セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

閉じなければ、開けない。



f0337851_14295785.jpg



人は、閉じたり、開いたりする存在です。

開きたかったら、閉じることも許してあげてください。

わたしにとって、閉じるとは、
自分の内側に入っていくことです。
そして、断食したり、たっぷり睡眠をとることで、身体を休めることです。

こうやって、十分閉じたら、
自然と開きたくなるのです。

f0337851_14304990.jpg


開きたくなる・・・とは、わたしにとっては、
人と交流を持ったり、身体を動かして畑仕事をしたくなったり、
一生懸命、勉強したり、遊んだりすることです。



酵素断食・浄化療法は、閉じることをたっぷりとしてもらって、
身体に人生を歩むに値する、たっぷりな休養を与えます。


人間の観念として、
「開くことは良いこと」(なぜなら、生産性があるから)
「閉じるのは悪いこと」(意味の無いこと)

と、捉えられてしまう節があります。


でも、正直に自分の身体や心を「観て」みてください。


ずっと人と交流を持っていたら、疲れて自分の中に入りたくなることもあるでしょう。
これは、決して悪いことではないのです。


ずっと身体を動かし、頭を使って、何かを成してたら、
疲れてくるのは当たり前です。
休ませたくなるのは当然のことで、休ませないと、効率が落ちますね。


開くことばかりに意識を向けないでください。

大きく開きたかったら、
しっかりと閉じる時期も必要なんです。

f0337851_14333601.jpg


瞑想は、休息です。
閉じる行為です。

断食も、休息です。
閉じる行為です。


とことん、閉じたら、
あとは知性に任せて、
開くに任せて開かせれば大丈夫です。


ここ、焦って、開かせようとしないこと。


自然な流れを感じてください。















[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-07-07 19:30 | 日々の日記 | Comments(0)