セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

読むだけでインナーチャイルドが癒される言葉。

♡新プラン「断食指導・Skypeプラン」
断食を我流でやっているけれど、不安がある、結果が出ない、失敗する…など。
断食オタクの長谷川郁が、実体験も交えつつ、
6年の断食指導の経験を活かして、遠方の方にも断食指導ができるようにしました。
3回のセッションで完結。あなたも断食マスター♪

今ならモニター価格(15000引き)でご利用いただけます♪

詳しくはこちら←クリック



♡大好評「skype talk(スカイプトーク)」

長谷川郁とスカイプでトーク出来る!
健康のこと、心のこと、スピリチュアルなこと、ノンデュアリティのこと、
私の持っているビリーフは何?・・・何でもお話してみよう♪聞いてみよう♪

詳しくはこちら←クリック

Skype talkご利用のお客様からは、
「自分が苦しかった理由が分かってスッキリした!」
「いろんなことが腑に落ちました!」
「Skype利用してよかった!」
とのお声をいただいています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



昨日のblog


の中でホ・オポノポノと言うハワイのヒーリング法を紹介させていただきました。

ハワイ人のヒューレン博士の動画を貼っておきましたが、

動画が見ることが出来ない人や、

読みながらイメージしたい人に向けて、

字を起こしてみました。


動画を見ながら字を起こしている最中も、

インナーチャイルドがとても喜んでいるのが分かりました。

気持ちが緩んで、何度も眠たくなりました(笑)。


もしよろしければ、このぺーじをお気に入りに登録していただいて、

通勤電車の中や、カフェで休憩するときに、

下の文章を読みながら、イメージすることを続けるだけでも、

ヒーリング効果があると思います。

是非、気軽に続けてもらって、

なにか効果を感じたら、コメント欄に報告をいただければこのぺーじも楽しくなりそうです(^_^)♪



・・・・・・・・・・・

以下、↑この動画の書き起こしです。



(ヒューレン博士)
それでは、目を閉じてください。

生命誕生以来、最も大切だと私が感じている「顕在意識」と「潜在意識」の関係について見ていきます。

私は、この関係を母親(顕在意識)と、子供(潜在意識)の関係と呼びますが、

顕在意識である母親は、子供の面倒を見るか、

それとも無視するかの選択をすることができます。

今、仮に、顕在意識を天地創造の母親の側面として捉え、

そして潜在意識を子供の側面として見ていきます。

その子供は天地創造以来の記憶、重荷を抱えています。

もし、あなたが鬱を抱えているとしたら、

それは子供が抱えている記憶によって「鬱」を体験しているのです。

ですから、子供と良い関係を持つことが大切なのです。




それでは、始めて行きますが、

まずは、ゆっくりと始めることが大切です。

まず始めに子供に対して言います。






「おや?」

「天地創造以来初めて私の中にあなたの存在を認めます」







まず重要なのは、あなた自身の中に「インナーチャイルド」と呼ばれる存在がいることを認めることです。

そして、そのインナーチャイルドに話しかけます。






「まぁ、なんということでしょう。初めてあなたが私の一部であることに気づきました」






そして次にとてもシンプルではありますが、このように話しかけます。






「愛しています」


「愛しています」







そして、多くの痛み、苦しみといった記憶が、インナーチャイルドの中に蓄積されていることを認め、

このように話しかけます。







「ごめんなさい」

「許してください」

「あなたの中に蓄積されてしまった記憶によって悲しみや怒り、痛みを感じさせてしまったことを」








この様にしてインナーチャイルドと話します。

あなた自身の責任を認めるのです。



インナーチャイルドが抱えている全ての悲痛な記憶を、

あなたが作り、受け入れ、蓄積してきたという責任を認めるのです。

そして、これからの記憶を手放したいと言うことを知らせるのです。


この対話のプロセスにおいては、とてもシンプルではありますが、

必ずインナーチャイルドに同意を得てから行わなければなりません。

インナーチャイルドになにかするときは、必ず同意を得る必要があります。


ですから、このように話しかけます。








「どうか、頭のてっぺんを愛と気遣いをもって撫でてもいいですか?」







と。

といかく、このようにして話しかけるのです。

そして、ゆっくりと撫でてあげてください。

何かをイメージしたりする必要はありませんから、とにかく撫でてあげるのです。

自分がインナーチャイルドの頭を撫でているのが分かれば良いのです。

そして、インナーチャイルドの頭を撫でながら話しかけます。








「愛しています」

「許してください」

「あなたの中に多くの悲痛の記憶を蓄積してしまって、ごめんなさい」









・・・一旦、瞑想から離れますが、

インナーチャイルドとの関係と言うのは最も大切なのです。

なぜなら、記憶(痛みのあるデータ)をクリーニング(消去)する方法を教えられるからです。

そうしたら、自動的にクリーニングしてくれるようになりますが、

今までインナーチャイルドの存在を認めてこなかったり、

面倒を見てこなかったとしたら、

記憶のクリーニングをしてくれないでしょう。

ですから、頭を撫でながら言います。








「愛しています」

「私の一部でいてくれてありがとう」

そして、

「ごめんなさい」

「今まで無視してきたり、ちゃんと面倒を見てこなかったり、自分の都合であなたに注文をつけてごめんなさい」








次に「自分」のことをよく観察するように見ていきます。

全ての記憶を問題として再生しているインナーチャイルドに話しかけます。







「もしよかったら、記憶を手放す手伝いをしてもらえませんか?」







そして、自分の頭のてっぺんから順に観察していきます。

「今、頭痛はないだろうか?背中に痛みは感じないだろうか?」と。

自分の身体の調子を上から下へ観察していきます。

そして、インナーチャイルドに話しかけます。








「今、私は頭痛を経験しています。どうかこの頭痛の記憶を手放してもらえませんか?」

「それが、どんな記憶で、どんな内容なのかは知りませんが、あなたは知っています。その記憶を超意識を通じて神聖なる存在に差し出して、その記憶を解放してもらえるようにお願いしましょう」








こうして話しかける間も、頭を優しく撫でてあげます。

そして次にそっと抱いても良いか、インナーチャイルドに聞いてみます。

インナーチャイルドが怖がってしまいますから、強く抱き締めてはなりません。

ですから、このように話しかけます。








「あなたのことをそっと優しく抱いてもいいですか?」









そして、何もイメージする必要はありませんから、

インナーチャイルドをそっと優しく抱いてあげます。

そして両腕であやしながら話しかけます。








「私の一部でいてくれてありがとう」

「愛しています」

「ごめんなさい」

「あなたの中に蓄積してしまった記憶によって、痛みや苦しみを感じさせてしまって、どうか許してください」








そして、次はインナーチャイルドに手を持たせてくれるようにお願いします。








「どうか、手を差し出してください」

「あなたの手を優しく撫でさせてください」

「左右どちらの手でも結構です」








そして、手を伸ばしてインナーチャイルドの手を優しく握り、ゆったりと撫でてあげます。

そして、インナーチャイルドがあなたの一部だということを認めて言います。








「私の一部でいてくれてありがとう」

「今まで気付いてあげられなくてごめんなさい」

「どうか許してください」

「愛しています」









そして、もう一度自分の状況を振り返り、

今度は金銭面を見ていきます。

そして、インナーチャイルドに話しかけます。







「今、金銭的に抱えている問題も、記憶の再生によるものですね。どうかその記憶を手放してください」






そして、もう一度具体的に振り返ります。

金銭面で抱えている問題について、

例えば税務監査の問題や、自宅の差し押さえに関する問題など、

どのような金銭的な問題であっても、起こっていることが問題なのではなく、

問題を再生している記憶が問題なのです。

あなたの魂の負債が問題なのです。

インナーチャイルドが抱えている、その負債を手放すようお願いします。








「どうか、記憶を手放してください」

「銀行口座が借り越しの状態だったり、お金に対して不誠実であったり、

今まで不誠実に扱ってきた全ての記憶、お金や金銭面、

土地に対して不誠実にしてきた記憶を全て手放してください」









そして、インナーチャイルドにもう片方の手を差し出すようお願いします。








「どうか、もう片方の手も差し出してください」








そして、手を伸ばしてもう片方の手をとります。

そっと優しく撫でてあげます。

ここで明確にしておきますが、全ての問題の原因となる記憶は、

このインナーチャイルドが抱えているのです。

ですから、インナーチャイルドとは良い関係を築くのが望ましいでしょう。

記憶を手放して神聖なる存在に消去してもらうためにも。

再び手を優しく撫でながら、今一度自分自身を振り返ります。








「私の中のどんな記憶が原因で、人間関係でこのような問題を抱えているのでしょうか」








それらの問題に焦点を当てて言います。






「どんな記憶が原因となってるかは知りませんが、誰々と一緒にいると何故だかわかりませんが、不愉快に感じたり、腹が立ったりします。私の中のそうした記憶をどうか手放してください」








という風に、記憶を抱えているインナーチャイルドにお願いします。

このように、母親とインナーチャイルドとの関係は、

全てにおいて最も重要かつ本質的な関係なのです。


インナーチャイルドが味方になってくれたら、本当のことがうまく回り始めるでしょう。

インナーチャイルドがクリーニングを手伝ってくれて、前向きに手放してくれますし、

インナーチャイルドからこちらに働きかけてくれて教えてくれます。







「こんな記憶があるよ。クリーニングしなくちゃ」







と。



次に肩を持たせてくれるようにお願いします。





「どうか、肩を持たせてください」






そして手を差し出して方に手を当てます。

そして愛の対話を再び始めます。

インナーチャイルドの存在を認めるのです。





「愛しています」

「私の一部でいてくれて本当にありがとう」

「私の中にあなたが存在していることを本当に感謝しています」

「生命誕生以来、ずっとあなたの面倒を見てこなくてごめんなさい」

「あなたの面倒を見ずに無視し続けてしまい、多くの苦しみや痛み、悲しみを味あわせてしまったことをどうか許してください」

「ごめんなさい」

「愛しています」

「私の一部でいてくれてありがとう」







次に、肩に手を当てます。

そしてインナーチャイルドに言います。








「無条件の愛をもって、あなたの肩を持たせてください」








もし、あなたがビジネスパートナーを探しているなら、

このインナーチャイルドとの関係は存在しうる最も良いビジネスパートナーと言えます。

母親と子供が良好な関係を築いたら、

全てがうまく行きます。


再びインナーチャイルドの肩に手を当てて、

そして、目をしっかりと見て、

素直に謝ります。










「あなたのことを無視し続け、痛みや悲しみを味あわせてしまい、ごめんなさい」

「どうか、許してください」

「愛しています」

「記憶を手放すことに前向きでいてくれてありがとう」

「手放すことで私たちは記憶から解放されるからね」

「神聖な存在とアウマクアと光に向かって一緒に取り組むことができるからね」









この瞑想は朝に行ってもいいですし、夕方でもいいですから、

数分だけでも忙しい中に時間を見つけて行ってください。

そうすることで、インナーチャイルドと再び繋がり、

良い関係を築くことができます。

もし、これを続ける気があるなら、インナーチャイルドもあなたのパートナーになってくれます。


(そして、HA呼吸に入る・・・・←ここをやりたい人は動画で一緒にしてみてください)





(以上)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



読んでいるだけでも、

インナーチャイルドのクリーニングになりますね。

なんだか、それを感じます。





私たちは、目が外に向けて付いているために、

外のことばかりに忙しくしてしまい、

自分の中の「内なる子供(インナーチャイルド)」の存在を、

すっかり忘れてしまっていました。




外に見えるものが、自分にとって安全であったり、

自分にとって気に入るものであったり、

自分にとって都合の良いものであって欲しいと、

外に向けて躍起になって、

人を変えようとしたり、自分(顕在意識の自分)を変えようとしたり、

状況を変えようとしたり、

必死になっていますが、


実は、この「外の世界」を作っているのが、

「内なる子供(インナーチャイルド)」なのです。




外の世界を変えたければ、

内の世界を変えないといけない。



ヒューレン博士の言うのは、

インナーチャイルドが抱えているデータの再生が私たちの得ている現実なのです。

そこにエラーデータがあれば、

エラーデータは消去されるまで、

延々と流れ続ける。


このデータを保持しているインナーチャイルド(潜在意識)をケアすることでしか、

現実を変えることができない。





ビリーフチェンジセラピーで言っていることは、

この「エラーデータ」が「痛みや苦しみを繰り返すビリーフ」のことを言います。

仏教では「カルマ」という「未完了」のエネルギーのことを言います。





目が外に付いているので、つい、外の世界に夢中になるように人間はできていますが、

少し外の世界に疲れて来たときは、

そっと目を閉じて、

外の世界を遮断して、

内なる子供に声をかけてあげると良いですね。



この数日、

この動画をずっと見ているので、

内なる子供が喜んでいます❤








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



f0337851_22145091.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓











[PR]
by kaoru-hasegawa | 2016-07-22 15:51 | 日々の日記 | Comments(0)