セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

被害者意識の人が必ず持っている無力感の正体④

本日のすずなり
雪が降ったよ!こないだまで暖かかったのにー!
春はまだ遠い京丹波町。
f0337851_10102420.jpg






♡大好評「skype 心理セッション」

Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。


♡2泊3日「みんなで分かち合うことで幸せに向かう勇気が持てるミニリトリート」
断食・瞑想・そして心理セッション❤
体から、心から、潜在意識から、浄化する2日間。
女性のみ限定4名で、皆で分かち合うことによって、幸せに向かう勇気をもらえます!
心のお話のテーマは「罪悪感」
3月25日(土)~

詳しくはこちら←クリック  ←満席になりました❤
           キャンセル待ちのみ受け付け中


♡2泊3日「次のステージに上がりたい人!はい!いきますよー❤
タロットとビリーフチェンジがお手伝いします!古民家リトリート」
タロットとビリーフチェンジで、女性の幸せを応援します❤
なかなかステージが変わらない人、幸せに一歩踏み出せない人。
タロットの先生をお招きしてのコラボリトリートです❗
4月22日(土)~女性のみ限定4名募集❤ ←満席になりました❤
           キャンセル待ちのみ受け付け中

詳しくはこちら←クリック


♡キレイ!かわいい!
「ハンドメイド・キャンドル・ショップ」オープン!
長谷川郁が一点一点時間をかけて作ったハンドメイド・キャンドルのWebショップを
オープンさせました!
とにかく楽しみたい!楽しいことがしたい!と思って始めたキャンドルショップ。
Webページは見てるだけでも「もえもえ❤」するので、是非のぞいてみてください❤

f0337851_15213845.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







無力感、被害者意識をベースに生きている人の特徴として、

変えられるものまで、変えられないカテゴリーに入れている人が多いと感じます。





神よ

変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。


変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。


そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、

識別する知恵を与えたまえ。




という言葉があります。




変えられないものの代表として、「他人・宿命」というのがあります。

他人は変えられないのは当然のことですが、

宿命というのは、

どの親に生まれてきたか、性別は何か、

例えば障害を持って生まれてきたら、

それは宿命であって変えることはできません。


変えられないものは、受け入れるだけの冷静さが私たちには必要ですね。

変えられないものを変えようとすること(例えば過去もそう)で、苦しみが生じます。

なぜなら、変えることができないからです。←めちゃ簡単。

変えることができないなら、受け入れられる自分の心の器を広げる努力をした方が、自分が楽になれます。






変えることができることとして、代表的なものに、

自分の性格や自分の心、考え方、選択、などがあります。

しかし、無力感の強い人は、

これさえも変えられないカテゴリーにいれて、

「受け入れられる自分になろう」と努力している人がいます。




本当は変えられるのにね。




「怒りを使えない」=「無力」=「被害者意識で生きるしかない」



これがベースになっていると、

「変えられないから、受け入れるしかない。」

と、

自分が世界にアクションすることを諦めて、

自分の見ている世界が変わってくれることを願ってじっとしています。





あなたが「変えられない」と決めているものは、

本当に「変えられない」のでしょうか?

あなたが「怒り」を使って自分を守ったり、他人との境界線を引いたり、嫌なものは嫌と主張することで、

変えられるものではないか?どうか?



一度見直してみた方がいいかもしれませんね(*´∀`*)❤






責任者意識、「例えあなたがそうであっても、私はこうします」の生き方をしている人は、

怒りを使える人です。

なので、無駄な恐れも少ないです(自分で自分を守れるから)。

自分に人生の選択権があることが分かっています。

自分を幸せにできるのは自分だと理解しています。

なので、不満や愚痴が少ない人です。

起こったことに対する自分の反応は自由に選べることを知っています。

例え望まない結果が起ころうと、それをも含めて人のせいにしないので、

誰かを恨むということがありません。

周りがどうであれ、自分には自由な選択があるということが分かっています。

精神的に自立しています。




・・・・




私たちは、幼少期、どうしても被害者意識で生きざるを得なかったのです。

何故かというと、親の保護の元、生きていたからです。

欲しいものがあって、行きたい場所があっても、

親の許可なしには叶いませんでした。

子供の頃はお金も自由に稼げなかったので、

親が与えてくれないと、自分のしたいこともできませんでした。

「あれがしたい!こうしたい!これがほしい!」と主張したところで、

「だめ」の一言でその思いは一蹴されました。


その時に「お母さんのせいで習いたかったピアノが習えなかった!」

「お父さんのせいで遊びたかったのに勉強させられた!」

など、

どうしても幼少期は「被害者」の立場を強いられます。

その時、自由にできなかったのは、もちろん親のせいかもしれません。

(親も自由にさせることだけが良いわけではないので、躾の為に「ダメ」も言うことは必要)




ですが、何が問題かというと、

大人になって、親の言うことを聞かなくても、自由に自分で選択できるようになっているのに、

「被害者意識」(幼少期に学習した立ち位置)から抜けられない、ということです。




子供の頃は、しかたなく受け入れるしかなかった「被害者」の立ち位置。


大人と子供の境目、違いとは何かと言うと、

「被害者意識からの卒業」だと私は思うのです。



もう、あなたは自分で決めて、

自分でその結果を受け入れる能力もキャパシティも持っているのだから。

それを持っていなかった子供時代は、

親が決め、その代わり親がその責任を取ってくれていました。



今は、自分で責任を取れる大人に成長しているのですから、

子供の時に身に付けた「逃げ道」である「被害者意識」を卒業して、

自分で決めたことでどんな結果が返って来たとしても、

それを責任を持って受け入れる態度を育てていくこと、

それが大人への階段を登ることだと私は思います。




・・・恐い??



もちろん!恐いです!笑




でも、それが人生です。



被害者意識の人は、最後にこうやって死にます。

「あなたたちのせいで私の人生は不幸だった。。。。。」と。

人を恨んで死んでいくんですって(棚田克彦曰く)。




そういう死に方をしたくないと思ったら、

恐くても勇気を持って、自分の中に眠っている「有能感」「素晴らしさ」「偉大さ」「強さ」を、

受け入れ、自分で自分の人生のクリエイターとして責任をもって生きて行きたいですよね(*´∀`*)❤




もちろん私もまだまだ成長過程です。

ですが、恐れが緩まっていけば行くほど、

どんどん成長していくことが恐くなくなってきましたよ。



人間なんてそんなものです笑。

死んだら終わりです。



せめて、自分に「ようやった」と誉めてあげれる人生を歩ませてあげたいものですね(*´∀`*)❤





被害者意識の人が必ず持っている無力感の正体シリーズ、

今回で完結です!



怒り、使おうね!

怒りが使えると、無力感がなくなり、人生が展開しはじめて、楽しくなるよ❤





その辺のことをセラピーで解決したい方は、

Skypeセッションか、日帰りセラピーをお申し込みください(*´∀`*)❤








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_13124898.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓
























[PR]
by kaoru-hasegawa | 2017-03-15 10:10 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)