セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

罪悪感~私たちの運命を無意識に決定付けるもの~⑤


♡大好評「skype 心理セッション」
Skypeを使った心理セッションです。
遠方の方ですずなりに来るのが大変な方でも
お悩みを今すぐ!解決したい!
心のモヤモヤをすぐに何とかしたい!
そんな方のためにSkypeコースをご用意しました。

詳しくはこちら←クリック

Skype ご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。



♡3泊4日「ヨガ・断食・瞑想・お話会のゆるゆるリトリート」
宮崎県からヨガの先生をお招きして、
究極のデトックス&リラックスのリトリートを企画しました♪
限定4名様、少人数で開催することで、
皆様に満足して帰っていただけること間違いなし!のイベントです❤
2月10日(金)~

詳しくはこちら←クリック  残席1名


♡2泊3日「みんなで分かち合うことで幸せに向かう勇気が持てるミニリトリート」
断食・瞑想・そして心理セッション❤
体から、心から、潜在意識から、浄化する2日間。
女性のみ限定4名で、皆で分かち合うことによって、幸せに向かう勇気をもらえます!
心のお話のテーマは「罪悪感」
3月25日(土)~

詳しくはこちら←クリック  


♡キレイ!かわいい!
「ハンドメイド・キャンドル・ショップ」オープン!
長谷川郁が一点一点時間をかけて作ったハンドメイド・キャンドルのWebショップを
オープンさせました!
とにかく楽しみたい!楽しいことがしたい!と思って始めたキャンドルショップ。
Webページは見てるだけでも「もえもえ❤」するので、是非のぞいてみてください❤

f0337851_18382938.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今まで自分の心の罪悪感の動き、

クライアント様の罪悪感の動きを見てきました。


なぜ、罪悪感があると苦しむのか?

その心の仕組みは2年前に書いた「罪悪感シリーズ」に詳しく書いてます。




深い理解が必要な方は、↑こちらをお読みください。




簡単にいうと、私たちに「良心(良い心)」があるからこそ、

そのルールに背いた時に「罪悪感(悪い心)」が働く様になっています。




しかし、「良心」は本当に「良い心」なのでしょうか?

「罪悪感」は本当に「悪い心」なのでしょうか?




この元々のインプット、紐付けが間違っている時に、

人は苦しみます。




「幸せになったら罪悪感」


これは、セラピーを受けて、ある程度良くなってきても、

その先に変化が起こらない人が持っている罪悪感ですが、



「幸せ」になること=「悪」と紐付けている。

「苦しむこと」=「善」と紐付けている。



そうすると、楽になりたいと思ってセラピーを受けたりして、

行動しても、

大きく変化が起こりそうになると、罪悪感が出てきて、

手に入りそうな幸せを「無意識」に破壊してしまいます。



幸せ・楽が「悪」

苦しむことが「善」



とインプットされていると、



自分が楽になること、

人生のステージがアップする様なこと、

自分が豊かさや愛情、聡明さに近づくこと、

快の感覚を味わうこと、



が、ことごとくこれが無意識に拒否され、破壊されます。







なぜ、では、このようなおかしなことを私たちはやってしまうのでしょうか?

一見おかしなことですが、

止められないのは何故でしょうか?





それは、

そのルールを学んだ集団への所属欲求からです。

その集団への愛と忠誠心によって、やっているからです。

一番私たちが様々な集団のうちで、

愛と忠誠心を持っているのは、

血やDNAで繋がっている、わたしたちの家族・ルーツです。

それは無条件に、本能的に、全ての人が、

家族やルーツへの愛と忠誠心を持っています。



家族やルーツに流れているカラー、ルールがあります。

私たちはそのカラーやルールと同じ心の動きをしているとき、

所属場所(居場所)があるという感覚を持ち、

所属している家族やルーツに「苦しみ」というカラーがあれば、

自分も苦しむことで、家族やルーツと繋がり続け、



そのルールを破ったときに、

所属場所を失う「孤独」と「恐さ」を感じます。



すなわち一人一人にインプットされている「良心」というのは、

親やルーツと同じ様に私たちが感じたり振る舞ったりしているときに、

仲間でいられる、所属場所がある、という安心感が湧き、


逆に親やルーツと同じ様に感じたり、振る舞ったりすることを避けようとしたときに、

罪悪感が湧き、所属場所を失うような「危険」な感覚を感じるのです。




この「所属」や「居場所」を失うような、

「孤独」と「恐怖」に耐えられなくて、

私たちは「罪悪感」という罪の意識の「外側」に、

本当に欲しい現実があったとしても、

なかなか行くことができないのです。






罪悪感をどうしても私たちは「嫌なもの」「ないほうがいい」と感じてしまいますが、

罪悪感があるという事実は、

私たちが愛と忠誠心があるという「証し」です。




家族やルーツに対する、

愛と忠誠心があるという「証し」です。




私たちは、家族やルーツへの愛や忠誠心のために、

不幸も苦しみも病気も、

選択するくらいの仲間意識であり、

繋がっていたいという欲求であり、

唯一の居場所でもあるのです。




表面では、「苦しい」「不幸だ」「抜け出したい」と反応するわたしたちの一部があって、

でも、深い部分では、家族やルーツへの愛によって、

「苦しみ」「不幸」を選択しているもうひとつの魂の力動があります。


そこには、必ず「愛」があります。






なので、罪悪感を

「持っていてはいけないもの」

「持っているのは恥ずかしいこと」

「見たくないもの」

「目を背けたいもの」


と、どうぞ思わないでください。

そこには、痛いほどの家族やルーツへの深い愛があるのですから。



そして、その「愛」を通じてでしか、

私たちは「苦しみ」「不幸」「病気」から離れて、

「幸せ」「喜び」「健康」の方向には行けないのですから。



愛を通じてでしか、

私たちは大きく意識をシフトさせることができないのです。







最終回へつづく・・・






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_13124898.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓








[PR]
by kaoru-hasegawa | 2017-01-02 17:00 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)