セラピスト郁のブログ♪ jyouka.exblog.jp

すずなりの長谷川郁のブログです


by 長谷川 郁 ( 心理セラピスト・ボディセラピスト・断食指導
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

瞑想とわたし④


「瞑想とわたし」 「瞑想とわたし②」 「瞑想とわたし③」も合わせて読みください。



・・・・・・さて、自分の抱えている問題を、無くしていくためには、とりあえず瞑想だ!!
そして、その当時、はまった「酵素断食」だ!!と、私は思った訳です。

世の中には、自分を楽にしてくれるツールは沢山あったと思います。

ですが、多忙な毎日で講習会やセミナー、エステや自分を癒してくれる様々なサロンや施設などに、出向く時間も無く、日々、自分で出来ることで、自分を浄化できることが、

この時の私には、「瞑想」と「断食」でした。




フルフィルメント瞑想を伝授いただいても、なかなか半年は座れなかった私も、
少しずつ、先生のブログなどに励まされ、座る習慣ができてきて、
断食も、やれば体が楽になるので、
狂ったように、断食してました(1か月に2回の3日断食を1年間してました)。


もう、今から思えば、相当追いやられてましたね。

とにかく、自分を変えたかった。
この状態から変わりたかった。



ひたすら、瞑想した。
ひたすら、断食した。



その中で、どんなカルマの解放があったか、
今では詳細は思い出すのも大変なんですが、


浄化が進むにしたがって、自分にウソがつけなくなってきて、
自分が自分にウソをついて生きてきたことが、あからさまに暴かれていきました。


「私はできる人間。完璧。頑張り屋さん。強い人間。弱音は吐かないし、立派に仕事もやっている。」


などの、偽りの自分の虚像が、はがれ落ちていきました。


「本当は淋しい。愛されたい。自分が嫌い。みじめな気持ちでいっぱい。満たされない。」



こんな陰の部分を、認めたくないがために、偽りの自分、虚像の自分を作り上げ、
その人生を自分に押し付けて生きてきたのも、
自分で見抜ける様になっていきました。


ほとほと、そんな自分が嫌で、絶望を感じ、
だからと言って、自分が楽に生きて行くなんて、方法も知らない。
自己犠牲の生き方しか知らない。


悶々と、自分のカルマと闘わなければならない時期が、わ~~~~~!!!っと一気に押し寄せ、
そして、毎日死ぬことばかり考えるような、精神状態にもなりました。




その時はしんどかったですね。
この経験が、今、セラピストをしていて、役に立っているのは本当に有り難いことですが、
当時は一歩間違えばヤバかったです。





そして、かなりの決断の末ですが、

愛着があった会社を辞め、
ワーカーホリックな生き方をやめ、
キャリアにしがみつくのもやめて、
完璧主義もやめ、

自分をいじめる様な、生き方を全部手放しました。


f0337851_1838409.jpg





もう、その頃のことを説明するのは、文章では難しいのですが、
竜巻が起こって、わ~~~~~!!っといろんな事が起こり、
虚像の自分が崩壊し、混沌とした状態で、精も根も尽きて、第二の人生が始まりました。


それは、
そんな風に荒れた状態の時も、
私を支えてくれていた主人と結婚することを決め、
田舎に引っ越し、
しばらく心身を療養させてもらうことからスタートした、第二の人生からの始まりの人生でした。


約4か月は、心身のリハビリとして、何にもしない、ゴロゴロして、田舎の景色に癒されたり、美味しい自然食に癒されたりの日々でした。


そして、4か月後から、長年の夢であった、浄化療法(酵素断食とマッサージの組合せで、お客様の心身のデトックスを実現するプログラム)をスタートしました。







わたしにとっては、凄く勇気のいることでした。

新しい人生に踏み込むことは、過去と決別すること。
今までの自分と決別すること。




この、一番初めの、大きなカルマの解放があってからは、
カルマは、決して怖いものではなく、
私たちの人生に進化を与えてくれるものだということが、分かったのです。



瞑想を始めることで、
断食を続けることで、

約1年間かかりましたが、
過去の古い、自分を不幸にする価値観を崩壊させました。

過去の古い不幸癖の自分の価値観が壊れた後は、
それこそ、自然に、「なるように構築されていく」のです。


よく、今の自分の価値観を変えずに、その上に、理想の自分の仮面をかぶって、
演じている人がいますが、これは、何の解決にもならず、ストレスを増やすばかりです。


自分は、「こうなれば、人に好かれる」とか、「こうなれば、人に認められる」とか、「楽になれる」
という、イメージした「理想の自分像」を、掲げて、そのイメージに自分を近づけようとしますが、
(私もやっていましたが)

わたしが通った人生の変革があった道は、それでは無かったです。


とりあえず、今自分を苦しめている価値観を、壊す。崩壊させる。
すると、自然と、マッチした姿になるんです。

価値観を崩壊させる前に(古い価値観のまま)なりたい自分をイメージして、どこか自分じゃないものに向かおうとする・・・のではなく、壊したら、自然と、ならなきゃいけない姿に、構築されていく(変化していく)・・・そんな感じなんです。


そこには、人間の「意図」がなく、自然な流れに自分の変化も、身を任せて行く・・・そんな感じの変化の仕方でした。


なので、何の無理も無く、自然と、ベストな状態に納まります。



やるのは、ただ、

身体の浄化。
心の浄化。


あとは、宇宙にお任せ。


任せておけば、ちゃんと良い感じに仕上げてくれます(笑)。





フルフィルメント瞑想の創始者、ボブ・フィックスの日本に向けてのブログがあります。

「人間であること」

↑最近投稿された記事なんですが、
この記事を読んだ時、とっても深く理解しているわたしがいました。


瞑想も始めることなく、一度も人生のブレークスルーも経験していなかった、
カルマまみれの4年半前の私が読んでも、きっとチンプンカンプンだったでしょう。


人は進化しますね。



そして、怖いと思っていたカルマも、実は怖いものでは無かった・・・これが、今は実体験を通して理解できます。



是非、この記事を読んでみてください。

「人間であること」





「瞑想とわたし」シリーズ完結☆














[PR]
by kaoru-hasegawa | 2014-07-04 19:30 | 日々の日記 | Comments(0)