セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

じわじわ効いております。2週間前のゲシュタルト。

☆神戸出張セラピーのお知らせ

2015年 3月13日(金)、14日(土)
ビリーフチェンジセラピーの、出張セラピーを行います。
お悩みを心理セラピーで解決したい方は、どうぞ\(^o^)/
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




2週間前に受けた、ももちゃんのゲシュタルト療法のセッション。

いまでも、じわじわ効果を感じております。


まず、一番に気付いたのは、
「自分がやっているビリーフチェンジのセッションが、格段に腕が上がった」
ことです。


ゲシュタルト療法のワークショップに参加した時のお話はこちら
「ゲシュタルトワークショップに参加してきました。」
「ゲシュタルトワークショップに参加してきました。2」
「ゲシュタルトワークショップに参加してきました。3」





今まで、ビリーフチェンジ・セッションをしていて、
どうしても、セッションに2時間はかかってしまっていたのです。

それが、ももちゃんのセッションを受けた後にやり始めたセッションでは、
60分で必ず終わります。


何でなんだろー
何が変わったんだろー


と、自己分析をしているのですが、

まず、気付いたのは、

○迷いがなくなった
クライアント様のお悩みの核心が、早くつかめるようになって、どのビリーフを扱えば良いか、また、どのタイミングでセッションを終わらせたらいいかの、迷いがなくなったこと。

○気付きの深さが変わってきた
どうしても思考優位になりやすい私自身が、体感覚を大切にできるようになってから、クライアント様にも「思考」に訴えかけるより、「体感覚」に訴えかけるようになってから、クライアント様自身が、気付きの深さがかわってきた実感があります。

○自信がついてきた
ももちゃんのセッションを受けたり、見たりして、気付いた「セラピストの在り方」を、感覚で掴めたことで、セッションは「愛」なんだと分かったことで自信がついた。

○気が付いたら自分の中の「恐い」が減っている
私の中にある「恐い」という未完了の感情が、きっとあのセッションで完了したのでしょう、
「恐い」という感情が自分の奥底で残っていることによって、クライアント様とのラポールが薄っぺらいものであったように今はおもう。それが、深くラポールを作れるようになった気がする。(そのことによって、1回のセラピーで深く癒しが起こりやすくなっている気がする。これはあくまでも主観です)



セラピーの可能性を生身で実感しています。


やる方(セラピスト)に癒しがないと、
クライアントに癒しの共鳴が起きない・・・
クライアントに癒しが起こせない・・・
(起こすと言うと、こっちが操作して癒さねばと思っている様な感じに受取られそうですが、セラピストの存在感が安定していれば、その前でクライアントは安心して自分をさらけ出したり、自分の心の傷に触れてみようという気持ちになる。そのことによって深い気付きが起こり、癒しにつながるのでしょう)。



セッションがうまく機能しないのは、
知識やテクニックの習得が未熟であることも、もちろんあるでしょうが、
それを機能させる「にんげん」に、愛や癒しが足りなければ、
効果を実感してもらえるセッションを提供できないんだろうなーという気付き。


このブログは、
エステティシャンの方や、
マッサージセラピストの方や、
心理セラピストの方や、
ヨーガの先生や、
人を癒したり助けたりする立場の方も読んで下さっていると思います。


どうしても、
目の前に「問題を解決したい」というクライアント様がいらっしゃると、
「助けてあげないと」
「力になってあげたい」
「問題を一緒に解決していきましょう」
そんなスタンスで関ってしまいがちですが、


まず、自分が救われ、癒されていなければ、
100%の自分の実力を使って、目の前の人に、
人間として愛を持って関わることができないんです。

だから、テクニックや知識に走ってしまうのだなと、
過去の自分を思い返しても、感じます。


やはり、人間に関わって行く以上、
どこまで行っても、自分なんだと。

目の前のクライアント様は、自分の現れであると、そう感じます。



ビリーフチェンジのお師匠さんの棚田克彦先生も、
「セッションがうまくなりたかったら、自分の問題を解決しなさい」
と言うようなことをおっしゃっていましたが、

本当にそうだなと。



ももちゃんのセッションを受けて、
自分自身の問題が一つ解決して、
自分の「にんげん力」が上がっていることを実感して、

やっぱり達人の言うことは正しかった・・・と(笑)。


そう感じている今日この頃です。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


f0337851_12495746.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」






[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-03-06 17:00 | 日々の日記 | Comments(0)