セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

野菜ばかりのダイエットに注意!

b0207632_19401567.jpg


みなさま、こんにちは!
ダイエットオタク、ダイエットジプシーを経て、今は健康的にベスト体重を維持している長谷川郁です(^^)。

みなさん、やせたいな~って思ったら、上の写真みたいな野菜サラダ中心のお食事にしたりしません?


私は、小学生の時から、ずーっとポッチャリさんでした。

今思えば、カパ(水)体質ですので、ぽっちゃりしていて当然だし、それが体質で、個性・・・と、認められるんですが、多感な時期、自分の脚が太くて、ミニスカートはけないこととか、めっちゃ気にしてましたね(^^;)。

そうそう、私がダイエット始めたのは、中2の時からです。

母に相談したら、「グレープフルーツダイエットってのがあるよ」
と教えてくれて、

生まれて初めてやった食事制限が、「グレープフルーツダイエット」だったように記憶しています。


あまり詳細は覚えてないのですが、
とにかく1週間から2週間、毎日グレープフルーツとゆで卵を食べる。
たまに、食パンとか、脂を落とした、鶏肉を食べてもオッケー。


これ、すごいんですよ。
めっちゃ、体重落ちます。

ぽっちゃりしていながら、肉質も固かったので、
なかなか落ちなかった私の脂肪も、
げっそりと、落ちました。


ただですね・・・リバウンドが半端ない(笑)。

結局、5キロくらい落ちたと思うんですが、
また、8キロくらい太って、ダイエットしても意味が無い。


その時、リバウンドの原理や、人間の体のことについて、一切無知だった私は、
根性で、ダイエット後に食べたくなる、ケーキや白ごはんを、ガマンしたらいいんだ、そうすれば、
落ちた体重を維持できるではないか・・・・と思った訳です(^^;)。


自分で言うのもなんですが、なかなか昔から根性だけはあった子どもだったので、
その意志の強さで、空腹をガマンし、落ちた体重を維持させようと、
2回目のグレープフルーツダイエットでは、その後の食事を頑張りました。

ごはんを減らし、
とにかく、「野菜!野菜!」と母に言って、サラダばっかり、お鍋の白菜ばっかり。

でもですよ、バスケットボールクラブに入部していたので、
糖分取らずにはいられませんよね。
もの凄い運動量ですから。

身体ももちろん欲しがります。

そうすると、あまーいお菓子に走るわけです(身体の機能からしたら、生命維持のために、当たり前のことを自然とやってくれてます。本当に、体ちゃんに感謝です・・・今思えば)。

で、そんな自分に「根性ないな!!」と、嫌になり、
また、野菜サラダの生活を頑張ると、決意する・・・これの繰り返しを大人になって(27歳)マクロビオティックに出会うまで、ループしてましたね(笑)。


私の頭の中は、
○炭水化物は太る。
○野菜や、こんにゃく、海藻は、山ほど食べてもオッケー。なぜなら、低カロリーだから。
○砂糖もダメ、油もダメ、太るから。
○でも、タンパク質をとらないと代謝が下がるから、鶏肉のササミ、低脂肪牛乳は毎日食べる。

こんな感じでした。


今、お客様の体を触ると、何を偏って食べて、こういう肉質になるのか、
こういう肌質になるのか、
こういう身体の症状が出ているのか?

が、分かります。

それは、ダイエットジプシーをして、自分の体で実験をしてきて、マクロビオティックを学んで、自分の体で、また実験して、どのように肉質が変化して、どのように感情面に作用するか、分かるようになったからです。


上記の私なりの食べ物の規制をして、どうだったかというと、
身体は冷え症になり、
やせたり太ったりを繰り返し、
情緒不安定、
生理痛がひどくて、
風邪を季節の変わり目ごとに引いていました。
生理も止まりましたね。ホルモン剤治療をしていた時もありましたが、副作用がキツ過ぎて、3か月で止めました。


炭水化物大好きな私(特に白ごはん!)にとって、これを止めるのが一番つらかった。

野菜サラダでお腹いっぱいになっても、
心も満たされない。

低カロリー食をしても、いつかは体重が落ちなくなります。
代謝が下がるからですよね。当然。

で、代謝を上げるために、運動をするんです。

そうすると、糖分が欲しくなりますね、身体が求めますね。

それを、ガマンすることはできません。生命維持のために、無性に欲しくなり、
その時は、異常に食べてしまいます。

マクロビをして、勉強して、分かったことなんですが、
なんで私が、野菜サラダでやせれないのか。
いや、一時は痩せれても、なぜまた、太り出すのか。


野菜は、東洋医学でいうところの「陰性」と言って、
カリウムを多く含む食材です(果物も甘いお菓子もそうですよ)。
陰性食品を多く取り過ぎると、身体は水分を抱え、冷え、ゆるんで、膨張します。

若い女の子、多いですね、冷えてぶよぶよにむくんで、
気持ちも不安定になり、どちらかというと、落ち込んだりやる気が出なくなります。
冷えますから、当然、子宮にも影響があるので、生理痛や生理不順になることもあります。

私はこの状態になるまで、過剰なダイエットを繰り返して来て、

ようやく健康に、スリムな体を手に入れられるようになったのが、マクロビオティックとの出会いでした。


「え?私が大好きなお米、玄米だったら、1日2合も食べていいの?!そんなんしたら、太るんちゃうん?!」

と、衝撃でした(笑)。

b0207632_20333055.jpg


玄米は、野菜や果物、甘いお菓子と反対の、陽性の食べ物です。
身体を温め、滋養を養い、活力を生みます。
水が溜まってぶよぶよだった私の体を、優しく温め、余分な水分を排泄し、2週間後には、
自分が変わったことが分かりました。

お腹いっぱい食べても1か月で5キロもやせ(しかも、今までタブーとしてきた炭水化物をどんぶりで食べてですよ!)、体調はすこぶる良好、精神的にも前向き、ポジティブにエネルギーが充満し、何より肌が本当に綺麗になったと実感したのが、マクロビオティックでした。


当館にお越し頂く方には、玄米食をおすすめしています。
私の様な、無茶苦茶なダイエットで、身体を傷め、不健康になっている人がいたら、
ヘンなサプリメントや下剤、野菜サラダばかりの食事で、不健康にやせている人がいたら、

どうか、希望を捨てないでください(^^)。


でもですね、
私が、ダイエットをやり続け、自分の体と向き合い続けたおかげで、
いろんなことが、理解出来るようになったんです。
無駄だったとは思っていません。

玄米食しているのに、やせない人、たまにいますが、
玄米以外に食べているものが、その人の体にあっていなかったりするんです。


健康で心身共に良い状態でいるときに、なっている体重が、その人のベスト体重だと私は思っています。
理想の体重を自分に押し付け、その体重を維持することで、病気がちになったり、心も楽しい気持ちでいられなくなるのなら、何の意味があるでしょう。

脂肪は女性ホルモンがあるからこそ、作られるものです。
生理が始まって、おっぱいが出て、お尻がまるくなります。

脂肪を余分にそぎ落とすことで、
女性の魅力も、そぎ落としていることになります。


脂肪を嫌わないでね☆

あ、でも、不健康に太っている人は、やっぱりやせたほうがいいですし、
その方の体にあった、アドバイスをいつも心がけています。


ちなみに、野菜ばっかりのダイエットで、やり始めに体重が落ちる人は、肉食、塩分過多で太っている人です。東洋医学的に言うと、「陽性体質」なので、「陰性」に傾けることで、身体の余分なタンパク質、塩分を排泄させて、体重が落ちるんです。

でも、これをやり続けていると、陰性過多になり、冷えてくるんですね(陽性過多の人も、冷えはあります。この場合は別の意味で冷えます。なので、冷え症だから、陰性過多・・と安易に決められません)。

そして、陰性に偏ると、今度、「陰性太り」と言って、水が溜まった様な太り方になります。
ちなみに、陽性太りは、筋肉質でがっちりして、脂肪も固いです。


玄米でやせて行く場合、
この、両方の人に有効です。

玄米は、陽性の食材と書きましたが、
緻密に言うと、中庸でありながらも、やや陽性に傾いている・・・食材です。

ですので、真ん中に整えてくれます。



陰性でも、陽性でもなく、「中庸」が、心身の自然治癒や免疫が一番活発になって、心身ともに健康でいられるんです。


何事も、バランスが大切です(^^)♪


自分のバランスを知るには、自分の体のフィーリングを感じてあげることですね。



あなたは、どうですか?






[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-04-14 09:06 | 日々の日記 | Comments(0)