セラピストかおるのブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川かおるのブログです


by 長谷川 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

罪悪感にひたる意味

☆8月京都出張セラピーのお知らせ

8月29日(土)、30日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら



☆10月京都出張セラピーのお知らせ

10月3日(土)、4(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




自己への非難(自分を責めること)や、罪悪感にひたることは、
行動することの代用品です。

それは、私たちに行動させる邪魔をし、弱いままにします。


~ バート・ヘリンガー 「愛の法則」より ~



・・・

私たちは、しばしば、
日常で苦しむときに、

「自分を責める」ことや、
「罪悪感にひたる」ことで、

前に進むことをやめ、
何か抗えない、ぬぐい去ることができない感情に、
がんじがらめになることで、

前進することを諦め、
苦しみに留まる時があります。


まるで、

罪悪感を感じている間は、
自分は変わらなくてもよい、
自分を責めて、自分が苦しんでいる間は、
自分は行動しなくてもよい・・・

と、思っているかのように。



ですが、
自分を責めることも、
罪悪感に浸ることも、

そして、それによって、あなたが苦しむことも、


誰の助けにもならず、
自分の助けにもならないのが分かっているのに、

そこから離れることがとても困難な時があります。







・・・・

私も、自分を責めたり、罪悪感(罪の意識)を持ち続け、
そこから離れられない時期がありました。


バートの言うように、それは「行動する」ことへの代用品です。

それを感じている間は、
まるで行動しなくても良いような、
言い訳ができるからです。




「行動すること」とは、どういう行動かというと、
「自分や他人にとって、良きことを生み出すための行動」のことです。


それは、謝罪かもしれませんし、
愛を持って接することかもしれませんし、
親から自立することかもしれません。



苦しみのエネルギーというのは、
転化すれば、そこから何かを学び、
自己を成長させる踏み台になるのです。



苦しみから何かを学び、
「その苦しみから自己を成長させよう」という方向に意識が向けられない人が、
苦しみに留まることを選択します。




なぜか?



それは、苦しみと直面することは、
勇気がいるからです。

真実と向き合うことは、
パワーのいることだからです。

自分を幸せにすることは、
自分への愛がないとできないことだからです。




ですが、

勇気を持って、苦しみを十分に感じ、
その真実と対面できた人は、



そこから何かの恩恵を得られるでしょう。

そこから神の愛を感じるでしょう。



罪悪感や自分を責めることから離れ、
苦しみから何かを獲得し、
自分が良い方へ変わることが出来た人は、


自分に課せられた「苦しみの経験」は、
自己を成長させるための「神様の愛」であったことが、
わかるでしょう。




・・・だから私は人生に起こってくる
「苦しい体験」や「うまくいかないこと」の現象の裏に隠れている、
本当の意味がわかってからは、何も恐れることはないのだと、気付きました。


恐れるのは、勇気がないとき。
自分が乗り越えていけると信じられないとき。


そして、神様の愛が、信じられないとき。
(神様とは、外にあるのではなく、自分の中にいる神様のことです)




苦しみは、姿を変えたブッダです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

「宿泊滞在型セラピールーム すずなり」


 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」









[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-07-25 17:00 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)