セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

変わっていくのにも段階があります

こんにちは、長谷川 郁です。

私は、自分の経験を活かして、
お客様の心と体の健康を叶えるお手伝いをしています。

自分の経験も含めて、
気づいたことは、

人が治癒していくには、人が幸せになっていくには、
段階があるってことです。

例えば、生きるのもやっとで、毎日死んでしまいたいと考えてしまう。
重度の鬱で、生活するのがやっと、という人がいますね。

そういう状態の人が、カウンセリングを受けに来て、
「こんな夢を叶えたいんです、こんな夢も叶えたいんです」と言うとします。

本人はいたって本気なんですが、人が治癒していくには、段階があるということをまず理解していただきます。

まずは
「生きるのがやっと」という人は、
「 なんとか、生きやすい状態」から、
「楽に自然に生きられる状態」になって、その次が
「どんどん、積極的に、自分を磨いたり、自己探求していける状態」になり、
「自由に、自分の人生を、デザインできる状態」に発展、進化していきます。

もちろん、どこまで行きたいかは本人次第で、良い悪いはありません。

で、生きるのがやっとの人が、この段階を知らずに、

「自由に、自分の人生を、デザインできる状態」に憧れたとします。

最終目標はそこで、そこに旗を立てて頑張るもよしですが、
まずは楽に生きていける状態にならないと、夢を叶える事もできないんです。

低い自己評価を持っている人は、
その内的感覚(私はダメ)に素直に従う人と、反抗的に反転して出る人とあります。

素直に出る人はどういう人かというと、
「私はダメなんだ。だから何もしない、成功しないから、動かない」という感じ。

反抗的に出る人は、どんな感じかというと、
「私はデキル!私は優秀!何でも挑戦する!」と、内面の「ダメ」というジメジメした感覚を感じたくないがために、その感覚に反抗して行動したり、振る舞います。

どちらにしろ、現実はその人のビリーフをそのまま現しますから、
人間関係や仕事、様々なところで「ほら、やっぱり私はダメなんだ」と、
自分の中の感覚を確認するような現実を招きます。

素直に出ても、反抗的に出ても、刈り取る現実は同じなんです(表面にはどのように見えても、その人の現実が潜在意識そのものです)。

生きづらい状態の方は、自己否定型の方が多いですが、
自己否定だからこそ、その感覚に反抗して、

「立派な人間になって、自分はスゴいんだって思いたい!!」とか
「自分はダメじゃないっていう証明をしてやる!!」と、

過剰に目標を高く持ったり、スゴいことをやろうとする人もいます。

ですが、さっきの説明通り、現実に叶えるのは、自分の内的な感覚なんです。
なので、段階を踏んでね、まず、健康な心の状態って実は、
自分がスゴいかどうかなんて、気にならない心理状態なんです。

もっと自然な、楽な状態なんです。

まずは、そこにいくこと。

心も体も、緊張をなくして、もっとフラットになってるんです。

そういう肩の力が抜けている状態だからこそ、
次の「どんどん積極的に自分を磨いたり、自己探求していける状態」に行けるんです。

「自分はOKかNOか?」気にしている状態は、
健康な心の状態ではないんですね。

その状態で、反抗的に、色々なチャレンジや行動をしても、
きちんと内的な満足感も得ながら成功を実現していくのは難しいのです
(まれに、自分はダメ…の感覚を持ちながら、反抗的に行動して、大きな会社の経営者になったり、何かで有名になったり、する方もいますが、反抗しながらの努力をかさねているので、相当なストレスを抱えていますね。なぜなら、その地位や積み上げて来たものを失うと、「やっぱり自分はダメなんだ」という感覚に直面せざる得ないからです。一時も息を抜かず形は成功していても、満たされてはいません)。

健康な心の状態って、失敗しようが、成功しようが、
「自分の価値には何の関係もない 」って知ってる状態なんです。

だからこそ、勇気をもって自然な状態で自分の人生にチャレンジもできるんですね。

この状態に慣れてきたら、次の状態

「自由に自分の人生をデザインできる状態 」にいくことができます。

カルマがない状態ですね。

カルマとは摩擦のことです。
摩擦がないと、思ったことややりたいことがスムーズに運びますし、
自分がやるべきでないことや、関わるべきでないことは、
そもそもやろうとも関わろうとも思いませんので、無駄も迷いもなくなり、スムーズにことが運びます。

4年前は、「生きるのが辛い」状態だった私も、断食やビリーフチェンジに出会って、
「楽に生きる状態」を経て、
「積極的に自分を磨いたり、自己探求していける状態」になり、
「自由に自分の人生をデザインできる状態」を学んでいます。

本当に欲しい自分の現実、何をやって、どんな心の状態でこの一度きりの人生を楽しむか。

そんなことを考え、自分で舵をとれるようにもなりました。

以前は、運命に流されるような感覚でしたね。
頑張っても、頑張っても、欲しい結果が得られないっていうのが私の人生でした。

自分はダメっていう、内的な感覚をもったまま、努力しても、一緒ですよね。

結果は、「やっぱり私はダメなんだ」…を感じる結果になります。

まずは、この段階を踏んで、段々自由度が増します。
段々、楽になり、楽かどうかも気にならない状態になります。


変わりたいあなたへ。

変われますから、必ず。

焦らないで、その過程も楽しんでくださいね。








[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-03-22 09:15 | 日々の日記 | Comments(0)