セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧

2014年 12月 05日 ( 1 )

♡大好評「skype 心理セッション」

Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡2017年10月15日から「浄化療法」復活!!
すずなり京都に宿泊していただきながら、
美味しい酵素ジュースで断食
そしてチベットマッサージレインドロップを受け、
ビリーフチェンジセラピーで心もスッキリする、
あの人気メニューが復活します!

詳しくはこちら←クリック


♡すずなりの新しいHPはこちら←クリック
すずなりの空室・予約可能日 ←クリック

f0337851_16255867.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






前回のブログ
「心臓の弱っている人編」から随分間が空いてしまいましたが、

今回は「腎臓の弱っている人編」をお届けします。



腎臓の弱っているサインは、
まず、お顔を拝見して察知します。

腎臓は、目の下と、顔色で見ます。


その方のお顔を拝見して、
パッと見て、目の下に印象を感じたら、
腎臓を疑います。


腎臓が弱ってくると、
目の下の「目袋」に何かしらのサインが見られます。

健康な方の眼袋↓
f0337851_13171420.png
例えば、政治家に多いんですけど、
「目袋」が膨らんでいる人。


小泉純一郎さん、小沢一郎さん、西田敏行さん等・・・

目の下注目~↓




f0337851_13201924.jpg

目の下注目~↓

f0337851_13202138.jpg

目の下注目~↓
f0337851_13202384.jpg



このタイプの方はお酒甘いもの、体を冷やして緩める「陰性」食品を多量に取ります。
もそうですね。長年投薬されている人も、この目の下している人がいます。


腎臓がブヨブヨに緩んで、腎機能が低下しています。


女性の場合は、
腎臓と子宮や女性ホルモン系が関係していることから、
こういう目袋のかたは、


腎臓の弱り→子宮が弱っている→不妊や子宮のお病気を疑う


こともあります。



また、目袋が「潰れている」タイプの方もいらっしゃいます。


久本まちゃみちゃん↓
f0337851_13292570.jpg



目袋がぷっくり、綺麗に出るのが、
腎臓が健康で、女性ホルモン(男性なら、男性ホルモン)がきちんと出ていると見ます。


ここが、しわしわにヘショげていて、ペッタンコになっている人は、
先程の目袋が膨らんでいる人の逆で、
腎臓が固く締まりすぎて、腎機能が落ちています。


動物性食品や、塩分パン等の焼いた粉ものが多い人は、
こういう目袋になりやすいです。




そして、もうひとつ。
目の下が黒い人。
f0337851_13325837.jpg
目袋の形は綺麗でも、クマがひどい人も、
腎臓が弱っています。




あと、顔色で言うと、
「黒」


パッとお顔を拝見して、顔色がくすんで「茶色」になる人(肝臓系)と、
「黒色」になる人(腎臓系)があります。


顔が黒くなる人は、腎機能の低下を疑い、かなり弱っていると見ます。
(腎臓の人工透析している人は、顔色黒いです)



お顔を拝見して、腎臓の弱りを疑うと、
私の頭の中では、からだの状態がイメージできます。


腎臓の経絡は、腰から脚に伸びていますので、
「足腰がだるくならないか、冷えないか」
「腰痛はないか」
「睡眠に障害はないか」
「ホルモン低下を感じないか、生理は正常か、子宮は健康か」

を、問診で聞きます。



また、腎臓が弱ると、生命力自体が低下しますので、
「やる気のなさ」
「生きるのがおっくう」
「なんとなく元気が出ない」
という精神状態や、
また、「恐怖」の感情とも関係しますので、
「何事も恐いという感情のせいで、活動範囲が狭まる」
という事も起こります。


また、この「怖い」という感覚に反抗してどんどん行動していく人もまれにいます。
(怖いのがよくないと思っているからですけど (o´д`o)=3 




一概に言えませんが、
私の経験からすると、
腎臓の弱りを発見したときは、
「存在してはいけない」
「ありのままであってはいけない」
「自分の性別であってはいけない」
「見えてはいけない」
「愛着を感じてはいけない」

などの、「存在に関するビリーフ」を疑います。


また、何かしらトラウマがあることで、
「恐い」という感情が解放されていなくて、
腎臓が弱ることに繋がっている人は、
「トラウマのセッション」をして、体の中から「恐い」を取り除くことで、
腎機能が上がることもあります。


断食は、水分代謝の腎臓機能がオーバーヒートしないように、
水分少な目の酵素ジュース断食か、
体が冷えている人は、甘酒断食を3日おすすめします。


腎機能をアップさせて、
女性ホルモンや子宮の健康を回復することを目的とするならば、
3日断食をコンスタントに、1ヶ月1回くらいのペースで、
最低半年はしていただきます。



子宮のお病気を、1ヶ月に1回の3日断食と6日間の回復食を、
半年(6セット)されて、ご自身で治された方がいらっしゃいます。
(その中でトラウマのセッションもしています)


腎臓は、「生命力が宿る臓器」と言われています。
腎臓が元気だと、実年齢より若く見えます。

アンチエイジングにも、腎臓を元気にすることは、
欠かせませんね!!





※腎臓が弱っている人には、極端に塩辛いもの、アルコールやアイスクリーム、乳製品、生野菜サラダ、多すぎる水分摂取、薬などを控えていただきます。腎臓は機密な「陽性」の臓器です。緩める「陰性」の食品が多すぎることの方が、腎臓を弱めてしまいます。

酒飲みは、腎臓やられますね。ほどほどに・・・・・。











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_10194237.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」




















[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-12-05 15:00 | 日々の日記 | Comments(0)