セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

友達からの感想をもらいました

去年の12月31日~3泊4日で、「正月断食」というイベントをしました。

その時は、京都府綾部市のかやぶき屋根の古民家で、浄化療法をしていましたので、
今のすずなりとは違い、人数も沢山、お泊りいただけました。


その時に、一緒にビリーフチェンジセラピーを学んだ友人、塩澤順哉さんと一緒に、
お正月に、断食しながら、ビリーフチェンジセラピーや、EFTという手法の心理セラピーを使って、

心のデトックス、体のデトックスをするというイベントをさせていただきました。



久しぶりに塩澤さんとメールでやり取りしているときに、
正月断食の時の感想をいただいたので(←いま?! 笑)、投稿します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


吉水での断食合宿で、何が学びになったかと言いますか、

長谷川夫妻のお客さんへの気遣いだったり、
日常の業務をお客さんが快適に過ごせるようにという
心遣いだったりということを側で見ていて、
こういうの、自分にはないなって思ったんです。

大変じゃないですか。掃除したり、
お風呂湧かしたり、常に忙しいでしょ?
でも、そういう忙しいのを夫婦で協力して
やっている姿が凄いいいなーって憧れました。

酵素ジュースを作ったり、そういうのを楽しみながら
やってる姿も凄いいいなーって思ったし、
2人で協力して、お客さんのために、
ちょっとでも持って帰ってもらおう!
っていうそういう小さな小さな行動の積み重ねが、
長谷川夫妻の、ファンになっていく人たちを作っているんだなーって。
そんなことを思いました。

僕もそのファンの1人ですが☆

カウンセリングって、もぅ全部そういうのが出ると思うんです。
クライアントと向き合っている以外の時間に、
どれだけ真剣にクライアントのことを考えたか。
振り返ったか。どんな話しをしようか。
そういう時間が、クライアントの心を癒すと言いますか。
その時間こそが、セラピーなんですよねきっと。

目の前にクライアントが座っている時間は、
ほんの一瞬です。

だけど、その一瞬で人生が変わるような関わり
影響のある時間にしようと思って向き合うわけですから、
それは、クライアントが目の前にいる時間だけ
向き合っているフリをしても、
そんなもん効果が出ないわけです。

考えてみれば当たり前のことなのですが、
そのことを僕は長谷川夫妻の背中を見て、
一緒にイベントさせてもらって、感じました。
あぁこれこそがセラピーだ。みたいなね。

だから、そういうセラピストになりたいと思ったし、
長谷川夫妻みたいに、素敵な関係でいられる
パートナーが欲しいなぁ〜ってホント思いました。

僕も改めて質問されてみて、整理ができました。
そういうことを僕は感じていたのかーって。

ホント、凄い素敵なお客さんたちと一緒にセミナーできて、
もっと自分が伝えたいことがあったなって思ったし、
凄い素敵な時間だったから、
またあんな時間が持てたら凄い幸せやな〜って思ってました☆




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



塩澤さん、あっつい、感想、ありがとうございました。

そんな、あっついセラピストは、京都で活動しています。

「うつ病カウンセリングなら京都心理カウンセリング」
[PR]
Commented by しおさわ at 2014-08-22 09:28 x
ご紹介ありがとうございます☆
Commented by kaoru-hasegawa at 2014-08-22 14:26
コメントありがとうございます(^^)☆
by kaoru-hasegawa | 2014-08-21 19:30 | 日々の日記 | Comments(2)