セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

死にたくなる衝動の下に隠されている真実



セラピーを受けにいらっしゃる方の中で、
以下の様な症状がある方もいらっしゃいます。


○死にたいという実感がある
○人を殺したくなる、人の死を期待する(あいつなんて死んでしまえばいいのに…)
○自分や他人が死ぬところを空想してしまう
○自傷行為(リストカットなど)
○他傷行為、他傷観念
○自分の存在には価値がない、自分なんていない方が良いと思う
○消えてなくなりたくなる
○事故や大きな怪我を何度も繰り返す
○無謀な運転
○うつ、抑うつ状態
○摂食障害
○依存症、(アルコール、薬物、ヘビースモーカー)
○ワカーホリック(過労死)
f0337851_14140528.jpg

↑上記の様な心の問題がある方は、


「存在してはいけない」


というビリーフがあるのではないかと、
まずは疑います。


幼少期に、いじめにあった、親から粗末に扱われた、
お前なんて生まなければよかったと言われた、親が自殺した、
親が自分に無視、無関心だった、
親がなげやりな生き方をする人だった……


などの理由があります。




分かりやすく、幼少期にこう言った記憶がある人は、

「あぁ、自分の生きづらさは、親のこの行動(言動)が、原因なんだ…」


と、自分で理解することができます。


ですが、上記の様な記憶がなく、
特別ひどい扱いを受けたり、
特別心が傷つく様なことを言われた記憶がないのに、
「存在してはいけない」のビリーフを持っている人もいます。




ビリーフチェンジセラピーでは、


ビリーフが刷り込まれた時期に戻ってもらって、
そのときの感情を解放して、
「私は存在してはいけないんだ…」と、決断したのを、
もう一度セラピーの中でやり直してもらうのが、
ビリーフチェンジセラピーの流れです。



この場合でしたら、
「例えあなたたちが、私を粗末に扱ったとしても、私には生きる価値がある」

などの、再決断(再び決断をし直す)をしていただきます。




私はこのビリーフを持っていたので、
クライアント様の気持ちが良くわかりますし、
どうすれば、このビリーフが取れて行くのかも、
感覚で良く分かります。



ですが、たまに、こう言った過去の記憶がないのに、
死にたくなったり、
ワーカーホリック(穏やかに自殺する)から抜け出せない人に、
ある一つのパターンがあることが分かりました。



続きは明日……






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f0337851_23205540.jpg
長谷川 郁 (はせがわ かおる)
私が担当させていただきます(^^)♪

プロフィール


   酵素断食・浄化療法

 京都の古民家で、宿泊しながら美味しい酵素ジュースで酵素断食を行い、
 オイルマッサージ
を毎日受けられます。
 希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

 心と体のデトックス自分をしっかり見つめる人生を変えたい方は、
↓こちらから

  ☆長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」           
   断食に自信が無い方でも大丈夫→ 「5日間の体内浄化コース」
















[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-11-17 14:11 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)