セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

胃が悪い人は顔がたるみやすいので注意!

昨日に引き続き、健康ネタで・・・(笑)。

こんにちは、長谷川郁です(^^)。

タイトル、「胃が悪い人は、顔がたるみやすいので注意」
についてですが、30代以上の女性は、「ドキ」っとされた方も多いかも知れません。


このことについて書こうと思ったのは、
私、最近、顔が上がって来てるんです(笑)。
29歳、30歳頃が、一番顔がたるんで、「ほうれいせん」ってやつが初めて出来て、ショックを感じた年齢でした。

その頃からに比べて、今年5月で39歳ですけど、
10年前より、たるみがなくなって、ほうれい線も、全く無いわけではないですが、
気にならない程度になってます。


ちなみに、ほうれい線って、ここのしわのことです  ↓

b0207632_22493369.jpg

頬がたるむと、その重力で出来てしまう、鼻から口にかけて両脇にできる「シワ」のことです。


これね、あるのと、ないのとでは、全然顔の印象も違うし、
あるだけで老けて見えるし、ないだけで10歳若く見えます。

美顔のエステのお店で働いていた時も、
これを、リンパマッサージでリフトアップさせたり、
コラーゲンを増やす美容液を買ってもらって、しわをふっくらさせたり、

ようは、外からの何かしらのアプローチで、たるみをとって、しわを伸ばす・・・ということをやってきたわけです。

なので、今でもリフトアップのフェイスマッサージは得意です。

で、自分の顔でも、試してきましたが、

やはり、根本解決にはならないので、
高い美容液を買い続けないといけないし、
毎日フェイスマッサージも欠かせないし、
やめると、徐々に元に戻るんですね(^^;)。


で、私は何でもですが、「根本解決」が好きで、
たるみを東洋医学的には、なぜ起こって、どうすれば治るのか?を勉強&研究したのです。


ちなみに、肌がたるむ「内臓の状態」を治して行くので、エステや美容整形のように、すぐに結果はでません。
ですが、内臓の状態が良くなることで得られる恩恵は、お顔のたるみがなくなるだけではないことは、皆さんも想像がつくと思います。


今から思えば、その絶好調にたるんでいた時、無茶苦茶なダイエットしてましたね(^^;)。
それで、胃が極端に悪くなり、不規則な生活と、膨大なストレスで、肝臓・腎臓も弱らせていました。

マクロビ初めて、一時健康になっていたのに、
変なダイエットをまたやり始めたという、わけが分からない時期でしたね(笑)。


胃が悪くなると、肌自体が「たるんたるん」になってきます。
弾力のない、おばあちゃんのような、薄くてコラーゲン層のないお肌。
イメージできますか?

赤ちゃんの肌って、意外と固いんですよね。
フワフワ、柔らかいかと思いきや、弾力があって、ゴムみたいに押すと戻される感じで。

でも、歳をとると、水分の補充率も下がりますし、コラーゲンがブチブチに切れて、弾力がなくなってきます。

胃が悪いと、まず、栄養を吸収できません。
お肌を作っているのは、もちろん私たちが食べているものです。
それを、消化、吸収し、小腸で血液に変換され、肝臓で調整されます。

ベジタリアンでも、タンパク質を身体で作れます。
その科学返還をしてくれているのが、腸や肝臓と言われています。

その臓器も悪くなれば、
健康な血液が、お肌の細胞に届くことがなくなり、
健康な肌細胞がつくられなくなってしまいます。


もう一つ、胃の悪い人は、筋肉が細い人が多いですね。
身体の筋肉もそうですが、表情筋も細くて弱くて、顔をリフトアップする力が無くなってくるんです。


そして、その行き着く先が、老化肌。


お顔の老けは、内臓の老けです。

内臓が若返れば、お顔自体も若返ります。

そして、お顔と脳は関係性があるので、
脳の状態がストレスフルだと、お顔が老けます。
脳の状態が幸せ物質出せるような健康な状態だと、お顔も年齢より若く見えます。


アンチエイジングって流行ってますけど、
何か特別なことをするより、
自分の体や心の面倒をみてあげて、まずは自然な状態を作ってあげることだと思います。

ストレス過剰なら、ゆっくり休んであげる。
冷え症なら、温めてあげる。
栄養不足なら、良質の栄養を摂ってあげる。
栄養過多なら、断食などして余分なものを排泄させる。
運動不足なら、運動してあげる。
運動し過ぎなら、身体を休める。


そうしたら、身体も自然な形に戻って行きます。

私がしたことって、とにかく断食をしまくって、胃腸の調子や肝臓などの内臓全般が良くなったこと、
玄米を始め、オーガニックライフを続けたこと、
無理をしなくなったこと
良質の睡眠を沢山とること(←これ、重要!!)
ビリーフチェンジセラピーで、根深いストレスを解放したこと・・・


などでしょうか。


それでも、たるみをとることを目的にやったんではなく、
自分の人生をよりよく生きたい、楽しく生きたい、満足して生きたい・・・って思いで続けてきたことばかりです。

気が付いたら、10年前よりも、しわが薄くなって、たるみがなくなって、元気な顔になっていた(^^)。


そんな感じでしょうか。


日々、オイルマッサージで、お客様の裸と接してますから、
分かることですが、

アーユルヴェーダでいう、「ヴァータ(風)」体質の人は、胃が悪くて、肌が乾燥します。
ついでに、先程申したように、皮膚が薄くなり、筋肉が細くなり、たるみやすいです。

私、ヴァータ気味だわ・・・と思われる方、
ヴァータ(風)を抑えることで、たるみを改善できるかもしれませんよ。

<a href="http://ayabelife.exblog.jp/18075008/" target="_blank">「それぞれの体質、風・火・水体質について」</a>


胃を大切にね♪





[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-04-15 09:04 | 日々の日記 | Comments(0)