セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

私の体の読み方~心臓が弱ってる人編~


前回のブログ「私の体の読み方~胃の悪い人編~」も合わせてお読みください。



今回は、心臓が弱っている人編


特徴として、「赤い」部分があります。

お鼻が赤い(赤くて毛穴が広がっている)。
f0337851_15051049.jpg
どこかのサイトからいただきました↑
手の平や、指先だけが赤い。
頬が毛細血管が浮いた様になって、異常に赤い。
f0337851_15051302.jpg
どこかのサイトからいただきました↑


など。


心臓は、緊張すると、拍動を多くします。
脈拍が多い人は、リラックスできていない・・・と言うように、
脈拍は心のバロメーターでもあります。


そんな風に、
常時緊張状態、
常時興奮状態
ですと、
心臓が休まる暇も無く、
ひっきりなしに、血液を末端まで送ろうと頑張るわけです。


その現れとして、
手のひら(末梢)に血液が勢いよく流れ、
まっかっかになったり、


お鼻は、東洋医学の望診法では、「心臓」の状態として診ます。
鼻が赤かったり、毛穴が開いたりすると、
心臓がオーバーヒートしていることを疑います。


心臓がオーバーヒートしている状態が長年続くと、
ろれつが回らなくなったり(うまくしゃべれなくなる)、
健忘症(物忘れ)が頻繁に起こるようになったり、
心臓の影響で、手がしびれたり、手の機能が落ちる人もいます(手に「心」の経絡が走っているからです)。



心は興奮がいつもおさまらないので、
不安や恐怖が占めていて、
背中の肩甲骨の裏(心臓の裏)が凝っています。


チックの人や、
ずーーーっと高速でしゃべり続ける人も、
心臓が弱っているタイプの人に多いです。





このタイプの人への処方は、


とにかく一人でゆっくり、安全・安心を確保された場所で、
心臓を休める時間を取ることです。


浄化療法なら、できたら最低5日は滞在していただきたいくらいです。


酵素断食は、緊張した神経系をリラックスさせますので、
自宅でされる場合は、最低3日間の酵素ジュース断食を行い、
体の中から、緩めることが出来るようになるまで、
何セットも断食を行ってください。


このタイプも、アルコールや白砂糖、カフェインは大敵です。
        (×ω×)



神経が緊張しきっている状態になるには、
何かしらのストレスが心にあります。

長年、薬を飲み続けてきた人にも、共通する特徴です。




ビリーフで言うと、
「くつろいではいけない」
などのビリーフを持っていると、
いつも過緊張で心臓が休まる暇がありません。
(家でゆっくりくつろいでいても、心が休まらない)。



こういった、過緊張にしてしまうビリーフを、
ビリーフチェンジ・セラピーで取り除いていくのも、
心臓が良くなっていくために、必要なことでもありますね!

v(。・ω・。)ィェィ♪





次回は、腎臓ちゃん編。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_17414532.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」
























[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-11-30 17:00 | 日々の日記 | Comments(0)