セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

人の悲しみを背負うことはその人を弱くします

他人の悲しみを負うことは、人を弱くします。

他人の悲しみを負うことは、他人の罪を負うことと同じです。
正当な理由があるから、自分自身の悲しみは、自分を強くする力があります。
それは、いつでもパワフルです。

しかし、他人の悲しみは、あなたに何も与えません。

誰かが泣いて、他の人がそれに同情して泣くとき、
自分の悲しみのために泣いている人だけが強くなります。

他の人(同情して泣いている人)は、弱くなります。


~バート・ヘリンガー「愛の法則」より~





f0337851_10412483.jpeg


昔は私も、人の悲しい話を聞いては、
同じ気持ちになって、よく泣いていたものです。

涙もろかった時期も若かりし時にありました。

その時は、他人の悲しい気持ちに共感して、一緒に泣ける、優しい人間だと勘違いしてましたけど(笑)。


よくよく、自分の心を観察してると解ってくるのですが、
その時、もらい泣きしてる時の自分の心理状態は、
他人の悲しみをわかってあげてる…のではなく、
自分の中の「イメージ」を見て、泣いているのです。


目の前の人の悲しんでいる姿、悲しんでいる内容(例えば失恋、ペットが死んだ…など)、
に、自分の中の同じような経験を重ねて、自分の中のイメージを掘り起こして、
そこに対して、泣いているのです。


それは、もらい泣き、同情して泣く、という行為が、目の前の人に何も力を与えないということを証明しています。


自分のために泣くとき、その人は強くなります。





他人の悲しみを負うことは、その人を弱くします。



セラピーの場面では、よくこのような心理状態をクライアント様の中に見ますが、
「お母さんがかわいそう、お父さんがかわいそう」は、
その人を幸せに力強くする、心理状態ではありません。


それは、他人の悲しみを負うことで、自分がその人と「繋がっていたい」という欲求にすぎません。


そこから、離れたときに、真のその方の力が戻って来ます。






















[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-07-19 19:30 | ビリーフチェンジセラピー | Comments(0)