セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

あなたの人生で大切にしたいもの

長谷川 郁です。
以下の文章は友人がFacebookで紹介していたページからコピーしたものです。


b0207632_09225168.jpg

もし今日が人生最後の日だったら、あなたは後悔を口にしますか。それはどのようなものですか。

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さん。彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。また、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いということですが、特に死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で多かったものトップ5は以下のようになるそうです。

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。Ware さんによると、これがもっとも多いそうです。人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに患者たちは気づくのだそう。ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。

2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
男性の多くがこの後悔をするとのこと。仕事に時間を費やしすぎず、もっと家族と一緒に過ごせば良かった、と感じるのだそうです。

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果、可もなく不可もない存在で終わってしまった、という無念が最後に訪れるようです。

4. 「友人関係を続けていれば良かった」
人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。そして、連絡が途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだとか。もっと友達との関係を大切にしておくべきだった、という後悔を覚えるようです。

5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」
「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多い、と Ware さんは指摘します。旧習やパターンに絡めとられた人生を「快適」と思ってしまったこと。変化を無意識に恐れ「選択」を避けていた人生に気づき、悔いを抱えたまま世を去っていく人が多いようです。

以上、どれも重く響く内容でした。これを読んで、あなたは明日からどう過ごしますか。
(文=阪井亮太)

Photo:Pouch.

参照元: the guardian (http://goo.gl/WDVAR)







…………皆さんは、どうですか?
この文章を読んで、参考にして欲しいのではなく、「私はどうかな?」と考えるきっかけにしてみてもらったらいいかな、と思って紹介しました。

自分の人生で何を大切にして、何を優先させるか、それがスッキリと頭の中で整理できていたら人生の様々な選択の場面で、決断がくだしやすくなるでしょうし、捨てたり諦めたりしないといけない場面でも、後悔しない決断ができると思うのですが、どうでしょう?


よく、クライアントさんのお悩みの中で、「結婚したいです。でも、めんどう臭いのはいやなんです」とか、「子供が欲しいけど、自分の時間がなくなるのが嫌なんです」といった、お悩みがあります。

こういうのもありますね。
「やりたいことをやって生きていきたいのです。でも、失敗して傷つきたくないんです。」とか。


最初の、結婚したいけど、めんどう臭いのは嫌、と言う方。
結婚は往々にして、めんどう臭い事が多いです。ただ、めんどう臭いことを避けて、結婚せずに一生一人で生きて、死ぬときに「めんどうな事にもチャレンジしてみればよかったなー。結婚してみたかったなー。」と、死に際に、後悔しそうでないか、想像してみてくだいね。
結婚はめんどうなもの、これ事態が妄想であることもあります。
r両親の結婚のイメージはそのまま子供の結婚のイメージになることもあります。
両親とは違った命として存在している自分んと、両親とは違った相手として存在しているパートナーが出会って結婚したら、違ったパターンが作られて当然です。
相手にもよって、色ん な結婚のパターンが生まれますよね。

といっても、独り身でいたときとは違う煩わしさみたいなものはあるとは思いますが、二人だからこそ喜びも倍増することもあるんです。



子供が欲しいけど、自分の時間がなくなるのが嫌、という人。
自分の時間がなくなることを避けて、子供を産む育てるという選択をしなかった自分を、死ぬ間際で後悔しないか、想像してみてくださいね。
子供が欲しいというのは………そういうことなんですよねー。
自分の時間を、子供の為に使うことが苦痛でなく、むしろ喜びと思える感覚が育っているかどうか。

覚悟ができてない人が子供を産むと、子供が可愛そうだし、親も苦しいよね。


自分の夢を追うのには、勇気も必要ですよね。
その勇気が出せなかったことで、もっと失敗を恐れずに、やりたいことにチャレンジしておけばよかった、と、後悔しないかどうか、自分の死に際を想像して、どう思いそうか、イメージしてみてくださいね。


私は、結構な頻度で、このイメージは持ちます。

ってか、小学生のころから、やってましたね。


その時のイメージは、「あー、やりたいこと、思いっきりやった。やり残したことはない。満足じゃ。楽しかった」と言って死ぬ姿です。


ビリーフチェンジ棚田先生は、やりたいことの10分の1も人間はできい。だからこそ、優先順位を決めておくこと、という話をしてくれました。



あなたは、何を得たいですか?

そのために、何を捨てる覚悟ができますか?


その人生を得るためにどんな行動が取れますか?











[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-02-23 09:57 | 日々の日記 | Comments(0)