セラピストかおるのブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川かおるのブログです


by 長谷川 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

あなたの存在が私を幸せにします

☆2016年1月 京都出張セラピーのお知らせ

1月16日(土)17日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら←受付終了となりました



☆2016年2月 京都出張セラピーのお知らせ

2月27日(土)28日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら



☆2016年3月 京都出張セラピーのお知らせ

3月19日日(土)20日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくは
こちら



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


小さい頃のわたしは、

お母さん、お父さんが幸せでない姿に、
とても傷付きました。


小さい頃のわたしは、
人生が父母をそれほどまでに狂わせてしまうくらい、残酷であるとは知らず、
父と母の関係が、なぜそんなにも難しくなるのかも分からず、
生きて行くことが、どうして苦しいのかも分からず。


ただ、ただ、

何も知らない小さな私は、
純粋な心で世界を見ていたので、

その世界の中に、
様々な痛みがあることに耐えられませんでした。



その中で一番悲しかったのは、

「わたし」という存在が、
親の幸せになにも貢献していないばかりか、
お荷物になっていることでした。
(かなりの貧しい家庭だったので、子どもを二人育てるのにお金がかかって、
お金を得るために母が休みなく働いていることが辛かった)



父や母に、

どれだけ辛くても、
仕事で疲れて帰ってきても、
嫌なことが日常に沢山あっても、


子供(わたしたち)を見た時に、
幸せを感じて欲しかった。

私の存在が、
親の幸せに貢献できていると、
感じたかった。



モヤモヤしたときに、
道端に咲いている綺麗なお花を見て、
心がす~~~っとする様に、

可愛い子犬や、ネコちゃんと目が合うと、
思わず嫌だったことを忘れてしまうように、


私という存在が、
親にとって花や子犬やネコのように、
喜ばれる存在でありたかった。




・・・



こんな記憶が、
12月1日、2日と、二日間参加した、
「棚田克彦&守田のり子コラボセミナー」のファミリーコンステレーションの代理人に2回選ばれ、
体験したことの延長で、思いだされた記憶でした。




・・・



親には強烈に思うのでしょうが、
人は、やはり人に対して「喜ばれたい」存在なのではないかと思います。


自分の存在が、

誰かが心が温かくなったり、
嬉しくなったり、
軽やかになったりする、

そういうきっかけをもたらせられたら嬉しいと、
思うのではないでしょうか。




小さい子供のわたしは、
財力もなければ、知識も、力もない。


親を喜ばすことも、
幸せにすることもできる何モノも持っていなかったのです。


その時に私ができた精一杯は、
親の心を分かること。
想像して、
どうしたら「それ」が「喜び・幸せ」に転じることができるのかを、
一生懸命思いを巡らすこと、

そしていつか私が大きくなったら、
財力も、力も、知識も、持てる様になったら、

苦しんでいるお父さん、お母さんに、
幸せになる方法を教えてあげるんだ。

父さん、お母さんに、
お金を一杯あげて、
楽させてあげるんだ。


「わたし」という存在が、
花や、小犬や、ネコのように、
ただ存在するだけで、親の幸せに貢献できる存在では無いと気付いた私は、

一生懸命他の方法を探したのです。



それが、
あれほど嫌だ嫌だと思っていた、
親の苦しみと同じ苦しみを背負う人生を歩むことで。
父や母と同じ苦しい感情を感じる様な人生を体験することで。
(もちろん無意識でやっています)


「お母さん、お父さん、私もあなた達と同じです」


そう生き方で示すことが、
精一杯の子供の魂ができる親への忠誠心の示し方だったのです。




・・・・・・・・・・・・


ちいさい私は、

喜ばれたかったのだな。

花や、小鳥や、ネコのように、

ただ存在するだけで、
父や母が楽になったり、温かい優しい気持ちになれるような、
そんな存在になりたかったのだな。


・・・・・・・・・・・



「誰かに何かを与える」ということも、
とても良い行いかもしれませんが、

「誰かがしてくれたことを喜んであげること」
は、モノやお金をあげることよりも、
最高の心へのギフトかもしれませんね。


この世に生まれて来て。
この世に存在していて。

そのことを、喜んであげる。


エゴは他人を自分の幸せのために利用することばかり考えています。


そんな風に人に向き合う様な人には、
向き合われた人は危険をどこかで感じるでしょう。


他人を自分の幸せに利用するのではなく、
目の前の人を、純粋な命の現れとして、
道端に咲く花を見つけた時の嬉しさのように、
子犬の目を覗き込む時の自分の中で湧いてくる純粋さに触れる時のように、
ネコちゃんを見ると優しい気持ちになる、あの時の気持ちのように、

目の前の存在自体を喜んであげる。



それが、本当にギフトになる様な気がします。




そして、その気持ちを向けた相手は、
自分自身なんです。


相手ではなく、
相手の存在を喜べる力があるあなた自身が、
本当は喜びををもらうのです。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」 




[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-12-17 17:00 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)