セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

インナーチャイルドのケアについてもっと知りたい方へお薦めの本

♡新プラン「断食指導・Skypeプラン」
断食を我流でやっているけれど、不安がある、結果が出ない、失敗する…など。
断食オタクの長谷川郁が、実体験も交えつつ、
6年の断食指導の経験を活かして、遠方の方にも断食指導ができるようにしました。
3回のセッションで完結。あなたも断食マスター♪

今ならモニター価格(15000引き)でご利用いただけます♪

詳しくはこちら←クリック



♡大好評「skype talk(スカイプトーク)」

長谷川郁とスカイプでトーク出来る!
健康のこと、心のこと、スピリチュアルなこと、ノンデュアリティのこと、
私の持っているビリーフは何?・・・何でもお話してみよう♪聞いてみよう♪

詳しくはこちら←クリック

Skype talkご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・`


2日間、インナーチャイルドのことをblogでとりあげました。

インナーチャイルドとは、潜在意識のことです。


少しスピリチュアルや、心理セラピーのことを勉強されている人は、

理解できる話だとおもますが、

初めて「インナーチャイルド」という言葉や、

「潜在意識」という言葉に触れた方もいらっしゃるかもしれません。


その説明は、またおいおい・・・。




昨日のblogを読んでいるときに、

私のように、なにか感情を動かされた人もいるかもしれません。

もっと、インナーチャイルドのケアを積極的にしていきたいと思った方もいらっしゃるかも知れません。


その様な方に、お薦めの一冊。


f0337851_19465421.jpg





「ウニヒピリ」とは、ハワイの言葉で「インナーチャイルド」のことを言います。



数年前に出会っていた本で、

読んだときも、感動したのを覚えています。

感動したものの、タイミング的にはまだインナーチャイルドのケアをしていこう!

という感じではなかったので、

読んで終わりでした(笑)。



やっぱり、何事もタイミングが大切ですよね(^_^)。


今は、大きなコアビリーフが解放されてから、

手に取る様に、インナーチャイルドの存在が分かる様になってきたので、

それも、自然と。

そのタイミングで、ヒューレン博士の動画を見つけ、

今まで知識で知ってただけのホ・オポノポノの真髄が、

はっきり分かる様になりました。




断食を通じて、

心理セラピーを通じて、

そして瞑想を通じて、

「自分の中に何が今起こっているのか?」を、

見る訓練をしてきたような気がします。



以前でしたら、


「思考」=「自分」

「感情」=「自分」


と、カッツリ思考や感情と同化していましたが、
観察が進んでくることで、


「思考」=「自分の中に起こっているもの」

「感情」=「自分の中に起こっている感覚」


というように、「自分」と「思考」、「自分」と「感情」と、
同化しなくなってきました。



自分は思考でもないし、感情でもない。

それを体験している「基盤」が本当の自分であって、

思考や感情を写し出す土台、スクリーンの様なもので、

自分はそれを体験している「空(くう)」であり、本来空っぽのもの。


その物事を写し出すスクリーンの上に、

インナーチャイルドが保持しているデータが、

現れては消えて行きます。

消去するまで、何度も現れては消えていきます。



例えば、あなたが人を可哀想と見てしまう癖があったとします。

そうすると、あなたの回りの問題を抱えた可哀想な人は、

可哀想な役割を終えることができません。

あなたが、「可哀想な人」としてその人を見ることをやめるまでは。

自分の中の可哀想な人を見たときに感じる胸の痛みや、焦り、不快感、感情をクリーニングするまでは。



本来、人は皆完璧です。

その人の中に完璧さが見れない時は、

自分の中に問題があります。

その人を見たときに感じる不快感、ざわざわした感じ、恐怖、嫌悪感、

それをクリーニングしてくださいね、と教えてくれるためにその人はその姿を選びます。

魂の同意の上で、全ては起こっています。



どんなに相手がひどく見えても。

私たちができることは、

自分の中の「今」感じている苦しみや痛みを消去すること、

その痛みを再生しているインナーチャイルド(潜在意識)をクリーニングすること、

これしかできないのです。





長年かけて、

セラピーでクライアント様と向き合うなかで、

結婚生活で主人と向き合うなかで、

気付かされて来たことは、


やっぱり、他人は変えられない。

ということ。



私にできることは、

自分の中のインナーチャイルドと手を組んで、

私の中に現れては消えていく、様々な思考や感情をクリーニングし続けていくことだけ。







本当にそうだなーと。





今日の夕方、主人に「カチン」とくることを言われたのですが、

このときこそクリーニングチャンス。


この「カチン」ときた怒りや悲しみを、インナーチャイルドにお願いして、

一緒に消去してもらいました。



本当に不思議ですが、

5分もしたら忘れてました(笑)。


言われたことを思い出しても、

もう、その感情は出てこなかったです。




今までだったら、

その言葉に絡んで私が怒り、

喧嘩が勃発して、いやーな気持ちに二人でなる・・・というのが、

お決まりのパターンなんですが(笑)。




主人のことが、私に「まだ、クリーニングすることがありますよ」と、

教えてくれた天使に見えました(笑)。




f0337851_19465421.jpg

↑この本、すずなりにも置いてありますので、興味がある方は、滞在中に是非、

読んでみてください。





私も久しぶりに読み返してみようと思っています(^_^)。





ちなみに、心にトラウマがある人や、

多大な問題を抱えているひとには、

心理セラピーも同時に受けることをおすすめします。



なぜなら、

抑圧感情が多い人、強い人は、

まず、自分でクリーニングするよりも、

専門家と一緒に、解放してもらったほうがクリーニングになりますし、

自分でクリーニングしようと思う行為が、

返って自分の感情を圧し殺したり、

悪いものだと思って見なかったことにしたりすることになってしまう人もいるからです。




まずは、正しい感情との付き合い方をセッションを通じて学んでください。

ある程度、癒されて、ステージが上がってきた時に、

自分のことも客観的に見れる様になって、

自分の中で何が起こっているのか?を冷静に見れる様になってから、

ようやくクリーニングが自分でできるようになるんじゃないのかな、と、

実体験で思うからです。




カーっとなったら止められない、

トラウマ反応で怖くて動けない、

発作がでてしまう、


そんな状況にいる人に、

自分で潜在意識のクリーニングをする方法を教えるより、

まず、専門の心理セラピーを受けて、

たまっているストレスを解放するほうが、

インナーチャイルド(潜在意識)のケアに適切だと思います(^_^)。



自分の今いる段階に応じて、

色々なメソッドを使い分けると良いですね(^_^)。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_22145091.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓














[PR]
by kaoru-hasegawa | 2016-07-23 16:22 | 日々の日記 | Comments(0)