セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

失敗ってなに?

もし、私に子供が生まれたら・・・シリーズ。


昨日のblogには、
もし、自分に子供ができたら,

「自分の中に、愛も、強さも、優しさも、豊かさも、十分にある」
「自分という存在は、素晴らしいんだよ」
ということを、伝えてあげたいと、書きましたが、

もうひとつ、絶対に伝えたいことがあります。


それは、


「沢山経験しなさい」


ということ。



失敗を恐れずに、
沢山経験して、経験を通じて、学んでいきなさい・・・ということ。




「失敗」って、そもそも、世の中に存在するんでしょうかね。


「失敗」とは、すなわち、「望んだ結果が得られなかった状態」のことを、言うと思うのです。

じゃあ、

「成功」とは、「望んだ結果が得られた状態」のことを、言うんでしょうね。





失敗しようが(行動して、自分の望んだ結果が得られなかったとしても)、
成功しようが(行動して、自分の望んだ結果が得られたとしても)、
どっちにしても、



「自分の価値とは関係ない」



ということを、自分の子供には理解できるように、育てたいと思っています。




かつての私がそうであったように、
世の中の「失敗」を恐れる人がそうであるように、


「失敗」や「成功」が、「自分の価値」と、関係していると思っています。


なので、
失敗が、とっても怖いものに思えてしまうんです。




「失敗」は、「経験」です。
「成功」も、「経験」です。




「自分には無条件で価値がある」



と思える人は、
「失敗」しても、過度に落ち込まず、
「成功」しても、有頂天にはなりません。




もちろん、悲しかったり、嬉しかったりはするでしょうが。





「自分には、無条件で価値がある」



これは、人間が生きていく上で、土台となる「自尊心」(自分を尊ぶ心)としての感覚です。




その土台の上に、
「あれが、できた」
「これが、できた」
「結婚できた」
「出世できた」
「お金持ちになれた」
「認めてもらえた」
「愛してもらえた」


などの、「おまけ」が乗っかります。
「おまけ」は、人生の「遊び」です。




土台がない人は、
この「おまけ」が、自分の価値になってしまいます。




「おまけ(何かが出来た・・・や、何かを持っている・・・)」=「自分の価値」




になっているので、
「何かが出来たり、何かを得ていないと、自分には価値が無いと思ってしまう」

のです。





もし、人間関係で失敗したり、仕事で失敗したり、結婚できなかったり、認めてもらえなかったりすると、
「自分は無価値である」ような気持ちになって、非常に辛くなります。



そうすると、
「失敗」(望んだ結果が得られなかった状態)することが、怖くなります。
自分を無価値だとは、誰も思いたくないですものね。


なので、「自分には価値が無い」
と思っている人ほど、
何かを得たり、何かが出来る自分になろうと、やっきになって、
そして、それが叶わなかった時に、過剰に落ち込んだり、
もし、叶ったとしても、それを失うことが、自分の無価値感を呼び戻してしまうことになるので、
一時も息を抜くことが出来ずに、「やり続ける、得続ける」人生を歩まざる得なくなってしまい、
結局、「楽に生きていく」こととは、程遠い人生を歩んでしまいます。









ここで、思考にかかっている「罠」に気付いてください。




そもそも、その考え自体が、間違っているのです。



それに気付かない限り、



「失敗」=「自分には価値が無い」
「成功」=「自分には価値がある」



という、間違った、考え方から、抜け出せないのです。


抜け出せないと、どうなるかというと、
しつこい様ですが(笑)、
失敗が怖くて、成功を積重ねていく人生以外の選択肢がなくなり、
いつまでたっても「楽」に生きるということはできないんです。




「失敗」=「自分には価値が無い」
「成功」=「自分には価値がある」


そもそも、この考え自体に誤りがあります。



「失敗」=「自分には価値がある」
「成功」=「自分には価値がある」


どっちにしても、
あなたがした「失敗」や「成功」も、しょせん人生の「おまけ」なんです。


「失敗」しても、「成功」しても、


「良い」「悪い」ではなく、


「経験」

にすぎません。



その「経験」が、あなたの「価値」とは関係がないのです。




「失敗しようが、成功しようが、あなたは無条件に価値がある」



だから、

怖がらずに、人生で、いろんな「経験」をして、
経験を通じて、体感で沢山学んでほしい・・・そう、子どもには伝えたいと思っています。



本を読んで勉強することも大切です。
ですが、体感でしか、学べないことが、沢山あります。
経験を通じてでしか、得られないものは、沢山あります。

人間関係なんて、そうですよね。

本をいくら読んで、「人とうまくやる方法」なんて、
頭に沢山叩き込むより、
人と接して、嫌われてみたり、嫌ってみたり、
仲良くなって嬉しくなってみたり、伝えて断れてみたり・・・
いろんな経験を通じて、相手の気持ちも分かったり、自分の心の中が分かったりします。

感じて、
学ぶこと。


本だけ読んで、分かったつもりにならないで、
怖がらずに、経験を通じて、学んでいくこと。



せっかく、この世に生まれてきたんですもの。




「あなたは無条件で価値がある」



この感覚を、こどもに伝えてあげれたら、
最高のプレゼントをしてあげれたことになると思います。



あとは、子どもを信じて、
どんな風に育つか、ワクワクしながら、見守れる親に、私が成長していけたらいいな・・・って思います。






















[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-07-23 19:30 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)