セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

苦しみを感じるメリット

☆8月京都出張セラピーのお知らせ

8月29日(土)、30日(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら



☆10月京都出張セラピーのお知らせ

10月3日(土)、4(日)
に京都市内に長谷川郁が出張ビリーフチェンジセラピーをします。
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





久しぶりにblog更新です(^o^)/。


先日、大阪吹田で行われた、
百武正嗣氏のゲシュタルト療法ワークショップに参加してきました。


クライアントをセッションしている百武氏の口から、
「(人間は)生き返ると、苦しい感情もしっかり感じれる様になるんだよ」

と言った様な事をおっしゃっていました。


セッションの内容は、ここでは個人情報なので書けませんが、
このクライアントは、百武氏のセッションを何度か受けているようで、

「1年前より目は輝いているし、顔も楽そうだよ」と言っていました。

そう、
セッションを受けて、自分の感情が素直に感じれる様になってくると、
「快」の感情(例えば、幸せや、楽しい、嬉しい、ワクワク)も感じれる様になるし、
また、
「不快」の感情(怒り、悲しみ、恐怖、等)も、感じれる様になるんです。

なので、
「快」の感情は感じたいけど、「不快」の感情は感じない様にしたい・・・というのは無理で、


大体において、人がやるのは、
「不快を感じたくない」というように、怒りや悲しみを抑圧することで、
「快」の感情も同時に感じれなくなって、

人生がつまらないものになってしまう・・・という結末。



人間が、人間を取り戻す仮定で、

抑圧していた不快な感情を解放していくと、
日常で些細なところで、「あぁ、幸せだな」とか、
「あぁ、楽しいな」という、快の感情も取り戻すのです。



どちらも感じることで、
人は、自分にとって何が嫌で、何を好きと感じ、
どんな人生を歩んで行きたいのか、
それが分かるようになっています。

そして、
その感じ方は、皆違うし、違っていいので、
人と同じ生き方をする必要はないし、
だからこそ、多用な生き方、人生が、あるのです。



最近、私のなかで起こっていることで、

この「感情(快・不快も合わせて)」を取り戻して来たことによって、
苦しみも大きく感じる様になってきたのです。

昔は、イヤと感じなかったことを、激しくイヤだと感じる様になったり、
昔はほしいと思わなかったことを、激しくほしいと感じたり。


これは、成長過程で通ることなんだということが最初は分からなくて、
心理セッションを受け続けているのにも関わらず、
またしんどくなって、振り出しに戻った様な気がしていたのです。




ですが、百武氏の言葉によって、
自分がなぜ最近苦しい思いをしていたのかが、
分かったのです。


昔は、死にたい願望で、生きること自体がしんどかったし、
人に気を使って、良い子を演じることがしんどかったし、
お金や仕事の面でも、上手く行かない事がたくさんあって、それ自体が苦しかった。


ですが、
今はこう言うことでは悩んでないのです。


今書いていて、
昔はこんなことで苦しんでいたなぁ~・・・と、
過去世を振り替える様な気持ちで書いています。



今苦しんでいることは、
成長して、変化を遂げて来たからこそ、
感じれる様になった悩みで、
悩みは一生消えないとしても、
悩みの内容が、グレードアップしていることに気がついたのです。



「現状」があって、そこであぐらをかいていたら、
きっと悩むこともなく、楽でいられるのでしょうが、

その「現状」に、人間は飽きる様にできていて、
そこにしばらくとどまると、
また前進したいという欲求が湧いてくる様にできているのではないかと憶測します。


そして、殻を破って、自分が大きくなっていこうとする過程で、
「苦しみ」がその殻を破る着火となるのではないでしょうか。


体が成長するときに、
小さい服が窮屈と感じる様に、

人間の魂も成長し始めると、
「今の現状が窮屈」と感じる様になって、


もっと、大きな自分を見てみたい、体験してみたい。
もっと、いろんな自分の可能性を見てみたい、体験してみたい。


そう感じるきっかけが、「苦しみ」の感情だと思うのです。


「苦しみ」を感じるからこそ、
「もう、ここ(現状)にはいられない」と感じ、
成長する自分に合わせた環境や状況を欲するのであって、
それが進化するということだと思います。
(小さい服を窮屈と感じ、自分にフィットする服を欲しくなる。これは当然のこと。
大人になっても、ピチピチの子供服を着ていたらおかしいし、それを窮屈と感じないのは、
感覚が麻痺しているから)



色々人生で諦めていたことを、
諦める必要がなかったし、
昔はその欲求を諦めることしかできない自分のキャパシティであったのが、
自分の心のキャパが大きくなるにしたがって、
諦める必要はないし、それをゲットしていくことが、
人生のストーリーを楽しく、華やかに、色とりどりにしてくれるのだということが、
最近、私のなかでの大きな気づきとなっています。



「苦しみは(カルマは)姿を変えた仏陀である」


これは、フルフィルメント瞑想の創始者、
ボブフィックスの言葉。


苦しみは仏陀へと成長するためのエネルギーである。


ということは、
苦しみを感じられないのは、
とてももったいないこと。


苦しいからこそ、
自分がどうなりたいのか、
どうしたいのかが、
十分感じた先に、見えてくるのだから。


それは、
魂の指示。
羅針盤。
地図帳。



ネガティブを避けて、
ポジティブだけになろうとすることは、
この羅針盤を失うことでもある。



楽しい、幸せ、嬉しい、


この感情ももちろん大切だし、ほしいけれど、
清濁合わせ飲める、
苦しみも合わせ飲める人は、
本当に強くなれるのだろう。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる
人生を変えたい方
は、
↓こちらから

  長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」






[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-07-14 16:35 | 日々の日記 | Comments(0)