セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ナラシムハとわたし 2

☆8月京都出張セラピーのお知らせ

8月29日(土)、30日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら 残り一枠になりました


☆10月京都出張セラピーのお知らせ

10月3日(土)、4(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




昨日のblogの続きです。


フルフィルメント瞑想は、
ティーチャーに瞑想の「伝授」を受けることで、
空(くう)に到達するマントラを使える様になります。


一番初めは、ハートを開く「ハートマントラ」。
次は豊かさの神様、ラクシュミのマントラ「プロスペリティ」。

そうやって、
私たちの潜在能力を開いていくマントラを一つずつ伝授してもらい、
その段階による学びや経験を日常でもして行きます。


私たちの潜在意識にごみの様にたまっているカルマを、
瞑想によって、完結、完了させることで、
日常でカルマに出会う機会も少なくなってきます。


・・・で、
カルマに出会うことが少なくなると、
私たちの思考は、カルマまみれの思考ではなく、
私たちの中に本当は皆持っている「神聖な部分」の声が聞こえて来るようになります。
(これをハートの声という人もいます)

瞑想歴5年、
伝授いただいたマントラ5つの私でしたが、


この5つ目のマントラ、「プラサード」で、
自分の中の「空(くう)」が大きくなりすぎて、
この大きくなった自分と、
実際生きている小さいエゴの自分との葛藤の中、
どうしても辛くて辛くて仕方ない状態になっていました。


感情はどんどん溢れるけれど、
出してもスッキリしない、
ノートに書きなぐってみても、
モヤモヤして。


苦しくなった時に、


「あ、次のマントラ、ナラシムハ受けたい」


そうひらめいたと同時に、
みのり先生にメールしていました。


伝授の日程が決まって、
ナラシムハに進むぞ!!と決意したとたんに、
憑き物が取れたかのように、
すーーーーーーっと軽くなって、
あの苦しみが一気に消えました。



これには自分もビックリしたのですが、
まだ伝授まで4日もあるのに、
もうナラシムハのマントラの恩恵を受けているような感じでした。


そして、冷静になったときに、
自分の苦しみの種の意味がわかった来たのです。
それこそ、「神聖な部分」からの声で。


自分がどうしたらいいのか、
どうしたら問題が解決するのか。


その答えは、
やっぱり自分の中にありました。






そして、ビックリしたのが、
みのり先生のところで自分の出した答えを、
みのり先生の口から聞くのです。


みのり先生がそのときに書いたblog↓



このblogの中に登場してくる生徒というのが、
わたしです。


これを読んでいただいたら私が悩んでいた内容がわかってしまうのですが(笑)、

夫婦ですからね、
喧嘩はするのです。


そのときに、
自分が譲れない。
相手も譲ってくれない。

我と我のぶつかり合い・・・みたいなこともあるわけです。


それが、
今回、自分のいろんなタイミングもあって、
どうしても私の中で感情が完了できなかったのです。

それの積み重ねで、
苦しい。わかって欲しい。訴えてみる。でも欲しい答えは返ってこない。
孤独。しんどい。なげやりになる。


みたいなことが続いていて。


これが苦しくて、
「そうだ、ナラシムハを受けよう」
と決意したときに、
この地獄の思考のループが消え、


「そうやん、私が変わればいいんやん」
(それは私にとっても良い事だから)


と、深いところからのメッセージがやって来たんですね。


相手を変えることはできない。
だから人間関係で悩んだら、
自分が変わるしかない。
もしくは、
自分を守るためにその関係から離れるか。


心理セラピーの世界ではその様に言います。


なので、
自分が変わればいい・・・と、
頭では分かってはいたのですが、
悔しかったり、惨めだったり、自分を守りたかったり、
色んなエゴの声に苦しめられて、
「自分が変わる」という方向に気持ちを向けられなかったのです。


何度もこういう感情の波に飲まれて冷静さを欠く様なことは、
人生の中で経験しているので、
今回も、
「あぁ、やっかいな思考のループにはまってしまった」と、
客観的に自分の心の動きを見ている自分もいました。


「こう」すればいいと「わかっている」のに「できない」。


何度も人生で経験しています。


こういうとき、
過去の心の傷が癒えていないことが関係している場合もあります。



ですが、
わたしは、今回は過去の心の傷に意識を向けないで、
自分の心の中を「素直に」「まっすぐに」「嘘いつわりなく」
眺めて向き合うことを選んだのです。


意地もプライドもエゴもあるけれど、
やっぱり「夫婦仲良くすることが目的」なんだと、
腹が据わったら、

とっても楽になったのです。



その心の中の変化があって、
みのり先生のところに伝授に行ったので、

「男性は変わらない質」「女性は変わる質」
で例えられた話に、

なるほど~~~、
深いな~~~!!


と感動したのです。



ですが、
この話は、瞑想歴が長くなってきて、
自分の神聖な部分の声が聞こえるようになってきたからこそ、
理解できる話です。


変わることを、
なんだか負けたような気がしていたり、
悔しい気がしているのに、
これが良いからと、採用する話ではないです。


ひとつ言えるのが、
私の中に、変われるチャンスを与えてくれるために、
嫌な役割も引き受けてくれている主人の魂へのリスペクトを持てたからこそ、
変わることを喜びと感じ、
愛情の出し惜しみをしていた自分を反省して、
もっと、大きな人間になろうと、
決心できてこその行動なのです。


腹をくくって、

「自分が変化する」

と決めると、
私の中にもっと謙虚な自分もいるし、
愛情深い自分もいる、
もっと知性豊かな自分もいる、
反省できる素直な自分もいることに気がつきました。


ここで、やっとプラサードで培ってきた
「空(くう)」の大きさを、
心の伸縮力で気がつかされました。


もっと、もっと、
出し惜しみせずに出していこう。


そのあとのことは、
そのあとなにか起こったら考えよう。


そう、
私のイライラの正体は、
「自分がもうちっぽけな小さな人間じゃないのに、
過去の記憶や経験の集積で、まだそこに居ると錯覚していることが問題なんだよ。
もう、あなたは過去のあなたではない。
潜在能力、心の力をもっと、使いなさい」

その声が深いところから聞こえて来ていたのに
過去のうまくいなかいパターンにしがみついていただけ。


大きく変わってみた。



そしたら、
苦しかった時が嘘のように、
主人との間に摩擦がなく、
スムーズに愛情のエネルギーが流れる様になった。



そうなんだ、
こうやって、人は、周りの環境を利用して、
自分を進化させていけるんだ。


そんな学びがあった出来事でした☆


人間歳をとるほどに賢くならなくちゃ。
しょうもない大人にだけはなるまい。

幼少期からそう思っていたけれど、
私の中にある愚かさに、
人生を壊されてきたけれど、
どうやら今回の学びをきっかけに、
その愚かさとはサヨナラできた気がします。



いつでも、
自分の正直な心と向き合う気持ちさえ忘れなければ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

「宿泊滞在型セラピールーム すずなり」


 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」





[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-07-31 17:00 | 日々の日記 | Comments(0)