セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゲシュタルト療法のワークショップに参加してきました。

2月21日(土)、22日(日)と、
新大阪で開催された百武正嗣氏の
「ゲシュタルト療法のワークショップ」に参加してきました。



ことの発端は・・・

私たちのが学んだ、
ビリーフチェンジセラピーのお師匠さんである「棚田克彦」先生が、
「棚田式ビリーフチェンジセラピー」を確立して行くに当たり、
様々な「神業」と言われる一流セラピストさんのセッションを受けに行ったり、
勉強したりしていた時期があったそうなんですが、


棚田先生が「神業セラピスト」と認めて勉強された方の一人が、
「ゲシュタルト療法」を日本で広める為に活動されている
「百武正嗣氏」という方であるということは、
以前から知っていました。


主人とインターネットで「百武氏とは?」
「どこで会えるの?」「本出してる?」と、色々調べていて、
今回実際お会いするまでに、本は2冊買って読んでいました。


本を読んで、益々「会いたいな~、セッション受けてみたいな~」と言っていたら、
それが、1年後くらいに叶った!!



そのきっかけは、
一緒にビリーフチェンジセラピーを勉強した、同期の塩沢純哉氏に、
「大阪に百武先生呼んで、ワークショップしたいな!」と、声を掛けたことがきっかけでした。


そのあとは、塩沢さんが実際動いて下さり、
百武先生と繋がりのある方(ゲシュタルト療法を百武氏の元で学ばれた方、兼国さん)に連絡を取ってくださって、
あれよ、あれよと、決定したみたいです。
(わたしは、提案だけして、後は運営などは丸投げ。
今回は参加者として参加しました)



塩沢さん、兼国さん、ありがとうございました!




棚田式ビリーフチェンジセラピーの中にも、
ゲシュタルト療法の要素や、再決断療法の要素や、色々混ざっています。


棚田先生は様々な心理セラピーの、
素晴らしい要素だけをピックアップして、
「棚田式ビリーフチェンジセラピー」を作られました。

そのため、「より早く、深く、効果があって、効果が持続して元に戻らない」
という特徴があります。


実際ビリーフチェンジセラピーを現場でやっている私ですが、
どの部分がゲシュタルトなのか?
ゲシュタルト療法だけのセッションって、どんなセラピーなのか?

興味深々で今回参加しました。



セラピーの内容よりも、
実際は、百武正嗣先生という人間に会いたかったっていうのが、一番だったのですが・・・。



次回に続く




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆神戸出張セラピーのお知らせ

2015年 3月13日(金)、14日(土)
ビリーフチェンジセラピーの、出張セラピーを行います。
お悩みを心理セラピーで解決したい方は、どうぞ\(^o^)/
詳しくはこちら

長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」














# by kaoru-hasegawa | 2015-02-17 17:00 | 日々の日記 | Trackback | Comments(0)

自分の苦しみや運命を背負った人だけが強くなれます。編集 | 削除

人は、時に、他人の苦しみや、悲しみ、痛みを背負うことで、
その人と繋がりを感じたいという衝動を持ちます。

例えば、家族の中で、父または母が不幸であった場合。
(実際不幸かどうかは、本人にしか分からないのだけれど…)

子供は、親を助けたいと思います。

子供は、純粋無垢な向こう見ずな盲目の愛を持っているがゆえに、
自分の身や、人生を捧げてまでも、親を助けたいと、幸せにしたいと、
そう誓います。


この感覚が、幼少期、3~15歳までのビリーフか形成される頃に、
強烈に潜在意識にインプットされてしまうと、
大人になってからも、自分の身の回りの人に対して、

過剰に、その人の人生や運命、悲しみや苦しみ、痛みを一緒に背負おうとしてしまい、
その衝動から逃れることが難しくなります。


自分が我慢してでも、
家族や恋人の苦しみや悲しみや運命や、その人自身の問題や、
またはその人の感情に、

自分が責任があるかのような錯覚や幻想を持ち、
相手と自分の境界線がぼやけてしまいます。
そして、そこから出ることが困難になってしまうのです。


自分は本当は嫌なのに、人の心の面倒を見たり、
自分の気持ちを押さえてまで、その人のご機嫌を取ったり、
本当は自分が助けて欲しいのに、自己犠牲をしてまで、相手を助けようとしたり。


どうして、それがやめることが出来ないのか。


それは、他人の人生に責任を取るという形で、
その人は何か得ているものがある訳なんですね。



それは、人間が本能的に持っている「繋がりたい」という欲求です。


人は、繋がりを感じたいという欲求を満たす為には、
自己犠牲くらいは、容易にできてしまうのです。





他人の人生に責任を取らなくて良い、という楽になる選択があるにも関わらず、
その選択をして、繋がりがなくなり、心理的に孤独を感じるくらいなら、
自分の人生を、捧げている方が気持ちは楽なのです。



そうやって、相手に、
「私が一緒に痛みを背負うことで、あなたを助けます。」という、
自己満足的なストーリーをやることで、
相手には、私があなたの分まで背負わないと、
あなたは自分で自分の人生を背負うことができない、
力のない弱いダメな人間である…ということを、
暗黙のメッセージとして、伝え続けているのです。



原型は、親との間で出来た形です。


それは、愛ゆえに、痛みを伴う形でしか、
繋がれなかったのです。


幼い、無知な子供が下した、
出来ることが少ない子供が選んだ道でした。
(自分の人生を捧げることでしか、親を救えなかった)


この関係を正しい位置に戻すのに、必要なことがあります。




それは、「相手を尊重する」こと、
そして「謙虚になること」です。


その様な態度で相手と向き合うことです。


「自分を犠牲にしてまで、この人を助けなければ」という見方は、
相手の尊厳をおかします。

そして、とても傲慢であることに気づけるようになるためには、
自分がこの問題から一歩下がって、謙虚になることです。


自分に目の前の人を救える力があると思うことは、
とても傲慢であって、自分の神聖さを失い、そして相手の中の神聖さを傷付けます。


私たちは、自分の中にあるものしか、
人の中に見ることができません。

自分の中に、神聖な部分を感じることができれば、
相手の中にも同じものがあることが分かります。



「だって、あの人はかわいそうだから…」
「だって、あの人は分かってないから…」
「だって、あの人は弱いから…」


と、自分の問題を、人に投影して自分の心の中を見ています。
それはあなたの問題なんです。



そして、目の前の人の問題は、
その人の問題で、その人にしか背負えません。


人は、自分の人生や問題を人のせいにせず、自分で背負うと、強くなります。

そして、目の前のその人も、自分の問題や人生を自分で背負った時だけ、強くなれます。

それ以外は、弱くなり、私たちが人生から良きことを受けとることを難しくさせます。




ね、自分の中だけ見てたらいいのよ。
人のことコントロールしようとしたり、期待したりするのは、
自分の心の問題なのです。

その人ではないのです。



気づいて、そこに謙虚になれ、自分の見ているもの全てに尊重の念を持てたひとから、救われます。


真実はとてもシンプル。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆神戸出張セラピーのお知らせ

2015年 3月13日(金)、14日(土)
ビリーフチェンジセラピーの、出張セラピーを行います。
お悩みを心理セラピーで解決したい方は、どうぞ\(^o^)/
詳しくはこちら

長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」

























# by kaoru-hasegawa | 2015-02-16 17:00 | ビリーフチェンジセラピー | Trackback | Comments(0)

< 前のページ 次のページ >


[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-02-24 19:40 | 日々の日記 | Comments(0)