セラピストかおるのブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川かおるのブログです


by 長谷川 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

進化・成長 ~縦軸と、横軸~

私がよく、ブログで「進化・成長」という言葉を使いますが、
誤解を受けていたら良くないので、
この、「進化・成長」について、説明しようと思いました。


まず、「進化・成長」には、
私の頭の中には、「縦軸」と「横軸」があります。






「横軸」は、「心の進化・成長」

「ありのままの自分に価値がある」

という、無条件の自分への愛を指します。

「自分という存在」の変わらないものへの価値を
もっと、認めて、愛していく・・・という心の方向性です。


「ありのままの自分には価値があって、何が出来ても、出来なくても、
生きているだけで、存在するだけで、自分には価値があるんだ~」

という、条件なしに自分を承認する、良いところも悪いところもひっくるめて認める、受け容れることができる感覚です。


これを、「横軸」として、
この感覚を育てていくことが、「横軸の進化・成長」です。


これは、「無条件の自分への愛」なので、
言葉の通り、「条件」がありません。



結婚できても、できなくても。
子どもを産んでても産まなくても。
仕事で出世できても、できなくても。
彼氏がいてても、いてなくても。
お金持ちでも、お金持ちでなくても。
友達がたくさんいてても、いてなくても。
等・・・・



「自分の存在」という、一番「底辺」の部分を「承認する」「愛する」「そのままあるがままを受け容れる」という、心の力を育てることを、

「横軸の進化・成長」と私は名づけました。


これは、「セーフティ・ネット」だと思っています。


人生では、思った通りに夢が叶うこともあれば、頑張っても結果が出ない時もあります。

ですが、この、横軸の心の力を育てていけば、
思った通りにならなくても、期待がはずれても、うまくいかなくても、

「自分の存在」

これに、価値があると心の深くで知っているので、
死にたくなるまで落ち込んだり、
立ち直れなくなるまで自己卑下することはありません。





では、「縦軸」は何かと言うと、

「行動」「進化・成長」です。

何かができた。
出来なかったことが、出来るようになった。
止めたいことが止めれるようになった。

等です。


例えば、
ちょっとしたことでいつもイライラしていたのが、しなくなった。
たばこが止めれた。
過食がやめれた。
仕事で苦手なことから逃げていたが、逃げなくなった。
人見知りで人と一緒に居ると疲れていたが、疲れなくなった。
彼氏が欲しいと思っていたらできた。
結婚したいと思っていたらできた。
出世したかったので、努力して出世できた。
お金持ちになりたいと思ったので独立した。
等・・・・




ほとんどの方が、この、「縦軸」の「何かが出来るようになる」こと「何かが止めれるようになる」ことを、目標に、ビリーフチェンジセッションを受けられたり、断食をしにいらっしゃいますが、

実は、この「何かが出来る」「何かが止めれるようになる」ためには、
横軸をまず育てないといけないんです。



でないと、
「何かができる自分になろう」と努力しても、失敗したとき、思いが叶わなかった時、「セーフティーネット」が出来上がっていないと、

「○○ができない自分には価値がないんだ・・・」と、過度に落ち込んだり、落ち込みがひどい人は、死にたくなる人もいます。


出来ないことが、出来るようになる。


これも、進化・成長なのですが、
これは「縦軸の進化・成長」と私は名づけました。


この、二つの「進化・成長」のバランスで、自分の人生が、変化を見せていきます。





例えば、
自己愛が育った。
自己重要感、自己承認力が育った(ありのままの自分を愛する力が育った)。
横軸の成長ですね

すると、
もっと、自分の可能性を試したくなって、
様々なことにチャレンジしたくなります。

例えば、

「友達なんて少しの人がいたらいいや・・・」と思っていた人が、
「もっと、沢山の人と交流したい!もっと沢山の友達を作りたい!」
と、縦軸を伸ばしたくなるんです。


他には、
「私なんてちっぽけだから、こんな人生がお似合い」と思っていた人が、
「もっと、素敵な人生を送りたい!あれもして、これもして、チャレンジしてみたい!」
と、縦軸を伸ばしたくなります。





もう、お気付きかも知れませんが、
横軸は、縦軸を支える「土台」なんですね。




ですが、私も過去、そうでしたが、
横軸が育っていない人は、縦軸ばかりを伸ばそうとするんです。



「ありのままの自分には価値がない」という、内的感覚を無意識のところで持っているので、何かを手にして、何かが出来る自分になって、「自分には価値があるんだ」と、目に見えるもので自分の価値をはかろうとします。


これ、「土台」が出来てない上に、何かを積み上げようとしているので、
積み上がらないのです。


f0337851_09561865.jpg
一旦は、成功することもあるんです。

例えば、「ありのままの自分には価値が無い」という、
「無価値観」を持っていても、結婚することはできるだろうし、
仕事で出世することもできるだろうし。

ですが、この上の写真のように、いつ崩れるか分からない。

なぜなら、
無意識の領域で、いつも「自分の無価値観」を、どこかで感じているからです。

そして、人生で実現するのは、この、「内的感覚」なんです。

すなわち、結婚できたとしても、パートナーとうまくいかなくなり、
「自分はやっぱり価値がないんだ」という内的感覚を叶える結果を招いたり、

仕事で出世したとしても、失敗を繰り返すことで、
「自分はやっぱり価値がないんだ」という内的感覚を叶える結果を招いてしまいます。




じゃあ、どうすればいいのか???





①まず、今、お金がなくても、彼氏がいなくても、仕事がうまくいっていなくても、人間関係が最悪であっても(縦軸が育ってなくても)、横軸(無条件の自分への愛・自己重要感)を伸ばすこと。


↑間違う人は、縦軸を育てたら、自分を認めてあげれる、彼氏ができたら自分を愛してあげれる、お金が沢山持てたら自分を認めてあげれる・・・と、なりがちなんですが、違うんです。今のそのままの現実を変えないで、そのままの自分を愛して認めることが、横軸を育てることなんです。




②横軸が育ったら、そこで満足せずに、縦軸を伸ばしましょう!
色んなことにチャレンジして、自分の能力を最大限に使って人生を楽しみましょう♪







生きるのがツライ、生きていても楽しくない・・・

そう言う人は、縦軸を育てることは、一旦お休みして、
まずは、横軸!!


横軸が育ったら、本当に生きるのが楽になるし、毎日が楽しい。

そんな感覚が当たり前になってきたら、
それも自然なこととなって、もっと、色んな自分の可能性を見たくなってきます。

そうなってきたら、縦軸を伸ばします。

縦をドンドン上に伸ばそうと思えば思うほど、
横軸も育てていかないと、積み上がっていかないので、
もっと、もっと、自己重要感を育てていきます。

そうやって、
横を育て、
縦を育て、
また、横を育て、
縦を育て・・・・・



この繰り返しで、
人間が進化・成長していき、自分の人生も、どんどん変化が起こってくるのです。




私が「進化・成長」という言葉を使う時、
それは、何かが出来るようになるだけのこと(縦軸のこと)を言っているのではありません。



「本当に自分はダメだな」

そんな風に落ち込んだ時も、
今までなら、「もういいや・・・」と、自暴自棄になっていたのを、
「そんなダメな自分も愛してあげよう」
と、思える心の力(横軸)が芽生えてくることも、
「進化・成長」なんですよ。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




酵素断食・浄化療法
酵素断食をしながら、オイルマッサージを毎日受けられます。
希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

心と体のデトックス、自分をしっかり見つめる、人生を変えたい方は、
↓こちらから

長谷川郁の担当セラピー →「酵素断食・浄化療法」
             「5日間の体内浄化コース」
















[PR]
Commented by どい at 2014-09-11 09:55 x
ああ、郁さん、これすごくしっくりきます。なるほどーってストンって落ちてきました。
(とはいえ、少し前の私なら、「そんなの頭ではわかってるけど自分のことなんて大嫌いなんやからどうしようもないやん!」ってイライラしてたと思います。笑)

実は最近、こっそりブログも見させていただいてます(^^)色々勉強になります~。
Commented by kaoru-hasegawa at 2014-09-11 21:13
コメント有り難うございます(^-^)。なかなか、心の話は文章にするの、難しいですね(((^^;)。blog読んでくださって有り難うございます。頑張って書きますねー(^-^)/
by kaoru-hasegawa | 2014-09-10 19:30 | 日々の日記 | Comments(2)