セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「受け入れる」と「尊重する」の違い


☆大阪出張セラピーのお知らせ

2015年 5月23日(土)、24日(日)
ビリーフチェンジセラピーの、出張セラピーを行います。
お悩みを心理セラピーで解決したい方は、どうぞ\(^o^)/
詳しくは
こちら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あなたが、「ありのままの両親にYes」を言うとき、
あなたの魂は救われます。


あなたが、両親に対して「こうであって欲しかった」と思うとき、
自分の理想通りの両親でなかったことを思うとき、
両親に対して「No」を心の中で言っています。


心の中で両親に「Yes」を言うとき、
その人の心は、ありのままの両親を尊重しています。


しかし、「わたしは両親を受け入れます」というとき、
そこには隠れた傲慢さがあります。


もし、「ありのままの両親を受け入れます」と言うなら、
あなたはまるでそれ(親)を拒否し、
その在り方を変える権利があるかのように振る舞います。



あるがまま、現実を、
何かを付け足したり、引いたりすることなく、
そのまま尊重する、その姿勢が、自分自身に癒しを起こします。


もし、あなたが何かを尊重するなら、
その意味は、「それ」を変えようと望まず、
そのあるがままと私が調和し、
運命とそのあるがままと調和すると言う意味です。


あなたが、運命と調和している限り、
運命を変える力をそこから得ることができます。




そのときのあなたは、否定的、批判的な気持ちから遠ざかることで、
自分の人生を良きことに向かわせる力を得ます。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・なぜにそのような姿勢が必要なのだろうか?

私は、受け入れがたい現実や過去にこだわっていたときは、
その必要性が分かりませんでした。


私の過去は、
仲の悪い喧嘩が絶えない両親の元で育ち、
孤独な幼少期の記憶。


でも、今になって思うのは、
この悲惨と思っていた現実は、
私の魂が大きく成長し、啓発に向かう為に必要であったと。


逆のものの見方をすると、
私の通ってきた現実は、
私を大きく成長させるために、
周りもまた、その様であってくれたということ。


自分の内的成長のために、
嫌な役割も親の魂は引き受けてくれていたということ。



なのに、そこに「No」と言うことは、
二重の苦しみを味わうことになります。



全て事はその様にたんたんと起こっていて、
良いも悪いもなく、起こることが起こっています。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




それは、私にとっては、魂の成長のため。
啓発に向かうために、
カルマやビリーフという負荷が必要だったと、


今では思います。


なので、
前にもblogで書きましたが、
「親を許す、許さない」という精神も実は論外です。


「許す、許さない」の権利は、子供には持ち合わせていません。
その権利は、神の領域でしょう。
子供は親を裁くことはできません。


心の中で親を裁き続けているクライアントのケースでは、
必ずそのクライアントが深刻な病気を繰り返しています。


皮肉なことに、外に(相手に)向けたエネルギーは、
その人には届かず、
自分の中で回り続けます。

ようは、問題は外にはない、全て自分の中の問題である…
という言葉に尽きます。



親を許す…のではありません。

親に尊重の気持ちを持つ、
親を誇りに思う、


その気持ちが、自分が「完全である」と感じる為の土台になります。



「こんな酷いこともされた、こんな親だった…」と、
ごもっともな、尊重出来るわけがないという理由を述べる方もいらっしゃいます。


その方には、こう言いたいです。



「おめでとうございます!!
かなりハードな設定をされましたね!!
その親を尊重できるようになるには、宇宙大の広い視野と宇宙大に謙虚な姿勢が必要になります。
そのために、その苦しみを選ばれたのですね!!」



私は、なぜこの世に生まれて、何をしに来ているのかと考えたときに、
もしかして、自分で自分を救うために、この世に存在しているのかもしれないと、
思いました。



もし、そうなら、やることは一つだけ。


自分の苦しみから、自分を救ってあげることです。

それの原点が、
「自分のルーツにYesと言う」です。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」



[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-03-24 17:00 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)