尊重できないと何が自分に起こるか?」ということを、

よく解ってくださっていると思います。


親への怒り、親への憎しみが深いクライアントさんにも、

その思いを持ち続けることで、自分の人生を幸せに向かわせることは難しいので、

まず、その思いを手放す様に、セッションをしていきましょう、と、お話します。


ご自身も、重々分かっていても、

どうしてもバカにしてしまう、

どうしても親が欠陥人間に思えてしまう、

どうしても親の生き方など、許せない・・・・



という方もいらっしゃいます。




一体何が起きているのか?



こういうケースの方に全て当てはまるかどうかは分かりませんが、

隠れた力動としてそこにも「愛」があったりします。




・・・・



まず、親を下に見て、バカにしたり、親を分析したり、親を尊重できない(許せない)ということが、

自分の人生を破滅に追いやると分かっていても、

親に対して謙虚になれないのは、

自分も親と同じように「破滅したい」という隠れた衝動があるときです。



その方が、親をバカにしたり、下に見たりするくらいなので、

クライアントさんのお話を聞いていたら、

やはりクライアントさんの親も、苦しそうな感じ。

っていうのは伝わって来ます。


ギャンブルや、お酒や、何かの依存症などの破滅衝動や、

心が繋がれない、話が通じない、ここに居るのに心ここにあらずで、いない感じがする、とか、

分かりやすく虐待や、子供を全否定するなど、


相当苦しい状態で育って来たんだな~、というのは伝わってきて、

そうやってお子さんを愛せなかったり、自分の体や人生を大切にしていない両親を見て、

クライアントさん自身も、親の苦しさみたいなものを直感で感じ取っています。



そういう場合、

セラピーで明らかになるのは、

その親自身が、大きな苦しみの運命の元に居ること。

何かにもつれざる得ない状況にいることが明確になり、

それをクライアントさんがセラピー上で直面したときに、

実は親がダメに見える行動や言動の裏には、そうならざる得ない運命の重荷が、

背後にあることが見え、



そして、ほとんどの方は、親の見え方が変わります。

ほとんどの方は、泣き崩れ、親がなぜそうなっていたのかの裏の心理が見え、

自分の傲慢さ、尊大さを修正されます。



親がその家系や先祖から来る「重荷」を背負ってくれているからこそ、

自分が背負わなくていい。

親がそれをキャンセルしていたならば、自分が背負うことになっていたかも知れない。




そこに親の隠れた「愛」が見えたとき、

私たちは、その愛に報いるため、自分の人生を粗末に生きることをやめます。

親からもらった自分の体や、人生を、最大限に生きることが、

親への愛に報いることだということが、もう明らかに直感的に見えるからです。

親の大きな愛を見てしまったら、

その道に行かざるを得ないからです。





ここで、親への怒りにとどまる人がいます。

この親の愛に直面しても、謙虚になるどころか、

まだ怒り続ける人の中で、何が起こっているのか?



一つは、先程お伝えしたように、

「私もお父さん、お母さんと同じように、破滅の道を歩みます。愛によって。」

という、誰も喜ばない愛に流されているとき。



もう一つは、

「お父さんお母さんの大きな愛に、耐えられません。大きすぎて私は受け取れません。」

という、これも親の犠牲が無駄にされる、誰も喜ばない愛に流されている時です。




親は犠牲になってくれました。

親は背負ってくれました。

子供への愛のために。

人生で受け取れる喜びや、豊かさや、安心や、愛情や、信頼をキャンセルしてまでも。




そこにあまりにも大きな愛を見てしまったら、

親の愛に「ひれ伏す」か、「怒る」かを、人は選びます。



親の愛にひれ伏した人は、神の愛が分かるようになります。

親は神だったんだ。。。。と、そこには愛しかなかったんだと。



そして、「怒る人」は、自分が「勇気を持って親の愛に報いること」から逃げ回ります。

自分の見ていた「ダメな親」のまま、イメージを固定しておいたら、

自分の魂は成長させる必要がないからです。

光に向かって進んで行く必要がないからです。






本当に、大きな愛に直面したときに、私たちは恐れおののきます。

自分には受けとる価値がない、ということにして、

愛から逃げ回ります。



なぜなら、自分はその愛を受け取れるだけの人間ではないことを、

どこかで知っているからです。

そして、その大きな愛を受け取れるだけの人間に成長する!という決断もできないのです。

なので、逃げ回り、親をダメだということにしておけば、

自分は変わらなくていいからです。




愛がほしい、愛がほしいと、よく言いますが、

本当の大きな愛に触れたときに、

私たちは泣き崩れ、ハートが痛くなります。

自分がその愛を受け取れるだけの人間に、

大きく成長する道を歩まざる得ないことが明確になります。




親から自立し、誰の責任にもせず、リスクを負う覚悟をし、

自分の豊かさ、賢さ、誇り高さ、愛の大きさ、有能さ、可能性を、

人生で創造していく、

本当の自分を生きる、次のステージの幕開けが、自動的に起こります。




そして、大きく成長するということは、未知の世界に入っていくこと。

潜在意識が一番恐れることです。

見たことのない、経験したことのない世界は「危険」だと、潜在意識(インナーチャイルド)は、

思っていますから。





親に怒り続けている人の信じているストーリーには、

真実はない。

表面上流れているストーリーの下に、必ず「愛」があります。

そこを見ることは、ある人にとっては、

とても恐ろしいことなのかも知れませんね。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_08394459.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓













[PR]
by kaoru-hasegawa | 2017-06-03 12:04 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(2)
本日のすずなり
本日1泊の断食のお客様がお帰りになりました。
f0337851_09091249.jpg






♡大好評「skype 心理セッション」

Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡キレイ!かわいい!
「ハンドメイド・キャンドル・ショップ」オープン!
長谷川郁が一点一点時間をかけて作ったハンドメイド・キャンドルのWebショップを
オープンさせました!
とにかく楽しみたい!楽しいことがしたい!と思って始めたキャンドルショップ。
Webページは見てるだけでも「もえもえ❤」するので、是非のぞいてみてください❤


f0337851_09074819.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



私がセラピーを担当させていただくクライアントさんは、ほとんどが女性の方です。


セラピーにいらっしゃる(Skypeの申し込みも含め)方のほとんどが、

結婚できない、パートナーがいてもうまくいかない、

このお悩みです。



そして、ほとんどの方が、幼少期に仲の悪い両親の元で育っていらっしゃいます。



子供の目から見たら、

お父さんが悪い人(お酒飲んで暴れる、借金する、外に女性を作る、家庭に無関心)で、

お母さんが良い人(我慢強く、耐える人、もらうことなく与える人)

の場合が大半です。




こういう家庭で育つと、(私もこのパターンの家庭でしたが)、

大人になってから、幸せになるのが困難なので、

様々なセラピーや、癒し(ヒーリング)や、占いにはまる人もいます。



そして、いろんな所をまわって、言われることが、

「あなたが結婚できないのは(もしくは異性とうまく行かないのは)お父さんとのトラウマが解消してないからです」

です。




お酒を飲んで暴れるお父さん、

ギャンブルにはまり、借金するお父さん、

外に女性を作って浮気を繰り返すお父さん、

家庭に興味がなく、仕事ばかりで家にいないお父さん。

=悪い人、加害者、



と、表面的に見たら、そのように見えるからです。




ですが、占い師、カウンセラー、ヒーラーにそう言われて、

お父さん問題に取り組んでも、

いっこうに人生に変化がない、という方もたくさんいらっしゃいます。




男性が恐いのはお父さんが恐い人だったからだ。

男性を憎いのはお父さんを憎んでいるからだ。

男性とうまくいかないのはお父さんと心の中で和解してないからだ。



と、今現在、大人になってからの男性問題は、

お父さん問題が根っこにある、

お父さんを目の前の男性に投影しているからだ、



と、シンプルに考えるとそう思う人も多いと思います。

私もそう思っていましたから。



そこをセラピーなどで扱って、そこにある痛みを癒すことで、

結果が出るなら、それが原因なのでしょうが、

私が担当するクライアントさんは、そこを扱っても結果が出なかった人が、

諦めきれずに何かを探していらっしゃいます。




ここでの問題は、

「実はお母さんと自分との関係なんだ」

ということが、盲目になって見えない人が多い、ということ。




表面的に見たら、

お父さん=悪い人、加害者

お母さん=いい人、被害者



で、わかりやすく、お父さんへのトラウマ、お父さんへの憎しみを扱ったら、

今現在の男性問題が解決しそうに思いますが、




女性が、女として幸せになろうとしたときに、

お母さん問題は避けて通れません。





こういう女性は、お母さんを大変大切にしています。

幼少期にお父さんに粗末に扱われている、可愛そうな心象風景を今も持っているので、

お母さんを助けたい、

お母さんを幸せにしたい、

お父さんがお母さんにしてあげなかったぶん、自分がしてあげたい、

というように、

大人になってからもお母さん孝行で、お母さんを保護する形で関わっている人もいます。




・・・・・・・



セラピーで明るみになることで、

ショッキングなことですが、

お母さんが死の衝動を隠し持っているとき(本人も気づいてない場合もある)、

心は死に惹かれているとき、

死にたくなるような苦しい人生を自ら選びます。

自分を粗末に扱う様な男性を結び付き、苦労をし、絶望を味わいます。




そして、子供がお母さんの中に「死に対する衝動」があることに、

深い所で知っているため、

子供はお母さんをその運命から助け出すために、

自分の人生を全力でささげ、自らの幸せや人生での喜びを放棄します。

お母さんを助けられなかった罪悪感で、

自分も結婚や暖かいパートナーシップを遠ざけます。




お母さんが女としてお父さんに大切にされて幸せじゃかなったのに、

自分だけお母さんを越えて男性に大切にされてはいけない。


お母さんを死から助け出すために、

わたしは自分の人生を捧げてお母さんを救いだします。





このようなインナーチャイルドの誓いが解除されていないと、

パートナーができてもDVにあったり、

浮気をされて大切にされなかったり、

旦那さんの借金で困ったり。




自分が加害者となることではなく、

お母さんの様に被害者の立場を無意識に選ぶことで、

お母さんの苦しみと同じ苦しみを味わいます。




お母さんを愛するがために。






・・・・・・・・・



ビリーフチェンジセラピーで、お母さんへの怒りを感じれない人、出せない人に多いのが、

お母さんが死の衝動を持っていること。

そのお母さんを助けるというインナーチャイルドの誓いが解かれていないこと。




楽になったお母さんになら自由に感情を出すことができます。

クライアントさんが自由にお母さんに対する感情に触れられるように、

お母さんが楽になるワークを先にします。
(クライアントさんの心の中のお母さんのイメージを楽にするということ)





わたしは子供で、お母さんは大人、

わたしはお母さんを助けなくていい、お母さんの人生を背負い込まなくていい、

お母さんの幸せに責任を持たなくていい。



この感覚が心が受け入れ、

そして、お母さんを助ける対象として見るのではなく、

お母さんの強さの元に自分が生を受けたのだという真実としっかり繋がることで、

クライアントさんは、男性と心地よく繋がることを自分にようやく許可することができます。






ただ、お母さんが不幸だった、より、

お母さんの中に「死」がある、「死を見ている」という場合は、

お母さんとの融合はさらに強くなり、インナーチャイルドがそこから離れない決断をしていて、

自力ではなかなか結果が出ない場合があります。




ですが、案外セラピーでは簡単にこの問題は解決できます。

なぜなら、クライアントさんの中で盲目になっている場合が多いから。

お父さん問題ばっかり着目して、

実はお母さん問題だったんだ、しかもお母さんは死の衝動を持っていたかもしれないのだ、

だからお父さんの様な暴れる男性を選ぶんだ、

全部お母さんの思いが叶っていたんだ・・・・・



ということが見えてくると、

今までのモノの見方が、ガラッと180度ひっくり変えるからです。



お母さんの思いは100%叶っていたことがわかれば、

助ける必要もなく、そっとしておいてあげることができるという、

あとは自分の心の問題だけにしっかり取り組めば良いことがわかるから。



誰かを変えよう、誰かを助けようとすることにエネルギーを注いでいたのを(方向性が間違っている)、

自分を変える、自分を救うことに集中すれば、

結果が出るのは早いです(方向性が間違ってないから)。





そして不思議なことは、

お母さんを助けることを諦めた方が、

なぜか現実世界のお母さんもその人の心象風景から解放されて、

幸せになり始めるという。




わたしたちは、そうやって自分の中のプログラムされた心象風景によって、

表面上は縛り付けあって、役割を演じているし、演じさせられています。

愛によって、苦しい役割も引き受けます。

お父さんが悪役をやっているように。




お父さんが悪役を引き受けているのは、お母さんの死の衝動があるから。

お母さんが心のどこかで死にたがっているから。

お母さんが犠牲者のストーリーを持っているから。




こうやって、物事をひっくり返して、反対から見てみることで、

解決の糸口が見えてきます。




本当は愛によって、この悲惨なストーリーが支えられていることが分かれば、

誰も悪者はいないし、誰も本当の深いところでは傷ついておらず、

安心して、自分や他人を見てあげることができます。




そして、今度はその安心と信頼に基づいた心象風景が、

あなたの人生に現れはじめます。






(ワーク1)

幼少期の頃の自分にゆっくり戻ります。

その頃の若いお母さんをイメージしてください。

お母さんはわたしを見ていますか?

お母さんは背中を向けていますか?

お母さんの表情はどんな表情でしょう。



それを見ているわたしは、何を感じていますか?



あまり良い感じがしない人は、

試しにお母さんにこう言ってみてください。

「お母さん、死なないで。」




何か心は反応しましたか?

もしくは、全くそんな感じはない様ですか?




もし、ピント来る感じがした人は、

ご自身が人生で女性として幸せになれない原因が、そこにあるかも知れません。

様々なセラピーを受けても、結果が出ない方は、

ご連絡ください。


何かお役にたてるかも知れません。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_08394459.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓











[PR]
by kaoru-hasegawa | 2017-06-02 10:09 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)
本日のすずなり
今日は大阪で個人セッションでーす(^_^)❤

f0337851_13140604.jpg




♡大好評「skype 心理セッション」

Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡キレイ!かわいい!
「ハンドメイド・キャンドル・ショップ」オープン!
長谷川郁が一点一点時間をかけて作ったハンドメイド・キャンドルのWebショップを
オープンさせました!
とにかく楽しみたい!楽しいことがしたい!と思って始めたキャンドルショップ。
Webページは見てるだけでも「もえもえ❤」するので、是非のぞいてみてください❤

f0337851_16034021.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年の1月に、始めて中澤浩三さんの「お金に関するビリーフを外す」セッションを受けました。

その時のblogに、こんなことを書いていました。



・・・

「お金」は「お金」以上でもなく、以下でもないのに、

わたしは「お金」と「親の喧嘩」をくっつけて、

「お金」に不必要なストレスをくっつけていました。




このことがきっかけで、

「お金って何なんだろう?」って深く考えるきっかけになりましたね。




もともと仕事が好きなので、

仕事をすることは苦痛じゃない。

そうすると、どんどんお金は入ってくるんだけど、

欲がないので買い物もあまりしないから、

お金はたまっていく。

欲しいものがあるから、お金が欲しいのではなくて・・・。




昔は「稼げる」=「自分の価値」

と結びつけていたけど、

今では稼いでも稼げなくても自分には価値があることが重々分かっているので、

自己重要感を上げるためにお金が欲しいわけじゃない。



・・・じゃあ、お金って私にとっては、一体なんなんだろーーー・・・

と、結論のない考えが私の中に入ってきて、

脳みそがシェイクされています(笑)。




お金って毎日出したり入ってきたりしてるのに、

正体が分かっていないという不思議さから、

自分の中で哲学してみたくなってきました。




無意識に避けていたお金についてのこと。




ちょっと、掘り下げてみるのも面白そうだなぁ、という、

気付きをいただけたセッションでした!





・・・




1回目では「お財布の中身を確認できない」という悩み。

2回目では「貯金が貯まってくると居心地が悪くなってガツンと使ってしまう(独身時代ですよ!)」という悩み。

3回目では「お金を必要以上持っていると、傷つけられる、奪われるという感覚が出てくる」場面。

4回目では「女が稼ぐと女として幸せになれない」という思い込み。


を、扱ってもらいました。



1回目のセッションのあとに、上記の文章の様に、「お金って何なんだろう?」という疑問が湧いてきて、

今年1年でこの疑問をクリアするつもりでいたのですが、

実は3回目のセッションのあとに、主人と「お金って何なんやろなー」という話をしているときに、

「私にとって」の「お金の定義付け」が完了したんです。


これは、とっても「すーーーーーっ」っと気持ち良かった体験でした。

「あぁ、そうか。お金ってそうなんだ!」と腑に落ちました。




これは、もちろん「私にとって」の「お金とは?」論なので、

他の方は自分なりの「お金とは?」論を持っていて当然良いことですし、

100人いたら100通りの「お金論」があると思います。



私は、他人のお金論を自分に採用したくなかっんです。

本屋さんに行けば、お金についての本は山ほどあります。

「お金は愛した人に寄ってくる」とか、

「お金はエネルギーです」とか、

「お金は回さないと水と一緒で腐ってしまいます」とか、

色々お金論ってあるじゃないですかー。



全部、真実じゃないよなー。。。ってどこかで思ってて。

それって、お金に対しての個人のビリーフ(思い込み)であって、真実じゃない。



お金は善でも悪でもなく、中立なものなはず。


中立なものなはずなのに、悪いストーリーで汚れたイメージを持たされてたり、

はたまた、お金で助かったり助けたりの、良いストーリーで崇高なイメージが持たされていたり、


それもまたどっちでも無いような気がしてて、しっくりこない。



両親がお金で喧嘩ばかりしていたので、

私にとって、お金について考えることを無意識に避けていて、ちゃんと考えて来なかったんです。



それでも困ったこともなく、生きてこれたし、

まぁ、いいか、と言った感じでした(笑)。






3回目のセッションが終わった後で、主人に、

「なーなー、お金って何なんやろー?」って聞いたら、主人は、

「お金は昔貝殻やってんで」と。



「・・・は?貝殻?」

f0337851_16283588.jpg



昔はお札やコインの代わりに、貝殻を使っていたそうです。

例えば、この貝殻1個で、野菜と交換。

この貝殻10個で、1日の労働力として交換。

こんな感じだったんでしょうか??




そして、物が増えて、貝殻が足りなくなったときに、

コインやお札ができ始めたんですって。




貝殻は海に行けば落ちているし、

コインやお札も、そのものには価値がない。

コインやお札があっても、交換しなければ、それでお腹を満たすことすらできない。

でも、パンはお腹を満たして人の命を救ってくれます。



ということは。



お金は何かと交換したときに、始めて意味のある働きをするってこと。

↑これは、ビリーフではなく、真実に近づいた感じがしますねー。

この辺でかなりスッキリ!




何かと交換しないで、札束で金庫にしまってあっても、なんの価値も生み出さないということ。

人間が札束を見た時に興奮するのは、この札束(ただの紙切れ)を何かと交換することを想像して、

興奮するってことなのかー。

(ハワイに行ってかわいこちゃんとデート・・とかの想像?)




そして、交換のことを考えてみたんだけど、

交換した先に、何があるのかというと「体験」だということが分かりました。




260円出して、コーヒーを飲むという体験。

ドトールのコーヒーなら260円で良いけれど、もっと美味しい体験をしたかったら、

ホテルの900円のコーヒーを頼みたくなるわけです。

そうすると、「お金がもっと必要!」となるわけです。




ペンを買うのも、紙に何かを書くという「体験」をするために、お金とペンを交換する。

体が疲れたら、「マッサージでほぐされる」という「体験」をしたくて、お金とマッサージを受ける「体験」を交換する。




・・・ってことは、「体験」が必要ないひとは、お金はそんなに必要ないということ。

でも日本に住むという「体験」をするために、税金を払わないといけないんですけどね、最低限は。




セラピーを受けるためにお金を払ってくださるお客様は、「体験」を求めてお金と交換に来られる。

すずなりに断食にいらっしゃる方も、断食の「体験」、健康になるという「体験」とお金を交換にいらっしゃる。




そうかぁ。人間がお金を必要としている訳が、ちょっとわかったぞ。




人間は、体験をせずにはおられない生き物なんだなーということ。




動物とは違って、同じものでは飽きてくるし、

向上心があって、違う体験を求めている生き物。


ここにお商売の秘密も隠されているのが分かりました。

お商売を上手にされている方は、魅力的な人間が興味を持つ体験を売られているんだなーって。



例えば、ダイソンの掃除機。

ちょっと他の掃除機よりも高いですわな。

うちはダイソンですが、やっぱりすごい良いのです。

他の掃除機より2万くらい高かったけど、デザインもかっちょいいし、

吸引力が良くて、清潔にお掃除できます。



最近テレビで見たのは炊飯器。

高いんですよ、高いんですよ、でもご飯が冷めても美味しいそうです。

保温機能が付いてなくても、高くても、デザインも素敵で、

売れるんです。



そういう体験を求めている人がいるから、なんですねー。






おしゃれも体験、ご飯も体験、読書も体験、今PCに向かってblogを書いているけれど、

これもPCを購入するためにお金があって、お金がなかったらこの体験を交換できなかったわけで。




「なんで働かなければいけないんだろー」→「人間は体験をする生き物だから、交換する貝殻(お金)が必要」

「なんでお金で人が殺されたりするんだろー」→「体験したい人間は自分で働いてお金(貝殻)を得るか、他人から奪うかしか方法がないから」

「お金が無くなったらどうなるんだろー」→「体験を豊富に選べなくなる。今あるものでも十分体験できるけれど、土と種がなければ食物を作れないので、食べ物と交換するお金(貝殻)がなければ死ぬこともある。でも国が命は保証してくれるので、国がお金(貝殻)をくれるから、死ぬことはない。ただ、贅沢な体験はできなくなる」




・・・ってことが分かりました(笑)。ながーい(笑)。




お札をみて、目をギラギラさせているのって、なんだか変ですよね。

貝殻みてもギラギラするのかしら。




どうやら私たちはお金にまつわるイメージを見て興奮したり、


嫌な気持ちになったり、ただそれが起こっているだけなんだなーと思って、


お金に正体が分かって、とっても安心しました。





私が見つけたお金の正体は、「体験と交換できるもの」、でした。





とってもニュートラルで真実を付いてる感があって、この考え方が気に入ってます。


だから、体を壊すくらい働いたり、

働きすぎて過労死したり、

全く意味がないというか、おかしなことやってるんですよ。



だって、体壊したり、過労死したら、体験自体ができなくなるじゃないですか(笑)。

まぁ、病院に縛り付けられる体験は、必死で働いたお金(貝殻)と交換で得ることはできますけど。

死んだら、もともこもないですからね。




「お金!お金!」って目の色変えて大事な何かを見失わない様に、

きちんと実態を知っておく必要がありますよね。




人間は動物と違って、成長、進化、する生き物だからこそ、

どんどん、新しい体験が必要なんだと思います。

5年前の日常での体験だったら、たぶん今は物足りないと思います。

なので、5年後も今よりもっとグレードアップした体験をしている気がします。





あとね、もうひとつは、お金は「愛」。

特に親の「愛」だったなーと。

親が家にほとんどいなくて、働いてばかりで甘えさせてもらう時間も、一緒に遊んでもらう時間もなかったし、

お母さんのことを思い出すと「忙しいから無理!」っていうイメージばっかりが残っているけど、



大人になった今はわかります。

お母さんが家族を大切に思っていたからこそ、働いてくれて、お金(貝殻)のおかげで、

私たちは食べさせてもらえたし、学校も行けた。

自分でお金(貝殻)をもらってくることができなかった子供時代は、

親が子供の分までお金(貝殻)をもらうために外で働いてくれていたんだ、ってこと。



うちは貧乏だから、って文句が多かったけど、

お母さんの小さい体ひとつで稼いできたお金(貝殻)には、

家族への愛がいっぱいだったんだと気付きました。





お金(貝殻)はお金(貝殻)でしかなく、それ以上でも、それ以下でもない。

お金に沢山のストーリーや思い込みがくっついているけれど、

機能としては「体験と交換するもの」でしかない。




これが分かっただけでも毎月セッションに行って良かったなー❤って思います。




長くなりましたが、「お金ってなに?」を皆さんも追求されてみたら面白いと思いますよ♪





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_08394459.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓





[PR]
by kaoru-hasegawa | 2017-04-28 16:16 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)
本日のすずなり
今日はオフ。お庭に咲いているお花を活けて。
今日はのんびり過ごします。
f0337851_11341231.jpg





♡大好評「skype 心理セッション」

Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡キレイ!かわいい!
「ハンドメイド・キャンドル・ショップ」オープン!
長谷川郁が一点一点時間をかけて作ったハンドメイド・キャンドルのWebショップを
オープンさせました!
とにかく楽しみたい!楽しいことがしたい!と思って始めたキャンドルショップ。
Webページは見てるだけでも「もえもえ❤」するので、是非のぞいてみてください❤

f0337851_22385316.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



昨日は、新大阪で、中澤浩三さんのお金のビリーフを扱う個人セッションに行ってきました。




毎月受けて、今回で4回目。



今までのセッションの様子を書いたblogはこちら↓




今回、扱っていただいた悩みは、

「女が稼ぐと幸せになれないという気持ちが、苦しい」ということ。



これは、まるっきり、両親のイメージだということは、分かっていました。

母は、

働かずにパチンコばっかり行って、お金を失って帰ってくるお父さんと、

私と姉を一人で稼いで養ってくれました。



幼少期ながら、それがおかしいと分かっていました。

母は辛そうで、いつもお金のことで両親は喧嘩していました。



父はどれだけお金のことで家族に迷惑をかけても、パチンコはやめられないし、

まともに働くこともできない人でした。


よその友達の家庭を見ても、

「男(父親)がしっかり稼いで家族を守る」

っていう家庭がほとんどで、共働きの家庭があっても、

男(父親)が働かないで、女(母親)が一人で働いて父親が協力しないなんて家庭はなかったので、



うちの家庭が特殊であることは、なーーんとなく分かっていました。



よく、お母さんがしんどそうだったので、

「なんでお父さんは会社に勤めないで、パチンコばっかり行くの?」

って聞いて(問い詰めて)いました。


でも、返ってくる言葉は

「仕方ない。これしかできない」

でした。




そんな両親を見て育った私は、

「お母さんが稼いでくるから、お父さんが甘えるんやん!(お父さんがダメ夫になるんやん!)」

って思ってました。



「お母さんが働いて稼ぐ」=「お父さんも働いて稼ぐ」=「家族のお金が増えて豊かになる」

という図式ではなく、

「お母さんが働いて稼ぐ」=「お父さんはそれに甘えてダメ夫になる」=「女は不幸になる」



みたいな図式が私の頭にインプットされていました。





それが、今、仕事を始めて、稼ぐ楽しさも覚え始めているのですが、

「私が稼ぐ」=「夫が稼ぐ意欲を無くす」=「私は女として不幸になる」

みたいな恐れが、心の片隅にあって、

稼ぎたいというアクセルを踏みながら、女として不幸になるかも!というブレーキを踏んでいる状態で、

どうも、しんどい。




無邪気に「稼ぐぞー♪」となれない。




それを今回、気にせず仕事に集中できるようになりたい!という目標を持って、

セラピーを受けました。





小学校4年生くらいの私が出てきて、

女として幸せじゃないお母さんへの未完了の気持ちが沢山出てきました。

働かないお父さんへの怒りも。

それはセッション受ける前から何となくあるのは感じていたことでしたが、

お母さんが不幸そうだから、お母さんが働くのをやめてお父さんが頑張ったら良いのに!って思ってたけど、

もしお母さんが楽なポジションに入ったら、お父さんも働かないから、家族が崩壊する!っていう「恐さ」、

どうしようもない手の施しようがないような「恐さ」が出てきて、中澤さんに手伝ってもらって、

解放しました。



これは新たな発見でした。




お母さんはお金の苦労を一人でしょいこんでる。

お父さんは自分が働いて助けようともしない。

それをただ見てるだけしかできなかった恐さ。



この未完了を完了させて、

「これはお父さんとお母さんの問題であって、私と主人がこうなるとは限らない」

という確信を得て、セッションは終わりました。




「稼ぎたい」というお金に対する可能性をもっと伸ばしたい!という意欲と、

「女が稼ぐと、男がダメになって、女として幸せになれない」という抵抗の葛藤が、

いつもあって、「稼ぐか」「稼がないか」問題で、いつも迷いが生じてスッキリしなかったんですが、



答えは「A(稼ぐ)」「B(稼がない)」か、ではなく、「C(どっちかではない)」という、

「A」「B」を越えたどちらでもないものが、

セッションの最中に、ふっと頭にひらめいて来ました。


それは、


「主人を信頼する」


でした。



主人は私のお父さんでもないし、

私はお母さんでもない。


両親の生き方を見てきて、その場面にまつわる恐れや悲しみや怒りを、

いっぱい溜め込んでいたからこそ、

その感情を完了させるために、大人になった今も、両親と同じ様な体験をしようと、

無意識は働いてくれていただけで。


その未完了を完了させた今は、

もう同じ道を行く必要もなくなったので、

清々しく、稼いでも大丈夫、女として幸せにもなれるし、夫もダメにならない!という、

安心感が心の中に芽生えました。






ほんとうに、ビリーフって、たんなる「思い込み」です。

主人はしっかり稼いでくれます。

家族を金銭面でも支えてくれます。



なのに、そんな風になるかも!って「思い込み」があるって怖いですよね。

で、その思い込みを持っていると、相手もその思い込みが真実であることを証明するように振る舞ってくれます。

本当は出来る人であっても、私の信じているストーリーが完成するように、

振る舞ってくれるようになるんです。



私の幼少期の痛みを持ち続けている限り、

それはいずれ証明される方向性に人生が流れ始めます。





今、主人も仕事が乗っていて、楽しいそうな時です。

なので早めに私がこのビリーフをはずしておいて良かったです(*´∀`*)❤



セッション後に中澤さんと。
泣きすぎて目が腫れてます(笑)
f0337851_20401128.jpg

中澤さん、今回も丁寧に感情を扱っていただいて、有難うございました!


私にとって、いろんなストレスをくっつけていたお金ちゃん。


ずいぶん思い込みを外せたので、次のステップを紹介してくださいました。

まだまだ引き出しがあるようです、すごい。



一番私が受けて良かった!って思うのは、

「お金ってなんだろう」という疑問が解消されたことです!



これは次回のblogで書きたいと思います。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_08394459.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓






[PR]
by kaoru-hasegawa | 2017-04-27 11:34 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)
本日のすずなり
お客様が撮影してくださった1枚。
主人と犬と。
f0337851_09142798.jpg




♡大好評「skype 心理セッション」

Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡2泊3日「次のステージに上がりたい人!はい!いきますよー❤
タロットとビリーフチェンジがお手伝いします!古民家リトリート」
タロットとビリーフチェンジで、女性の幸せを応援します❤
なかなかステージが変わらない人、幸せに一歩踏み出せない人。
タロットの先生をお招きしてのコラボリトリートです❗
4月22日(土)~女性のみ限定4名募集❤ ←満席になりました❤
           キャンセル待ちのみ受け付け中

詳しくはこちら←クリック


♡キレイ!かわいい!
「ハンドメイド・キャンドル・ショップ」オープン!
長谷川郁が一点一点時間をかけて作ったハンドメイド・キャンドルのWebショップを
オープンさせました!
とにかく楽しみたい!楽しいことがしたい!と思って始めたキャンドルショップ。
Webページは見てるだけでも「もえもえ❤」するので、是非のぞいてみてください❤

f0337851_09155917.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


愛着のセッション2回目のYさまからのご感想です。




・・・・



前回の愛着セッション受けた後からだと思いますが、
仕事での集中力が増したこと。
幹を見て、枝を見ないという感じ。
幹の中の大切なものを見られるようになったということでしょうか
目をそらさなくなった感じがします。
忙しいこと。めんどくさいことを後回しにしなくなった感じがします。

以前は、大事なことから目をそらせて、、
ふと思いついたことに気を取られていましたが、
今は頭に思い浮かばなくなったし、
思いついても気にならなくなった。
なので、ある人は、冷たくなったという人もいるが、
「知ったこっちゃない」です。

自分を大事にすることができなければ、
人を構うなんて偉そうなことはできません。

揺れ戻しを感じつつ
中庸に近づいていくのだと思います。

そういえば、私、よく、「知らねえよ、そんなこと。」って
言ってたことを思い出しました。
本来の私が本性を現してきたのかもしれません。

沈みかけた船が、隣の沈みかけた船を助けようとして、
一緒に沈んで行ってしまう光景が目に浮かびますが、そんなことをしていたのだろうと思います。




Yさま、ご感想有難うございました(^_^)。


Yさまの今回扱った愛着の内容は、

「愛を求めてはいけない」でした。

お母さんに愛を求めても、もらえない・・・この絶望感に向き合ってもらいました。

結構この絶望感はセッションで出てきますね。

あまりにも辛いので「なかったこと」にしている人がほとんどですが、

他の他のビリーフを扱って行って、

段々楽になってきたときに、

ようやくこの「痛み」に触れられる心のキャパが育ってきて、

この「絶望感」を見る準備ができた時に扱うことが多いです。




自分を大事にすることができなければ、
人を構うなんて偉そうなことはできません。





今まで、どちらかというと、

自分を犠牲にして、周りの幸せのために行動されていたYさま。



自分は満たされていない状態で、周りのために行動するので、

もちろんどこかでは疲れていたり不満が残ります。



自分が満たされて初めて、犠牲でなく人に与えることができます。

なので、「まずは自分」。



それが、今まで頭では理解されていたと思いますが、

ようやく体と心が受け入れ始めた感じですね❤




そして、今回のセッションで、怒りを感じることに許可が出たようです。




そういえば、私、よく、「知らねえよ、そんなこと。」って
言ってたことを思い出しました。
本来の私が本性を現してきたのかもしれません。




その感じが、この文章から伝わってきますね。

遅れてやってきた「反抗期」ですね!

良い感じ。






怒りを使って自分を守るということが、今までできなかったYさま。

怒りが使えないから、人との境界線も引けない。



過去で言えば、愛情を求めても求めてもくれなかったお母さんにたいして、

小さいYさまは、本当は怒って当然なんだけど、

怒りを抑圧して、「絶望」を感じ続けていたことで、

問題が解決に至らなかったということがありました。



なので、お母さんが可愛そうであろうが、

どんだけ言っても聞いてくれなさそう・・だろうが、



まずは子供のYさまが、「今」ある「怒り」を感じて良いことを理解してもらいます。

「怒り」は「人を変える(コントロール)」ために使うのではなく、

「ただ、嫌なものは嫌なんだ!」と自分の気持ちを知るため、そしてそれを発散させるために感じます。




そうでないと、「愛情を欲しがる私が間違ってる」と、インプットされたままになってしまうからです。




「わたしは愛情を欲しがっても良い」

「愛情を欲しがることを許してくれなかったお母さんに腹が立つ」


と、小さいYさまがもう一度自分の決意や感情に素直になることが、

今現在の大人のYさまが、周囲の人たちと、もっと自然に愛情関係を築けるようになることに貢献します。






愛着のセッションは、「理想のお母さん」という役割をやってくださるアシスタントさんが必要です。

一人では作り上げられないセッションです。



今回、理想のお母さん役として協力してくださった河村真由子さん。
f0337851_14043213.jpg




ほんとアシスタントさんあってのクライアントさんの前進です。



有難うございます(*´∀`*)❤




Yさま、これからもご協力させていただきますよ、一緒に頑張って行きましょうね!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_08394459.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓








[PR]
by kaoru-hasegawa | 2017-04-12 09:55 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)