セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

本の知識は自分を救わない

みなさん、
私の夫、長谷川貴士のブログのトップに、こんな動画が貼られているのしっていますか?

「人生の問題根本解決」


動画で主人がしゃべっている内容を要約すると、

問題を解決するには、「心」を変えないといけないですよ。
「心」を変えるのは、セミナーへ行ったり、本を読むことでは難しいですよ。

このようなことを、しゃべっています。




さて。

みなさん、「心」って、具体的に何を指しているか、分かりますか?

頭で「考えて」いることも、「心」の一部と認識している人もいると思うのですが、
ここで言っている「心」とは、
「感情」のことを言っています。





私もかつて、若い頃に、「自己啓発セミナー」にも行ったことがあります。
変わった気がしても、持って1週間で、元の状態に戻ります。

生きるのが辛かった時は、
沢山の仏教の本や、スピリチュアルな本を、読み漁っていた時期もありました。
本も同じく、読んでいる時は、一時楽になりますし、
救われた気がするし、自分が変わった気もします。

ですが、セミナーと一緒で、また元に戻り、
それは幻想であったことを自覚します。


本やセミナーにはまる人は、
この、一時のカンフル剤(痛み止め)を欲しくて、
リピートするのですが、
根本解決にならないので、
いずれ痛みは表面化し、人生に「問題」として、現れます。



さて。


じゃあ、根本解決って何でしょう???


根本的に解決していくということは、
問題を起こしてしまう「心」を変えていく・・・・ということになります。


ここまでは、何となく気付いている人もいるんですが、

その、「心の変え方」が、実はよく分かっていないのが現実じゃないでしょうか?


まず、よく間違うやりかたは、

①考え方を変えてみる

です。
例えば、
「自分に自信がなくて、人と接するのが恐いんです」

というお悩みがあったとします。

それに対して、本でこんな文章を読んだとします。

「ネガティブな波動は、ネガティブを引き寄せる。ネガティブな感情が湧いてきたら、
ポジティブに言い替えてみよう。」

その文章を読んだ人は、
「あ!!私のことだ!!そうか、『私は大丈夫!!』って言い聞かせてみよう!!」

と、なるわけです。

で、「自分に自信が無い」という状態を、「よくない」と判断し、
「自分は大丈夫」と、言い聞かせて、テンションを無理やり上げる。

こういうことをしてしまいます。




②感情を変えてみる

「本当は自信が無くて怖い」と思っている人が、
「恐くない!恐くない!!」と、自分に言い聞かせている場合、
それは、本当に自分の中で起こっていることから目をそらせているので、
理性の力で感情を抑え込むことになるので、
根本的には解決にいたりません。
(つねに自分の感情が恐くならないか、見張っていないといけない、
とても不自然なやり方です)



③行動を変えてみる
「本当は自信が無くて恐い」のに、
恐さにあらがって、どんどん行動してみる・・・という行動に出る。

これは、自分の中で起こっている恐さを「ダメ」だと決め付けているので、
この恐さを、行動することで打ち消そうとするんですが、
これも、かなりのストレスなので、結局は疲れてしまいます。
自然じゃないので、長続きはしません。



・・・そうやって、間違った頑張り方を続けることで、
最終的には無意識の力の方が強いので、
意識して行動や考えや感じ方を変えようとしても、
元の問題を強化してしまったり、
問題を解決するに至らないことが多いです。





みなさん、「心」と「頭」は、違うこと、知っていますか?
「心」とは、「感じるもの」であり、もっと簡単に言うと「感情」なんです。

「頭」は、「考えるもの」で、「知識」です。

この例で、なぜ問題が解決しないかというと、

自分の「心」を捻じ曲げて、「知識」を心に押し付けているから、失敗するのです。



よくやりがちですよね(笑)。



問題を解決するには、
この「自分に自信が無い」と考えると、
「人に受け容れてもらえるかどうか、と考えてしまう」。
そう考えると、どう「感じるか」の、このフィーリングを扱うことなんです。
例えば、「人に受け容れてもらえないかもしれない」」と考えると「恐くなる」のであれば、
この「恐い」を、感情解放していき、身体の中から出すことです。

この、恐さは、
幼少期に、親に「お前はダメだ」と言われて受け容れてもらえなかった時に感じた恐さかもしれませんし、
小学校の時に、学校の先生に、○○ちゃんと比べられて受け容れられていないと思った時の恐さかもしれません。

「自分に自信が無い」と、思い始めた時の記憶をたどって行って、
その時に感じた感情を解放していくと、

今現在感じているストレスが、少なくなります。

これが、根本解決で、
同じ場面に身を置いても、同じようなストレスを感じ無くなるんです。



自分の本当の気持ち(心・感情)を、無かったことにして、
知識を自分に押し付け、本当の自分から目をそらし、
理想の自分を理性で演じてみても、
根本的に問題は解決しません。


この、仕組みに則ってやっているのが「ビリーフチェンジセラピー」なんです。







まずは、日常で、自分の中に生じる、素直な感情を
「ある」と、認めてあげるところから始めてみてはいかがでしょうか?



不快な感情も、「感じない」ようにしていると、
幸せ感も感じれないようになります。



その話は次回。



今日のブログは、斉木智美先生のブログから拝借したお話です。
もっと詳しく知りたい方は、こちらをお読みください(^-^)。
「悩みが解決しないのに、やり続けてしまう間違った頑張り4つ」
↑講座で実際、どう解決していくのか、教えてもらえますよ♪
1月17日(土)18日(日)大阪で智美先生が講座をされます。
興味のある方は是非♪






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_12495746.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」












[PR]
by kaoru-hasegawa | 2015-01-03 17:00 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)