セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

もう、受け容れていますから・・・は、ウソ。



よく、セラピーをしていて、
クライアント様が、自分の辛かった感情に直面した時に、



「もう、過去のことで、受け容れていますから・・・」



と言って、
その感情に触れることを避ける場面があります。





本当に、そのことは完了して、自分の中で終わったこと、受け容れていることだとしたら、
問題は、現実として現れません。


その感情が未完了であることによって、
また、その感情を感じなければいけない場面が、
自分の人生に、何度でも、何度でもあられます。




これを、仏教では、カルマと言います。







カルマは完了されるのを、待っています。

カルマは、あなたの人生に、完了されるまで何度でも現れます。

「私を完了させてください。未完了の感情を、完了させてください。」とカルマは言います。




「もう、受け容れていますから・・・」


と、目をそらそうとしている感情に、
その人が大きく飛躍するチャンスが隠されている場合もあります。


なぜなら、
そこに、それくらい、避けたいことが隠されているからです。



「もう、受け容れていますから・・・」は、

時には、

「その問題は痛すぎて今の私には見れません」
「その感情は、辛すぎたから無かったことにしているので、今さら感じたくはありません」

という、
自分と向き合うことを避けた行動として出ます。



本人も、
痛い感情に、フタをし続けてきたので、
本当に「自分の中で終わったこと」と、
認識している場合もあります。



ですが、
ここを、時間をかけて掘り下げていくことで、
その方の人生の大きな変化に貢献することがあります。



私自身も、
両親が仲が悪かったこと、
両親が幸せでなかったという幼少期の経験があって、


その時に辛かったことや、苦しかったことは、
親を変えることができないんだから、
仕方の無いコト。
嘆き悲しんでも、エネルギーの無駄。

そう思って、感じないように封印してきました。






ですが、今さら、この年になって、セッションを受けて、
10歳の郁ちゃんが、どれだけその感情をガマンして、強がって生きてきたかが、
分かるくらい、セッションで、泣けるわ・・・怒れるわ・・・!!


理性の強い人ほど、
自分の本当の感情を、
感じても意味が無い、
辛いだけ、
現実が変わるわけじゃないし・・・と、
理由をつけて、

封印している場合がほとんどです。






でもね、


仕方ないコト。


それくらい痛かったんだから。


時間をかけて、
「もう、受け容れていますから・・・」

を、
「もしかしたら、受け容れていないかも・・・?」

と、自分の心に寄り添って、見れるようになれたら、いいね。




感情の封印は、頭はだませても、
心と体はだませないので、

「幸せを感じられない」という心のストレスや、
「体調が悪い」という身体のストレスとして、表現します。


心と体は正直ですよ。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_12495746.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」






























[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-01-11 17:00 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)