セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

感情に善悪はない

前回のブログの最期に、

「不快な感情を感じないようにすると、
幸せも感じられないようになる」


ということを書きましたが、

それについて、今日は書きたいと思います。



私たちは、生まれたとき、
感情を「快」「不快」の二つを使って、
周りに自分の感情を伝えていました。

泣いたら「不快」←何か困ったことが起こっていますよ・・と伝えている。
笑ったら「快」←それは、うれしいことだ・・・と伝えている。



そうやって自分で何もできない赤ちゃんは、
感情を伝えることで、自分の命を守っています。
(おしめを変えてもらったり、おっぱいをもらったりしています)


この段階で、赤ちゃん自身は、感情に何の「善悪」も付けていませんよね?


「泣いたら迷惑がられるだろうな・・・嫌われたらどうしよう。」とか、
「笑ったら喜んでくれるだろうか。」とか。


「不快」感情は良くない、
「快」の感情は良い、

などと、思いませんよね??


本来、感情というものは、
生きていくために使うもので、

嫌なことがあったら、不快感情を使って、
感じたストレスを放出して、現実起こったことに対応します。

うれしい事があれば、喜びを感じて、
より人生を味わい深く現実を楽しむことができ、
それは、生きる上でのエネルギーになります。



本来、感情に、「善」「悪」はないのですが、

赤ちゃんから、子供になり、大人になる過程で、
色々な経験を経る中で、

「泣いたら親がうとましがった」
「嫌なことを嫌というと、友達に嫌われた」
「恐いことを恐がったら、子供みたいだと親に笑われた」

等の、経験を積むことで、
自分で「不快な感情は感じない方がよい」と、思いこむこともあります。



ビリーフで言うと、
「感じてはいけない」
というビリーフがありますが、

特定の感情だけ感じない人もいれば(女の子に多いのは、「怒り」を感じられない人)
全ての感情を感じない人もいます。


不快な感情を感じないようになると、
「感性」(感じるセンサー)自体が鈍くなるので、
「快」の感情も感じにくくなってきます。


悟りや聖者を目指している人に多い、不快感情の抑圧系の方は、
嫌なことがあっても、いつもにこにこしていたい・・・
悲しいことがあっても、そんな自分の感情に飲まれないように、客観視できるようになりたい・・・

と、自分と感情を、「切り離す」様なことをしてしまいがちです。


なぜかと言うと、

「不快感情は、良くない(悪だ)」と、どこかで信じているからです。




そうやって、抑圧した感情は、
理性の力でねじ伏せられ、無かったことにされますが、
実は感じてあげるまで、無くならず、
あらゆる場面で、その感情を解放しなければならない方向に、
人生が運ばれてしまうのです。
(蓋をした不快感情を解放しなければならないような、不快な現実を自分の人生に招き、そのアクシデントをきっかけに、感情が刺激され、解放されようとする)

例えば。
怒りを抑圧している人は、
この抑圧した怒りを解放しなければならないような現実を招きます。
(自分を怒らせる様な人と縁が出来る、知り合う、なぜかそう言う人ばかり自分の周りに居る)


先程も書いた様に、
感情には善悪の区別はありません。

そして、
「この感情は感じたいが、この感情は感じたくない」
というように、理性で選択したり抑え込んだりすることも、
実は良いことではないのです。


例えば、憎しみや、嫉妬心は感じたくない。
愛や平和、喜びだけを、感じていたい・・・とか。


それは、無理です。

人間とは、感じる生き物で、
感じるからこそ、人生が、奥深く感じることもできるのです。

苦しみも、感じるからこそ、
愛も、喜びも、ひとしおに感じれるのです。



嫌なことでも、
「私はそれを、イヤと感じている」

と、自分の感性を認めてあげることで、
危険を回避できたり、
自分に不必要なものを避けることができます。


まずは、自分の中に何があるのか、
正直に感じてみましょう。



私はこの心に「善悪はない」と言うのが分かってから、
嫉妬心や、憎しみ、口惜しさ、情けなさ・・・等、
普段蓋をしがちな感情を、見なかったことにせずに、感じるようになってから、
とても楽になったのと、
人生の方向性自体が変わりました。


ありのまま、真実を見る。
脚色したり、理想に逃げたり、いい訳したりしない、
そのままの自分を見つめる、そこにその感情は「ある」と認める。
それが、今の私で、それ以上でも、それ以下でもないと、知る。

それが出来るようになってから、
理想の自分を掲げることもやめたので、
とても楽になりました。



だって、悲しい時は悲しいもの。
わたしが未熟やダメな人間だから、悲しくなるんじゃないもの。
感じる力があるから、悲しさを感じるんだもの。
涙がながれるんだもの。


口惜しい時は、口惜しいんだもの。
恨めしい時は、恨めしいんだもの。
それが、今の私であって、それが真実だもの。
そこに蓋をしたり、見なかったことにすることは、
何の解決も、前進もしないって分かった。


まずは、
幸せを感じられるようになりたいと言う人は、
不快な感情(悲しみ・怒り・恐怖)も、フタをせずに、
感じるところから始めてみたらどうでしょう?



不快感情も、感じていい!!と、自分に許可を出すと、
快の感情も、感性が研ぎ澄まされることで感じられるようになりますよ。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_23205540.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」











[PR]
Commented by at 2016-05-17 02:41 x
すごく救われました、ありがとうございます
Commented by at 2016-05-17 02:41 x
すごく救われました、ありがとうございます
Commented by kaoru-hasegawa at 2016-05-17 08:40
コメント有り難うございます(^^)。
by kaoru-hasegawa | 2015-01-04 17:00 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(3)