セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

愛の動き

☆2016年3月 金沢出張セラピーのお知らせ
3月26日(土)オープンカウンセリング(長谷川貴士さん&向田千尋さん)
↑「見る方」まだ空きがあります。
3月27日(日)個人セッション(2枠のみ)
↑受け付け終了しました。
詳しくはこちら

☆2016年4月 京都出張セラピーのお知らせ
4月9日(土)、10日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら


☆2016年4月 大阪出張セラピーのお知らせ
4月15日(金)、16日(土)、18日(月)
に新大阪に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら


☆新メニュー「skype talk(スカイプトーク)」
長谷川郁とスカイプでトーク出来る!
断食のこと、心のこと、スピリチュアルなこと・・・何でもお話してみよう♪

詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私のところにセッションにお申し込みくださるお客様で、

死にたいのが消えない(様々なセラピーを試したが効果がない)、
引きこもり
人が怖い(対人恐怖症)

などの症状をお持ちの方も結構いらっしゃるんです。



こういう症状をお持ちの方のほとんどは、
ご家族との「もつれ」によって、
その症状を持つことで「誰かを助けている」「誰かを引きとどめている」
「誰かをなぐさめている」ことが多いので、

ご本人は「自分がダメな人間だからだ」と自分を責めていることが多いのですが、

自分に原因を探しても、
そこには本当の原因がないので、

表面的なセラピーやカウンセリングを受けても、
結果が出ず、

そして「自分が悪いからだ」と、
治らない自分を更に責めてしまう・・・という苦しいループに入ってしまう方もいらっしゃいます。




私の考え方。

人は、自然な命の働きとして、
幸せになること、
人と心地よい関係を築くこと、
人生を成功に向かうこと、
減る方向(孤独)ではなく繁栄(子孫繁栄)に向かうこと、
豊かになること、
自分の能力を発揮すること、
歳と共に賢く(知恵をもつ)こと、
健康でいること、


こういう動きがあると思っています。

本来なら、自然とこの状態を実現できるはずの私たちが、
その逆の動きに抵抗していてもなお、引きずられてしまうことがあります。



幸せであるより、不幸であること。

人と心地よい関係を築くのが困難で、孤独の方向に向かう。

人生を成功するより、失敗する。

増える方向より、減る方向に向かう。

豊かより貧しく、

自分の才能や能力を開花できず、

歳を取っても無知であり、

病気の方向に向かう。



この生き方をする方が、
不自然な命の向かい方なのです。








・・・・



ですが、私たちは、
理由もわからず、このように生きることを無意識に選んでしまうときもあります。



幸せで健康であることの方が、
実は努力せずに自然な命の流れに任せていれば、
私たちは容易にそれを達成します。



では、
どうして私たちは、
この自然な命の流れに逆らってまでも、

自分を不幸に貶めたり、
病気に向かわせたり、
人との心地よい関係より、孤独に向かうのでしょうか。





それが自分の性格のせい、
自分の根性のせい・・・と考えている内は、


いつまでたっても出口の見えない、
堂々巡りに入ってしまいます。





私たちが自分の幸せや健康、豊かさ(以下、自分の人生)
を犠牲にしてまでも、

「助けたい」「寄り添ってあげたい」「この世にとどまっていて欲しい」

と、愛を向けている人がいます。


それは、家族の中に。


会ったことのない祖父母や、
里子に出された叔父叔母であるかも知れず、
秘密にされている中絶された兄弟姉妹かも知れず、
両親の秘密の自殺願望、破壊衝動であるかも知れません。



・・・私たちのルーツの中にある、
そのようなエネルギーを、子孫は魂のレベルで知っています。


そして、

愛の働きによって、
自分の人生を犠牲にすることで、

その人たちを助けようとし、
慰めようとし、
寄り添おうとし、
この世に留まらせようとします。






それが魂の誓いであったとしても、


本人の「健在意識」では知覚できない範囲での魂の働きなので、

自分が死にたくなったり、
引きこもったり、
対人恐怖症になったりする理由が、


まさかそんなところにあるとは、
思いも依りません。








・・・・・



その、愛のもつれを発見し、

解きほぐして行き、

自然な命の方向(健康や幸せ、豊かさに向かう動き)に、
戻してあげることを、

私のセラピーでは大切にしています。



放っておいても、
人は「カルマ・ビリーフ」のない状態だと、
勝手に健康や幸せ、豊かさの方向に向かうからです。



・・・・




人は容易に、家族への愛のために、
自分の人生を犠牲にできます。


この世の不幸のほとんどは、
家族への愛の表現なのです。


だから、わたしは世の中を見たときに、
愛しか発見しません。





幸せ、健康、豊かに向かえる人は、
親への尊敬と、尊重の心を備えています。

自分が幸せになることが、
親への最大の親孝行であり、
親への最大の愛の表現であることが解っています。



しかし、また、


不幸、病気、貧しさに向かうのも(自分の人生を犠牲にする)、
ネガティブではあるけれど、
犠牲にすることで誰かを救おうとする家族への愛の表現です。

そこには、家族への尊敬と、尊重の念が欠けていることだけが、
違いです。






どちらにせよ、


喜びのある愛の表現か、

痛みのある愛の表現であるかだけで。





表現がポジティブに現れていようが、
ネガティブに現れていようが、



幸せそうな人も、
不幸そうな人も。



その人の魂の奥底では、

愛によって突き動かされているのです。





痛みのある愛の表現に嫌気が差した方が、
喜びのある愛の表現にチェンジする勇気を持つ人だと思います。






そのような方に、

お役に立てると思います。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓



[PR]
by kaoru-hasegawa | 2016-03-22 17:00 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)