セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

見失った「自分」を発見したクライアント様

☆神戸出張セラピーのお知らせ

2015年 3月13日(金)、14日(土)
ビリーフチェンジセラピーの、出張セラピーを行います。
お悩みを心理セラピーで解決したい方は、どうぞ\(^o^)/
詳しくはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





「自分って何者か解らない。」


そうおっしゃるクライアント様がいらしゃいました。



お話を聞いていくと、


「私のアイデンティティーは、
仕事であったり、地位であったり、財産であったりする。
でも、それは全部自分の外にあるもので、自分自身ではない。
じゃあ、私って何者なんだろう、私って何なんだろう…と、考えるのです。」


という事でした。


私は、小さい子供の頃に、
私のアイデンティティは「仕事だ」とか、「地位だ」「財産だ」と、
考えなくても、生きていた時期があったでしょうと、お話しました。

小さい頃は、「自分とは○○だ」と、
定義することもなく、
ただ、毎日を生きていたのです。


それが、
いつの日か、
「自分とは○○だ」と、定義しないと生きていけないようになってしまった。
理由は何であれ。


そう仮定して、
彼女にこのように提案してみました。


それは、「自分とは○○だ」と、定義するようになった、以前の感覚に、気付いていただくためでした。






私は、彼女に、
「では、自分のアイデンティティーであると思っている『仕事』は、体のどこに存在しているような気がしますか?」

と、尋ねました。

彼女は
「頭」と言って、頭に手を触れました。


「では、その頭にある自分のアイデンティティーと思っている『仕事』をこうやって、
体から外に外して下さい」といって、捨て去る身ぶりを見せました。


彼女は私の身ぶりを真似して、頭にある「仕事」を体の外に出しました。



続いて、
財産や、地位も、体のどこにある気がするか聞いて、
それを体の外に出してもらいました。



「今、どんな感じがしますか?」


と、聞いたら、彼女は、ちょっと自分の中の感覚を探るようにして、
しばらくして、


「楽しい感じ。でも、ちょっと不安」と、言いました。


「この感覚を感じている○○さんは、何歳くらいですか?」


「小学校の2年くらい」



「では、楽しいけれどちょっと不安な小さな○○ちゃんは、
自分を「何」だと、感じていますか?」


と、質問したら、

しばらくして・・・・・・・・・・・




「…光………!!」
↑アハ!!体験があった瞬間です



と、答えたのです。


その瞬間に、両目から涙が溢れ、
この感覚を実は小さい時は感じていて(自分が光であったこと)、
いつのまにか、外のものに、アイデンティティーを求め始めてから、
自分が光であったことを、見失ってしまったのです。


それが、彼女にとって、生きるのが苦しく、
自分に自信が持てないことの、原因でもあったようです。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




この後にも、セッションは続いたのですが、
掲載できるのは、ここまで。
(クライアント様の了解をいただいて掲載させていただきました)


このように、私たちは、自分で答えを導き出せる生き物です。

頭で考えているときは、

「私は何者だろう」
「私は自分を見失ってしまった、なぜだろう」


と、「思考」レベルで考えていても、
なかなかピンとくる答えに出会えません。


なので、堂々巡りの思考のループに陥りやすいのです。



上記のセッションでは、
自分の体感覚に意識を向けることで、
身体が知っている答えを、導き出して、言語にしてもらいました。


感覚は、「ほわっと、温かいもの」として感じたそうです。



私たちは本当は感じる力があり、
自分で答えをみつけられる力があります。



いつも、その答えは、外にあるのではなく、
自分の中にあるのです。


そして、その答えは100人いたら、100通り、
個性的なものであっていい。


今回のクライアント様が感じる「私とは?」の答えが、
「光」であったのですが、


他のクライアント様に同じ悩みでセッションをしても、
また、違った、その人独特の答えが導きだされたでしょう。


その後に、涙が流れる・・・このことは、
本人が感じて、本人の中で癒しが起こっているのです。

自分が感じた「真実」に触れた瞬間です。




真実に触れると、人は癒されます。

虚像やウソや理想などの、
イメージの世界に目を向けている時は、
癒しは起こりません。


その人だけの真実に触れるお手伝いをさせていただいています。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」





[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-03-05 17:00 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)