セラピストかおるのブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川かおるのブログです


by 長谷川 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ももちゃんのゲシュタルト療法2日目

☆2016年2月 京都出張セラピーのお知らせ
2月27日(土)28日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら←受付終了です。



☆2016年3月 京都出張セラピーのお知らせ
3月19日日(土)20日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくは
こちら←キャンセル出ました。残り一枠です!


☆2016年3月 金沢出張セラピーのお知らせ
3月26日(土)オープンカウンセリング(長谷川貴士さん&向田千尋さん)
3月27日(日)個人セッション(2枠のみ)
詳しくはこちら

☆2016年4月 京都出張セラピーのお知らせ
4月9日(土)、10日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら


☆2016年4月 大阪出張セラピーのお知らせ
4月15日(金)、16日(土)、18日(月)
に新大阪に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら


☆新メニュー「skype talk(スカイプトーク)」
長谷川郁とスカイプでトーク出来る!
断食のこと、心のこと、スピリチュアルなこと・・・何でもお話してみよう♪

詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ももちゃんのゲシュタルト療法のワークショップ二日目。

ももちゃん↓
f0337851_16262042.jpg

1日目、ジャンケンに負けて、受けることができず、
8名程のセッションを見る側で学ばせていただきました。

セラピスト歴30年のももちゃんのどっしりとした安定感、
大きなハートで受け止めてくれる安心感、
型にはまらず、その時に一番必要なことを提供されるセラピストの直感、

どれを取ってもわたしにはまだまだ足元にも及ばないなぁ・・・と、
感じました。


さすがのベテランです。


・・で、2日目こそはジャンケンで勝ち残るぞ!と気合いは入っていましたが、
無惨に負けました(笑)。


2日目は6名の方のセッションを見させていただくことが出来ました。




わたしは受けることはできませんでしたが、
嬉しかったのは、
このblogで呼び掛けて来てくださった2名のすずなりのクライアントさまが、
お二人ともジャンケンで勝って、セッションに当たったこと!


自分がセッションしてもらえなかったけど、
してもらえたのと同じくらい満足感でワークショップを終えました。


満足のもうひとつの理由は、

セラピーを始めた3年前より、
私自身の成長も感じたからです。

セッションを見ながら、
また、先生のゲシュタルトの説明を聞いたりしながら、
自分の中で起こっている感覚や考え、感情や思いに気づきながら受けていたのですが、


怒りや悲しみ、また不安や罪悪感などの感情を、
「美しい」と思えている自分に気づいたのです。

排除したくなる、このような不快な感情ですが、
不快だからこそ「見たくない」と押し込めてしまいがちですが、
不快だからこそ、しっかり感じて、自分の体の外に出してあげることが大切。

出しているときは、もちろん居心地が悪く感じるのだけれど、
その解放されるときの表情、バイブレーション、叫び、うめき、涙、等などは、

それは「生きている証拠」であって、
とても人間らしいし、美しい。
生々しくて、イキイキしていて、生命に溢れている。


これが、「生きている」ってことで、
「生きている証し」なのだと。


人間も動物なんだと。



↓左から一緒にアシスタントスタッフをやらせていただいたまゆちゃん」
白いセーターは今回ワークショップを主催してくださった「かねくにさん」
オレンジのセーターは「ももちゃん」
そして赤いセーターがわたし
f0337851_16263922.jpg



そして、もうひとつは、

「よい、わるい」の判断が、
昔は結構あったのだけれど、
見ていてすごく少なくなっているな、と感じました。


「よい、わるい」ではなく、
「自分はどうしたいのか?」


誰かの概念を鵜呑みにして、
自分がどうしたいかより、
誰かの意見を優先させて、死んだように生きたり、
失敗を恐れて、小さくまとまった人生を生きるより、

自分がどうしたいのか?の、
本当の声を拾って行動してあげることの大切さみたいなものに気がつき始めています。



「失敗が悪いもの」という考えも、
この3年で随分なくなっているなぁ、と感じました。
(そもそも、失敗なんてこの世にないのでね。失敗も成功もなく、
経験だけがあって、それに人間がジャッジしているだけだから)


失敗も人生の一部であって、美しい。
苦しみも、人生の一部であって、美しい。
寂しい感情であっても、それも人生の一部であって、美しい。



どうしても、私たちは、
上手くいくことばかり、失敗しないことばかり望みがちですが、

それが「よいこと」で、
失敗や苦しみは「悪いこと」とジャッジすることで、
とても自分を窮屈にしているような気がしました。



人生に起こる全てが、
本来は神聖で、美しい。

それが生きることで、
生きているということ。

十分苦しめば、
それを十分味わえば、

自分が何が嫌で、どう生きたいのかも見えてきます。


苦しみに蓋をしたり、
なかったことにしたり、
仕事で忙しくしてその感情に触れない様にしたり、


私たちはついやりがちですが。


ゲシュタルトでは、

「十分に感じてみる」

これをとても大切にします。

感じるのが嫌だから、
思考で楽になる方法を考えたり、
考えを巡らせることで解決しようとしますが、


十分感じたあとに、
自然と自分の中から湧いてくる「こたえ」があります。


それは、十分感じることなく、
思考でこねくり回して出した「こたえ」とは、
全く違う「こたえ」が出ることがあります。


大抵、その「こたえ」のほうが、腑に落ちます。



誰かに答えを求めたり、
本に書いてあるからそれが正しい様な気がしたり、

そうやって概念で決めつけずに、


自分の中を十分感じてみる。



自分の中の答えに触れてみる。



それは、


自分の人生は自分が責任者で、
自分の中に答えがあって、
自分が一番の拠り所であり、相談者であり、導き手であることを思い出すことでもあります。





なんか、人間ってスゴいな。
人間って面白いな。
人生って美しいな。
人生って、素晴らしいな。

涙あり、怒りあり、落ち込みありだけど、
喜びもあって、感動もある。

それが人生。




セラピーがますます好きになりました。


その人の心の自然治癒力が引き出せる様なセラピストになりたいな、って思いました。






↓みなさんで集合写真です!涙あり、笑いありの2日間、ご一緒できて感謝です☆
f0337851_16265075.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)

私が担当させていただきます(^^)♪



酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージを毎日受けられます。
 希望の方には、

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー ↓




[PR]
by kaoru-hasegawa | 2016-02-22 19:02 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)