セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

結婚したい人へ~辛口ですが、結婚できないのには理由があります~2

☆2016年1月 京都出張セラピーのお知らせ

1月16日(土)17日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら←受付終了となりました



☆2016年2月 京都出張セラピーのお知らせ

2月27日(土)28日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら



☆2016年3月 京都出張セラピーのお知らせ

3月19日日(土)20日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくは
こちら



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



昨日のブログ
「結婚したい人へ ~辛口ですが、結婚できないのには理由があります~ 」

の、つづきです。



・・・


「結婚」「画像」で検索をかけると、
こんな画像しか出て来ません。↓
f0337851_11323330.png

f0337851_11325852.jpg



これ、「結婚式」の画像ですよね(笑)。





何が言いたいかと言うと、


「結婚」=「結婚生活」



であるということ。



画像に、結婚生活を思わせるような写真は出て来ないのです。





私がカウンセリングをしていて、頻繁に感じるのは、

「結婚したいんです」という女性は、「結婚」=「結婚生活」である

という事実が頭の中から抜けている感じがします。





ようは、



「結婚したい」と言いつつ、
その方の頭の中で「結婚」というのがリアルに想像(イメージ)されていない、ということです。




結婚、結婚と言いますけれど、

結婚って、「アカの他人との生活そのもの」ですからね。

「すき」だけで結婚すると、「結婚生活」が始まった時に、
「あれ、結婚って、理想と違う・・・」ということになりかねません。
(もちろん、すきっていう感情も大切ですが。)


「衣食住」を共有して、
アカの他人と「家族」になって、
協力しあいながら、
世の中で生き残って行くサバイバルをしていくわけです。




ですので、
結婚をイメージしたときに、
さっきの写真みたいなのをイメージしている人は、論外で(笑)、


リアルな生活を想像してみてください。




「結婚する」と言うことは、
その後何十年も続く共同生活の相手であるという普通のことを前提として、
「結婚」ということを考えてみるのです。





私が結婚前にやっていたことは、


「こんな私と結婚生活が出来る人」をリアルにイメージしていました。


例えば、こういうこと。↓


○私は食生活に関してはこだわりがあるので、
一緒に玄米ご飯を食べてくれる人。肉食、ジャンキーな食事を好む人とは無理。
なぜなら、私の価値観の中で、食事はとても大切。
一緒に食事をして、同じものを「美味しいね」と共有できることが、
家族にとって絆を深めることに、とても貢献すると思っている(私の信念)。



○自分も完璧な人間では無いので、相手にも完璧であって欲しいとは思わない。
少々頑固でもいいので、私の頑固さも許してくれる人。
普段はなよなよしていていいので、ここぞという時に男らしさでバシッと決めてくれる人。
私が尽くした分、きちんとその行為の価値を理解してくれる様な誠実な心を持った人。


○生きて行く場所はとても大切。
都会暮らしは私には無理。
できたら田舎暮らしが素敵だねと、自分たちが根っこを貼る場所の
価値観が同じであること。



○お金の価値感が違い過ぎないこと。
1万円を千円くらいの感覚で使う人は無理。
ギャンブルする人も無理。
とってもお金持ちの家で育った人も普通の家庭で育った私には不釣り合いな気がする。
ご飯を食べに行く場所、服を買う時にどのブランドを選ぶか、
そういうこと一つ取っても、レベルが違い過ぎる事は乗り越えて行けないような気がしていたので、
元々同じようなお金の価値観を持っている人。



○私の両親を大切に思ってくれる人。





以上の様なことをリアルに想像していましたね。



今の主人は、申し分なく、私にとって、一緒に生活していける人です(^-^)。
感謝できるので、私も尽くしたくなります。





結婚生活で、
「こういうところは譲れる」けれども、
「ここは譲れない、絶対」


みたいなリストを書いてみたらいいと思います。

それは、みんな違うはずなので。




そうすると、自分がなんとなく「結婚、結婚!」と言っているものの正体がよ~く見えて来ます。



私にとっては、上記のリストがそうだったんですよね。
あまり高望はしていませんよ(笑)。


養ってももらおうとも思っていないし、
親の面倒を見て欲しいとも思っていない。
自分に全部合わせて欲しいとも思っていないし、
相手に与えること前提で結婚を見ていました。


私の価値観の中心に、
生きて行くことって、食べることでもあると思っているので、
同じ食事を「おいしいね」って同じ気持ちを共有できる人とだったら、

色んな事でもめても、ケンカしても、
仲直りできたり、やって行ける様な気がしていたのです。


どんだけ金持ちでも、

私の両親をバカにする様な人だったら、
生活で楽させてもらってても、
結婚を続けていくことは無理でしょうし、まず人間として信頼できない。







自分にも不完全なところはある。



これを前提に、
高望みし過ぎず、
自分の身の丈を知りながら、

「でもここだけは私、絶対譲れないの」、というところを明確にして、
「その代わり、ここは譲れます」、も明確にして)


その基準を持って、男性と向き合ってみてください。



そうしたら、
必然的に、
この男性は結婚対象、
この男性は恋愛には良いけれど、結婚対象にはならない・・・と、


見えて来ます。





そして結婚とは、
相手に吸収されていくものだという考えがあると、
女性は楽かも。



その事については、次回につづきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」 







[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-12-22 17:00 | 日々の日記 | Comments(0)