セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

自分を信頼する

☆11月京都出張セラピーのお知らせ

11月7日(土)8日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら
← 残り一枠


☆12月京都出張セラピーのお知らせ

12月5日(土)6日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


前回のブログの続きです。

感情について、書いてきましたが、
私たちが「本物の感情」を使う時は、
「自分が主体となって現実にコンタクトを取り、
自分に起こった問題を、自分が責任者となって解決する」
という気持ちがある時です。


どれくらい、私たちは「ニセモノの感情」を多用し、
自分の人生に無責任になり、「自分が主体となって解決しなくてもいい」と、
被害者の立場を取ってきたのでしょう。



・・・
私自身も長い間、ニセモノの感情を多用し、
被害者の立場を取り続けていたのですが、
それに気付けるようになったのは、

自分の人生に対して責任者の立場を取って、
きちんと本物の感情を使えるようになったからです。

本物の感情を使えるようになると、
ニセモノの感情を使いそうになる時に、
「自分の中の何がそうさせようとしているのか」の、
隠れた「意図」が見えるようになってきたのです。


それは、
人をコントロールしたいという欲求だったり、
現実を受け容れたくないと言う逃避だったり、
自分は変わらなくても良いと言う責任逃れだったり、
安全な場所から動きたくないという自己防衛だったり。



・・・こう言う気持ちが出てくるもっと根本的な思いと言うのは
どういう思いだと思いますか?



深く、深く、自分の心の中に入って行くと、
気付いたことがあります。

それは、

「自分は出来ないダメな人間である(だから誰かの助けが必要)」
「自分は自分を信用できない(だから安全な場所が必要)」
「自分は自分を愛せない(だから周りからの優しさ愛情が必要)」




・・・要は、自分自身を「信用できない」という「恐さ」から、
全てが発しているということに気付きました。


本当は、
「自分には愛情も知恵も勇気や強さも備わっていて、
自分に起こった出来事は自分のその様な質を使って解決できる」


ということがスタート(前提)になっていれば、
ニセモノの感情を多用して、現実から目を背けなくてもいいのです。




私たちの感情は、
何層にもなっています。

でも、根源は「恐怖」によって洗脳され(自分で自分を洗脳し)、

自分の持っている素晴らしい質を開花できずにいるのです。



「自分は自分の人生に起こってくる問題のストレスに対して、
適切な感情を使うことで問題を解決に至らしめ、
行動していく強さも賢さも、そして人生を生きて行くために必要な愛情や優しさも持ち合わせている」



これが前提であると、
恐いことが少し減る様なきがしませんか?



私自身に起こった意識のシフトですが、
「本来の自分自身(本物の感情を使う)」で生きれるようになってから、
現実や人に対する「恐い」という感情が少なくなりました。

いや、随分減りました。


「恐れなくてもいいんだ。私には乗り越えて行く強さも、賢さも、自分に対する愛情も、また勇気も、持ち合わせているんだから、何とかなるのだ」

という「自己信頼」が起こり、それが前提となり始めた時と同時に、
「恐さ」が減って行きました。


この「恐さ」というのは、
頭の中でイメージしている「思い込み」への恐さなので、
(自分は無力だ、自分にはできない、自分は愛されない・・・など)
それが幻想である、ただの洗脳である、ただの思い込みである・・・と、
気付けた時に、


現実を見れば、それほど恐いことは本当はないのです。
(恐い感情が悪いのではないですよ。必要以上に現実以上に、恐い恐いと自分に思わせることで、得ていることもあるのです。現実としっかり向き合うと必要以上に自分を恐がらせているおかしな煽りみたいなのに気付く時もあります)



自分を信頼する。



私の場合は、日常で本音と本物の感情で現実に対応するようになってから、
自分を信頼出来るようになりました。

自分にウソを付き、人にもニセモノの感情で対応し、
現実にコンタクトするより、頭のイメージに対して怒ったり悲しんだりしている間は、自分は「今ここ」に生きておらず、
自分を生きていないので、
自己不信感を心のどこかで感じてしまうのは仕方のないことだと思うのです。



自分の素晴らしさを生きるのは困難で、
自分の惨めさを生きる方が、容易いのです。


ですが、
自分の惨めさを生きるのにほとほと嫌になった人は、
「実は自分は素晴らしいのだ」ということに気付き、
本音と本当の感情で生き始めるという、
次の人生をスタートさせるのだと思うのです。



セッションで扱う時は、
とことんこの自分を引きとめている思い込みにくっついている感情を解放していきます。


感情解放が起これば、
一緒に握りしめていた思い込みも一緒に消えてなくなります。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
 




[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-09-15 17:00 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)