セラピストかおるのブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川かおるのブログです


by 長谷川 かおる ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

幸せの青い鳥

・・・・そんな理屈いいから、さっさと幸せになれる方法を教えて!!

そう聞こえてきそうですが(笑)。
では、昨日の「未来は存在しない」の続きです。



では、「幸せ」ってなんなんでしょうね?

あまりにも、言葉が独り歩きし過ぎて、意味合いを深く考えずに、私たちは使っていますね。
身近な言葉でもあります。

「幸せ」。


私も、昔は、幸せって、遠くにあって、努力して勝ち取るものだったり、何かを成した先にあるものだと思っていました。

今は、それは完全に幻想だと気付いています。

なぜなら、みなさんが求める「幸せ」って、

「満足感」

の、フィーリングのことなんです。

「あ~、満たされている!」「満ちている!」

と感じる、内面的な体験、感じている感覚のことです。

で、人間は、これがいつのまにか亡くしてしまったので、外のものでうめようとします。

例えば、出世して人に賞賛をもらうことだったり、
大きな家に住んで、人よりすぐれていると感じたかったり、
結婚や、子どもを持つことで、満たしてもらおうとしたり・・・・

言えばきりがないですが、依存症ってありますよね。
ニコチン依存、買い物依存、食べ物依存、恋愛依存・・・・

これも、満たされない「何か」を、外部的なものでうめようとして、手にした一時は、満足感を得られるのですが、しばらすると、また、欠乏感が出てきますので、更に追い求める・・・・といった悪循環で身をほろぼします。




私たちは、「今と調和」せずに、「今を否定して」、「未来に何か良いことがあるのではないか」と期待します。

この期待を手放すことです。
あきらめて、今と調和することです。
あきらめて、今と仲良くなることです。


あなたには、今しかないし、気に入らないその「今」も、あなたが選んだストーリーであることに、深く気付くのです。

それを、外部的なもののせいにしてはいけません。

そのフィーリングを選んでいるのも、感じているのも、あなたの人生に起こっていることは、自分が常に関わっていることに、気付くのです。

今から逃げてはいけません。

なぜなら、唯一の私たちがアクセス出来るポイントは、「今」しかないからです。



では、今、幸せになる方法は、
今、「満たされている」という満足感を得られる方法は・・・?






それは、尊いものに気付くことです。

ずっと、あなたと共にあったので、
忘れているのです。
こんなにも、身近に、
ひと時も離れた事は無く、
あたりまえに存在しているので、
この、大切さを、忘れているのです。




それは、



「命」




です。


命がある。
ゆえに、見たり、聞いたり、感じたり、味わったり、触ったり、思ったりできる。
この、「存在」に意識を向けないかぎり、「至福」には到達できません。

なぜなら、その「至福」を経験しているのは、「命」に他ならないからです。




底辺の、底辺の、謙虚な、謙虚な、気持ちになった時に、

自分の存在している不思議さ、
有り難さ、
命の尊さに、

自らの存在に、宇宙大の、素晴らしさを感じた時に、言葉を失います。

b0207632_16374254.jpg


古代、インドの聖典「ウパニシャッド」では、このように書かれています。



「目には見えず、しかし見ることを可能にしているもの・・・それだけが宇宙原理ブラフマンであり、人々が崇めているものではないことを知れ。
耳で聞くことはできず、しかし耳が聞くことを可能にしているもの・・・それだけが宇宙原理ブラフマンであり、人々が崇めているものではないことを知れ。
心で考えることはできず、しかし心が考えることを可能にしているもの・・・それだけが宇宙原理ブラフマンであり、人々がこの世で崇めているものではないことを知れ。・・・・・」


ちょっと、難しそうな文章なので、何度か読んでみて、自分の内なる空間に入って、この、「見ることを可能にしているもの、聞くことを可能にしているもの、心が考えることを可能にしているもの・・・ブラフマンの存在を、感じてみてください。


ブラフマンとは、宇宙とも、大いなる存在とも、命とも、命を可能にしている力とも、高次元の意識とも、神とも、仏性とも…言います。


言い方はそれぞれ違いますが、同じことを指します。





視野が狭くなって、自分の身の回りのものしか目に入らなくなってきたら、エゴの罠にはまっています。

あなたは、宇宙大に素晴らしい存在で、
無から有を作り出せる無限大の可能性を持っています(それは何を成すか・・・とは関係ありません)。


禅の教えでは、常に「思考」が「今ここ」にいることを阻むので、
行為を大切に、行為を成している自分に意識を向けることで、気付きを深めていく行があります。
たったコップを洗う行為だけであっても、あなたがそれをしているときは、コップを洗うために、この世に存在している・・・という意味があるというのです。

でも、私たちの頭はそうはいいません。
「そんなのはどうでもいい。
私は、もっと、自分を刺激してくれるものを探しているのです、コップなんてどうでもいい。」

・・・と、今している行為をおろそかにして、未来に何か自分を満たしてくれるものがあるのではないかと、唯一のアクセスポイントである「今」を無視するのです。



(笑)。




いや~本当に、真実はシンプルです。
私たちにできるのは、「今」を心をこめて、丁寧に生きることだけなのです。
今と不調和な状態、今を否定する状態を、卒業してみてください。
納得いかない「今」であっても、「今」の自分の感じ方と調和してみてください(不快なフィーリングも感じ切ること、見なかったことにしないこと)。



「人間は、これ(’満足感・幸せ感)がいつのまにか亡くしてしまったので、外のものでうめようとします。」

と、先程書きましたが、

私たちが「これ」を亡くしたのは、いつでしょうか。
私なら、家族が仲が悪くて、世界を絶望しした幼少期です。
または、学校でいじめられて、世界は危険とインプットした小学校の時でしょうか。
こんな人もいるかもしれません。有名な学校に入り、立派になりなさいと、言われ、あるがままの自分をそのまま認めてもらえなかった受験の時でしょうか?


人によっては、どんなことで「負荷(ストレス)」がかかって、本当の自分を見失ったかは分かりませんが、
本当は、生まれた時は、シンプルに、この「命の尊さ」を、当たり前に満たされた状態で、享受していた時があったはずです。

それを、幼少期の早い時期に失った人は、もう、記憶を掘り起こそうとしても、難しいかもしれません。

ですが、これ(ストレス)を取り除いていくことで、
本当の自分に帰れた時に、
幸せの青い鳥は、外に居なかった。自分の中(インナースペース)にあったことに気付きます。
それは、自分は「唯一、無二の、存在で、取り換えのできない、この世で一人だけの素晴らしい存在」であることの気付きで、今まで否定されてきたことや、ありのままの自分が愛されていなかったことによって、自分の価値を決めていたが、それは間違いであったと、気付くのです。



ストレスとは、ビリーフでもあり、カルマでもあり、「未完了のもの」とも言います。

なので、これを取り除いていった先には、
今を普通に有り難く、幸せに満ちて、感じられる自分になれます。




だから、心配しないでください。




それ(青い鳥)は、あなたが、みつけてくれるのを、ずっと待っています。




常に「人生は素晴らしい!!」今を生きているお幸さん。  ↓
b0207632_174114.jpg


家族なかよし うみちゃん家族 ↓
b0207632_174146.jpg







目を閉じて、

深呼吸をして、

自分の中に入ってみてください。


あなたの中にも、「満ちてくる」何かを感じませんか?


何もないようで、全てがある。


あなたは、無から有を生み出せる、素晴らしい存在なのです。



==========================================================

 【 お知らせ 】

  2014年4月中旬開店予定
 宿泊滞在型のセラピールーム すずなり京都 のHP ←クリック

※長谷川 貴士・郁・うみ の引っ越し+新規オープン店です。
[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-01-16 10:29 | 日々の日記 | Comments(0)