セラピストかおるのブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川かおるのブログです


by 長谷川 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

私たちの奥にある「本質」

(エックハルト・トール著書「ニュー・アース」より抜粋)


・・・・・
1970年代後半、私は毎日のように一人、二人の友人と、
当時学んでいたケンブリッジ大学大学院のカフェテリアで昼食をとっていた。その時、
近くのテーブルに車イスの男性がいるのを見かけることがあった。
男性は、いつも三、四人の人たちと一緒だった。あるとき、
同じテーブルで向かい合わせになったことがあり、ついその男性をしげしげと見て、
ひどく驚いた。彼はほぼ全身が麻痺しているらしかった。

身体には力が入らず、首もガックリと前に垂れている。
付き添いの人たちの一人が、食べ物を口に運んでやるのだが、
その大半は別の付き添いが男性の顎のしたに差し出す小さなお皿にこぼれ落ちる。
ときおり、車イスの男性が、うめき声のようなものを発すると、誰かがその口元に耳を近づけ、
なんと彼の言わんとしていることを、他の人に伝えるのである。

そのあと私は友人に、車イスの男性が何者か知っているかと訪ねた。
「もちろん知っているさ」と彼は答えた。
「数学の教授でね、付き添っているのは教え子の院生だよ。
身体中で麻痺が進行する運動神経の病気にかかっているんだ。
医者は五年もてばいいほうだと言ったらしい。あれ以上つらい運命ってないだろうな。」

数週間後、カフェテリアから出ようとして、その男性が入ってくるのと出会った。
電動車イスを通すために、ドアを押さえている私と彼の目が合った。
彼の目があまりにも澄んでいるのに、私はビックリした。そこには不幸のかけらもなかった。
私はすぐに、彼は抵抗を完全に放棄していると感じた。彼はありのままをすべて受け入れている。

それから、何年もたって、キオスクで新聞を買っているとき、
その男性が大手の国際ニュース雑誌の表紙になっていrのを見てまたビックリした。
彼、スティーブン・ホーキングは、まだ生きていたばかりではなく、世界で最も有名な理論物理学者になっていたのである。
記事の中には、何年も前に彼の目を見て私が感じたことを裏付ける見事な一文があった。
自分の人生について尋ねられて、彼は(音声合成装置の助けを借り)てこう答えたという。

「これ以上何を望めるだろう」。



(スティーブン・ホーキング) ↓
b0207632_1525570.jpg



(エックハルト・トール) ↓
b0207632_1545371.jpg




(エックハルト・トールの著書 「ニューアース」 )↓
b0207632_1562996.jpg














[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-01-14 10:37 | 日々の日記 | Comments(0)