セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自分を自分でどう扱っていますか?

☆大阪出張セラピーのお知らせ

2015年 5月23日(土)、24日(日)
ビリーフチェンジセラピーの、出張セラピーを行います。
お悩みを心理セラピーで解決したい方は、どうぞ\(^o^)/
詳しくは
こちら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




今さらながらやけれど、

親が自分にくれるものって、

親の中にあるものだけなのね。

親自身が、自分に自信がなく、

自分の事を心の中で「わたしはダメだ」と思っていると、

子供に対して、「あなたはダメ」というメッセージを送ってしまう。


「私は親から認めてもらえなかった」
「私は親から尊重してもらえなかった」


こういう幼少期の体験は、

大人になっても尾を引き、

「親」が「自分」を「どう扱ったか」という体験を内在化させ、

そして「自分」で「自分」を、「親」から扱われたように扱う様になります。



「親は条件付けでしか愛してくれませんでした」

という体験を幼少期に経験している人は、

「わたしはわたしを条件付けでしか愛せません」

という悩みを持ちます。


「親はどれだけ努力しても認めてくれませんでした」

という体験を幼少期に経験している人は、

「わたしは自分がどれだけ努力しても自分のことを認められることができません」

という悩みを持ちます。




「親」と「子」の、幼少期の体験が、
悲惨なものであれば、あるほど、

その子供が大人になってから、抱く悩みの深さは、
想像できるでしょう。


例えば、

「親に喜ばれようと、頑張っても、責められ、殴られた」

などの悲惨な経験があれば、

その人は大人になってからも、
自分のことを、
「どれだけ素晴らしい人間になっても、優秀であっても、自分を責め、自分を破壊的な方向に持っていってしまう」

という、「親」が「自分」にしたことを、自分自身に、無意識にしてしまいます。




あなたが持っている、無意識にしてしまう自分への扱いは、
どんなパターンがあるでしょうか?


「自分を責める」
「自分を孤独に持っていってしまう」
「自分に完璧を求める」
「成し遂げても喜べない」
「不幸や病気の方向に行ってしまう」
「我慢する」




こういった、世代間で連鎖するパターンは、境界線をしっかり引くことで、
連鎖を止めることができます。


「あなたはあなた」「わたしはわたし」


こうやって、境界線を引くことで、親と同じものを受け継がなくても良いと言う許可を自分に出してあげます。

「たとえあなたがどうであっても、わたしはこうします」


という、再決断を行うことで、
親と同じ気持ちを感じ続けなくても、自分のことはどう扱いたいかを自分で決めることができます。



自分自身も改めて心の中を見ていると、
母と同じ感情を生きている事に、気付かされます。


母が私に対して接してくれた体験から、
様々なメッセージを受取り、
自分はどんな存在なのかを、内在化させているなーと。


ずいぶん癒されて来ていると思っていたけれど、

玉ねぎの皮むきの様に、

どんどん、根深いものが最近出始めています。



境界線、大事だなー



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」




[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-03-30 18:06 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)