セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「死にたいのがなくなりました」・・・お客様の変化

昨日のblogの続きです。


お客様からの、
「こんな風に変わりました!!」
の報告は、大変嬉しいです。



こんなお声もありました。



死にたい願望があった女性。

何かあると、自分のせいと感じ、罪悪感にさいなまれ、
消えてしまいたい…と、考えることも多かったと。


f0337851_12392831.jpg

胃の具合がずっと悪く、過食ぎみ、
なんとかしたいと、お越しになられた方でした。



3泊の浄化療法と、
1回のビリーフチェンジ・セラピーで、

死にたくなるのが消えました。
過食もなくなり、胃の調子も良くなったと、報告がありました。


扱ったビリーフは、

「存在してはいけない」

でした。



このビリーフを持っていると、
何かあると死にたくなり、
ヘビースモーカーや、アルコール中毒、
過食症や、ワーカーホリックなどで、緩やかな自殺に向かいます。


f0337851_12440607.jpg


自分の命や他人の命に対する重みが希薄なので、

すぐに死にたくなったり、
人や自分が死ぬことを空想したりします。





または、このビリーフを感じたくないがために、
過剰に人の役に立とうと頑張ったり、
完璧であとうと努力する人もいます。


人の役にたたなければ、存在する価値がない…

や、

完璧な人間でなくては、存在する価値はない…


のように、幼少期に潜在意識にインプットしていると、
大人になってから、

自分がありのままでも、存在する価値がある…

という事実に気づけません。


そうして、どんどん、存在意義を求めて、
立派な人になろうとしたり、有名な人物になろうとしたり、
または、人を喜ばそうと、自己犠牲に走ることもあります。




「自分は、ありのままで、存在する価値がある」



と、ビリーフを書き換えると、
それまで感じていたストレスが減るので、
緊張がなくなり、体調もよくなります。



ストレスを抱えているということは、
すなわち、交感神経が刺激されっぱなしの状態なので、
副交感神経が働きが悪くなります。

副交感神経の働きが悪くなると、
「快眠」
「快食」
「快便」
が、まず、崩れます。

その後から、様々なお病気に発展していくのですが・・・。


ビリーフは、イコール、ストレスです。

ビリーフは、人生に不自由さを生みだすものです。

ビリーフは、摩擦と言い換えてもいいでしょう。



この、摩擦がなくなることでも、
神経系のバランスが取れ、体調ももちろん良くなるし、
人生の摩擦が減るので、嫌なこと、不快なこと、思い通りに行かないことに、
遭遇しにくくなります。



私自身が、「存在してはいけない」のビリーフを持っていたので、
このビリーフを持っている人の気持ちが良く分かるし、
セッションも得意です。


もし、死にたい願望で辛い人がいたら、
是非、セッションを受けてみてください。


ワーカーホリックが止めれない、
過食症が止めれない、
生きていることに疲れてしまっている・・・


等の主訴を持っているかた、
変わることは出来ますよ。


私も変われたし。




f0337851_12405233.jpg




酵素断食・浄化療法
酵素断食をしながら、オイルマッサージを毎日受けられます。
希望の方には、ビリーフチェンジセラピーを行います。

心と体のデトックス、自分をしっかり見つめる、人生を変えたい方は、こちら→
「宿泊滞在型セラピールーム すずなり 」




[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-08-26 19:30 | 日々の日記 | Comments(0)